ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

 前回、ウーセイシ(五十四)の形は、「滅茶苦茶でごじゃりまするがな!」として、ウーセイシ(五十四)の形のことを記していますが・・・。忘れないうちに、本部の弟子たちの上達ぶりも記していきます。

 今回の日本縦断セミナーで、一か月ほど本部道場を留守にして、帰国して本部で指導した時にビックリしたのは、彼らの上達ぶりです。
 日本の年の瀬、年末が近づくのと同じで・・・、アメリカでも感謝祭からクリスマス、ニューイヤーっと続くこの時期は、道場生の出席率は悪いです。
 でも・・・、年末の昇級審査があるので、審査を受ける心算の生徒は熱心に道場に来ています。

 彼らは基本にしても、形にしても号令をかけてやる分には・・・、色帯の連中がもし黒帯を締めて静止画で映った場合は、本物の黒帯と見分けがつかないだろう? っと思うほどな姿勢・技になっていました。まあ、号令無しの動きで・・・、あるいは動画では、まだ違いが分かりますけどね。

 さらに組手でも、顔面あり、無しでも、チャンと黒帯と相手して戦えます。顔面無しの、いわゆるフルコン組手でも、顔面有りの間合いを保ったまま闘ってくれるのが、嬉しいです。
 従来は三年ほどかかった技術的な部分が、もう、一年ほどで皆クリアーできるようになっています。 
 技を、そして形を使える黒帯連中が、道場の中には一杯いるのですから、当然と言えば当然ですが・・・。
 ここまでチャンと指導してくれている、本部の指導員たちに感謝です。

 さて、問題のウーセイシ(五十四)の形ですが・・・。

 この形はサンチン(三戦)サイファ(九法)、セイサン(十三)セーパイ(十八)、・・・セイエンチン(四十五戦)、・・・・スーパーリンペー(壱百零八)っと続く「唐手・佐久川」が移入した、1804年前後に中国福建省琉球館で、中国清朝軍の漢人部隊(緑営)の護衛兵(把門=アーナンと発音)たちの軍事教練として行われていた、合計十五の套路(≒形)の九番目にあたるものです。

 驚くかもしれませんが・・・、前回のセミナーで伝授した「パッサイ(八十一)」の形と同じく、サンチン(三戦)のような様式(現在の剛柔流や、上地流のとは異なるものです)で、最初の動作は始まっていたはずです。

 それを首里の武士たちが、琉球化(沖縄化)して、さらに日本剣術の達人であった「武士・松村」こと松村宗昆が、沖縄手、首里手として完成させています。
 しかしながら・・・、どうにも、こうにも、滅茶苦茶な形なのです。
 ここまで滅茶苦茶な形だと、「松村さん、アンタ一体どうしたの?!」っと、タメ口の一つも訊きたいぐらいです(怖いから、訊いた後で、スグ逃げるけど・・・)。

 一体、どうしてこんな、いろいろなバージョンのある(そのために、ヘンテコリンになってしまった)形が伝承されたのでしょうか?
                                   国際沖縄空手道・無想会、公式ホームページ      
イメージ 1


 いま松村宗昆の伝承したとされる、ウーセイシ(五十四)の形の解明を、始めています。

 ウーセイシ五十四歩、そして極真系統ではスーシホー(?)なる名称で呼ばれる形です。
 
 極真系統のスーシホーなる呼称は、この形の名前を大声で言った場合にゴジュウシホ」の「ゴ」の音が消えてしまい、後の「ジュ―シホ」の音が、「スーシホー」となって残り、スーシホー」の形の名称となったのでしょう。

 ナンか、笑い話のようですけど・・・、空手の歴史においては、すべての流会派で往々に
して起こっている出来事です。文責は筆者です。

 現行の形試合で、自らが演じる形の名称を怒鳴るのと一緒で・・・。誰もその形の名称を
正しく聞き取ることは不可能だったのでしょう。

 この形は、わたくしが沖縄での修行時代にも習得した形です。でも・・・、わたくしは、余り好きな形ではありませんでした。その理由は、以下の事柄でも理解できるはずです。

 今回、完全解明を目指して再修業している段階で言えることは、

 「ナンじゃい、この形は?」っというものです。わたくしの沖縄での修行時代に感じたことの、焼き直しのような思いでした。

 まず、最初の動作から不可解です。

 立って始まるウーセイシ(五十四)の形があるかと思えば、いわゆる折敷(オリシキ)、すなわち片膝立ちで形が始まる、流会派もあります。

 ドッチなの?! 立つのか? 座るのか(片膝)か? ハッキリしてよ! っと誰もが思ってしまします。

 そして一説には「中国拳法の、『酔拳』の影響である!」ともされる、左右へのフラフラ(?)と動く動作があります。

 いくら酒飲みのわたくしが、常に酔っているからとは言っても、その状態で形を使う訳ではありません。ましてや、素面の皆様にとっては・・・、

 そのために、再び「ナンじゃい、この形は?!」っと、誰しもが思う動作です。

 さらには、この「酔拳(?)」の動きが、前と後を向いて、左右二度づつ行う流会派。前を向いて、左右二回行われる流会派。
 一回は前を向き、次は横を向いて左右一回づつやる流会派(極真系統の「スーシホー」が、それです)。そして前を向いて、左右一回だけ行う流会派。っと様々な形態を見せます。

 まったくもって、三度「ナンじゃい、この形は?!」っと言いたくなるような、塩梅です。

 ちなみに、わたくしが学んだウセーシ(五十四)の形は、一つは最初の動作が折敷(オリシキ)、すなわち片膝立ちから始まるもの。他の一つは、立った動作で始まるものです。
 注・要約すれば、祖堅・喜屋武系統は折敷あり。糸洲・屋部(含・長嶺)系統は、立ったままです。

 さらに『酔拳(?)』の動作が、前を向いて左右二度づつ遣る形と、前を向いて左右一度だけやる形を学んでいます。
 注・これも要約すれば、祖堅系統は前を向いて左右二度。喜屋武系統は、前と後に向かって一度づつ。屋部(含・長嶺)系統は前を向いて、左右一度だけです。

 そして厄介なことに、屋部系統には、前と後ろに向いて一回づつの形も存在します。リチャード・キム系統では、「屋部の五十四歩」の形の、この異なる二つの様式の形が伝承されています。ここまで記すと、もう泣きたくなります。

 書いている、わたくしが自体がコンガラガッテいるので、拙文をお読みになって居られる読者の皆様は、もっと大変でしょう

 まったくもって、四度ナンじゃい、この形は?!」です。

 一体、ナニがどうなってこのようなハチャメチャ、あるいはシッチャカ・メッチャカな形になってしまったのでしょうか?

 まったくもって、ですし・・・。もう、イヤンッになっちゃうよ!」っとため息の一つも出るかと思われる状態です。 またはエンタツ・アチャコの、滅茶苦茶でごじゃりまするがな!っという状態なのですよ(古いなぁ〜)。

 でも・・・。

の稿続きます。
           国際沖縄空手道・無想会、公式ホームページ      
イメージ 1

イメージ 2


 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事