ここから本文です

書庫全体表示

足が遅すぎる!


 前のブログでは・・・、神速を求めて修行して、それを習得したわたくしが、

 「拳では、遅すぎる!」

 ともまで・・・、己の修行の過程で痛感した出来事。

 しかし、幸運にも・・・、
 
 閉手とは、開手の一つの形態でしか無い!

 っということに関眼して、それを沖縄空手道無想会

 世界総本部道場の弟子に指導することが、

 可能になったと記しました。

 これでわたくしが、弟子たちに去年の暮から、今年の始めてにおいて

 「じつは・・・」と打ち明け、弟子たちを困惑させていた、

 原因の一つが解決しました。

 しかし・・・、本当の武術としての沖縄空手の形存在理由を問う、

 根源的な疑問は、次の思いだったのです。

 「これでは、足が遅すぎる!

 「手の動きに対応できる、運足が存在しない!

 っということです。

 誤解を招くと困るので、ここで明確にしますが・・・、

 相手と組手をする際には、自分の開いた手の動きに合わせて、

 武術としての沖縄空手の心身操作をすれば、

 沖縄空手道無想会の黒帯の弟子であれば、それで事足ります。

 出来なければ、わたくしの叱咤が飛ぶだけです。

 武術として伝承された沖縄空手の身体操作とは・・・

 日本の心身文化の華としても良い、日本武術

 それも日本剣術の心身思想から生まれ、

 琉球王国時代の沖縄で花開いた、心身文化です。

 それは膝の抜きと、下記する腰方形筋を使ったガマク(漢字表記不明)の

 掛け外しなどによる、巧妙な重力落下と同時に・・・。

 身体の奥深くにある、クシ(腰)の筋肉である大腰筋、小腰筋、腸骨筋、

 さらには、腰方形筋などを使って瞬時に自分の動きを行い、

 コントロールすることです。

 だからこそ、われわれは、形で心身操作を学ぶのです

 これは今後も、再三記すと思いますが・・・、

 武術としての沖縄空手においては、

 形を、学ぶのではありません。

 形から、学ぶのです。

 ですから、わたくしも、そしてわたくしが喉輪を指導した二人の黒帯も、

 それらの身体操作を駆使して、最速の開手を繰り出すことが出来たのです。

 これは開手と記しましたが、当然のように、開手に含まれる、

 閉手の拳(ケン)による突きも、含まれますし、蹴りも然りです。

 しかし、これらの動きは・・・、

 一度、わたくしが武術として伝承された沖縄空手の形を、理論化し、

 その動きを習得した後で、武術としての沖縄空手の心身操作として、

 組手に臨機応変に、活用しているのであって・・・。

 形から直接、学んだものでは、無いのです!

 これでは修行体系が真逆になってしまい、形の存在理由がありません。

 だって・・・、それでは・・・、

 体育・体操、あるいは舞踊の形であっても。

 イヤ・・・!

 ラジオ体操でも、その動きの一部を戦いに応用して、

 それらの体育・体操の形や、ラジオ体操が、

 武術としての、修行の形として成り立つ!」。

 あるいは、それらを「武術の修行の根幹(?)に置く」という、

 詭弁が成り立つことになるからです。

 少なくとも、今年の春・初夏期の日本縦断セミナーが終わった直後・・・、

 米国ユタ州の沖縄空手道無想会世界総本部道場で、

 「じつは・・・」と、わたくしが言い出すまでは・・・・。

 沖縄空手道無想会の形も、

 現在、沖縄で行われている空手の形も・・・、

 そして、日本中、いや世界中で行われている空手の形においても・・・。

 この

開手の速さに対応できるだけの、運足の速さを養成し得る、

空手の形は、

存在して、居なかったのです。

 この稿、続きます。


注・下記のように今年の12月に、アメリカの本部道場にて日本人空手家向け、特別直伝稽古、並びに昇級・昇段審査を行う予定です。
 詳細は沖縄空手道・無想会の空手を沖縄で、沖縄同好会、代表氏のブログにも記してありますが、さらなる事項は決まり次第、随時告知する予定です。

沖縄空手道無想会
新垣清・最高師範
直伝
 「第13回・日本縦断セミナー’17、秋・初冬期」
東京・大阪・沖縄

東京
10月21日(土曜日)
 9:00〜11:00   BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA 
              初回限定&会員特別稽古


 12:00〜17:00 BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA  
             本セミナー

10月22日(日曜日)
 9:00〜12:00  BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             本セミナー
 13:00〜15:00 BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             本セミナー
 15:30〜      BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             昇級審査
 審査終了後       場所未定
             懇親会

大阪

10月28日(土曜日)
 8:00〜10:00  大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
             初回限定&会員特別稽古
 10:00〜16:00 大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
             本セミナー(お昼休憩1時間をはさむ)







           10月29日(日曜日)                       9:00〜15:00  大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
            本セミナー(お昼休憩1時間をはさむ)
15:30〜      大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
            昇級審査
審査終了後       場所未定
            懇親会






沖縄
(場所・スケジュール未定)
11月4日(土曜日)
11月5日(日曜日)

 の予定です。
 注・セミナー内容、準備するものなどの詳細は決定次第、告知いたします。
 なお、日時、場所が変更になる場合がありますので、御了承ください。


日本人空手家向け、特別直伝稽古、並びに昇級・昇段審査
沖縄空手道無想会・世界総本部道場
(アメリカ・ユタ州)
12月5日(?未定)−12月8日(直伝稽古)
12月9日(昇級・昇段審査)
現在までの詳細は、下記をクリック



ブログ告知
を、以下の通り、更新しました。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事