5月にウラキンシジミのポイントで見つけた幼虫を4頭、自宅に拉致してきました。笑
 この発生地では、食樹が密生して生えているものの、これまでウラキンシジミがいるのを見たのは、数えるほどしかありません。記録によると、ここは、かなりの数がみられたところのようです。
 最近でも、少数の姿を見ることはありますが、なにぶんにも、このウラキンというやつは、あたりが薄暗くなる午後5時半過ぎ、午後6時から7時ごろが活動のピークになるような蝶なので、うす暗い中で結構な速さで飛ぶこの蝶を撮影するのは、ほぼ不可能と言っていい程です。
 したがって、この蝶を撮影できるのは、日中にたまたま視界に飛び込んで近くに止まった時、地面に吸水に降りたとき、吸水後、近くの藪の葉の裏に静止しているのを見つけたとき、などの偶然によるものばかりです。

 私は、そもそも野外で蝶の幼虫や卵、蛹などを見ることはあっても、よほど希少なチャンスや、ものでない限り拉致してくるということはしないのですが、今回は、ウラキンの綺麗な個体を見てみたいという気になったので、4頭を自宅に連れ帰ったというわけです。
 前蛹直前の終齢幼虫なので、恐らくほとんどが寄生されている可能性もありましたが、1頭は、容器の狭い隙間から脱出したようで、行方不明となり、蛹化した3頭のうち、1頭は、早々と寄生バチが出てきました。(;^_^A
 残り2頭のうち1頭が先日羽化。
 最初に出てきたのは、美しい♀でした。
 残り一頭は翅が透けて見えてきたので、今日中に羽化するかもしれません。

デワノトネリコの葉を食べて、蛹になるまで数日を過ごします。

シジミチョウ科に特徴的な、いわゆる草鞋型の体形

まるでセイウチみたいな可愛らしさ。
眼のように見えるのは、実は目ではなく、アリに甘露を提供する蜜腺。
これでアリを誘い、身を守ってもらうと言われています。

この幼虫が降下した葉に、やはりアリが数匹たかっていました。
勿論、自宅に来るときにはアリ君には遠慮していただきました。笑

無事蛹に。


蛹になって25日目で羽化。
大きく綺麗な♀でした。


    鮮やかな黄色が美しい。



この♀は、撮影後自宅裏の山林にリリースしました。
ここにもウラキンがいるので、ここで♂と出会って次の世代を産んでくれることでしょう。


1頭の蛹が、蛹化した時点で一部黒化していました。
寄生が疑われました。

この蛹から出てきた寄生バチ。
名前はわかりません。汗;
触角が通常のハチに比べて、非常に長いのが特徴です。


開く コメント(2)

 本州で一番標高の低いフジミドリシジミの棲息地は、かつては兵庫県の瀬戸内に面したイヌブナの低山地帯が知られていたそうですが、今は東京都の高尾山(599m)というのが一般的な知見ではないかと思います。
 仙台市の周囲を取り巻く低山地帯には、尾根筋に点々とイヌブナが生育しています。
 高尾山のフジミドリシジミはイヌブナを食べているので、恐らく仙台市郊外にもフジミドリはいるに違いないと、何年も前から探してきました。
 古い記録を見ると、青葉山の周辺でポツンポツンと採集記録があります。何年かに一度、忘れたような頃に♀が採集されたりするのですが(これまでの記録のほとんどが♀)、その場所で待ち構えていても次の個体が確認された例がほとんどありません。♂もまるで幻のような存在でした。

 もちろん、郊外から遠く離れた奥羽山脈の奥山のブナ帯にはフジがいるのですが、仙台市内から発生地までは、車で50分以上も走らなくてはなりません。すぐ近くに発生地が見つかれば、ほんの散歩気分で気軽に深山性ゼフの代表種を眺められるという贅沢に浸ることができますし、ガソリン代も浮くし。爆;
 ってわけで、5年ほど前から、折につけ市郊外の道なき尾根を渡り歩いては、イヌブナのありかを探ってきました。そして、数か所、大木が数本茂って開けた空間がある絶好の場所に3年前から目を付けていたのでしたが、残念ながら昨年まで、フジミドリシジミの姿を見ることはかないませんでした。
 ところが昨年、台湾の友人が仙台に来た時、彼がこの場所の一つで「ミズイロっぽい小型のミドリシジミ」を見たというのです。すわ!とあたりを探しましたが、結局その時はその正体を確認することはできませんでした。
 私はそれは絶対にフジミドリシジミだったに違いないと思い、やっぱり、ここにはフジがいると確信したのです。

 そして先日、ついに、私の撮友がこの場所でフジミドリシジミの♀を見つけ、撮影しました。
その翌日、私もフジミドリシジミの♂がイヌブナから下草に舞い降りる現場を押さえることができました。早朝のこととてシャッター速度を遅めに設定していたので、飛び画像はブレブレ・ボケボケですが、記念のためアップ。笑
 この♂は、数ショットの写真を撮らせてくれただけで、樹上高く舞い上がってしまいました。でもま、ポイントが特定できたので、あとは忍耐あるのみです。喜;

