ここから本文です

書庫日記

記事検索
検索

全116ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

脳の「拳」の処理

 
 体捌き(運体)、足捌き(運足)においては、

 日本武道(主に剣術)の世界最高峰の
 
 心身思想・操作をも凌駕する、武術としての沖縄空手です。

 これは、本ブログをお読みの読者の方々ならば、

 もう完全に理解なさっているはずです。

 でも、前回のブログとやや重複する可能性もありますが、

 非常に重要なことなので、明確にするために書き進めていきます。

 上記の体捌き(運体)、足捌き(運足)のみならず、

 手捌き(運手)においても、

 日本剣術の「手の内」、「斬り手」の身体思想・操作による、

 開手(かいしゅ)の喉輪の技に代表されるように・・・。

 身体のクシ(後)の広背筋などを活用した動きならば、

 「神速」を得ることが十分に可能ですし・・・。

 人間が出来る動きとしては、最速・最早です。

 しかし・・・。

 武術としての沖縄空手の最大の特徴であり、

 かつ最高の武器である拳(ケン・コブシ)の業・技が、

 最後の最後と言うか・・・? 

 究極の場においてと言うか・・・?

 非常に残念なことに

 開手(かいしゅ)の場合の脳の処理と比べて、一瞬遅れます。

 その一瞬は刹那(一秒の七十五分の一)を基準とする、

 日本武道(含・空手)においては、

 生死を分けます。

 この一瞬の差を、空手は埋めることは適わないのか?

 ということで、自分の修行の主体として難儀を重ねてきました。
 

 沖縄空手道無想会の突きは、速い・早いです。

 当然、威力も凄いです。

 でも・・・、

 それって、当たり前のハナシなのです。

 それを為させるだけの技術体系というものは、

 もともと沖縄空手には存在していたのですから・・・。

 それをただ、わたくしは出来るだけ体系立てて、

 弟子や生徒に指導しているだけですから・・・。

 さらにこの速さ・早さを基準にしなければ、

 空手の形なんか遣っても、決して使えるようにはなりません。

 ですから、武術としての沖縄空手においては、「神速」の突きというのは、
 
 出来て、当たり前!

 必要絶対条件です。

 沖縄空手の基幹となる、武術としてのナイファンチの形でさえ、

 下手すると沖縄空手道無想会大阪同好会・代表氏

 下記のブログのように、

 猿だけでは無く、猫さえも出来るはずです。


 でも本ブログで記している疑問とは、

 それでも

 開手の「神速」と比べて、閉手の拳では、

 一瞬の遅れが、脳に、

 そして身体操作に生じるのではないか!?

 という疑問と、その解決策なのです。

 本稿、続きます。

来たる8/27(日)に広島県福山市で無想会の稽古会を行います。
以下詳細。
場所:ワイズボディ(広島県福山市神辺町川南1430-8)
日時:8/27(日)17:30〜10:00(未定)時間途中からでも参加可能です。
連絡は、 i_taka_s50_4_7syunpou@yahoo.co.jp(礒部)まで。
無想会の会員の方はLINEで連絡して下さい。
この時に福山同好会について話し合いも行います。興味のある方は是非ご参加下さい。


注・下記のように今年の12月に、アメリカの本部道場にて日本人空手家向け、特別直伝稽古、並びに昇級・昇段審査を行う予定です。
 詳細は沖縄空手道・無想会の空手を沖縄で、沖縄同好会、代表氏のブログにも記してありますが、さらなる事項は決まり次第、随時告知する予定です。

 
沖縄空手道無想会
新垣清・最高師範
直伝
 「第13回・日本縦断セミナー’17、秋・初冬期」
東京・大阪・沖縄

東京
10月21日(土曜日)
 9:00〜11:00   BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA 
              初回限定&会員特別稽古


 12:00〜17:00 BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA  
             本セミナー

10月22日(日曜日)
 9:00〜12:00  BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             本セミナー
 13:00〜15:00 BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             本セミナー
 15:30〜      BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             昇級審査
 審査終了後       場所未定
             懇親会

