ここから本文です
M-Golf
Meitetsu World Travel.inc Golf Tour
北海道在住のゴルフツアー専任スタッフおすすめ 
名鉄観光の北海道ゴルフツアー「M-GOLF neo」

もうすぐ9月だというのに、まだまだ暑い日が続きますね

先週、北海道は、せっかくのお盆休みだというのに、ずっと雨で涼しく、
どんよりな1週間でした。
もう北海道の夏は終わり?!かと思わせるような気候でしたが、
まだまだ夏は終わりません!
今週はまた27℃くらいになるようです

しかも北海道のベストシーズンはこれからです
9月は本当にさわやかで、風が心地よく、食べ物がとにかく美味しいです

本州はあと1ヶ月くらいは蒸し暑い日が続くと思います。

そこで!今回は、

茨城県・栃木県のゴルフ好きの皆様に
涼しい夏を楽しむゴルフツアーを企画しました


『ゴルフ場ナビ』掲載

「スカイマークで行く北海道ゴルフ 札幌ステイ1泊2日2プレー」

イメージ 1



1泊2日2プレー、全行程送迎サービス付きで移動もラクラク
乗用カートはフェアウェイに乗り入れができて、まさにゴルフ天国
初めてゴルフツアーに出かける方も安心してご参加いただけます!

茨城空港発 札幌ステイ 北海道ゴルフツアー1泊2日2プレー

茨城空港発 登別温泉ステイ 北海道ゴルフツアー1泊2日2プレー


9月7日からは、札幌市内中心部大通り公園にて
「さっぽろオータムフェスト」も開催!

1泊2日の限られた時間ですが、ゴルフも北海道グルメも
どちらも満喫してください!!

北海道中のグルメが大通り公園に集結し、北海道の秋を盛り上げます!

また、札幌ステイのほかに、北の名湯「登別温泉」に泊まるプランも
ございます!
 
地元スタッフオススメの北海道ゴルフツアー 
M-GOLF neo で、ぜひ北海道に遊びにいらしてくださ〜い

平成最後の夏は、ぜひ北海道でゴルフを

まだまだ暑い日が続きますが、

ゴルフをされる方は
くれぐれも熱中症にお気をつけくださいね!

みんなで暑い夏を乗り切りましょう

この記事に

北海道在住のゴルフツアー専任スタッフおすすめ 
名鉄観光の北海道ゴルフツアー「M-GOLF neo」

本州にお住まいのみなさま
連日の猛暑で大変な毎日をお過ごしかと思います。

北海道も数年前から比べるととても蒸し暑くなりましたが、
それでも30℃になる日は本州に比べれば少なく、
特に札幌の夜は涼しくなりますので、快適に感じるかと思います。

7月なのに、この暑さ、、、イヤになっちゃいますね
猛暑を脱出したいと思う方、少しは涼しい北海道に遊びにいらっしゃいませんか


今日は、中日スポーツに掲載中の新商品

「エアアジア・ジャパンで行く北海道ゴルフ
  ゴルフ・温泉・観光よくばりプラン 北海道2大人気エリア
         登別温泉&札幌市内ステイ2泊3日2プレー」

をご案内致します

イメージ 1

このツアーは、北海道で人気の2大宿泊地「登別温泉「札幌市内
1度で楽しめるツアーになっています

登別温泉では、夕食・朝食のバイキング付
しかも、現地は送迎サービスもありなうえに、ゴルフプレー時にかかる
グリーンフィ、諸経費、カートフィ、ロッカーフィも含まれていて、
コスパ抜群のツアーなんです

また、せっかく北海道に来たら、ゴルフばかりではもったいないですよね

このツアーは、3日目(最終日)が札幌市内でのフリータイムになっており、
観光や北海道グルメもお楽しみいただけるのです

9月7日からは、札幌市内中心部大通り公園にて
「さっぽろオータムフェスト」も開催!

北海道中のグルメが大通り公園に集結し、北海道の秋を盛り上げます!
この機会をお見逃しなく!
 
地元スタッフオススメの北海道ゴルフツアー M-GOLF neo

中スポ掲載 ≪中部発≫ ゴルフ・温泉・観光よくばりプラン! 登別温泉&札幌市内どちらも泊まれる北海道ゴルフ 御前水・千歳空港CC&エミナGC・樽前CC セルフプレー代込々!現地払いは利用税のみ 送迎付北海道ゴルフ 2泊3日2プレー (7月〜10月の特定日)

まだまだ暑い日が続きますが、
ゴルフをされる方は
くれぐれも熱中症にお気をつけくださいね!

みんなで暑い夏を乗り切りましょう

この記事に

北海道在住のゴルフツアー専任スタッフおすすめ 
名鉄観光の北海道ゴルフツアー「M-GOLF neo」

北海道は、さわやかな風が心地よい季節になりました。

名鉄観光の 北海道ゴルフツアー 

 M-GOLF neo 


おかげさまで大変ご好評をいただいておりリピーターも続出!

