北海道の同好者の方から、カバイロシジミは、北海道特産種のなかでも、最近とりわけ撮影しにくい蝶になったということを聞きました。
 オホーツクに面した原生花園などの安定した発生地を除けば、これといったポイントを特定しにくく、そうしたポイントでも一日数頭を見つけられる程度、ということです。
 昨年の蝶友・Fさんのように、ご家族との観光旅行の傍ら、簡単に撮影できてしまったという幸運な方もおりますが、私にとってこのカバイロシジミは、過去、何度も北海道に出かけて、旭山など何か所かの有名ポイントを尋ねたものの、どうしても会うことができなかったチョウの一つです。

 そんなわけで、新鮮なウスバキチョウとともに、今回の大きな撮影ターゲットでもありました。
 事前のリサーチでは、なかなか有力なポイントが特定できず、絞り込みに難渋しましたが、結局は事前に調べていたポイントと、偶然に見つけた場所の計3カ所で、この蝶に会うことができました。

カバイロシジミ♀ 2017/06/29 遠軽町
遠軽で、農家に生えているスモモを見つけて、エゾリンゴシジミを探していると、畑の脇に生えたヒメジョオンにヒメシジミにしては大型の白っぽいシジミを見つけました。
良く見ると、なんとこの辺りでは予想もしていなかったカバイロシジミでした。

カバイロシジミ♀ 2017/06/29 遠軽町
翅を半開きにしました。♀のようです。
青い地色に、太く黒い縁取り。サイズはちょっと違いますが、ルリシジミの夏型♀によく似た色合いです。

カバイロシジミ♀ 2017/06/29 遠軽町

         カバイロシジミ♀ 2017/06/29 遠軽町

     カバイロシジミ♀ 2017/06/29 遠軽町
     今朝ちょうど羽化したばかりの様子とみえ、たどたどしい飛び方で葉の上に静止しました。

カバイロシジミ♂ 2017/06/29 遠軽町
これは♂。
事前に調べていた遠軽町の別の場所で見つけることができました。

カバイロシジミ♂ 2017/06/29 遠軽町
ヒロハクサフジの花で吸蜜。
ヒメシジミもこの草で発生するので、しばしば混生することが多い。

カバイロシジミ♂ 2017/06/29 遠軽町
翅を全開するチャンスを待っていましいが、結局これが最大。

カバイロシジミ♀ 2017/07/01 札幌市
北海道滞在の最終日、なんと札幌市内の某所でこの蝶を発見!
北海道中を散々探し回ったあげく、結局一番盲点みたいな札幌市街地の草地にもいました。

カバイロシジミ♀ 2017/07/01 札幌市
ここにもヒロハクサフジの群落がありました。
道東のカバイロとは少し色合いが異なり、全体に黒っぽい感じがします。

カバイロシジミ♀ 2017/07/01 札幌市
まだ展開していない新芽に産卵。

           カバイロシジミ♀ 2017/07/01 札幌市
           卵を産み終えて飛び立つところを狙ってみました。


            カバイロシジミ♀ 2017/07/01 札幌市
           産卵の合間に、黄色い花で吸蜜。閉じた翅裏の斑紋がシンプルで美しい蝶です。

 

この記事に

開く コメント(2)

 北海道の続きです。

 今年はウスバキチョウの新鮮なシーズンに合わせて出かけたので、これまで何度か撮影してきた蝶でも、より新鮮さが違うものを撮影できました。

 エゾシロチョウ

エゾシロチョウ♂ 2017/07/30 上士幌町
北海道では、決して少なくない蝶ですが、さすがミヤマシロチョウの仲間だけあって、大きさと言い清楚な白さと言い、花とのコンビネーションなども実に絵になる、フォトジェニックな蝶だと思います。

エゾシロチョウ♀ 2017/07/30 上士幌町
6月中旬から7月上旬にかけて、北海道の原野に色とりどりに咲くルピナス。
もともと北米原産の植物だったらしいですが、大正のころ栽培されていたものが原野に流出し、今ではほとんど原生植物の一種のようにあちこちに自生しているようです。
柱状に連なった紫花の房に惹かれた♀が盛んに吸蜜をしていました。

エゾシロチョウ 2017/07/30 上士幌町
民家の庭先に飢えられた姫リンゴの木に、たくさんのエゾシロチョウが群がっていた。
交尾しているカップルや、卵塊もみえています。

エゾシロチョウ 2017/07/31 上士幌町
姫リンゴの小枝に沢山の蛹が密集していた。
たった今羽化して、羽を伸ばしている多数の成虫も。

エゾシロチョウ 2017/07/31 上士幌町
蛹の集団と、多数の交尾カップル。
羽化してくる♀をそばで待ち構えていた♂が、その場で交尾してしまうようだ。




カラフトタカネキマダラセセリ

昨年7月中旬、標高1000mほどの山にカラフトルリシジミを撮影に行ったときに、この日本一美しいセセリにも会うことができたが、今回はもっとずっと低い山地でこの蝶を見かけた。