大阪

10月28日(土曜日)
 8:00〜10:00  大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
             初回限定&会員特別稽古
 10:00〜16:00 大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
             本セミナー(お昼休憩1時間をはさむ)







           10月29日(日曜日)                       9:00〜15:00  大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
            本セミナー(お昼休憩1時間をはさむ)
15:30〜      大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
            昇級審査
審査終了後       場所未定
            懇親会






沖縄
(場所・スケジュール未定)
11月4日(土曜日)
11月5日(日曜日)

 の予定です。
 注・セミナー内容、準備するものなどの詳細は決定次第、告知いたします。
 なお、日時、場所が変更になる場合がありますので、御了承ください。


日本人空手家向け、特別直伝稽古、並びに昇級・昇段審査
沖縄空手道無想会・世界総本部道場
(アメリカ・ユタ州)
12月5日(?未定)−12月8日(直伝稽古)
12月9日(昇級・昇段審査)
現在までの詳細は、下記をクリック



ブログ告知
を、以下の通りに更新しました。

この記事に

 
 世界最高峰の心身思想・操作を持つ日本武道(主に剣術)と、

 その沖縄土着化を果たし、

 「手(ティー)」と呼ばれた技術(武術)をも上回る、

 心身思想・操作を持つ武術としての沖縄空手です。

 その身体操作である体捌き(運体)、足捌き(運足)は、

 剣を持つという・・・。

 ある意味、
 
 限定された身体操作を余儀なくされる、日本剣術と比較して、

 生まれたままの、生身の身体のみでの操作であるが故に、

 格段に自由です。

 そのために、最速・最早を得ることが可能です。

 なぜなら人間は自由な状態で、最大の努力を自分に課した時が、

 一番効率の良い結果が生まれるからです。

 すなわち武術としての沖縄空手こそが、

 「早速の術」であり、「間に合う」業・技なのです。

 しかしながら、沖縄空手の主要武器だとも思われている、

 拳(コブシ)という指を閉じた状態、

 すなわ閉手(ヘイシュ)の状態

 相手を突くという空手の業・技では・・・。

 自然な手を開いている状態の

 開手(カイシュ)の状態で業・技を為すことより、残念ながら・・・、

 一瞬の遅れがあります。

 日本縦断セミナー’17、春・初夏期が終わった今年の中頃からの、

 わたくしの修行の主題は、

 昨年から引き続いている、「公総管(クーシャンク―)の形」の解明

 それに加えて、泊手の体系の解明

 そして、最後に・・・、

 ナイファンチの形の本質を理解した上での、

 開手と同じ速さ・早さを持つ、

 閉手の拳(ケン・コブシ)の突きによる業・技の解明。

 すなわち武術としての、

 究極の「当法(アティファー)」の確立!

 というものでした。

 この稿、続きます。


来たる8/27(日)に広島県福山市で無想会の稽古会を行います。

以下詳細。
場所:ワイズボディ(広島県福山市神辺町川南1430-8)
日時:8/27(日)17:30〜10:00(未定)時間途中からでも参加可能です。
連絡は、 i_taka_s50_4_7syunpou@yahoo.co.jp(礒部)まで。
無想会の会員の方はLINEで連絡して下さい。
この時に福山同好会について話し合いも行います。興味のある方は是非ご参加下さい。


注・下記のように今年の12月に、アメリカの本部道場にて日本人空手家向け、特別直伝稽古、並びに昇級・昇段審査を行う予定です。
 詳細は沖縄空手道・無想会の空手を沖縄で、沖縄同好会、代表氏のブログにも記してありますが、さらなる事項は決まり次第、随時告知する予定です。

 
沖縄空手道無想会
新垣清・最高師範
直伝
 「第13回・日本縦断セミナー’17、秋・初冬期」
東京・大阪・沖縄

東京
10月21日(土曜日)
 9:00〜11:00   BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA 
              初回限定&会員特別稽古


