ここから本文です

書庫日記

記事検索
検索

全170ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


 本ブログでは唐手・佐久川の移入した15の形の、仮名表記と漢字表記の違いを説明しています。

 もうブログをフォローされている読者の方々には、「漢字表記のある形と、仮名表記(のみ)の形がなぜ存在するのか?」 が、ご理解できたと思います。

 このような書き方は、上から目線でイヤなのですが・・・。
 人が、他の人に何かを伝承しよう! あるいは、それに基づいて教育しよう! っという目的がある場合には、それは必ずと言って良いほどに「体系」つける行為が生まれます。

 なぜなら・・・? それが、一番効率が良いからです。

 ただ、武術として伝承された沖縄空手、さらに遡って中国拳法の形や套路の場合には、その体系つけられた事柄の原理・原則が消失してしまったのです。

 空手の心身思想・操作だけでは無く、その歴史まで、シッチャカ・メッチャカで、一体ナニがナンだか、皆目見当がつかない! っと言う現象(それは、中国拳法も一緒!)は、その原理・原則を理解する術を失ってしまったからです。

 なぜか?

 それを解くことが、「アジア的停滞」、または「アジア的混沌」の原因を解くことになると思いますし・・。筆者は、必死でそれにいま・現在向き合っている心算です。

 しかし本ブログの読者にはもうお分かりのように、佐久川の移入した15のは、数の体系で出来ており、それは華思想における数の意味をすべて網羅しています。

 今回の「二十四歩」においても、佐久川が移入した当時、あるいはその少し後までは、「ニセーシ」、あるいは「にせいし」などと仮名表記されて伝承されたはずです。

 なぜか?

 それは、琉球王国時代の公式文書は、すべて仮名表記だからです。

 ですから・・・。
 唐手・佐久川が移入した15の清朝漢人部隊、すなわち「緑営」の軍事教練を琉球王国は一時的にしろ、正式、あるいし準正式な自らの軍事教練として採用した。あるいは、採用しようと試みた。可能性もあるのです。

 その伝承が、なぜ、永続しなかったのか? なぜ、変革されたのか?

 この答えは、もう皆さまも推察できるでしょうが・・・。

 筆者・新垣清には出ている! っと思っています。ただここでは長くなってしまうので、割愛しますね!

 いずれにしろ、佐久川から50年ほど後に中国に渡ってであろう「猫・新垣」こと、新垣世璋(あらかき・せしょう、1840−1904)が再度、琉球王国に移入させます。

 大雑把に言いますが・・・。

 この「猫・新垣」までの時代が、清国の正式な軍事教練が国家公務員である「緑営」の軍人から、琉球王国の国家公務員であった沖縄の武士たちに伝承された体系だったと思います(っと言っても、【受け取る側にあたる】新垣が公式であったのか? っということは、僅かながら疑問も生じますが・・・)。

 その新垣の移入した、漢字表記の「二十四歩」が、現在の「二十四歩(にじゅうしほ)」の形です・・・。

 っと言いたいところですが、少なくとも名称においては、もう「ニセーシ」も、「二十四歩」もゴチャゴチャになって伝承されていると筆者は思っています(出た! アジア的混沌)。

新垣清のオフィシャルブログを更新しました。
国際沖縄空道・無想会主催
第16回「新垣清最高師範・直伝」
東京・大阪・沖縄
詳細・お申込み受付開始

中国清朝・漢人部隊「緑営」の軍事教練が、
沖縄空手となったものの一覧表

イメージ 1



この記事に


 「八戦(セーパイチン)」は9X2=18で、「九十戦(ソーチン」すなわち9X10=90の形が相対になる! っと記しました。

 「唐手・佐久川」が移入したのが・・・、1804年前後に清朝漢人部隊である緑営が守っていた、福建省の琉球館で把門・把門官アーナン、アーナンクー、アーナンコー=護衛兵、護衛官)たちの軍事教練の、15の形です。15の形一覧表

 それらは9の倍数における数を使って、体系立てられています。

 9XN(Nは1,2,3などの自然数)ということです。それが、9X12=108まで続きます。

 そしてこの数の体系には、13、24の例外が存在しましす。

 その例外の一つが本ブログで記す24の数で表される「ニセーシ」、そして「二十四歩(にじゅうしほ)」の形です。

 この例外は何故生まれたのか?

