ここから本文です

書庫全体表示

形の再認識

 早いもので、もう12月の声を聞き、師もあれやこれやと走り回る、師走の時期になりました。

 今年の冬は、ここユタ州でも冷え込みがきついです。

 でも国際沖縄空手道・無想会世界総本部道場では、来週の昇級審査に備えて、
頑張っている生徒がいます。

 ここ数回このブログでは、来年から新たな局面を迎える日本国内での弊会の活動のために、ウェブ上での組織の整理などを行ってきました。

 次は、指導内容の整理にも、手を付けたいと思っています。

 すなわち弊会の理念に基づいた組織において、どのような内容を教授するのか?
 
 っということです。

 さらには来年から日本国内の昇級審査(将来的には昇段審査)の内容を、本部と同一のものとすることも視野に入れています。

 組織の運営とは別に、わたくし自身は、いま「ウーセイシ」と「五十四歩」の形に関して、さらに「セイサン(十三)」の形に関して、個人的な再見解をもって修行しています。

 前にも記しましたが・・・、この「五十四歩」の形は、わたくしが沖縄での修行時代に、余り好きでなかった形です。

 さらに「セイサン(十三)」の形にいたっては、首里手の心身思想・操作とは余りにもかけ離れていたために、違和感というか・・・。
 
 極論すれば・・・、拒絶感さえ覚えていた形なのです。

 その認識が、今回の再修業で変わっていきました。

 これに関しては、また記します。

上記の文字をクリックしてください!
セミナー・イベント情報、関連ブログ、同好会稽古先・公式HP一覧表がご覧になれます

イメージ 1


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事