雑木林に囲まれたススキの草原に、またキマダラモドキが姿をみせてくれました。
 この蝶と付き合い始めたのは3年前。
 過去の記録には何度も出てくるものの、なかなかお目にかかれずにいたのが、偶然真夏の炎暑を避けるようにして雑木林のなかに飛び込んだ♂を見たのが始まりでした。
 その年以来、毎年のように姿を見るようになったのは、眼が一度見たものは認識しやすいというパターン認知の変化で、当方の眼がキマダラモドキを見つけやすくなった、というわけなのでしょうか。
 今年は、ほかの蝶と同様に、いつもより10日ほど早くお目見えしました。

 なにせ東北では、この蝶とムモンアカシジミが出てしまうと、その年の大半の蝶は出尽くしに近くなり、あとの楽しみは第2化か3化(今年は3化が盛大に出そうな気がします)のアゲハ類や冬越しのタテハ類、ヤマトシジミの青♀ぐらいになってしまいます。
 こんなに早く季節が進んでしまうと、オフ・シーズンも早く来て、来年の春までの間が長いだろうなと、いまからげんなりしそうです。笑;

雑木林と草原の境目に現れたキマダラモドキの♂
一年ぶりの出会いに胸が躍ります。

そおっと近づいて、アップショット。
人の気配にとても敏感なところは、オオヒカゲによく似ています。
この蝶を撮影するときは、目立たぬ地味な服装で、決して大きな動作をしないことが肝心。


人の気配に警戒しながらも、やがて、木の根元にやってくる

この蝶は、なぜか地上1mぐらいのところに好んで止まるようです。

樹液の臭いにひかれて次第に食堂へと近づいてきました。

食堂にはこんな先客たちも来ています。

別のオスもやってきました。

         先客の♂ともつれ合ってススキの原っぱで卍巴飛行。

あまりよくピントも合っていませんが、オス同士の追っかけシーンを写すチャンスは少ないので、無理やり乗っけてみました。笑

追っかけが終わると、また食堂へ戻ってきた。

この♂は時々翅を開くが、タイミングが合わずことごとく失敗。
飛び画像でなんとか・・・汗;

林内は薄暗くて光量が不足がちですが、ちょっと無理をして羽ばたきが止まるシャッターで写すことができました。

灼熱の太陽がやっと傾き始めたころ、この蝶も落ち着いて樹に休んでいます。
逆光で黄色に透けるトラの模様がとても美しい。
↑クリックで拡大














この記事に

開く コメント(4)

 先日やっと、この蝶への面会を果たしました。
 クロヒカゲモドキを撮影したいと思うようになって、何年目でしょうか。

 20年以上前には、岩手県の岩泉方面に数か所の棲息地が知られていましたが、いつか行きたいと思いながら果たせないでいるうちに、この地のクロヒカゲモドキは姿を消しました。
棲息地の一つは、観光地のど真ん中にあって、観光客が捨てたジュースの空き缶に吸汁に来ていたなどと語られた風景も、今は昔の話です。

 二口のウラジャノメ同様に、分布の中心は関東にあって、なぜか遠く飛び離れた東北に隔離された発生地があるという蝶には、東北在住の蝶好きとしては、深い興味と執着を覚えます。
 なぜ、もっと早く岩手のクロヒカゲモドキに会いに行かなかったのかと悔やまれてなりません。

 かつて点在していた関東の棲息地も、年々消滅してしまい、分布の中心地であった長野、山梨でも、多くの場所から姿を消したと言われています。
 この蝶の食べる草は、主にアシボソというイネ科の雑草で、ちょっとした山地にいけばどこにでも生えているものですが、食草があるだけではこの蝶が生きていく条件としては十分ではないのでしょう。

 いつかこの蝶を写したいという気持ちは年々募るばかりですが、今月、某フィールドで出会ったSさんに、貴重な生息地の情報を教えていただくことができました。
 
 連休を前に、採集者に採られて数を減じる前に撮影しようと考え、蝶友Fさんを誘って、片道4時間の道のりを日帰りの強行軍で出かけました。
 この蝶も、キマダラルリツバメと同様、夕刻から活動を始めますが、初めての場所ということでもあり、お昼前には現地について、ポイントの特定を試みることにしました。
 大勢の採集者が付けたであろう踏み跡道が、雑木林の中に縦横無尽に残っているので、おそらくそこが発生地なのだろうと推測し、その道をたどってみるのですが、炎天下、現れるのはヒカゲチョウやクロヒカゲ、ヒメキマダラヒカゲ、ジャノメチョウだけで、それらしいものは出てきません。

