天地の超常現象

アベ文化大革命により市民はいつ終わるとも知れない応仁の乱状態だ!もう一度、竜馬暗殺までさかのぼって歴史のやり直しがができればなあ

全体表示

[ リスト ]

 
原発を全廃し、ガスタービン・コンバインドサイクル発電に転換せよ!

  ( 一寸法師 )

浜岡原発の廃止は決定しましたが、
政府筋は、これをスケープゴートとして、
なしくずしに、他の原発継続・維持を企図しているのではないか????
と勘ぐってしまう訳です。

今こそ、原発は、全基、速攻廃止決定!!
・・の方向へ転換する様、日本全国民が一致協力して
「政府に圧力をかけるべき時」と、感じます!

しかし、原子力に替わる発電方法として、自然エネルギーがありますが、
まだまだ実用化のレベルにはほど遠いようです。

■風力
あまりにも効率が悪すぎる。強風では壊れてしまう。立地できる土地が少なく限られている。低周波振動や鳥への脅威など、環境と景観を悪化させる。天候に左右され安定供給が難しい。

■地熱
立地的できる土地が少なく、大半は自然公園の中で、環境と景観を破壊し悪化させる。電力消費地と離れていることも問題。

■太陽光
現段階では、効率が悪すぎる。天候に左右されるため、立地できる土地が限られ、安定供給も難しい。

■水力(大規模)
大規模な水力発電は、ダムなどが必要で、新たに建設できる土地は殆どない。
小規模なものは可能性がある。
また、九州大グループで提案している「大規模洋上風力発電」もあるが、実用化には、もう少しかかりそう。

■潮力
海に囲まれた日本では、非常に有望な技術ではあるが、実用化には今後の開発が必要。

つまり、「ローコスト」&「安定供給」&「環境負荷」という面では、
まだまだ自然エネルギーは、実用化のレベルに達していない、という現実です。

今、一番現実的なのは、やはり、
広瀬隆氏が提案している
ガスタービンコンバインドサイクル発電しか無い!
ということになります。

広瀬隆氏は
もし
火力発電の3割を
ガスタービンコンバインドサイクル発電に替えれば、
全ての原子力発電を廃止することが出来る!
・・と言っています。
   ▼
ガス・コンバイン土サイクル発電:広瀬隆






ガスタービン・コンバインドサイクル発電の特長

危険でしかもコストの高い「原子力発電」に比べ、
たくさんの長所が、あります。

1)発電効率(熱効率)が高い!
原子力発電が約30%に対し、ガスタービンは最大59%と、約2倍も高い。
排熱も原子力の1/2。
※24時間出しつづける原発の廃熱は、海水温度を上昇させる。

2)建設コストが安い! 
例えば170万kwの原子力発電が数千億円なのに対し、
このガスタービン発電は数百億と1/10(モノによって1/4とも)。
しかも、原子力の建設コストには、核燃料廃棄物処理のためのコストが含まれていない ので、
それまで含めると、原子力発電1基のコストは1兆円は下らないといわれている。
何より、構造がシンプルかつ小型なので、原子力のようなう複雑で巨大な施設を必要としない。
※原子力発電所立地自治体への補助金、原発事故時の処理費、災害復興費など含めると、1基数兆円 は下らないのではないかぁあ!

3)出力の調整、停止が可能!
原子力は、一定の出力を維持しないと危険なので、電力を使用しない夜間も常時運転しつづけなければならない。しかも、運転しはじめてから定格出力に達するまで何日も要する。
これに対しガスタービンは、出力を自在に調整できる。また、運転を開始して1時間で定格に達し、電力を使わない夜間の運転休止も可能!

4)建設期間が短い! 
原子力の建設には認可含め10年以上かかることも珍しくないのに比べ、
ガスタービンだと、
わずか4ヵ月〜1年で建設可能

5)必要な土地スペースが少なくて済む!
騒音対策等で敷地を広くとったり、緑化面積の要求がないなら40万kw級で
100mx100mもあれば何とか収まる

6)都市の近くに建設が可能!
放射性物質を排出せず安全なので、
電力消費地である都市部の近くに建設が可能。
従って送電ロスも少なくなる。

7)核廃棄物・放射能が出ないので、安全・安心!
原子炉の使用済みの高濃度放射性「核」燃料廃棄物が、
未だに、処理方法も確立されておらず、
また、どこに捨てるのかも決まっていないのに対し、
核廃棄物が出ないガスタービンは、それだけでも「安全・安心」である。

8)天然ガスを使えば、環境にやさしく、コストが安い!
もともと天然ガスは、CO2排出の少ないクリーンエネルギーとして知られており、コストも安い。

さらに、
日本の南海トラフ〜日向灘〜駿河トラフ辺りまでの海底には、
天然ガス(メタンハイドレード)が埋蔵されている!
しかも、今回の地震を予言した照子女史によれば、
その埋蔵量は「
日本の2000年分」もある!!!!という。
もし、これが事実ならば、発電コストは水力よりも更に大幅に安くなるだろう!

9)燃料にHHOガス利用の可能性も!
近い将来、HHOガスを燃料として用いることが出来れば、
CO2排出ゼロを実現することも可能と思われる。
 
   ▼
【日本の技術】水から生まれた新燃料 酸水素ガス



川内博史氏
「現状のエネルギー基本計画には、ガスコンバインドサイクルという言葉が入っていない。見直される基本計画には、「ガスコンバインドサイクルの推進」という言葉を盛り込む必要がある。」
https://twitter.com/#!/kawauchihiroshi/status/70331240313655297

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こんなに優れた発電所が、すでに全国で稼動しているとは驚きました。
じゃあ何故、ややこしい原発を各電力会社は、54基も作っているのか?。
国(政管)首長からの押し付け、指導。金。

結果、戦争に匹敵するような苦難にぶち当たってしまった。

2011/5/23(月) 午後 2:43 [ gann ] 返信する

顔アイコン

原子力は昔は理想のエネルギーとしてもてはやされたからね。でも、原子力船むつの事故の頃から不信感が出始め、廃棄物の海洋投棄もできなくなってしまった。電力会社の本音としてはすぐにでもやめたいのだろうけど、原発で潤っている人やマチがあったりして、なかなかそれができないのです。

2011/7/17(日) 午後 3:11 [ まったりかめ ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。
いつの時代でもありますねえ〜。
明治に電車を引くといえば、かごや、宿屋が反対!。
しょうがないから、海の50メートル沖に半分ほど引いて
作ったらしいが、一旦通ると一気に近代化が進んだらしい^^。

2011/7/17(日) 午後 4:28 [ gann ] 返信する

顔アイコン

CO2利用、廃熱利用を農業でやれば、トリジェネレーション技術の更なる進化も!

2011/12/27(火) 午前 10:55 [ 杉並おやじの手作り農園 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事