 この事柄に関しては、ウキペディアの「二十四節気」を参照にしてください。

 もう本ブログを読まれている読者には、カタカナ表記と漢字表記の二種類を記した意図が、お判りになると思います。

 「ニセーシ」と記された形は、「唐手・佐久川」が移入したもの、あるいは、それが伝承された形です。

 または時期的に、1800−1840年ごろまでの琉球王国の王府の公式・正式、あるいは準公式・正式の軍事教練の可能性があった形だ。っとしても良いでしょう。

 わたくしが「古流・那覇手」と分類している、久茂地(くもじ)村の国吉真吉(くによし・しんきち、1848−1926)が、同じく那覇市の泉崎で居住していた崎山筑登之親雲上喜(さきやま・ちくとのぺーちん・きとく、1821−1904)から学んだのが、この「ニーセシ」の形です。

 崎山は中国人の「アソン」から学んだとなっていますが、この「アソ」なる呼称は個人名では無く、「把総」と漢字表記される、上記の把門、あるいは把門官の指揮官のことです。
 
 じつは「アソン」、「イワ―」、「スイソウ」などの名称を(中国人武術家の)個人名として理解したことから、空手の歴史に多大なる誤解・曲解が生まれてきたのです。

 そして、拙著「沖縄空手道の歴史」でも、その辺りの事柄は明確にされておらず、そのために沖縄、日本本土の事柄は詳細を極めた心算ですが・・・。中国関連の事柄は、非常に大雑多に終わってしまった感があります。

 時代から見るに、「唐手・佐久川」の「ニセーシ」がすでに沖縄には存在していたはずであり、その後に多重的に移入された可能性があります。

 いずれにしろこれが「ニセーシ」、あるいは「にせいし」と仮名表記される形でしょう。

新垣清のオフィシャルブログを更新しました。

国際沖縄空道・無想会主催
第16回「新垣清最高師範・直伝」
東京・大阪・沖縄
詳細・お申込み受付開始

中国清朝・漢人部隊「緑営」の軍事教練が、
沖縄空手となったものの一覧表


イメージ 1





この記事に

関係者さま各位

 明けましておめでとうございます。

 昨年・2018年12月20日の辞令により、国際沖縄空手道・無想会の世界総本部道場での正指導員でありましたブライアン・デイビス四段が、この2019年1月吉日より、2020年の12月31日まで、日本の国都・東京ならびに関東一円での指導・普及のために、世界総本部から日本へ派遣されることになりました。

 ブライアン指導員(日本では、「ブライアン先生」と呼称することとなります)の任務は、メトロポリタン・東京エリア、すなわち東京・関東一円での弊会の技術の向上と、活動普及にあります。

 具体的な目標としましては、2020年の春に予定されております、日本国内初の弊会昇段審査に向けての、世界総本部と日本の審査基準の統一化。

 そして同時期に開催される予定の、世界総本部道場の指導員・黒帯による日本会員へのセミナー、並びに本部の道場生と日本の会員たちの国際交流会議、さらに親睦会などの行事を円滑に進めること。

 その準備として今年・2019年の5、6月の春・初夏期、さらに10、11月秋・初冬期のセミナーを、従来にも増して盛況・成功裡に導く事となっています。

 以上の事柄は、一人の空手家の任務としては非常に重いものがありますが、日本における弊会会員諸氏、ならびに関係者さま各位のご協力、ご支援を頂ければ十分に可能なことでもあります。

 みなさまの更なるご支援、ご協力を賜りますならば望外の幸せに存じます。

国際沖縄空手道・無想会
会長・最高師範
新垣 清

新垣清のオフィシャルブログを更新しました。

国際沖縄空道・無想会主催
第16回「新垣清最高師範・直伝」
東京・大阪・沖縄
詳細・お申込み受付開始

中国清朝・漢人部隊「緑営」の軍事教練が、
沖縄空手となったものの一覧表

イメージ 1


この記事に


 サンチン、「九法(サイファー)」、「十三歩(セイサンボ)」について記したので、次は「セイパイ」の形についてです

 この形は唐手・佐久川が移入した、15の形の4番目にあたる形です。

 漢字表記では、「十八戦」です。「九十戦(ソーチン)」が、この形の「対」になります。18+90=108ですね!

 現在の「十八戦(セイパイチン)」の形は、最初に右手を貫手、あるいは手刀にして前に突き出す動作から始まっており、

 「一体、これは、ナンじゃらほい?!」

 っという、塩梅になってしまっています。

  なぜか?

 それは、最初の相手から襟首を掴まれて、サンチンの動作で外して、その後に相手の首筋に喉輪を入れて、反対側の腕で相手の頭を捻り、首を折るという動作が完全に抜け落ちてしまったからです。