 結局は、夕方近くなって、日よけのために偶然に止めていた車の駐車していた辺りが最良のテリ張りポイントだったことがわかりました。
 文字通りの車横付けポイントというわけです。 笑;

夕方5時を過ぎてもクロヒカゲモドキが現れないので、恐れていたフライングが現実のものになったかとがっかりして撤収しようとしたとき、現れました。
非常に新鮮な♂
例年ならば、7月下旬からでてくるのですが、今年は全般的に蝶の発生が早いので、フライング覚悟で来てみたら、読みはばっちり当たりました。

何故か、Fさんの周りを飛び回った挙句、盛んに止まりたい様子。
とうとう、Fさんの足にとまりました。

腕に来たクロヒカゲモドキ
人の汗の臭いにひかれたようです。

地面にも来て、吸水を始めました。
じわじわと間合いを詰めて、マクロで狙える数10㎝まで近づいて撮影。

薄暮のなかを飛ぶ
飛び写真を狙うも、暗い中で1/4000秒では、画調は破綻気味。


やっぱり、フラッシュを併用しないとダメですね。
そろそろフラッシュを購入するかな・・でも設定とかメンドくさそう。汗;

         ヒカゲ類の暗チョコレート色は暗い時に、破綻しやすいようだ。
         これは薄暗いなかでも綺麗に撮れたほうかな。



ほかの人のブログを見ると、この蝶は、止まるとすぐに翅を開き、翅裏がなかなか写せないなどと書かれていますが、今回は翅をなかなか開かない個体ばかりでした。

そのなかで、このオスだけは、翅を半開きにしてくれました。
もっと上から見下ろすようなアングルで撮りたかったのですが。

       クロヒカゲによく似ていますが、翅の丸みと眼状紋が大きいというだけで、
       何か全く違う雰囲気の蝶に見えます。


スレのない、完全な紋様の♂。
今日羽化したばかりの個体なのかもしれません。
     
6時半を過ぎ、フラッシュのない状況では撮影もままならない照度となりました。
この地のクロヒカゲモドキがいつまでも安泰であることを願いながら、帰途につきました。

このポイント情報をご教示くださったSさんに深く感謝を申し上げます。

この記事に

開く コメント(6)

 私が台湾に出かけた6月上旬は、例年ならゼフィルスの最適期のはずでしたが、今年は日本同様、すべての蝶の発生時期が早く、多くのめぼしいゼフィルスは5月中に出尽くしておりました。
 ターゲットのひとつだったホウライミドリシジミは、日本のキリシマミドリシジミの台湾代置種と言えますが、日本以上に、撮影が難しいゼフの一つです。
 ところが、今年はフレンドリーな一頭の♂がいて、某ポイントに毎日姿を見せていたそうです。
うわさを聞き付けた台北や高雄方面からカメラマンが連日殺到していたそうですが、あろうことか、私が台湾に出かける前日から姿を見せなくなったそうで、私は結局一度もホウライミドリシジミの姿を拝むことができませんでした。
 林さんのフジミドリと正反対のパターンで、残念でしたが、その代わり、この時期にしてはかなり時季外れなゼフを撮影することができました。
 タカラシジミです。
 この蝶の発生時期は4月下旬〜5月上旬で、ほかのゼフィルスより2週間以上も早く出現するもののようです。
 都合3回、この蝶を見つけましたが、1頭はとてもきれいな♀で、ホウライが写せない代替として、気分としては十分満足することができました。

 日本のウラキンシジミやチョウセンアカシジミに近縁なオレンジ色をしたゼフで、台湾の高地帯に大陸や日本の代置種がいる例の一つでもありますが、ミドリシジミグループの多くがヒマラヤ系であるのに対し、これはタニカドミドリシジミと同様、朝鮮・ウスリー系の北方に由来するゼフと思われます。
 ほかのゼフに比べて、やや大型。チョウセンアカの1・5倍以上のサイズで、その色の美しさと相まってとても見ごたえがありました。

