アンジュ。だより『変える勇気で変わる素肌』

ココ・アンジュの駐車場が、2017年7月1日より変更になります。詳細はココ・アンジュにお尋ねくださいね♪

転載記事

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全285ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

運動後に脂肪から放出されるたんぱく質が糖代謝を改善
Link de Diet. 2019.2.22 EurekAlert 


ヒトとマウスの両方で、運動後に脂肪細胞に劇的な変化が生じ、
この訓練された脂肪細胞は血中にポジティブな健康効果をもつ
たんぱく質を放出することがわかった、
という米国ジョスリン糖尿病センターからの研究報告。

脂肪細胞がアディポカインと呼ばれるたんぱく質を分泌することは
良く知られているが、アディポカインは肥満で増加し、
代謝と健康に有害な影響を及ぼすことが多い。

「この多くのアディポカインのネガティブな影響とは対照的に、
我々の研究は、TGF-β2というアディポカインが運動の結果として
脂肪細胞から放出され、耐糖能を改善することを明らかにした」
と共同研究者のローリー・グッドイヤー教授は語っている。

TGF-β2は、耐糖能異常を改善するだけでなく、
肥満マウスに投与すると血中脂質が低下し、
多くの代謝が改善したという。

「単一のたんぱく質がこれほどに重要で劇的な効果を示すというのは
まったくもって印象的である」とグッドイヤー教授は語っている。

2年前国際研究チームが、脂肪組織が運動に反応して
有益な代謝効果をもたらすことを初めて実証した。

「我々の仮説は、運動が脂肪組織を変えるというものだった。
この変化の結果として脂肪細胞は血液中に有益なたんぱく質を
放出するのである」とグッドイヤー教授は語っている。
「この発見以前には、筋肉のブラス効果に焦点が当てられるのが常だった。」

研究チームは、運動中に脂肪細胞から放出されるアディポカインを
特定しようと、ヒトとマウスの両方で一連の実験を行い、
運動によって上方制御されるたんぱく質の一つとしてTGF-β2を同定した。

糖尿病マウスを用いた実験で、TGF-β2は、
高脂肪食のネガティブな効果を逆転させたという。

もう一つの重要な発見として、運動中に放出される乳酸が
プロセスの不可欠な一部として働くことがわかったという。
乳酸は運動中に筋肉から放出され、脂肪細胞へと移動して、
TGF-β2の放出を惹起する。

「この研究は、我々の運動についての考え方、
運動の多くの代謝効果のみかたに革命をもたらすだろう。
重要なのは、脂肪細胞が運動において重要な役割を果たしている
ということだ」とグッドイヤー教授は語っている。

出典は『ネイチャー代謝』。
 (論文要旨)      

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

開く コメント(0)

アマゾンに住む原住民の健康的な食事
Link de Diet  2018.12.7 EurekAlert 


二つの原住民族の研究から、西洋型の食生活の健康と
ウェルビーイングに対する影響が明らかにされた。
米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校からの研究報告。

健康の健展からいえば、チマネ族は一つのモデルケースである。
ボリビアアマゾンに住む原住民族であるチマネ族には
心疾患とほぼ無縁である。彼らには高血圧が極めて少なく、肥満も少ない。
コレステロール値も比較的健康なレベルに留まる。
これらの因子は加齢によっても変わらないようにみえる。

また2型糖尿病の発生率も最少であることから、研究者らは、
チマネ族の心血管系の健康に及ぼす食事の影響の影響と、
彼らがよりグローバル化と市場の圧力に曝されるようになった時に
どうなるかを考えるようになった。

トーマス・クラフトとマイケル・ガーヴェンら研究チームは、
NIHが資金援助するチマネ健康・生活史プロジェクトの一部として、
チマネ族の通常の食生活を初めて系統的に検証し、
それを近隣の類似した言語を話し共通の先祖をもつモセテン族と比較した。
モセテン族は外部からの影響をより強く受けている。

