ここから本文です

書庫全体表示


 わたくしが自らの修行の中で、形の全てを理解した。

 すなわち「形を使う」ことが可能になった思える一つの現象は・・・。

 前ブログで記した「位置エネルギー」と、「運動エネルギー」を身体内で、

 明確に分けて創出し、さらにそれを最小の操作で合体させて、

 最大の「力学的エネルギー」を、創出するのだ。っと、理解できたことです。

 その次の理解は、

 首里手、泊手、そして古流・那覇手などと、今は大別されているけど、

 武術としての沖縄空手の全て形には、コンテキストが存在するということです。

 すなわち空手の形は、単体、あるいは複数の技を、

 カタログ的に、アトランダムに並べたものでは無い。

 または、四方八方に存在する敵に対して、映画や芝居の殺陣のように,

 対峙するものでは無い。っと理解できたことです。

 武術としての沖縄空手の形とは、

 自分の前方の一人の相手に対して、

 形の始めから最後まで、技を出し続けることである!

 っということなのです。

 首里手、泊手、古流・那覇手の別無く、それが、

 武術として伝承された沖縄空手の形

ならば、すべて、上記の理念に沿った、

 コンテキストが存在するのです!

 このコンテキストが存在しない空手の形は、武術としての形ではありません。

 さらに、このコンテキストの存在を理解しない修行とは、

 武術としての修行ではありません。

 その時に、最大の「力学的エネルギー」を、最小の動きで創出するために

 「正中線」、「演武線」の存在が最大のポイントになります。

 そしてこのコンテキストの理解の途上で、人生における一つの大きな失望も経験しました。

 それは明治期の琉球王国の崩壊後には、このコンテキスの存在を理解し、

 修行していた空手家は、沖縄にも日本本土にも一人も存在して居なかったのだ!

 っという事実です。

 これは、ショック! でした。

 さらに、現段階においてこの空手の形のコンテキストの存在を明確に理解し、

 修行しているのは、

 わたくし新垣清と、その主宰する沖縄空手道・無想会だけなのです。

 まあ、今後は出て来るかもしれませんが、それとても、わたくし新垣清と、

 沖縄空手道・無想会の影響下にあるものでしかありません。 

 これもショックですが、ならば新垣清一人でも、

 あるいは沖縄空手道・無想会という単一の組織でも、

 自らが灯りを発しながら、歩み続けて行く

 以外に、道は無いということです。

 私事になりますが・・・、セミナー総括の一つとして

 今回の日本縦断セミナーの最大の収穫の一つは、この覚悟と決意をわたくし一人では無く、

 日本国内会員の多くの方々と、共有できたことだとも思っています。


イメージ 1

ブログ告知

 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事