 12:00〜17:00 BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA  
             本セミナー

10月22日(日曜日)
 9:00〜12:00  BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             本セミナー
 13:00〜15:00 BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             本セミナー
 15:30〜      BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             昇級審査
 審査終了後       場所未定
             懇親会

大阪

10月28日(土曜日)
 8:00〜10:00  大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
             初回限定&会員特別稽古
 10:00〜16:00 大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
             本セミナー(お昼休憩1時間をはさむ)







           10月29日(日曜日)                       9:00〜15:00  大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
            本セミナー(お昼休憩1時間をはさむ)
15:30〜      大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
            昇級審査
審査終了後       場所未定
            懇親会






沖縄
(場所・スケジュール未定)
11月4日(土曜日)
11月5日(日曜日)

 の予定です。
 注・セミナー内容、準備するものなどの詳細は決定次第、告知いたします。
 なお、日時、場所が変更になる場合がありますので、御了承ください。


日本人空手家向け、特別直伝稽古、並びに昇級・昇段審査
沖縄空手道無想会・世界総本部道場
(アメリカ・ユタ州)
12月5日(?未定)−12月8日(直伝稽古)
12月9日(昇級・昇段審査)
現在までの詳細は、下記をクリック



ブログ告知
を、以下の通りに更新しました。

この記事に

世界総本部道場の近況


 この10月に行われる「日本縦断セミナー’17、秋・初冬期」の、

 本格的準備が、そろそろ始まっています。
 
 そして通常は、12月初旬に行われる、

 沖縄空手道無想会世界総本部道場での昇段・昇級審査が、

 前倒しで、わたくしがセミナーからアメリカへ帰国した直後の、

 11月に行われる予定です。

 そのために、世界総本部道場では、いま黒帯たちが必死で、

 修行に励んでいます。

 道場での稽古は元より、週一でクラスの後に黒帯のグループが居残りで、

 体力補強の補修クラスを自分たちで行っています。

 暑いのに、ご苦労様なことです・・・。

 デッ・・・! 

 肝心な指導者である、わたくしは・・・?

 っと言うと・・・。

 もう、彼らのことは、完全無視です。

 弟子たちの好きなように、遣らせています。

 だって、暑いしね・・・。

 早く帰って、ビール飲みたいし・・・。

 っという事で、わたくしのチャランポランの本性丸出しです。

 でも、「まあ、良いじゃないですか!」・・・

 っと、開き直り。

 しかし、チョッと真面目に記せば・・・、

 彼らは初段から二段の黒帯だけでは無く、

 三段、四段の黒帯です。

 六歳のころから始めて、途中いろいろあったけど、

 通算すれば・・・、

 かれこれ、二十年以上も沖縄空手道無想会

 世界総本部道場で、修行している弟子もいるのです。

 このレベルの人間は、言葉一つ、動作を一回見せてやれば、

 その事柄のすべてを、理解できなければなりません。

 それだけの事は、伝授した心算です(マッター・・・、大袈裟な!)。

 さらに、もう一つわたくし個人の事情を、記せば、

 自分の修行と、道場での指導は、

 まったくの、別物の次元になってしまっているからなのかも・・・!?、

 しれません。

 わたくしの役割とは、自分の修行で得た心身思想・操作を

 さらに精密に体系化して、

 フィードバックするカタチで、弟子たち伝授するということなのでしょう。

 まあ、そんな一人ボッチの修行はキツイし、孤独だし・・・。

 自分自身が、どこまで行けるは分かりませんが・・・。

 もうこうなったら半分ヤケ(?)で、行けるとこまで行ってみよう!