カラフトタカネキマダラセセリ♂ 2017/07/30
輝くような黄金色。

カラフトタカネキマダラセセリ♂ 2017/07/30

カラフトタカネキマダラセセリ♂ 2017/07/30
ここの撮影場所は、ジョウザンシジミやシロオビヒメヒカゲも混在している楽しいポイントだった。
本種は昨年撮影済みだったこともあり、証拠撮影の数ショットのみ。笑

この記事に

開く コメント(2)

 ウスバシロチョウ類では唯一、黄色のパル(Parnassius)であるばかりではなく、朝鮮半島、アムール、中国北部、アラスカ、カムチャッカなどの別亜種に比べて、大雪山の亜種(P.eversmanni daisetsuzana)が最も黄色みが強く黒条が明確、しかも赤紋が大きく鮮やかで美しいと言われます。
 以前は、裏大雪の音更岳、石狩岳のほか、十勝岳にも棲息していましたが、今では表大雪以外の山域では見る影さえないほど衰退してしまったとか。
 表大雪でも、温暖化の影響からか、近年、黒岳などはコマクサの群落が壊滅状態となっていて、衰退が激しいようです。
 北海道の高山地帯という厳しい環境にもかかわらず、この蝶の羽化は想像以上に早く、6月中旬が最盛期と言われています。北海道の特産種の多くが7月以降に発生のピークを持つので、他の蝶との掛け持ち撮影が少々難しいのが困ったところです。

ウスバキチョウ♂ 2017/06/28 大雪山赤岳
1週間続いた悪天候が回復。
肌寒い気温の中で、午前10時ごろになって、やっと蝶が動き始めた。

ウスバキチョウ♂ 2017/06/28 大雪山赤岳
この蝶のねぐらはハイマツのヤブの中。
ガスが掛かって気温が下がるとすぐにハイマツの中に入り込む。
このときは、日光浴のため翅を開いて体温を温めている様子でした。

ウスバキチョウ♂ 2017/06/28 大雪山赤岳
とても新鮮な個体。
この黄色の鮮やかさは2・3日だけの、はかないものらしい。
羽化後、数日が経過すると、黄色の鱗粉ははげ落ちて、半透明の油紙のような翅になります。
冷たい雨や水気を弾くための、高山への適応なのでしょうか。

     ウスバキチョウ♂ 2017/06/28 大雪山赤岳
     翅がやや半透明になりかけの♂。
     ガンコウランとウラシマツツジの上を、花を求めて飛び始めた。

ウスバキチョウ♀ 2017/06/28 大雪山赤岳
♂に比べ、紅い斑紋が明瞭な♀も現れた。

ウスバキチョウ♀ 2017/06/28 大雪山赤岳
別の♀。紅い斑紋が大きく、とりわけ美しい。
各種の花を訪れるが、特にクリーム色のイワウメの花を好むようです。


ウスバキチョウ♂ 2017/06/28 大雪山赤岳
エゾイソツツジの群落で食事中。
花から花へと飛び移っていく。

ウスバキチョウ♀ 2017/06/28 大雪山赤岳
羽化したばかりの未交尾の♀らしい。
キバナシャクナゲの花に全身を潜り込ませて吸蜜していた。

ウスバキチョウ♀ 2017/06/28 大雪山赤岳
交尾嚢を付けた♀。ヒースの下に咲くコケモモに口吻を延ばす。

     ウスバキチョウ♀ 2017/06/28 大雪山赤岳
     これも交尾済みの♀。ウスバシロチョウと同じような交尾嚢が見えている。

ウスバキチョウ♀ 2017/06/28 大雪山赤岳
礫石の上に産卵する。

ウスバキチョウ♂ 2017/06/28 大雪山赤岳
ハイマツで♀が現れるのを監視中。
いつでも追撃できる態勢で前方をにらんでいた。笑

 今回は、例年の2倍も多いという残雪の中、早めに出かけたおかげで、羽化間もないウスバキチョウを撮影できました。
 また来年もウスバキに会いに行きたい気持ちです。笑


この記事に

開く コメント(4)

 明日から10月。
 仙台はすっかりシーズンオフに突入です。
 最近すっかりなじみとなったツマグロヒョウモンは秋でも綺麗な個体が見られますが、遅出のアゲハチョウ達は、古ぼけたお爺さんとお婆さんしかいなくなりました。
 このまま拙ブログもお休みモードになりそうですが、暇に任せて北海道報告の続きでも。