中には1年に2度、3度来られる方もいらっしゃるほどです

6月24日の中日スポーツには、

名鉄観光 北海道ゴルフツアーの特集記事が掲載されますので

是非ともご注目ください


梅雨を脱出してLCCでお得に北海道へGO☆




お気軽にお問い合わせください


イメージ 1
(ユニ東武ゴルフクラブ イメージ)

この記事に

北海道在住のゴルフツアー専任スタッフおすすめ 
名鉄観光の北海道ゴルフツアー「M-GOLF neo」

名鉄観光では、大阪・名古屋・成田発北海道ゴルフツアーを絶賛発売中!

きのうの中日スポーツにも「M-GOLF neo」の広告を掲載していただきました!
イメージ 1


名鉄観光の「M-GOLF neo エムゴルフ ネオ」なら、

関東・関西・名古屋のお仲間が北海道に集まってみんなでゴルフもOK



成田発 1泊2日2プレー
 https://search.mwt.co.jp/mdom/detail/B1AXN13GK2BH.html

関空発 1泊2日2プレー (日刊スポーツ掲載プラン)
 https://search.mwt.co.jp/mdom/detail/B1AXN15GK2BJ.html

中部(セントレア)発 1泊2日2プレー (中日スポーツ掲載プラン)


<札幌カントリー倶楽部 インフォメーション>

真駒内カントリークラブ
札幌駅より車で約35分
札幌カントリー倶楽部の原点と呼べる36ホールズ。
飛ばし屋の心を揺さぶる空沼コースと
緻密な攻略を要求する藻岩コースをお楽しみいただけます。
 
滝のカントリークラブ

札幌駅より車で約40分
それぞれが個性的な顔を持つ、東中西の3コースから成る27ホールズ。
いくつもの池とバンカーが美しさを演出すると同時に
コースの難易度を高めています。
 
羊ヶ丘カントリークラブ
札幌駅より車で約30分
札幌市中心部より10Km。北海道特有の白樺林が連なる丘陸地にあり、
適度な打ち上げ打ち下ろしはありつつ全体的にフラットでどなたでも
お楽しみいただけます

今までのゴルフツアーは札幌市内に泊まっても
千歳市や苫小牧市のゴルフ場の設定がほとんどでしたが、
この札幌ゴルフプランは3ゴルフ場ともすべて札幌市内
移動の時間も短く、スタッフイチオシプランです

札幌市内でゴルフの後は、もちろんすすきのへ

そこには美味しく冷えたビールと北海道グルメが待っています


ゴルフ大好きなスタッフが皆様のご予約をお待ちしております

この記事に

北海道在住のゴルフツアー専任スタッフおすすめ 
名鉄観光の北海道ゴルフツアー「M-GOLF neo」


梅雨知らず、猛暑知らずの札幌で爽快ゴルフプレー


M-Golf neoではLCC航空会社を利用した格安ゴルフツアーを販売中
 

梅雨を脱出して、涼しい北海道で爽快プレーの後は

ススキノや大通ビアガーデンで冷えたビールで乾杯
 


今回のオススメプランは

地元ゴルファーお薦め名門コース

札幌市内のゴルフ場では1番メンバーが多い
     「札幌カントリー倶楽部」での1泊2日2プレー


札幌市内に3コースを有し、どのコースも札幌市内から車で30〜40分圏内!!

ツアーはもちろん、全行程送迎付!

ゴルフはGPSナビ付き乗用カートでフェアウェイ走行もOK(注)
(注)天候やコースコンディションによりフェアウェイ走行できない場合もあります。


設定ホテルはススキノまで徒歩圏内

夜の札幌ススキノもお楽しみいただけます

成田・関空・中部(セントレア)からそれぞれ出発可能

2名様よりご予約いただけます。

成田発 1泊2日2プレー
 https://search.mwt.co.jp/mdom/detail/B1AXN13GK2BH.html

関空発 1泊2日2プレー (日刊スポーツ掲載プラン)
 https://search.mwt.co.jp/mdom/detail/B1AXN15GK2BJ.html

中部(セントレア)発 1泊2日2プレー (中日スポーツ掲載プラン)


<札幌カントリー倶楽部 インフォメーション>

真駒内カントリークラブ
札幌駅より車で約35分
札幌カントリー倶楽部の原点と呼べる36ホールズ。
飛ばし屋の心を揺さぶる空沼コースと
緻密な攻略を要求する藻岩コースをお楽しみいただけます。
 
滝のカントリークラブ

札幌駅より車で約40分
それぞれが個性的な顔を持つ、東中西の3コースから成る27ホールズ。
いくつもの池とバンカーが美しさを演出すると同時に
コースの難易度を高めています。
 
羊ヶ丘カントリークラブ
札幌駅より車で約30分
札幌市中心部より10Km。北海道特有の白樺林が連なる丘陸地にあり、
適度な打ち上げ打ち下ろしはありつつ全体的にフラットでどなたでも
お楽しみいただけます


        ご予約 お待ちしておりま〜す




この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事