一切皆苦 ( 日本は無条件降伏なんかしていない )

常任理事国入りなどと馬鹿なことをいってないで、とっとと敵国条項撤廃を

全体表示

[ リスト ]

和の思想、和の精神


<erasusさん>
■ 和を以て尊しとなす
■ http://blogs.yahoo.co.jp/musyu2005/45958732.html
に対するトラックバック
■ RE2:談合は悪か?−聖徳法皇(十七条憲法)の談合の奨め−
■ http://blogs.yahoo.co.jp/eraser1eraser/47853556.html
ありがとうございます。

複数の論点が一度に検討されており、私のキャパを超えております。
ざっと私なりに論点整理をしてみると

(1)談合の是非
(2)和の思想、和の精神とは何か?
(3)東條内閣における陸軍と海軍の関係
(4)米バージニア工科大学銃乱射事件
(5)聖徳太子存命時の17条憲法の効果

となります。
まずは(2)に関し、何らかの結論を出したいと考えます。
さて、


 ことわざに−
 ●君子は和して同ぜす
 ●小人は同じて和せす
 −と云います。「和」とは和戦の和である。つまり非戦のことです。

とありますが、これは、
和≠同
和≠戦
和=非戦
と主張しているように思われます。
とすれば同と戦の違いは何なのでしょうか?

私は
「和」とは「論議を可能とする場」であると主張しています。
たとえ論者の間に意見の対立があったとしても、
論者同士が互いの立場、人格を尊重しあっているのであれば
「和」はあると考えます。

・和の精神があれば、賛否は主張の内容に対して行われる。
・ひがみによって、何でも反対するような論者には和の精神がない。
・和の精神があれば、論者は持論の展開の他に、他者の主張に耳を傾けることも行う。
・人の話を聞かず、持説の展開しかしない論者には和の精神がない。
・和の精神があれば大儀の共有が可能となる。
・「我」を通す為だけにしゃべっている論者には和の精神がない。
・和の精神に基き、ものごとをありのままに眺めれば、自ずと理が通る。
・全員一致の結論が出ないのは、和の精神を持たない論者が存在するか、
知的能力を著しく欠く論者が存在する場合である。
・論者に和の精神を求めるということは、
 論者に、知見の差・教養の差を認識できる知性と、
 それを素直に認める謙虚さを要求することになる。
・議論において、論理を軽んじ、好き嫌いによって決定を行おうとする輩は、
 著しく和の精神を欠いている。

そして、和の精神を尊重し、
活発な議論によって理を通すことを
和の思想は目指している。

これに関しては、いかがお考えでしょうか?

閉じる コメント(16)

うん。素晴しい☆記事については、何の問題もない。気がかりなのは…私には「和」があるの?大丈夫なのか?それが、気になって…「ヤバくない?私?」と思いながら記事を読んでいた真理哉でした…。(←もうそこが「和」になって無いのか〜?)どうなのー!?ムッシュ!!教えて〜。

2007/4/23(月) 午前 2:15 稀咲 妃 返信する

顔アイコン

<真理哉さん>おはようございます。 『「ヤバくない?私?」と思いながら記事を読んでいた』という、自己を過信せず、他の意見に耳を傾けようという姿勢こそが、和の精神と言えるでしょう。

2007/4/23(月) 午前 6:31 無宗だ 返信する

おはよう。ムッシュ♪良かったよ。ホッとしたよう☆(←とても単細胞)そうだよね。人の意見や想いはちゃんと聞かないといけないんだよね。(大体それが私の仕事じゃんねーw)

2007/4/23(月) 午前 9:31 稀咲 妃 返信する

顔アイコン

和って英訳できない日本人独特の感性と人間関係と思います。「ハーモニー」とはちょっと馴染まないと思うんですけど。

2007/4/23(月) 午前 9:36 [ wak**akaido*5*5 ] 返信する

顔アイコン

一番近いのは、agree to disagreeではないでしょうか?お互いの立場を尊重しながら話をするってのは、特段、日本独特とは思えません。ただ、言葉にできないけど共感はして欲しいってなると、ありがちな「日本人的甘え」かなと。また、差異を探すより、共通点を見つけて大儀達成に協力しあう気持ちも付け加えていただきたいです。

2007/4/23(月) 午後 2:35 おまつ 返信する

顔アイコン

和と同の違いにはっとする思いが過ぎりました。同になっていた自分に気づきました。

2007/4/23(月) 午後 6:36 bdfkf518 返信する

顔アイコン

「和の思想"は"目指している」というように『和の思想』がすでに前提としてあるものだ(あるべきだ)、と読めます。傲慢な物言いになるでしょうが、衆愚のレベルでは『和の思想』から出発できません。まずは「和の思想"を"目指す」ところから始めていかなければならないのではないでしょうか。

2007/4/23(月) 午後 6:58 へなまん 返信する

顔アイコン

和の大切さは・・・惨い人間の性を見て得た結論ではないのですか。ゆえにその和の本質を、その時代時代のリーダーが目覚め、子供の教育に力を注ぎなさいと理解すべきであり、今こそ、教育改革にこの心を生かすべきではないですか。これが、歴史・伝統を守ることではないですか?ご意見をお願いします。 削除

2007/4/23(月) 午後 8:43 [ uchujin ] 返信する

顔アイコン

<オシン監督さん> あなたは「和」を「日本人独特の感性と人間関係」と感じられますか。 私は宗教によらずに、人類一般に通じる「普遍的な思想」ではないかと考えています。

2007/4/24(火) 午前 4:39 無宗だ 返信する

顔アイコン

<おまつさん>「大儀を共有する」「総論に賛成する」ということは、 必然的に、 差異によって対立することではなく、目的達成の為に協力することを要請すると思うのですが、 いかがでしょうか?

2007/4/24(火) 午前 4:41 無宗だ 返信する

顔アイコン

<山田 晴久さん>私も、 「●君子は和して同ぜす ●小人は同じて和せす」 をみて、「はっ」とさせられました。

2007/4/24(火) 午前 4:41 無宗だ 返信する

顔アイコン

<alhenaさん> 衆愚のレベルというのは、欲に目を奪われているために そこにおちこんでいるのであって、 目の前の曇りさえ取り去れば、 誰でも理解・納得できる内容だと私は思っています。 『和の思想』は当たり前のことを述べているだけで、 鍵は「どこまで広い範囲を身内と考えることができるか?」ではないでしょうか?

2007/4/24(火) 午前 4:42 無宗だ 返信する

alhenaさん、はい。確かに傲慢なもの言いであるように読めます。レベルって言葉は(使い方の如何に係わらず)何かイヤな感じを与える言葉だと思いました。なんででしょうね?。w…555さん、私も「人類一般に通じる普遍的な思想」だと思います。世界(地球)は1個で、人類も1種類だもん。心の中、何も違わないよ。違いを探すより、同じを見つけることの方が素敵だよ。なんでヒトって違いを探したがるんだろう?

2007/4/24(火) 午前 11:46 稀咲 妃 返信する

顔アイコン

こんにちは。>無宗ださん トラックバックありがとうございます。 RE:和の思想、和の精神−和とは非戦− http://blogs.yahoo.co.jp/eraser1eraser/47944243.html −にレスしました。

2007/4/25(水) 午後 3:55 erasus(いれいざす) 返信する

衆愚を以てよし、文弱を以てよしという精神だ。まさにカス民族の精神だな。

2010/7/12(月) 午前 5:24 [ 山芋おろし ] 返信する

顔アイコン

で、あなたは、なんという名の優れた民族に所属しているのですか?

2010/7/12(月) 午前 5:39 無宗だ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事