「我々の先行研究は、チマネ族がこれまで研究された中で
最も健康な心臓をもっていることを示している。
それで自然にその原因と方法を理解したいという多くの興味が起こった」
とマイエル・ガーヴェン考古学教授は語っている。

研究チームは、米国国民健康・栄養調査(NHANES)と同じ測定法を採用し、1,299名のチマネ族と229名のモセテン族に複数回24時間思い出し法による
食事調査を実施した。既出および独自の栄養価推定と、
ポーションサイズ推定から、食事摂取量についての詳細を明らかにした。

チマネ族のカロリー摂取量は高く2,433-2,738kcalであり、
炭水化物とたんぱく質が多くて低脂肪であった(各々64、21、15%)。
加えて、チマネ族の食事はあまりバラエティがなく、
ほぼ3分の2のカロリーは複合炭水化物、特にプランテンと米に由来した。
残りの16%は、40種類を超える魚から、6%は野生の獣肉から。
8%だけが市場で購入した食品だった。

食品の低い多様性にも関わらず、研究チームはチマネ族の日々の食事における微量栄養素の欠乏症の根拠をみつけることはなかった。
カルシウム、いくつかのビタミン(D,E,K)は不足していたが、
カリウム、マグネシウム、セレンは米国に比べてかなり過剰であった。
食物繊維は米国やモセテン族のほぼ2倍だった。

5年を超える研究の間に、研究チームは
チマネ族の総カロリーと炭水化物の摂取量が有意に上昇し、
とりわけ市場のある町の近隣の村でそれが顕著だったことを発見した。
ラード、油、砂糖、塩のような調味料の使用も有意に上昇した。
モセテン族はチマネ族よりも多い砂糖と調理油を使っている。

結論:複合炭水化物に富む高カロリー食が、低い心血管系疾患リスクと関連しているようだ。少なくともそれが高い身体活動量とペアになった場合にはそうであるようだ。
チマネ族は一日平均17,000歩を歩く。米国人は5,100歩に過ぎない。
豊富な食物繊維と低い脂肪、塩、加工された糖質の食事から離れることで、
変化中の集団には深刻な健康リスクが見られる。

ボリビアにおける栄養の変化は、チマネ族の体脂肪と
BMIの上昇と平行しており、チマネ族の低い心血管系疾患の有病率は
もはや続かないことが示唆される。

出典は『米国臨床栄養学雑誌』。
 (論文要旨)      

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

開く コメント(2)

読売新聞 2018年7月15日
あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

長時間の昼寝が認知症リスクに

高齢者では昼寝の習慣は一般的だが、昼寝は夜間の睡眠に悪影響を及ぼすことなどが指摘されている。
米・University of California, San FranciscoのYue Leng氏らは、高齢者の昼寝習慣が心血管疾患や糖尿病、さらには死亡率と関係することを報告してきた。
このほど新たに、高齢男性の昼寝時間と認知症リスクとの関連が大規模な研究(MrOS;Osteoporotic Fractures in Men Study)によって明らかになったとして、第32回米国睡眠学会(SLEEP 2018、ボルティモア)で発表した。

 Leng氏らは、65歳以上の高齢男性2,751人を対象に、研究開始(ベースライン)時の昼寝時間とその後12年間の認知症発症リスクとの関連について検討した。認知症発症後の昼寝習慣との関連を区別するため、ベースライン時から2年以内に認知症を発症した人は対象外とした。
1日当たりの累積昼寝時間の内訳は、30分未満が1,061人、30〜59分が795人、60〜119分が642人、120分以上が253人であった。
120分以上の長時間昼寝グループは、他のグループと比べて平均年齢やBMIなどが高く、冠動脈疾患や高血圧、糖尿病などの併存疾患を有する割合も高かった。