 っという気もあります。

 でも、そんな気持ちも、ビール飲んだらすぐ消えるけどね・・・。
  

来たる8/27(日)に広島県福山市で無想会の稽古会を行います。

以下詳細。
場所:ワイズボディ(広島県福山市神辺町川南1430-8)
日時:8/27(日)17:30〜10:00(未定)時間途中からでも参加可能です。
連絡は、 i_taka_s50_4_7syunpou@yahoo.co.jp(礒部)まで。
無想会の会員の方はLINEで連絡して下さい。
この時に福山同好会について話し合いも行います。興味のある方は是非ご参加下さい。


注・下記のように今年の12月に、アメリカの本部道場にて日本人空手家向け、特別直伝稽古、並びに昇級・昇段審査を行う予定です。
 詳細は沖縄空手道・無想会の空手を沖縄で、沖縄同好会、代表氏のブログにも記してありますが、さらなる事項は決まり次第、随時告知する予定です。

 
沖縄空手道無想会
新垣清・最高師範
直伝
 「第13回・日本縦断セミナー’17、秋・初冬期」
東京・大阪・沖縄

東京
10月21日(土曜日)
 9:00〜11:00   BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA 
              初回限定&会員特別稽古


 12:00〜17:00 BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA  
             本セミナー

10月22日(日曜日)
 9:00〜12:00  BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             本セミナー
 13:00〜15:00 BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             本セミナー
 15:30〜      BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             昇級審査
 審査終了後       場所未定
             懇親会

大阪

10月28日(土曜日)
 8:00〜10:00  大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
             初回限定&会員特別稽古
 10:00〜16:00 大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
             本セミナー(お昼休憩1時間をはさむ)







           10月29日(日曜日)                       9:00〜15:00  大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
            本セミナー(お昼休憩1時間をはさむ)
15:30〜      大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
            昇級審査
審査終了後       場所未定
            懇親会






沖縄
(場所・スケジュール未定)
11月4日(土曜日)
11月5日(日曜日)

 の予定です。
 注・セミナー内容、準備するものなどの詳細は決定次第、告知いたします。
 なお、日時、場所が変更になる場合がありますので、御了承ください。


日本人空手家向け、特別直伝稽古、並びに昇級・昇段審査
沖縄空手道無想会・世界総本部道場
(アメリカ・ユタ州)
12月5日(?未定)−12月8日(直伝稽古)
12月9日(昇級・昇段審査)
現在までの詳細は、下記をクリック



ブログ告知
を、以下の通りに更新しました。

この記事に

武術としての腰


 武術としての沖縄空手の心身操作

 そして筆者が思っている、日本剣術の心身操作でもある

 「手が先」、そして「剣が先」の動作だと・・・。

 腰を回す。腰を振るなどの動作は不可能です。

 自分の拳や剣は、自分の脚が地面に着く直前に、

 相手に届いているのですから・・・。

 その後に足を地面に着けて、腰を回すなどの必要はありません。

 それ以上に重要なことは、足が地面に着いて直後から腰を回す、

 あるいは腰を振るなどの動作をして、

 拳や剣を相手に当てようとしても、

 遅すぎます。

 では脚・足が地面に着く直前に、腰を回したり、

 腰を振ったりしたら、どうでしょうか?

 そんな動作は、不可能です!

 ってか、やってしまったら、

 身体が流れてしまって・・・、

 拳や剣が、明後日の方角に飛んでいってしまいます。

 武術として伝承された沖縄空手では、

 如何なる流会派においても

 「腰は回さない」、

 「腰は振らない」、

 さらに、

 「肩を出さない」、

 「肩を回さない」、
 
 っという戒めがあるはずです。

 なぜか?

 それは「腰を回す」、「腰を振る」、

 そして「肩を出す」、「肩を回す」などの運動では、

 己の拳が遅く、弱くなってしまうからです。

沖縄空手道無想会の東広島同好会からの、お知らせです。

来たる8/27(日)に広島県福山市で無想会のの稽古会を行います。
以下詳細。
場所:ワイズボディ(広島県福山市神辺町川南1430-8)
日時:8/27(日)17:30〜10:00(未定)時間途中からでも参加可能です。
連絡は、 i_taka_s50_4_7syunpou@yahoo.co.jp(礒部)まで。
無想会の会員の方はLINEで連絡して下さい。
この時に福山同好会について話し合いも行います。興味のある方は是非ご参加下さい。