 夏の北海道といえば、大雪山。
 狙いは、もちろんウスバキチョウをはじめとする大雪3種です。

 今年の北海道は寒い日が続き、低地の蝶たちは押しなべて発生が半月以上も遅れ、登山路の雪渓も例年の2倍近く残っているというのに、蝶たちはもう飛び古した個体も少なくありませんでした。
 大雪山に行くときは、いつでもほかの2種もしっかり写すつもりで意気込むのですが、いざ現地に行くとついウスバキの姿に魅了されてしまい、この蝶だけを追っかけてしまいます。
 今回も、今まで見た中では最も新鮮な個体が多かったせいもあり、旅を終えて撮った写真をチェックしてみると、やはり、ウスバキの画像ばかりでした。汗;
 
 




アサヒヒョウモン 2017/06/28 大雪山赤岳
 大型のゼフィルスみたいなサイズで、数年前に初めて見たときには、これがヒョウモンの一種だとは思えませんでした。
 ヒースの上すれすれをものすごいスピードで飛ぶので、訪花時を除けば、大雪3種の中では一番撮影が難しいかも。
 今回も結構追いかけましたが、ついついウスバキに気をとられてしまうこともあり、まともな写真が撮れず。
 これはホントの証拠写真。涙:





 大雪3種の中で一番個体数の多いのは、ダイセツタカネヒカゲのようです。
 これまでは、卵から蝶になるまで3年を要するということが知られていましたが、最近の北海道在住の方の観察によって、個体によってはさらにもう一冬を幼虫で過ごし、4年目に蝶となるものもいるそうです。
 チョウの中では最長寿と言えるかもしれません。


ダイセツタカネヒカゲ  2017/06/28 大雪山赤岳
大雪山の広大な砂礫地帯で、砂礫の風景に溶け込むように静止する姿を多く見かける。

     ダイセツタカネヒカゲ  2017/06/28 大雪山赤岳
     あたりの砂礫と一体になっているので、多くの場合、足元から飛び出すまで気が付かない。
     人の気配に敏感で、なかなか近くに寄らせてもらえない。

ダイセツタカネヒカゲ  2017/06/28 大雪山赤岳
エゾイソツツジで吸蜜。
この蝶が花で吸蜜する姿を初めて見た。
しかし、「定本・北海道蝶類図鑑」によると、訪花はそれほど珍しいわけではないらしい。

ダイセツタカネヒカゲ  2017/06/28 大雪山赤岳
♀を追いかける♂。

ダイセツタカネヒカゲ  2017/06/28 大雪山赤岳
交尾ペアを発見。
普段はなかなか見ることができない♀の翅の表がちらりと覗いた。

ダイセツタカネヒカゲ  2017/06/28 大雪山赤岳
同じペア。
♂・♀どちらも新鮮な個体だった。













この記事に

開く コメント(2)

 猛威を振るった台風も過ぎ去り、今週は秋らしい青空が広がっています。

 台風が来てなぎ倒される前にと、少しだけ早かったのですが、先週、ヒガンバナの咲くポイントを尋ねました。
 8月の悪天候とは打って変わった穏やかな初秋の日差しを浴びて、クロアゲハやカラスアゲハが真っ赤な花に蜜を求めて次から次へと訪れていました。

クロアゲハ♀ 2017/09/14 仙台市青葉区
巨大で傷一つない、見事な♀。
ヒガンバナの朱色と、蝶の漆黒のコントラストが際立ちます。
↑クリックで拡大


クロアゲハ♀ 2017/09/14 仙台市青葉区
木陰にある開き始めの花で吸蜜。
クロアゲハのビロードのような翅表面のデティールが出ました。

クロアゲハ♀ 2017/09/14 仙台市青葉区
強烈な直射日光の逆光で、ヒガンバナの色がやや飛んでしまいましたが、
クロアゲハの翅がたわんだ浮遊感がちょっと捨てがたいので。笑

クロアゲハ♀ 2017/09/14 仙台市青葉区
ストローを伸ばしたままで、次の花へと移っていく。
蝶の背後の空間が綺麗に抜けました。笑

クロアゲハ♂ 2017/09/14 仙台市青葉区
こちらは♂
若干翅に痛みがありますが、今の時期にしては綺麗なほうでしょうか。

        クロアゲハ♀ 2017/09/14 仙台市青葉区
        ヒガンバナはまだ5分咲き。
        つぼみの花茎を入れて縦構図にしてみた。


クロアゲハ♀ 2017/09/14 仙台市青葉区
前翅の黒白の濃淡、後翅の漆黒とシンプルな赤い斑紋。
普通種とは言え、実に美しい蝶です。
↑クリックで拡大

カラスアゲハ♀ 2017/09/14 仙台市青葉区
時々、非常に艶やかなカラスアゲハの♀も現れます。
とても惜しいことに、このメスは左後翅の尾状突起が無くなっていました。
新鮮なだけに、残念ですが、紫色が良く出たのでおまけにアップしておきます。汗;

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事