4・5年前までは、姿を見かけることも珍しかったツマグロヒョウモン。
 かつては、大阪以南にしかいなかった蝶ですが、ご多分に漏れず、温暖化のせいで激しく北上中。
 5年ほど前に、東京の上野公園でこの蝶が吸蜜しているのを見て、いつか仙台でも・・・と思っていましたが、ここ数年ほどの間に、市内の草地などで飛ぶ姿を見かけるようになりました。
 今や、仙台近郊ではミドリヒョウモン・メスグロヒョウモン・ウラギンヒョウモンに次いで多いヒョウモンとなりつつあるようです。

 この蝶は、ほかのヒョウモンに比べて♂のオレンジの色合いが明るく、飛んでいてもすぐにツマグロの♂とわかります。そして♀はツマグロとはいえ、黒いというよりは濃い藍色で、オレンジからピンク色のグラデーションが広がり、とても美しいと思います。
 裏の紋様もいろいろな色が混じった複雑な模様が面白く、ついついカメラを向けずにはいられません。


新鮮な♂。
市内の住宅地に点在する草地で羽を休めていた。
今年最後の世代と思われますが、春から夏の間には見かけなかったので、おそらく他の場所から飛んできた♀がこの草地に産卵したのではないでしょうか。

タンポポモドキ(別名ブタナ)の黄色い花に頻繁に訪れて吸蜜する。

草むらで産卵中のメスを見つけ、あたりを飛び回って求愛する。
メスは仕事を邪魔され、煩わしそう。笑

メスは、オスとは全く違い、カバマダラというマダラチョウに擬態していると言われています。
色合いは個体差が大きく、これはつま先の藍色部分が濃い傾向。
仙台近郊のかなり深い山地の開けた草地で。

これは、オスと同じ草地にいた♀。
つま先が藍色で、前翅中室にかけての青からピンク〜オレンジへのグラデーションがとても美しく出ている。
(↑クリックで拡大)


メスの裏面は、前翅のピンク色が広がり、一層艶やかで美しい。

連射で前とこの2枚だけにピントが来た。

秋空の下、明るい日差しに輝くような花と蝶。
(クリックで拡大)


この記事に

開く コメント(0)

 秋も深まってきました。
 11月に入ると、我が家のベランダから望む青葉山の木々はすっかり黄色になりつつあります。
 今年は、晩秋になっても気温の穏やかな日々が続き、晴れる日も多いようです。
 抜けるような青空の元、秋の蝶たちが厳しい冬の前の穏やかなひと時を過ごしていました。

キタキチョウ夏型♀。
ねむの木で産卵する。
2カ所に産み付けられた卵がみえる。
この小さなねむの木に産卵しては、ほかの場所で卵を産み付け、またしばらくするとまたこの場所に戻ってきた。
夏型晩期だがとても新鮮で美しい。

     気温が上がり、地面に吸水に来た。これは、冬を越す秋型。

秋の明るい日差しに、輝くばかりに咲き誇るセイタカアワダチソウには、各種の秋の蝶たちが訪れていた。

羽化したばかりの♀に求愛する♂。
どちらも晩秋型。(クリックで拡大)


秋になると個体数が増すイチモンジセセリ。
一見地味ですが、じっくり眺めると、茶色の地に白い斑紋が美しい蝶です。

この蝶も、セイタカアワダチソウの細かな黄色い花が大好物。
青空のなかで、のびのびと飛び回っていた。

いつでも写せると思い、普段はなかなかカメラを向けることのないこの蝶ですが、
じっくりと構え、丁寧に撮影してみました。
やはりこの蝶も体毛の多い、小動物的愛らしさがあります。
(クリックで拡大)

平地の晩秋の風景には欠かせないメンバー。キタテハ。

やや逆光気味の仰角で。

順光でコントラストよく撮れました。


何度も同じ位置に戻っては、テリ張りをしているので、待ち構えて飛翔を狙いました。
ほぼ真横に飛んだので、最後の一枚を除いて連射のすべてにピントが当たりました。






この記事に

開く コメント(2)

  このまま終りがないのでは?と錯覚しそうな猛暑の長い日々が続き、、大きな台風も繰り返しやって来た。
 豪雨や高波が襲ったかと思えば大きな地震も起きて、何となくエコ・クライシスの予兆や端緒が感じられるような夏でしたが、やはり季節は移り、秋風がススキの穂をそよがせる広瀬川の河原に、今年もまたヤマトシジミの蒼い♀が出始めました。

 多くの生き物たちが命を騒ぎ立てる時節が過ぎ、成虫の姿で冬を越す蝶たちの忍従の季節が始まる前に、秋は彼らに穏やかなひと時を与えてくれます。
 この時期、ブログ主の最大の楽しみは、美しく衣替えをするヤマトシジミの♀たちを探すことです。

 ヤマトシジミの低温型と呼ばれる♀の青化現象ですが、よく考えてみると、幼虫があの猛烈な暑さをしのいで蛹になったわけだから、この時期だけ纏うあの美しい青色は、幼虫が高温の中で成長するゆえに生じる表現形質で、むしろ高温型というべき現象なのかもしれませんね。笑

 この夏の特別な暑さを反映したものか、今年の♀は青みの発達が良いようです。

いつもの河川敷の公園で
ショッキングピンクのマツバボタンに沢山のヤマトシジミや秋のセセリが吸蜜に訪れていた。

ベニシジミも秋の装い
近くのスイバに産卵しては、翅を開いて休憩をする。

おお、現れました。
いきなり大きく青い鱗粉が発達したヤマト♀が。
(クリックで拡大)

