ここから本文です

書庫全体表示

修行と浦島太郎


 あれほど、武術として伝承された沖縄空手と、その形の修行においての、「情報収集」と、その「活用」を記しておきながら・・・。
 その全てを、「捨てよ!」っと言い。 
 かつ・・・。
 「これから先は、行っては為らない!」などと勿体ぶった、言い回し・・・。または、思わせ振りな、言い方っと言い・・・。
 「筆者・新垣清とは、イヤな奴だ!」っと思われる読者も、存在するかもしれません(涙)。

 または・・・。「イヤ! これは誘い水である」。または、「誘き寄せるための、エサ撒きなのだ!」っと感じる読者も存在するでしょう。

 しかし、わたくし一応真摯に、誠実に記しています。
 本気で、命がけで、「武術として伝承された沖縄空手」と、「その形」の修行を志すならば・・・、どんなに才能のある人間でも、三年は掛かります。
 それも一日二十四時間、週七日、一年三百六十五日かけての三年です。
 その間、他のモノには一切というほどに、手がつきません。
 徹頭徹尾、空手の修行に心身を注ぎ込むことが、要求されます。

 そしてあなたが武才に恵まれ、強靭な身体を持ち、頭脳明晰で、さらに多大に運に恵まれた場合に・・・。
 三年ほどで・・・。武術として伝承された沖縄の真髄に、辿り着くことが、可能であるかもしれません(?)。

 しかし、その修行に費やした三年の年月の間に、あなたが決別しなければならなかった仕事、学業、人間関係などは、すべて遠くに去って行ってしまっています。

 それらから取り残されたあなたが、現実の社会に戻ってきた場合には、文字通り「浦島太郎」っとなっているはずです。

 しかし・・・。
 これらは、まだ運の良いほうなのです。すなわち、ラッキー!と自分で喜べる範囲なのです。 
 あなたが武才に恵まれず、強靭な身体も持ちあわぜず、頭脳も凡庸で、さらに多大な運にも恵まれていない場合には・・・。
 三年が五年になり、五年が十年になります。
 まぁ〜、十年後でも、武術として伝承された沖縄空手の真髄東洋心身文化の真髄を把握するならば、まだ納得が行く生き方でしょう。
 しかし・・・。
 なかには、一生その真髄を掴む、すなわち開眼、または悟ることが出来ない人間も、出てくるはずです。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事