本州におけるもっとも標高の低い棲息地は、東京都の高尾山(599m)と言われていますが、
ここはなんと標高220mの発生地。
 
以前からポツポツと採集記録はありましたが、同じ場所での追加記録というのは殆どありませんでした。

半開きにして金緑の輝きをちらりと覗かせた後、梢に飛んで行きました。

朝一番ということもあって、シャッターの設定が1/800。
ブレブレ・ボケボケですが、記念のため無理やりアップ。汗;

二日後、今度は♀が。 



非常に新鮮なお嬢さんでした。


開く コメント(4)[NEW]

ヒメシジミの美麗型

 5月に台湾に出掛けたとき、3種類の蝶の異常型に遭遇しました。
そのうちの一種は、とても異常型とは思えない「傑出」した異常型で、ほとんど新種ではないかと思われるほどの美しいものでした。(いずれこのブログでアップしたいと思っています。)

 異常型というくらいですから、元になる蝶の姿からどこか過剰に発達した、または減退した紋様や色、翅形などの個体のことです。もともとの姿から見ると、何かしらアンバランスで、ちぐはぐな印象が否めません。まさしく、異常という感じがするものです。

 通常昆虫同好誌などで報告されるようなものは、色彩異常や過剰斑紋や減退斑紋のことが多く、一目見て異様な感じがしますが、なかには、元来持っているその種の基本的紋様パターンを美的に損なうことなく、バランスよく過剰表現として現れるものがいます。
 地域個体群の個体変異の範囲内で、もっとも振れ幅の大きいところが出た個体。これは、異常型というよりは、その場所で発生する最も美しい個体、と言いたいようなもののことです。ギフチョウ類で言えば、赤上がりとか、イエローバンド、イエローテイル、カラスシジミ類の流れ紋、というものもこれです。

 先日、ヒメシジミを撮影していた時、翅裏の赤紋が良く発達した美しい♂がいました。異常型というより、このポイントに出る最も美しい個体の一つ、といっていいかもしれません。

後翅の赤い紋が広く発達し、赤い色も鮮やか。
とても美しい♂です。

ちなみに、これが通常の♂ ↓

    翅の表は他の♂と全く同じですが、羽化直後と見えて、とても新鮮です。

背丈の高いススキの間を縫うようにして飛ぶ

草藪の間に咲いたアカツメクサを見つけて吸蜜。
深い藍色と支脈の細い黒い線、翅の外側の黒い縁との絶妙なコントラストが素晴らしい。

ススキの大株に挟まるようにして咲いていたヒメジョオンに、狙い通り飛んできた。


アカツメクサで夢中で蜜を吸う。
赤紫の花とヒメシジミ翅裏の対照がいいですね。




以下は付録 笑;



 この時期、同じ場所にツバメシジミも一緒に生活しています。
 もう次の世代も出始めていますが、まだまだ新鮮な春型の♀もいました。

翅裏の白さが印象的。

ススキに挟まれるようにして咲くヒメジョオンで

春型の♀には、青い鱗粉が大きく載る個体がいます。これは控えめなほう。
通常は、後翅の赤紋を除いて真っ黒です。


開く コメント(6)

 ヒメシジミが出始めました。
 6月になってこの蝶の青い翅を見ると、初夏の訪れを実感します。

 いつものヒメシジミのポイントに出かけると、今朝羽化してきたばかりと思われるような新鮮な♂が数頭、姿を見せてくれました。
 まだそれほど数は多くありませんが、蝶はやはり羽化直後の姿を写すのがいちばんですね。
 炎天の下、一日中、ヒメシジミを追いかけました。

この時期の草原には、シロツメクサ、ヒメジョオンなどの花が咲いていますが、
ヒメシジミはとりわけシロツメクサを好むようです。




背丈の高い草の下で咲くヒメジョオンで吸蜜。
開いた蝶の羽に、まだらに草の影が落ちています。

これも同じような、木漏れ日の写真。

このような写真を好まない人もいると思いますが、私は光が均一に当たっているのもいいですが、むしろこの蝶が生活している草藪の雰囲気や季節の空気が感じられる気がして好きです。

定番、飛翔のどアップ 笑;

開く コメント(6)

 カラスアゲハも、今年はだいぶ異常な発生の仕方です。
 発生時期が昨年より10日ぐらい遅くなりました。
 なぜか、毎年同時に羽化してくるオナガアゲハが出ても、カラスの姿が全く見えず、今年はカラスが全くいないと思ったほどです。
 先々週からやっとカラスの姿が出始め、いまやっと最盛期になったようです。
 昨年このブログにも書いた、この地方のカラスアゲハの二つのタイプ。今年も確認できました。
それと、仙台の奥山に見かけるごく普通のタイプ。夏型に似た、これが全国的にみると一番多く見かける型のようです。

 カラスの中で、先に出てくる暗色型







この暗色型の翅が破損し、汚れ始めるころに出てくる緑の美麗型。
前翅・性標の黒毛に沿って、ミヤマカラスみたいな明るい金色の帯があり、後翅の赤い肛角紋が明瞭に複数出てくるのが特徴で、とても美しいタイプです。


尾状突起が欠損しているように見えますが、翅を振り下ろした時に、尾がまくれあがっているためで、実際は綺麗にそろった♂です。

前翅の金緑色が強く出て、とりわけ美しい。



全国的にみると、下のような上記2タイプの中間型が最も多いようです。
仙台では、奥山に多い型だと思います。
このオスも、吸水しながらポンピングしています。
お尻から、数珠状に水が噴出されています。









開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事