ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全190ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

  国際沖縄空手道・無想会
の主催します「日本縦断セミナー’19.春・初夏期」の大阪会場セミナーの初日が無事終了しました。

 今日は天気予報では、大阪は32度まで上がるということで・・・。
 もう、ヤケだから・・・。飛ばして行こうと思っていました。
 まあ、自分が沖縄での修行時代はかんかん照りで、この気温で外走ってましたから、わたくし個人の気温としては最適なのです。それにサウナで高温には、慣れてますので・・・。

 しかし、さすがに7時間のセミナーが終わった時は、心身ともにボロボロでした。
 その後、汗だらけの空手着をコインランドリーで洗濯しつつ、駅前の温泉(+サウナ)に入り、夕食を摂ったら、動けなくなりました(笑。
 
 まあ、明日起きられるか? どうか? 見てのお楽しみです。

 セミナーの内容は? 良かったです!
 特に、二人の一級の茶色帯の黒帯の組手は、本当に見事でした。
 「嗚呼〜! ここまで、来たのだなぁ〜!」っと言う想いさえ、湧いてきました。
 
 明日一日、また頑張ります(起きれたら、だけど・・・)。


 東京セミナー感想一覧

国際沖縄空道・無想会主催
第16回「新垣清最高師範・直伝」
東京・大阪・沖縄
詳細・お申込み受付開始
「初回者限定セミナー」も、このHPからどうぞ
詳細・お申込み受付開始

     国際沖縄空手道・無想会公式HP
            https://musokai.storeinfo.jp/

イメージ 1

 国際沖縄空手道・無想会の主催します、「本縦断セミナー’19、春・初夏期」においては、「じゅうしほ」の形の伝授が今回のメイン・テーマとなっています。
 疑問には悉く解がある を参照ください。

 度々本ブログでも記しているように・・・。「ごじゅうしほ」、「五十四歩」、「ウセーシ」、そして「スーシホ」などの様々な呼称が存在すること・・・。

 その最初の動作でさえ、個人、諸流会派で立って始まる。座って始まる。などハチャメチャ・・・。

 酔拳、あるいは酔羅漢の影響がある(そんな事は、ありません!)動きが、左右に出てくる。しかし、その意味がまるで不明。
 さらに左右に一対で出てくる、その動作が、前を向いて一回だけ・・・。または、前を後ろを向いて、一回ずつ・・・。前を向いてと、横を向いて一回・・・。そして、前を向いて二回と・・・。
 さらに、形に存在すべき「コンテクスト」どころか・・・。「正中線」、そして「演武線」の概念など、まるで存在しないのです。
 武術的に必要不可欠な部分をすべて消却してしまい、意味無き動作をただ単に繰り返す・・・。残滓・残骸となり果ててしまった、形(カタチ)のみが存在するだけです。

 一体・・・、ならば、「ナニを、この形から学べ!」っというのか???
 いくら伝言ゲームの結果とは言え、「これでは、アンマリだ!」っと叫びたくなるほどの混乱を持ったまま、伝承されています(文責・すべて新垣清)。

 すなわち沖縄空手の形とは、「ダーレも、ナンにも、分かっていなかったのだ」っという生きている証明みたいな形の代表が、この「ごじゅうしほ」だと思います。

 ですから、それを完全解明することは、本当に至難の想いでした。
 そして、「完全に解明したな!」っと思った次の瞬間に、「ナゼ? これほどまでに素晴らしい形を、こんな有様にしてしまったのか!?」っと、それこそ天を仰ぐほどの想いでした。

 武術としての空手を必要としなくなって行った、近代沖縄社会・日本社会の中で、空手を存続させるために、体育・体操、スポーツ化しなければ為らない必然は、重々理解しています。
 でもね・・・・。
 
 東京セミナーで、この「ごじゅうしほ」の形を伝授された受講者の皆様は、この形を修行すればするほどに・・・。この形の素晴らしさを、認識されるはずです。
 それほどまでに、素晴らしい形なのですよ。
 それを、「ナゼ・・・?」。
 っと、悔しさというか・・・。怒りっというか・・・。やるせなさっという想いでした。
 そして、前回のブログでも記したように「これほどの形を失伝させては、『死んでも、死にきれない!』」っと想いでした。

 しかし、東京セミナーで参加者に一応のカタチで伝授することが適い。いまは・・・、
自分の義務を果たすことが出来た、
満足感が沸いてきています。
 受講された皆様に、心より感謝申し上げます。
 ありがとうございます!
 修行すればするほどに・・・。深みの増す、そしてその完璧さに驚愕される形です。あとは、皆様次第です。

 東京セミナー感想一覧

国際沖縄空道・無想会主催
第16回「新垣清最高師範・直伝」
東京・大阪・沖縄
詳細・お申込み受付開始
「初回者限定セミナー」も、このHPからどうぞ
詳細・お申込み受付開始

     国際沖縄空手道・無想会公式HP
            https://musokai.storeinfo.jp/


東京セミナーの感想

イメージ 1

 国際沖縄空手道・無想会が主催します、「本縦断セミナー’19、春・初夏期」は、まだ東京会場でのセミナーが終わったばかりです・・・、が。

 セミナーを受講された方々の感想が、多数ネットにアップされています。

 その中において、弊会の沖縄同好会の代表氏のブログが、心を打ちます。
 なんか・・・。読んでて目がウルウルまでしてきました。

 弊会におきましては、琉球王国時代における「術として伝承された沖縄空手の再」などと、大層なことを謳っていますが・・・。
 それはひとえに沖縄出身(沖縄人)で、日本国民のわたくし・新垣清が、文化・言語・人種(坩堝)の違うアメリカで、空手を修行・指導する際に感じた想いが、基調理念となっているだけです。

 すなわち沖縄空手という、自らの心身文化を振り返った時に、
他の文化と激突させて、
新たなる文化を生み出すことに、
値し得るものなのか? 
 っという・・・。まあ、書いている本人が苦笑するほどの、大上段に振りかぶった想いでもあります。

 でもそれって・・・、わたくし個人の自分勝手な想いでもあるんですよね!?