        これは普通に青が出たメス。
    やはりカタバミの黄色い花との相性は抜群です。

これはかなり青化が発達。

     同じ個体

♀は翅表ばかりでなく、翅裏も薄いアイボリーブラウンの地色が美しい。

翅の角度で、灰色が勝ったり、綺麗な青色に見えたりするところが変化があって面白い。
同じ個体をどれほど写しても飽きるということがありません。


               青い部分がとても大きな個体を見つけた。
        しかもとても新鮮。


この♀を追っかけていると、♂が後ろから飛来した。
驚いて飛んだ時に、青色が美しく輝いた。(クリックで拡大)

これは別の♀ですが、やはり翅の角度で青色が綺麗にでました。

いつもなら10月中旬から下旬にかけて秋型の青い♀が出てくるのですが、今年は半月ほど早く出てきました。
もしかすると、これから11月ごろにかけて温暖ならば、もう一世代発生するかもしれませんね。
もし発生した場合、どんなメスが出てくるのか、それもまた楽しみです。


この記事に

開く コメント(4)

 昨年秋に見つけたツマジロウラジャノメのポイントには、その後何度か様子を見に行きました。
 第2化の個体がいないものかと、淡い期待を抱いて、8月下旬から9月中旬にかけて、何度出かけてみても、やはり一頭の姿も見ることができませんでした。
 残念なことですが、やはり6月初旬に、採集者によって根こそぎ採集されてしまった結果、この場所からは消滅してしまったようです。
 この蝶は、食草の特殊性もあって、非常に狭い場所に局所的に生息していることが多いので、一つの発生地の個体数はごく限られているのが普通です。
 特にこのポイントは、吸蜜植物が低い場所にしかないため、この発生地のツマジロウラジャノメのほとんどは手の届くような下に降りてきます。撮影しやすい最高の場所でしたが、採集者にとっても実に採りやすい場所だったことは間違いありません。一日粘れば、そこで発生している個体のほとんどすべてを採集することも簡単にできてしまえるようなところでした。

 しかしそれにしても、見つけたらすべて採るというその採集者の気持ちが私には理解できません。
 次の楽しみを残しておこうとどうして考えないのか。
 仮に、ネット・オークションなどで売ってみたところで、金額などたかが知れたものです。些少な小遣いを稼ぐために、宮城では希少な一個体群を根こそぎ採り尽くすなど、その行為の愚かしさに悲しくなります。

 仕方なく、8月以降、私はまた振出しに戻って、別の棲息地を探して歩きました。
 その結果、個体数は少ないものの、一日に何頭かは目にすることができるポイントをみつけました。
 昨年のポイントに比べると、棲息数はわずかで、撮影環境としても雲泥の差がありますが、私にとってはこの蝶を撮影できる唯一の場所です。
 ここは当分、私だけのシークレット・ポイントとして誰にも内緒にしておくつもりでいます。
 画像をアップするのも、発生シーズンが終わるのを待ってからにすることにしました。

地図で候補地をあちこち訪ねながら、やっとまたこの蝶を探し当てました。
昨年の、いまは失われたポイントを発見した時以上に嬉しく感じました。

次に現れたのは、左後翅が破損した個体ですが、結構新鮮な♀

出てくるのはすべてメスばかり。
この発生地の最盛期は、撮影日よりおよそ10日〜2週間程早い時期のようです。

              この蝶が一番好むのは、ニガナやアキノキリンソウなどの黄色い花ですが、
      この場所は日陰が多く、日当たりのよい場所に咲く黄色の草は生えていません。
      

昨年のポイントと違い、日照時間が短く、暗い。
      高速のシャッターを切って飛翔を撮るには、非常につらい場所。
      この時は晴天で、照度はそれなりでした。

この時期にしては、擦れも欠けもない綺麗な♀。
遅咲きのシシウドに吸蜜に来た。

キイロスズメバチに追い立てられる♀。
曇天に早いシャッターを切ったので、デティールが荒い感じになってしまった。

満足のいく写真が撮れないうちに、今年はこの場所のシーズンは終わってしまいました。
来年の第1化が出るのを楽しみに待ちたいと思います。
今度こそは、採集者には見つからず、誰にも採集されないことを願っています。

この記事に

開く コメント(4)

 9月に入ったというのに、なんと先日、仙台市内でミヤマカラスアゲハの新鮮個体を3頭も見かけました。
 東北は5月と7月の年2回の発生に決まっている・・・はずですが、あるいは雪深い山奥の谷筋なら、遅い夏型ということも考えられます(にしても遅すぎ)、こんな低地の街中で、こんなに新鮮なが現れるとは。

 8月下旬でも、古い生き残りを見ることはたまにありますが、♂は見たことがないです。
 考えにくいことですが、もしかして第3世代が発生

 九州や四国では、ミヤマカラスは年3化の発生も珍しくないということですが、
 今年は春の発生が早かったのと、この暑さで、仙台でも南日本並みに3化がでてしまったのでしょうか。

 ううむ・・・  やはり2化の生き残りのなのかな。
 にしても、この新鮮過ぎないですか? 汗;


       2018/09/04 仙台市青葉区

2018/09/04 仙台市青葉区

2018/09/04 仙台市青葉区

2018/09/04 仙台市青葉区 (クリックで拡大表示)

2018/09/04 仙台市青葉区

2018/09/04 仙台市青葉区

2018/09/04 仙台市青葉区 (クリックで拡大表示)

夏型ミヤマカラスアゲハは、吸水写真が多い・・というか、ほとんどそればかりですが、こんな初秋の街路樹の花とのショットは珍しいのではないでしょうか。


この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事