ここから本文です

書庫日記

武士・松村の「神速」

 祖堅方範師の伝承した、「パッサイ(八十一戦)・小」を完全解明した後に、

 「武術として伝承された沖縄空手には、コンテキスト(文脈)が明確に存在する

 そして

 「コンテキスト(文脈)の存在しない空手の形は、武術では無い

 っということが、完全に明確になりました。

 さらに「武士・松村」こと松村宗昆が、なぜ「首里手の祖」っと言われていたのか? も明確になりました。

 ってことは「武士・松村」こそが、「沖縄手≒空手の祖」でもあります。

 この祖堅師の「パッサイ(八十一戦)・小」の形は、「チャンナン(江南≒平安初段ー五段・除四段)」。

 そしてこれまた、祖堅師の伝承する「クーシャンクー(公総監)」。

 そして空手の基本であり、究極の形である「ナイファンチ(内帆船・南方拳)」っと、その出だしが、まったく同じなのです。

 「士は神速を尊ぶ」と、常々語っていたと言われる松村宗昆ですが・・・、

 上記の松村の形のすべては、「先の先」で形が始まっているのです。

 これは、まことに恐るべきことです。

 相手から襟首を捕まえて、新興・那覇手のサンチン(三戦)のように両腕で相手の腕を外して、その後に相手の首筋を攻撃する(三戦の元の様式の、「開手」です)。

 いわゆる「後の先」の思想で構築されていた、清朝軍隊の漢人部隊(緑営)の軍事教練の十五の套路を(パッサイ【八十一戦】もその一つ)、日本剣術の思想である正中線、演武線の認識と活用で、見事に沖縄の武術に改良してあります。

 そして重力の認識と、その活用である動歩行の思想も、明確にあります。

 ここまで元の套路を、空手の形に改良(そう・・・! 改悪でも、改変でもありません・・・改良です)した人物は、天才でしょう! 

松村の手、首里手、そして空手こそが沖縄の武術であり、
日本の武道なのです。

10月27日ー11月11日
大阪・東京・沖縄
正規お申込み受付中
詳細・お申込みは、下記のセミナーHPからお願いします。
      https://muso-kai.jimdo.com/
     国際沖縄空手道・無想会、新設公式ホームページ
       https://musokai.storeinfo.jp/
イメージ 1
 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事