今年のヒメギフチョウは、2月、3月前半の異常な暖冬、3月後半の異常な寒暖の繰り返し、また4月の季節外れの寒波に見舞われ、発生時期がかく乱されたり、足止めを喰らったりで、彼らにとっては大変なシーズンだったと思います。
 早い発生をしてきた低山地帯の発生地では、途中の降雪で著しく数を減じたものの、奥山の発生地では雪のあとから羽化する個体も多く、何とか平年並みの個体数を維持できたところもあったようです。

 それでも、仙台近郊の有名なポイントでは、相変わらず採集者の多さに閉口します。
 県内・県外問わず、採集者たちがなぜこれほど特定地域に集中してやってくるのか。どれほど環境に恵まれた発生地であろうと、毎年の採集圧にさらされては蝶の影が薄くなるのも当然ではないでしょうか。
 写真撮影を楽しんでいるものにとって、蝶の数が減るということは、その分、撮影チャンスを失い、一年一度の楽しみを奪われることになります。

 以前は採集行為についてそれほど神経質に考えていたわけではないのですが、最近は、とりわけ昨年のツマジロウラジャノメのポイントを壊滅された苦い経験もあり、ネットを手にした人を見ると気が滅入ります。
 まだ経験の浅い若い人ならともかく、蝶に限らず、昭和生まれの昆虫少年たち(現在の60代から70代のリタイア爺さんたち)が、40年を経て、未だに採集の快感に浮かされている様子を見ると悲しくなります。

 愚痴はともかく、定番の交尾と産卵シーンで今年のヒメギフはめどをつけて、次のターゲット・ギフチョウの探索へと移っていきたいと思っています。



交尾を終えて一息ついている♀。

交尾のお相手♂。
ここのポイントにしてはやや黒味の強い個体だった。




食草の周りをうろうろと飛び、産卵の挙動を見せる♀

近くのサイシンに移っては、また別の株をチェックする

前足でサイシンの葉に触れ、産卵植物であるかどうかを確かめている

食草をチェックして、なおも小刻みに飛んでは別の食草に移っていく

産卵前行動を開始して約15分
やっと葉裏に止まって動きを止め,産卵を始めた

この♀は、10〜15分ほどかけて一卵塊を産み付けた。

この卵たちが無事育って、来年もまた変わらぬ元気な姿を見せてほしいものですね。

開く コメント(2)[NEW]

 ヒメギフチョウは、低山の発生地では最盛期を過ぎ、だいぶ写真も撮ることができたので、そろそろ他の春の蝶にもカメラを向けることにしました。

 まずは、コツバメ。
 黒っぽくて豆粒のように小さいうえに、猛烈なスピードで飛ぶので、動体視力の衰えたロージンには、目で追うのは辛いものがあります。でも♂は、テリ張が大好きなので、大体同じようなところに戻ってきます。

テリ張中の♂


これまで翅表は殆ど♂しか写す機会がありませんでしたが、先日♀を至近距離で撮影することができました。
 ダークな翅表の♂を見慣れた目から見ると、♀は明るい青色でとてもきれいです。



ミヤマセセリ。
 素早く飛び回り、なかなか止まることがないので、この蝶を写すには、朝か午後の食事時を狙います。
 もちろん日中でも吸蜜はするのですが、♂の場合、♀の探索行動の合間にほんのちょっと花に寄るだけで、カメラを向けるまもなく飛び去ってしまいます。
 蝶が活動を開始する朝一番の吸蜜が時間も長く、吸蜜に夢中になるので、撮影のチャンスも多くなるようです。

定番のクローズアップ
カメラをがっちり構えて、手振れの無いようにしてシャッターを押しました。

ツクバキンモンソウで吸蜜




ケタチツボスミレに訪れた♂

カタクリは、多くの蝶の大切な蜜源となっているようです。






開く コメント(2)

 毎年のお楽しみ、赤上がりのヒメギフの発生地でも羽化が始まりました。
 先日、気温は少々低く、青空が厚い雲の隙間から時々覗く、と言った日和ではありましたが、出かけてみました。
 この場所は、地形の関係から、ほかの低山地帯より発生時期が少し遅れる傾向があるようですが、この日はおそらく♂ばかりだろうと思って行ってみたら、もうメスも出ていました。
 羽化して間もない綺麗な個体が、まだ飛ぶ力も十分でなさそうな弱々しい羽ばたきで飛んだかと思うと、湿った地面に止まりました。レンズを向けて拡大してみると、なんと、吸水をしています。

