ここから本文です
MATTのダフッてちょろってナイスオン!
なかなか上手くならないねぇ、、、

書庫全体表示

鞍馬寺 その壱

1日の忘年会の帰りのこと。
MATTは京都市内の高いホテルを避けて、大津駅近くのビジホを予約していた。
大津在住のM谷さんと一緒にタクシーで向かったのだが、
翌日、京都観光して帰りたいと相談したら鞍馬寺を強く勧められた。
歴史、神事に造詣の深いM谷さんが言うなら、と行くことに。

明けて2日の朝。
泊まったホテルはアルファ―インというホテルで、施設は古いがサービスや朝食は充実していた。駅から少し(5分)歩くが6000円とリーズナブル。お勧めだ。

9時過ぎにホテルを出る。
風が冷たく気温も低いので寒い。
9時半にJRに乗り京都駅まで10分強。
そこからJR奈良線に乗って東福寺駅に行くのだが、接続悪く20分近く待たされる。
東福寺駅で京阪電鉄に乗り換え、出町柳駅へ。
そう、今の「おけいはん」の出町柳けいこさんの名前の元になった駅である。

MATTは同志社大も受けて受かっていたので、もし明治大に行かず同志社大に行ってたら、出町柳あたりでうろうろしてたのかな。。。

出町柳駅で叡山電鉄に乗り換えて30分かけて鞍馬寺駅に到着。

イメージ 1

京都北部の町の中をローカル電鉄が走るというのどかな風景。
途中にもみじトンネルがあり、きっと紅葉の季節はきれいなんだろう。

イメージ 2

駅を降りると天狗がお出迎え。
そう、義経ゆかりの地ですな。。。

イメージ 3

さすがに京都市内に比べると人の数が少ない。
ここはいわゆるパワースポットとして有名な地。
人里離れたところにあるのも納得。

イメージ 4

歓喜院。この立派な佇まい。一度中に入って見学してみたいが。
イメージ 5

このあたりはまだ階段があって登りやすい。
1昨年の京都観光もスーツに革靴、コートとビジネスバッグで八坂神社やら伏見稲荷を観光し、随分と浮いてしまったのだが、ここではもっと浮いてしまった感がある。
そんな恰好の輩、一人もいないからな。。。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

大杉さん、立派です。

イメージ 9

イメージ 10

この人里離れた山奥のゆったりと流れる時間の中に身を置くと、
日ごろの生活や仕事の些末なことを忘れて、すっと気持ちが楽になる。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事