 北方由来にも関わらず、標高400m前後の山地から標高2000mほどの高地帯まで生息範囲の幅は広いのですが、発生地は限定的とされています。
 台湾の蝶産業が盛んな時代、この蝶は家が建てられるほどの高額な値段で売れたと言われ、タカラシジミという名の由来になったそうですが、真偽のほどはわかりません。笑

6月初旬のこの時期にしては、とても新鮮な♀。 

チョウセンアカシジミのサイズをデカくして、長い尻尾をつけたような美しい姿です。

梢の葉にとまり、葉の表面に分泌された甘露のようなものを吸汁している様子。

つぎつぎといろいろな蝶が訪れる面白いポイントでしたが、スズメバチの一種がこのに噛みついて追い落とそうとするバトルに遭遇しました。

少し翅の痛んだ♀のところに、蜂がやってきた。


驚いた♀は、飛び上がろうとして羽ばたいたが・・


まてまて!とばかりハチがタカラシジミの後翅に前足をかける。


ハチは飛んで逃げようとする蝶の羽をしっかり噛みついて離さない。
近くにとまっていたエサキウラナミジャノメがこの騒ぎに驚いて飛び上がった。


翅をばたばたさせてもがくが、がっしりと捕まってしまった。


なおも逃れようとするタカラシジミ。


     完全につかまり、飛ぶのをやめてしまった。

         結局、蜂にさらわれるようにして、このタカラシジミは下に落下していった。
    単なる甘露の場所争いなのか、この蝶がハチの餌食になってしまったのかは、わかりません。

殆どカスレも擦れもない、羽化間もないような個体に、案内してくれた林さんは、とてもラッキーだと言ってくれました。

この記事に

開く コメント(2)

 今年はアイノミドリシジミの豊作年のようです。
 その一方、アイノがテリを張るエリアで、毎年のように一緒に混飛するメスアカやジョウザンが少ないので、アイノだけがポイントを独り占めしています。
 
 これら3種のそれぞれテリ張りをする時間帯は、アイノが6時前から8時ごろまで、メスアカが7時ごろから9時ごろまで、ジョウザンが8時ごろから10時ごろまでと順番も決まっています。
 しかし、その日の気象条件や日当たりの向きや場所などによって、多少のずれがありますし、個体差もあったりするようです。

 数年前に、アイノ・メスアカ・ジョウザンの3種がともに多数発生した時がありました。
7時半ごろから8時半ごろの間に、この3種のテリトリー占有行動が重なるのですが、その時のすさまじさは今でもはっきりと記憶に残っています。数十頭ものミドリシジミたちが、渦を巻くようにして追尾しあうと、強烈な金属光沢の点滅が激しく交錯し、波にもまれて明滅する無数のホタルイカさながらに、頭上を花火のように飛び交うのです。

 しかし、翌年から3種が同時に多数発生することはなく、このような見事な風景を目にすることはありませんでした。
 今年は、アイノだけの追っかけですが、個体数は昨年よりだいぶ多く、テリ張行動も開けた空間のそこここで行われていました。

今年は早いうちから綺麗な♂が背丈の低い草の上でテリを張った。
発生数が多いため高い場所からはじき出される個体が多いためと思われます。
↑クリックで拡大

    前方からレンズを向けると綺麗に光る。

今朝羽化したと思われる♂。羽根裏の斑紋が複雑で美しい。

まるで金属製でできた翅みたいです。

      飛び写真では、綺麗な光の反射を撮れないことが多い。
      これは煌めきがよく出ました。

光線の角度によって、ジョウザン的な金青色に見える。

この♂は、この笹の葉が好きなようで、何度もほかの♂を追っかけてはここに戻ってきた。

やや背後からですが、金緑色の光沢が写りました。



一番強く輝きが出る角度。
おそらく♀と相対したときに、この金属光沢が♀の性行動を誘発するのかもしれません。

この記事に

開く コメント(2)

 台湾から帰国して、その10日後。
 お世話になった林さんが仙台に来られました。
 今年で連続3度目の来日。
 今回の撮影目的はただ一つ。タニカドミドリシジミの日本における代置種・フジミドリシジミの撮影です。
 彼は過去二回とも、フジミドリシジミの撮影があと一日のずれで羽化時期に間に合わなかったり、天候不順で涙を呑んできました。
 今年こそは、3度目の正直。
 林さんはなんとしてもフジミドリの姿をゲットしたいと意気込んでいたのです。