 カラスアゲハ類やモンキアゲハなどはよく吸水するアゲハですが、ヒメギフの吸水は珍しいのではないかと思います。本などを見ると、ヒメギフも吸水すると記述されてはいるものの、これまでブログ主はまだ2回しか見たことがなく、これは3回目の目撃となります。この時の気温は、恐らく10度ぐらいで、肌寒いぐらいでしたが、こんな時でも吸水するのには驚きました。

 時期的にも早いし、この吸水個体は当然♂だろうと思っていたのですが、よくよく見るとこれは♀でした。カラスアゲハなどの真正アゲハ類では、吸水行動をするのはすべて♂ですが、ヒメギフチョウは♂も♀も吸水行動をするようです。

美しい赤上がりヒメギフ

未交尾の♀のようです。

             盛んにストローを伸ばして吸水していました。

この日現れたただ一頭の♂。
これも羽化間もないようなきれいな個体です。

 この日は、お昼ごろになると厚い雲がかかり、蝶はぱったりと活動を停止してしまいました。

 その翌日、仙台では季節外れの雪が降りました。
 なんと5cmもの積雪です。
 一週間前にも降雪があり、その雪の後でもヒメギフは元気に飛んでいたので、今回も大丈夫だろうと安心していたのですが…

 昨日一日は融雪をまち、今日の絶好の青空と気温上昇の予想に、満を持して出かけてみると。
 気温はぐんぐん上がり、太陽の光もさんさんと降り注いでいるというのに、ヒメギフは一頭の♂が出たきり、さっぱり現れません。
 11時ごろを過ぎてもこの♂以外は、一頭も姿を見せず、蝶を撮影に来ていたほかの人たちもあきらめて帰り始めました。
 そして、12時近くになって、やっと♀が一頭飛びました。
 結局、この日出てきた赤上がりのヒメギフは、♂♀が一頭ずつ、たった2頭だけでした。
 ヒメギフチョウが飛ぶには理想的な気象条件だったのに、一体どうしたことでしょうか。

 これはどうも、3日前の5cmも積もった雪にやられてしまったとしか考えられません。
 このポイントは、他から孤立した極めて小規模な個体群で、もし季節外れの豪雪で多くが死滅したとすれば、この個体群の維持自体が危ういのではないかと不安を感じました。

 不幸中の幸い、今日出てきた♀の一頭は、交尾付属物を付けていて、産卵をしていたので、この♀の卵が残されることは確実です。またこのポイントでは、最盛期に入る少し前の降雪だったので、あるいは未羽化の蛹もあるかもしれず、それに望みをつなぎたいと思います。まずは、この♀が生んだ卵から孵った幼虫たちが無事育ってほしいと願わずにはいられませんでした。血が濃くならないためにも、ほかにも何とか生き残りがいて欲しいものです。

昨日のお昼ごろの様子。曇り空の下、だいぶ雪が解けていた。

ただ一頭現れた♀
幸い、交尾済みだった。

カタクリで吸蜜を終え、飛び去ろうとする♂

交尾付属物が覗いている

これは降雪前に写した♀。
この♀が無事生き延びているかどうかはわからない。




開く コメント(0)

メガネ紋

 ヒメギフの季節がやっと本格的になって来ました。
 3月末の季節外れの暖かい陽気で羽化してきた♂たちが、その後の寒の戻りでどうなるのか心配していましたが、無事降雪を乗り越えて、元気に飛び回っているようです。
 
 今回はちょっと変わったヒメギフを。
 以前の当ブログでも画像をアップしたことがある、いわゆる「メガネ紋」。
 前翅の黒と黄の幅が普通は同じ広さなのに、黄色が発達してその分黒い部分が一部狭くなる結果、まるでメガネのような形になるものを、「メガネ紋」と呼んでいます。
 ギフチョウやヒメギフを室内で飼育するとよく出てくる型で、標本コレクターにはあまり好かれないようですが、仙台周辺の野外ではこのメガネタイプをたまに見かけます。
 この型が遺伝型なのか、それとも環境変化による表現型のものかはっきりしませんが、飼育したものとは違い、野生のメガネタイプは数が少なく、珍しいのではないでしょうか。
 
 おまけにこの♂は、後翅の赤い肛角紋が発達して「赤上がり」並みに綺麗な個体でした。









開く コメント(4)

 天気予報は、昨日から最高気温が10℃以下。
 さすがの寒さに強いヒメギフでも飛ばないかなと思いつつ出かけてみると、日照さえあれば何とか出てくるようです。
 気温は低いものの、まぶしい程に日が差す時もあれば、雲に隠れて暗い感じになるときでも、蝶は一旦活動を始めるとそれなりに活発に飛び回り、思った以上に撮影をすることができました。













↑クリックで拡大


開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事