注・下記のように今年の12月に、アメリカの本部道場にて日本人空手家向け、特別直伝稽古、並びに昇級・昇段審査を行う予定です。
 詳細は沖縄空手道・無想会の空手を沖縄で、沖縄同好会、代表氏のブログにも記してありますが、さらなる事項は決まり次第、随時告知する予定です。

 
沖縄空手道無想会
新垣清・最高師範
直伝
 「第13回・日本縦断セミナー’17、秋・初冬期」
東京・大阪・沖縄

東京
10月21日(土曜日)
 9:00〜11:00   BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA 
              初回限定&会員特別稽古


 12:00〜17:00 BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA  
             本セミナー

10月22日(日曜日)
 9:00〜12:00  BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             本セミナー
 13:00〜15:00 BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             本セミナー
 15:30〜      BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             昇級審査
 審査終了後       場所未定
             懇親会

大阪

10月28日(土曜日)
 8:00〜10:00  大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
             初回限定&会員特別稽古
 10:00〜16:00 大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
             本セミナー(お昼休憩1時間をはさむ)







           10月29日(日曜日)                       9:00〜15:00  大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
            本セミナー(お昼休憩1時間をはさむ)
15:30〜      大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
            昇級審査
審査終了後       場所未定
            懇親会






沖縄
(場所・スケジュール未定)
11月4日(土曜日)
11月5日(日曜日)

 の予定です。
 注・セミナー内容、準備するものなどの詳細は決定次第、告知いたします。
 なお、日時、場所が変更になる場合がありますので、御了承ください。


日本人空手家向け、特別直伝稽古、並びに昇級・昇段審査
沖縄空手道無想会・世界総本部道場
(アメリカ・ユタ州)
12月5日(?未定)−12月8日(直伝稽古)
12月9日(昇級・昇段審査)
現在までの詳細は、下記をクリック



ブログ告知
を、以下の通りに更新しました。

この記事に

形修行・形稽古の意味


 ナイファンチの形における「手が先」の動きと、

 それに同調できる足の動き(の遅さ)に悩み、

 そして回答を得た後で、起こった疑問は・・・。

 日本武道(主に日本剣術)においても、

 その本来の意味において、

 形稽古・形修行を出来るシステムを作り上げていた流会派は、

 非常に稀であった。のではないか? っということです。

 わたくしがズーッと以前から記し、そしてたびたび口に出し、

 かつ本ブログでも記している、日本剣術の流会派に

 天真正伝香取神道流があります。

 なぜこの流会派が、若い頃から、これほどまでにわたくしの興味を引くのか?

 自分でも判然しませんでした。

 しかし、今回ナイファンチの形における「神速」を理解したことで、

 明確になりました。

 筆者(=新垣)は、日本剣術の門外漢であり、

 かつ本ブログの文責は筆者にある。と明記して、筆を進めて行きます。

 天真正伝香取神道流においては、その身体操作の素晴らしさは勿論のこと・・・。

 形を修行することで、心身を練り、

 かつ、実際の闘いに使える技を得ることが出来るからです。

 形に構造・機能・様式・応用の四要素

 全てがあるからです。

 剣術の修行は、単独形と呼ばれる空手の形とは違い、

 その大部分は相手と行う、相対形です。

 居合の形は、例外です。

 しかし・・・。と、ここで再び記しますが・・・、

 わたくしが見た限りにおいて、思ったことは・・・。

 現行の剣術諸流会派の形とは、その流会派の持つ心身思想を、

 具現化するための様式ではないか? っという疑問です。

 すなわちその流会派の(相対)形で、実際の闘いのやり方を修行するのでは無く。

 他の遣り方で得た修行の結果を、あるいは修行の果てにたどりついた、

 心身思想の具現化を、形で行っているのではないか? 

 っという、素朴な疑問です。

 これは、現代において古流剣術の形が、形骸化してしまったから起こったことなのか?