 来日前、私は天気の様子を見ながら、毎日のようにポイントに出かけ、フジミドリシジミの発生状況を見ておりました。今年のほかの蝶たちの発生状況から見ても、例年より10日ほど早く出てくるに違いないと判断し、昨年より1週間早めの日程で飛行機のチケットを取ってもらっていたのですが、来日前日になっても、あろうことかフジミドリシジミの姿も、同時期に必ず現れるメスアカもアイノも全く姿を確認できませんでした。
 辛うじて、フジのポイントより100mほど標高の低いところで、羽化したばかりのメスアカを見ましたが、ほかには低山性のアカシジミやダイセンが市街地近郊の雑木林に見えるだけです。
 ううむ、これは非常にまずい状況です。

 明日来日するというぎりぎりに、林さんに、もう一週間ずらすことはできないかと相談しました。
 もう一週間待てば、間違いなく羽化してくるはず。
 日程を伸ばすことは可能だという返事でしたが、天気予報をみると一週間後は毎日のように曇りか雨の予想でした。天気予報の通りなら、たとえ羽化に間に合ったとしてもフジの撮影が不可能なのは明らかです。
 こうなったら、林さんの一週間の滞在中に羽化して出てくることに賭けるしかありません。幸い、来日当日からこの時期にしては非常に気温が高くなる予報です。もしかすると羽化直後のフジミドリに見参できる可能性もあり、一か八かで計画通り仙台に来てもらうことになりました。

 結果的には、これが大正解。
 林さんが来日して二日目に、今年初めてのフジの羽化個体が地表に舞い降りてきたのです。
 それも、連日、ぞくぞくと。

今年初めてお目見えした♂
過去5年間に、これほど綺麗な羽化直後の♂を見たのはこの個体が初めてです。

別の♂
撮影の角度と光線によって、煌めくような青緑の光の反射。
鱗粉の構造色を作るグリッドが見える。

いったん舞い降りた低い草から、さらに地面に向かって小さく飛ぶ。

地面へ降りて吸水。

殆ど乾ききった地面にストローを伸ばす♂。
体内の水分のはき戻しをしながら、地表のミネラルなどを摂取しているものか。
光線の加減で美しく輝く。

翅裏の地色には個体差があり、白っぽいものから、この個体のように♀のような褐色が勝ったものもいる。

足場にした葉上から、飛び降りる瞬間を狙った。

人の気配に敏感なものと、いったん吸水を始めるとまるで無防備になるものまで、個性もさまざま。
葉上から飛びあがるのを連射したら、7枚にピントが当たった。
こんな場合は、合成画像を作ってみたくなります。


 今年の仙台のゼフ発生状況はちょっと異常で、ミドリシジミの中では最も数が多いジョウザンミドリシジミがさっぱりおらず、メスアカは例年のポイントでは全く姿を見せず、いつもとは違う場所でテリを張っていたりする。
またウラキンも全く姿を見せない。
 一方で、フジミドリとアイノミドリは大豊作。
しかし、フジは♂が4日間だけ下降し、あとは梢に上がったきり。そして不思議なことに、例年なら♂より♀のほうが圧倒的に下に降りてくる数が多いのに、今年は1頭も見ません。

 こうしたゼフの各種ごとの消長の原因が何に由来するものか、興味は尽きませんが、今年の春以来の温かさ、6月に入ってからの異常に高い気温などが影響しているものでしょうか。
 こうした人為とは無関係と思われる現象のほかに、いつも撮影を楽しみにしていたミドリシジミの発生地のハンノキが皆伐されてしまうという残念なことも。

 さて、林さんには、新鮮なピカピカのフジミドリシジミの撮影を心ゆくまで楽しんでもらえたと思いますが、フジが盛んに下に降りてきて我々のモデルになってくれたのは、たった4日間のみ。林さんが帰国した日から、下降がピタリと終わってしまいました。
 その後は、どれほど下降の条件が満たされている日でも、まったくその姿を見かけません。
 不思議です。
 
 日本の神様は台湾からのゲストに最大限の微笑みを返してくれたもののようです。



この記事に

開く コメント(8)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事