ここから本文です

書庫全体表示

 まず、日本縦断セミナーのお知らせからです。https://muso-kai.jimdo.com/

 「早期割引の締め切り」が迫っておりますので、ご参加をご予定の方は、この割引をご利用ください。初回限定の集中セミナーは、早期割引期間は無料です。

 セミナーの内容や、用意して頂きたいものなどに関しましても・・・。セミナーHPをご覧いただけましたら幸いです。https://muso-kai.jimdo.com/

 今回は「ごじゅうしほ(五十四歩)」の形を、伝授する予定です。

 少し厳しい言い方になりますが・・・。そろそろ一部の日本国内の弟子たちは、ナイファンチの形を卒業する時期に来ておらねばなりません。
 確かに武術としての沖縄空手の形は、「ナイファンチに始まり、ナイファンチに終わる」のですが・・・。
 日本国内の一部の弟子たちは、まず「始まりを、終わらさなければ為らない」時期にそろそろ差し掛かっているはずなのです(?っと思いたい・・・)。

 私事になりますが・・・、わたくしはナイファンチの形の修行が一通り終わった後で、その他の首里手(含・泊手)系統の形を武術的に純化し、かつ自らの心身を武術的に純化しました。

 その武術としての空手の修行過程において、武士・松村」こと、松村宗昆の形を理解すること無しに、空手を語ることは不可能である。とまで思っています。

 明治以後の空手界において、ナイファンチを武術的に修行した人間は、多数は存在しません。下手をすれば・・・、皆無かもしれません。
 しかし幸いにも、国際沖縄空手道・無想会の日本国内の弟子たちは、わたくしの指導に良くついてきてくれ、どうにかこうにか、武術としての心身思想を理解し、かつ操作できるまでの段階にはこぎ着けてきています。

 しかし、これは初歩の初歩。あるいは、基礎の基礎。または、基本の基本です。

 そろそろ、ナイファンチを卒業する。すなわち「修行の初めを、終わらす」ことが出来る人間が出てきても良い頃だと、愚考しています。
 そこからが、武術としての沖縄空手の真の修行が始まるのであり、「武士・松村」の片鱗に触れることが、可能になる境地でもあると思っています。

 再び誠に幸いなことに、2020年ごろには日本国内初の昇段審査が出来る予定でもあります。最大数で20名前後の黒帯が、ここ数年で誕生して欲しいと思っています。

 武術として伝承された沖縄空手の最初の形である、ナイファンチの形を知り尽くし、その操作が行える人間が日本国内で、徐々に生まれて行くということは・・・、
 武術として伝承された沖縄空手の歴史・技術・思想体系が、当たり前の空手の修行として、日本国内に普及していくことでもあります。

 すなわち、武術としての空手の最初の形である「ナイファンチが、出来て当たり前」、「ナイファンチを、理解できて当たり前」っという人間が生まれ出てくるということです。

 そして、次に問題になるのが「では、ナイファンチの次はナンであるか?」っという、厳しい問いになるのでしょう!?
 
 その当たり前のことを為し、次の問いに備えるために、いま現在の弊会の修行があるのだと思っています。

国際沖縄空道・無想会主催
第16回「新垣清最高師範・直伝」
東京・大阪・沖縄
詳細・お申込み受付開始
「無料・初回者限定セミナー」も、このHPからどうぞ
詳細・お申込み受付開始

     国際沖縄空手道・無想会公式HP
            https://musokai.storeinfo.jp/

イメージ 1


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事