 しかし、それを理解してくれる人々が少しづつ増えてきた・・?。っということは、嬉しいっというか・・・。ガンバローっという気にさせてくれます。

 感謝です!

国際沖縄空道・無想会主催
第16回「新垣清最高師範・直伝」
東京・大阪・沖縄
詳細・お申込み受付開始
「初回者限定セミナー」も、このHPからどうぞ
詳細・お申込み受付開始

     国際沖縄空手道・無想会公式HP
            https://musokai.storeinfo.jp/


いま、大阪です。

イメージ 1

 いま、大阪です。

 無事に国際沖縄空手道・無想会の主催する「日本縦断セミナー’19、春・初夏期」の東京会場を終えて、録画を果し昨日の夜に大阪に到着です。
 東京・関東一円、そして日本の各地からセミナーにご参加いただいた皆様、有難うございました。

 セミナー自体、そしてその前後におきましても、弊会の活動が日増しに活発になっていくのが、手に取るように分かる状況で、皆様のご尽力・ご協力に心より感謝いたします。

 前回のブログでも列挙しましたが・・・。セミナー感想が載っている更なるブログを、下記にアップしました。

 私事になりますが・・・。大阪は頻繁にネットが使える状態では無いので、少し音信が途絶えるかもしれませんが、その点はご了承のほどをお願いします。

 大阪セミナーの行われる土・日は、ナンと気温が30度にもなるという予想なので・・・。皆さま、セミナー前、セミナー中、そしてセミナー後の水分補給は、十分に気を付けてくださいね。

 再び私事ですが・・・、わたくしの体調はまあまあで、これからサウナに向かいます。

 頑張ります!


国際沖縄空道・無想会主催
第16回「新垣清最高師範・直伝」
東京・大阪・沖縄
詳細・お申込み受付開始
「初回者限定セミナー」も、このHPからどうぞ
詳細・お申込み受付開始

     国際沖縄空手道・無想会公式HP
            https://musokai.storeinfo.jp/



東京セミナー無事終了

イメージ 1

 国際沖縄空手道・無想会の主催します、「日本縦断セミナー’19、春・初」の、東京セミナーがお蔭様で無事終了いたしました。
 通常は「秋・初冬期」のセミナーの方が、「春・初夏期」より三ー五割がた参加者の人数が多いのですが・・・。有難いことに、今回の「春・初夏期」は、通常の「秋・初冬期」並みの参加人数となりました。
 ここに、関係者の皆様のご尽力・ご協力に対しまして、厚く御礼を申し上げると同時に、ご参加なされた皆様に深く感謝いたします。

 今回のテーマは、「ごじゅうしほ(五十四歩)」の形でした。
 下記の種々の動画でもお分かりのように、個人、流会派の違いによって千差万別の「ごじゅうしほ」、「五十四歩」、「ウセー」、「スーシホ」なる形が存在します。

 それも「正中線」、「演武線」、「コンテクスト」などが皆無、あるいは滅茶苦茶な、かつ最初の動作さえゼンゼン違う形です(文責・新垣清)。

 「空手はナイファンチに始まり、ナイファンチに終わる!」っとまでされる、「ナイファンチ(内帆船・南方拳の漢字か?)」を完全解明して、弟子たちに伝授した後で・・・。
 「ごじゅしほ」の形の完全解明を果した時は、空手家冥利につきる思いでした。

 そして自分なりに、この形と次回に伝授する予定の「クーシャンクー(公総菅)」の形を指導するまでは・・・、最低限でも動く身体でありたい! っと思っていました。

 「武士・松村」こと、松村宗昆が中国拳法(本来は中国清朝軍軍事教練徒手格闘術)を日本武道(主に剣術)の心身思想・操作で改変した、この二つの形の持つ「見事さ!」っを日本の空手家に伝えるまではまあ・・・「死んでも、死にきれない!」っという想いだったのです。

 上記の二つの形において、その重厚さ、複雑さにおいては「ごじゅうしほ(五十歩)」の形が、「ーシャンクー(公総菅)」の形より一日の長がある! っとわたくし自身は感じています。
 まあ「クーシャンクー(公総菅)」の形には武術としての、速さ・早さ・疾さがありますが・・・。
 
 このうちの一つを、日本国内の弟子たちに伝授できたことは、大きな喜びです。

 まだ大阪、沖縄と続きますが・・・。
 心身のコンディションに気を付けながら、それなりに遣って行く心算です。
 みなさま、本当に有難うございました。
 セミナー内容などに関しましては、下記の弊会会員諸氏やセミナー参加者などの、ブログ等をご覧ください。


国際沖縄空道・無想会主催
第16回「新垣清最高師範・直伝」
大阪・沖縄
詳細・お申込み受付開始
「初回者限定セミナー」も、このHPからどうぞ
詳細・お申込み受付開始

     国際沖縄空手道・無想会公式HP
            https://musokai.storeinfo.jp/



全190ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事