過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 ヒメギフチョウは、低山の発生地では最盛期を過ぎ、だいぶ写真も撮ることができたので、そろそろ他の春の蝶にもカメラを向けることにしました。

 まずは、コツバメ。
 黒っぽくて豆粒のように小さいうえに、猛烈なスピードで飛ぶので、動体視力の衰えたロージンには、目で追うのは辛いものがあります。でも♂は、テリ張が大好きなので、大体同じようなところに戻ってきます。

テリ張中の♂


これまで翅表は殆ど♂しか写す機会がありませんでしたが、先日♀を至近距離で撮影することができました。
 ダークな翅表の♂を見慣れた目から見ると、♀は明るい青色でとてもきれいです。



ミヤマセセリ。
 素早く飛び回り、なかなか止まることがないので、この蝶を写すには、朝か午後の食事時を狙います。
 もちろん日中でも吸蜜はするのですが、♂の場合、♀の探索行動の合間にほんのちょっと花に寄るだけで、カメラを向けるまもなく飛び去ってしまいます。
 蝶が活動を開始する朝一番の吸蜜が時間も長く、吸蜜に夢中になるので、撮影のチャンスも多くなるようです。

定番のクローズアップ
カメラをがっちり構えて、手振れの無いようにしてシャッターを押しました。

ツクバキンモンソウで吸蜜




ケタチツボスミレに訪れた♂

カタクリは、多くの蝶の大切な蜜源となっているようです。






開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事