 上記の業・技の形骸は、様式として自分の左右の手で握手(?)して、両腕を捻るという動作になって残っています。

 抜け落ちている、と記しましたが・・・。

 これは、ある意味正しい言い方では無く、案外意図的に上記の動作を削除した可能性もあります。

 なぜなら、上記のオリジナルな形の動作である、相手に自分の襟首を掴まれた後から業・技を始めるということを、首里の武士たちは「良し!」っとしなかったからです。

 それでは、「後の先」になってしまうからです。

 「ならば・・・、完全に首里化した『八十一戦(パッサイ)』のように、『先の先』を行く業・技に変革すればよかったはずなのに・・・?!。」 

 っと、わたくしなどは思ってしまいますが、それを果たせないままに、近代を迎えてしまったのでしょう・・・。

 現在の新興・那覇手である、剛柔流系統の体系にある形となっています。が・・、これは、どのような経路で宮城長順師が取り入れたのは、謎です。

 案外、彼らが創設した「唐手倶楽部」で、沖縄各地に散らばっていたであろう「唐手・佐久川」の十五の形を収集したのではないか?! っと、わたくしは推察しています。

 さらに、宮城長順師の朋友である「糸東流」を創設された、摩文仁賢和師が、「セイパイの研究」という本を出版しています。

 そして、セイパイは何時のころからか「十八」と漢字表記もされていますので、唐手・佐久川以後にも、沖縄武士の誰かが移入した可能性が高いです。

 なぜなら、1804年前後に唐手・佐久川の移入した15の形は、仮名表記で伝えられた可能性が高いからです。

 じつは、当時の琉球王国内において、王府関係(政府関係)の文書、すなわち正式・公式文書はすべて平仮名表記なんですよ・・!

 ですから唐手・佐久川が15の形を指導した当時は、王府(政府)の正式・公式、あるいは準正式・公式(の軍事教練)の扱いを受けていたのではないか?! っと筆者は愚考しています(まあ、希望的観測もありますが・・・)。

新垣清のオフィシャルブログを更新しました。

国際沖縄空道・無想会主催
第16回「新垣清最高師範・直伝」
東京・大阪・沖縄
詳細・お申込み受付開始

中国清朝・漢人部隊「緑営」の軍事教練が、
沖縄空手となったものの一覧表

この記事に


 ブログで、唐手・佐久川が移入した、福建省の琉球館を護衛する、いわゆる把門・把門官(アーナン、アーナンクー・アーナンコー)の所属する、清朝漢人部隊・「緑営」の軍事教練の15の形に関して記しています。

 前回はこの15の形の漢字表記には、「」、「」、そして「」の三種類の漢字表記の何れかが、その語尾に付くと記しました。

 そしてその漢字の語尾の付き方にもすべて法則があり、132454、そして
108の四つは相対となる形が存在しないが故に、形の漢字表記の最後には「」の漢字が付くと記しました。

 「十三歩」、「二十四歩」、「五十四歩」、そして「壱百零八歩」の四つの形のことです。

 次に9X1=と9X11=99の、9と99の数には、「」の漢字が最後に付きます。これは、9+99=108っとピッタリコンの数となるからです。

 上記の15の形に当てはめると、「九法(シーファー=サイファ)」っと、「九龍法(クルルンファ―)」の二つの相対となる形です。

 この際の九龍とは、九十九の意味です。ですから、九龍法とは九十九法との意味になります。

 これで「」っと「」の二種類の漢字が語尾に付く形は、6つとなりました。

 それぞれ、「」の漢字が付く形が四つ。「」の漢字が付くのが、二つということです。

 でっ! 残りは?

 残りの形は、すべて「」の漢字が語尾に付きます。

 順に「十八戦(セイパイチン)」、「二十七戦(二セイチチン)=雲手)」、「三十六戦(サンセール―チン)」、「四十五戦(セイウンチン)」、「六十三戦(ルーシャサンチン)」、「七十二戦(シソウチン)」、「八十一戦(パーサイチン)」、そして最後に「九十戦(ソーチン)」です。

 そして十八戦九十戦二十七戦八十一戦三十六戦七十二戦、そして四十五戦六十三戦・・・。全て、合計が108の数となる相対の形となっているのです。

 でっ! サンチン(三戦)の形は・・・?

 じつはこの形のことを記すには、本一冊分くらいの分量になるので割愛です。

 驚くべきことに、沖縄空手にはこの15の形の全てが伝承されているのですよ。

 それも、もっと驚くべきことに、唐手・佐久川が1804年前後に移入したものが、そのまま残っているのです。

 それも・・・、もっと・もっと驚くべきことに・・・。

 その後に「武士・松村」こと松村宗昆、「猫・新垣」こと新垣世璋が新たに移入した形もそのまま、佐久川が移入させたものと両立して、伝承されているのです。

 この事柄に関しては・・・、

 歴史における、奇跡的な出来事だ! 

 っとしても、良いかと思います。

新垣清のオフィシャルブログを更新しました。

国際沖縄空道・無想会主催
第16回「新垣清最高師範・直伝」
東京・大阪・沖縄
詳細・お申込み受付開始

中国清朝・漢人部隊「緑営」の軍事教練が、
沖縄空手となったものの一覧表

イメージ 1


この記事に

全170ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事