 それとも、

 その流会派の形が創作された当時から、そのような有様であったのか?

 などなどは、門外漢のわたくしには知る由もありません。

 もし詳細をお知りの方が居られましたら、ご教授いただけましたら幸いです。

 ただ、ズッーと昔から、拙い武才のわたくしの琴線にさえ、

 訴えかけるものがあったのは、

 天真正伝香取神道流の形とは、

 文字通り「形で、剣術の稽古をする!」というもの、であったから。

 なっはずです。

 極論すれば、形のみを遣っても、強くなる。上手くなる。

 そして何よりも、相手に勝てる!
 
 っというものです。

 そしてそれこそが、本来の形稽古形修行と言うものであるはずです。

 それだけの心身思想を持つと同時に、その思想を裏付けるだけの心身操作を持っている。

 あるいは、心身思想に沿った心身操作を学ぶことが、出来るということです。

 それだけの「速さ」、「早さ」を、習得することが可能な形であり・・・、

 それだけの「速さ」、「早さ」で、

 形を修行をすることを要求される流会派である。

 っということです。

 わたくしが若い時分から仰ぎ見た、

 天真正伝香取神道流の現在まで続く修行の本質と、

 他の多くの(現代まで続く)古流剣術との形の違い、

 あるいは形の動作のというものが、

 今回のナイファンチの形の、

 全ての動きにおける「神速」の意味を理解したことで、

 了解できた気がします。

 この稿、続きます。
 
 
 沖縄空手道無想会の東広島同好会からの、お知らせです。

来たる8/27(日)に広島県福山市で無想会のの稽古会を行います。
以下詳細。
場所:ワイズボディ(広島県福山市神辺町川南1430-8)
日時:8/27(日)17:30〜10:00(未定)時間途中からでも参加可能です。
連絡は、 i_taka_s50_4_7syunpou@yahoo.co.jp(礒部)まで。
無想会の会員の方はLINEで連絡して下さい。
この時に福山同好会について話し合いも行います。興味のある方は是非ご参加下さい。


注・下記のように今年の12月に、アメリカの本部道場にて日本人空手家向け、特別直伝稽古、並びに昇級・昇段審査を行う予定です。
 詳細は沖縄空手道・無想会の空手を沖縄で、沖縄同好会、代表氏のブログにも記してありますが、さらなる事項は決まり次第、随時告知する予定です。

 
沖縄空手道無想会
新垣清・最高師範
直伝
 「第13回・日本縦断セミナー’17、秋・初冬期」
東京・大阪・沖縄

東京
10月21日(土曜日)
 9:00〜11:00   BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA 
              初回限定&会員特別稽古


 12:00〜17:00 BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA  
             本セミナー

10月22日(日曜日)
 9:00〜12:00  BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             本セミナー
 13:00〜15:00 BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             本セミナー
 15:30〜      BumB(東京スポーツ文化館) マルチスタジオA
             昇級審査
 審査終了後       場所未定
             懇親会

大阪

10月28日(土曜日)
 8:00〜10:00  大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
             初回限定&会員特別稽古
 10:00〜16:00 大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
             本セミナー(お昼休憩1時間をはさむ)







           10月29日(日曜日)                       9:00〜15:00  大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
            本セミナー(お昼休憩1時間をはさむ)
15:30〜      大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F
            昇級審査
審査終了後       場所未定
            懇親会






沖縄
(場所・スケジュール未定)
11月4日(土曜日)
11月5日(日曜日)

 の予定です。
 注・セミナー内容、準備するものなどの詳細は決定次第、告知いたします。
 なお、日時、場所が変更になる場合がありますので、御了承ください。


日本人空手家向け、特別直伝稽古、並びに昇級・昇段審査
沖縄空手道無想会・世界総本部道場
(アメリカ・ユタ州)
12月5日(?未定)−12月8日(直伝稽古)
12月9日(昇級・昇段審査)
現在までの詳細は、下記をクリック



ブログ告知
を、以下の通りに更新しました。

 

この記事に

全116ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事