アンジュ。だより『変える勇気で変わる素肌』

ココ・アンジュの駐車場が、2017年7月1日より変更になります。詳細はココ・アンジュにお尋ねくださいね♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全514ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

運動後に脂肪から放出されるたんぱく質が糖代謝を改善
Link de Diet. 2019.2.22 EurekAlert 


ヒトとマウスの両方で、運動後に脂肪細胞に劇的な変化が生じ、
この訓練された脂肪細胞は血中にポジティブな健康効果をもつ
たんぱく質を放出することがわかった、
という米国ジョスリン糖尿病センターからの研究報告。

脂肪細胞がアディポカインと呼ばれるたんぱく質を分泌することは
良く知られているが、アディポカインは肥満で増加し、
代謝と健康に有害な影響を及ぼすことが多い。

「この多くのアディポカインのネガティブな影響とは対照的に、
我々の研究は、TGF-β2というアディポカインが運動の結果として
脂肪細胞から放出され、耐糖能を改善することを明らかにした」
と共同研究者のローリー・グッドイヤー教授は語っている。

TGF-β2は、耐糖能異常を改善するだけでなく、
肥満マウスに投与すると血中脂質が低下し、
多くの代謝が改善したという。

「単一のたんぱく質がこれほどに重要で劇的な効果を示すというのは
まったくもって印象的である」とグッドイヤー教授は語っている。

2年前国際研究チームが、脂肪組織が運動に反応して
有益な代謝効果をもたらすことを初めて実証した。

「我々の仮説は、運動が脂肪組織を変えるというものだった。
この変化の結果として脂肪細胞は血液中に有益なたんぱく質を
放出するのである」とグッドイヤー教授は語っている。
「この発見以前には、筋肉のブラス効果に焦点が当てられるのが常だった。」

研究チームは、運動中に脂肪細胞から放出されるアディポカインを
特定しようと、ヒトとマウスの両方で一連の実験を行い、
運動によって上方制御されるたんぱく質の一つとしてTGF-β2を同定した。

糖尿病マウスを用いた実験で、TGF-β2は、
高脂肪食のネガティブな効果を逆転させたという。

もう一つの重要な発見として、運動中に放出される乳酸が
プロセスの不可欠な一部として働くことがわかったという。
乳酸は運動中に筋肉から放出され、脂肪細胞へと移動して、
TGF-β2の放出を惹起する。

「この研究は、我々の運動についての考え方、
運動の多くの代謝効果のみかたに革命をもたらすだろう。
重要なのは、脂肪細胞が運動において重要な役割を果たしている
ということだ」とグッドイヤー教授は語っている。

出典は『ネイチャー代謝』。
 (論文要旨)      

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

開く コメント(0)

イメージ 1

旧年中は大変お世話になりました。
本年も変わらず宜しくお願い致しますm(_ _)m
2018年はココ・アンジュにとって一言で表すと別れの年となりました。
オープンからのお客様との永久の別れがありました。
14年営業させて頂いていて初めてのことでした。
また飯舘村から避難して
いた両親が福島に帰りました。
そして。。。
色々なことがありますね。。。
それでも。。。
今年も前向きにコツコツとできることをやり続けます。
新しく我が家の家族になったアンジュ♀とペヨンジュ♂に癒やされながらの新年を迎えております。
2019年が皆さまにとりまして穏やかな良き年でありますように心よりお祈り申し上げます。

開く コメント(4)

アマゾンに住む原住民の健康的な食事
Link de Diet  2018.12.7 EurekAlert 


二つの原住民族の研究から、西洋型の食生活の健康と
ウェルビーイングに対する影響が明らかにされた。
米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校からの研究報告。

健康の健展からいえば、チマネ族は一つのモデルケースである。
ボリビアアマゾンに住む原住民族であるチマネ族には
心疾患とほぼ無縁である。彼らには高血圧が極めて少なく、肥満も少ない。
コレステロール値も比較的健康なレベルに留まる。
これらの因子は加齢によっても変わらないようにみえる。

また2型糖尿病の発生率も最少であることから、研究者らは、
チマネ族の心血管系の健康に及ぼす食事の影響の影響と、
彼らがよりグローバル化と市場の圧力に曝されるようになった時に
どうなるかを考えるようになった。

トーマス・クラフトとマイケル・ガーヴェンら研究チームは、
NIHが資金援助するチマネ健康・生活史プロジェクトの一部として、
チマネ族の通常の食生活を初めて系統的に検証し、
それを近隣の類似した言語を話し共通の先祖をもつモセテン族と比較した。
モセテン族は外部からの影響をより強く受けている。

「我々の先行研究は、チマネ族がこれまで研究された中で
最も健康な心臓をもっていることを示している。
それで自然にその原因と方法を理解したいという多くの興味が起こった」
とマイエル・ガーヴェン考古学教授は語っている。

研究チームは、米国国民健康・栄養調査(NHANES)と同じ測定法を採用し、1,299名のチマネ族と229名のモセテン族に複数回24時間思い出し法による
食事調査を実施した。既出および独自の栄養価推定と、
ポーションサイズ推定から、食事摂取量についての詳細を明らかにした。

チマネ族のカロリー摂取量は高く2,433-2,738kcalであり、
炭水化物とたんぱく質が多くて低脂肪であった(各々64、21、15%)。
加えて、チマネ族の食事はあまりバラエティがなく、
ほぼ3分の2のカロリーは複合炭水化物、特にプランテンと米に由来した。
残りの16%は、40種類を超える魚から、6%は野生の獣肉から。
8%だけが市場で購入した食品だった。

食品の低い多様性にも関わらず、研究チームはチマネ族の日々の食事における微量栄養素の欠乏症の根拠をみつけることはなかった。
カルシウム、いくつかのビタミン(D,E,K)は不足していたが、
カリウム、マグネシウム、セレンは米国に比べてかなり過剰であった。
食物繊維は米国やモセテン族のほぼ2倍だった。

5年を超える研究の間に、研究チームは
チマネ族の総カロリーと炭水化物の摂取量が有意に上昇し、
とりわけ市場のある町の近隣の村でそれが顕著だったことを発見した。
ラード、油、砂糖、塩のような調味料の使用も有意に上昇した。
モセテン族はチマネ族よりも多い砂糖と調理油を使っている。

結論:複合炭水化物に富む高カロリー食が、低い心血管系疾患リスクと関連しているようだ。少なくともそれが高い身体活動量とペアになった場合にはそうであるようだ。
チマネ族は一日平均17,000歩を歩く。米国人は5,100歩に過ぎない。
豊富な食物繊維と低い脂肪、塩、加工された糖質の食事から離れることで、
変化中の集団には深刻な健康リスクが見られる。

ボリビアにおける栄養の変化は、チマネ族の体脂肪と
BMIの上昇と平行しており、チマネ族の低い心血管系疾患の有病率は
もはや続かないことが示唆される。

出典は『米国臨床栄養学雑誌』。
 (論文要旨)      

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

開く コメント(2)

イメージ 1


先日、仏教のお話を聞いてきました。
この掛け軸のたとえ話は、
とても意味が深かったです!

開く コメント(0)

イメージ 1

皆さん今後ヨロシクお願い致します!

開く コメント(4)

全514ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事