昼寝時間30分未満のグループを基準として、昼寝時間別の各グループにおける12年後の認知症の発症リスクについて調べた。
その結果、昼寝時間30分未満のグループと比べた認知症の発症リスクは、 30〜59分のグループが17%、60〜119分のグループが30%、  120分以上のグループが80%とそれぞれ上昇しており、昼寝時間の長さに比例して認知症の発症リスクが高まることが分かった。この結果は、年齢や BMI、喫煙状況や併存疾患などを考慮しても変わらなかった。
今回の研究では、女性や若者については調べておらず、必ずしも同様の結果が当てはまるとは限らないものの、Leng氏は昼寝時間が将来の認知症の発症を予測する可能性があるとの見解を示し、そのメカニズムの解明を含めたさらなる研究の必要性を強調した。(あなたの健康百科編集部)

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

開く コメント(0)

産経新聞 2018.3.27 

レモンで健康に 生活習慣病予防に効果期待

ビタミンCやクエン酸を豊富に含んだレモンは優れた健康食材だ

ビタミンCが豊富なレモン。近年の研究では、高血圧や肥満、
骨粗鬆(こつそしょう)症の改善にも役立つ可能性があることが分かり、
美容効果にとどまらず、生活習慣病を予防する健康食材としても
注目が高まっている。(玉崎栄次)

疲労感を解消

ビタミンCの抗酸化作用は、美容効果が期待されるほか、
風邪の予防にも役立つことで有名だ。
レモンにはこのビタミンCが、果実1個(100グラム)当たり
約100ミリグラム含まれており、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」
(平成27年版)で示された成人の1日の推奨摂取量に相当する。

また、レモンは疲労感の解消にも効果的。
香りは、リラックス効果を期待できる「リモネン」と呼ばれる
匂い成分を含んでいる。

高血圧や肥満を抑制

「近年の研究ではさらに、血圧の上昇や肥満の改善に対する効果も期待されています」

県立広島大・レモン健康科学プロジェクト研究センターの
センター長を務める飯田忠行教授(応用健康科学)はこう指摘する。

同大のチームによる研究では、レモンの1日平均摂取量が
0・3個(レモン果汁約10ミリリットル)未満の人より、
0・7個(同約20ミリリットル)以上の人の方が最高血圧が低くなった。

この結果について、飯田教授は「加齢に伴う血圧の上昇を抑える可能性があると考えられる」と説明する。

さらに肥満予防も期待できる。肥満になると脂肪細胞から食欲抑制ホルモン
「レプチン」が多量に分泌され、体にレプチン抵抗性がついてしまう。
抑制がきかなくなり食べ過ぎてしまうが、レモンを多くとっている人は、
あまりとらない人よりもレプチンの血中濃度の上昇が抑制される傾向が
報告されているという。

飯田教授は「レモンは生活習慣病などの発症を防ぐため、
日常生活に取り入れやすい理想的な食材の一つ」と話した。

骨粗鬆症対策にも

骨粗鬆症予防では、レモンに豊富に含まれる「クエン酸」が注目される。

骨づくりに大切な栄養素であるカルシウムは人体に吸収されにくく、
食物から摂取しても約70%は体外に排出されてしまう。
特に高齢になると、腸から吸収されるカルシウムの量は低下する傾向にある。すると、体は骨に蓄えられているカルシウムを使って補おうとし、
結果、骨粗鬆症になりやすくなる。

クエン酸には、カルシウムを水に溶けやすくする「キレート作用」と呼ばれる働きがある。このため、カルシウムの吸収を助け、
骨の強さを示す骨密度を上げる効果が期待されているのだ。

レモン飲料事業を手がける飲料メーカー「ポッカサッポロフード
&ビバレッジ」が県立広島大などと行った共同研究(28年)で、
中高年女性44人に30ミリリットルのレモン果汁を含む飲料
(1本200ミリリットル、カルシウム350ミリグラム入り)を
半年間毎日飲んでもらったところ、骨密度は3カ月後に平均1・3%上がり、半年後もほぼそのまま保たれていることが分かった。

同社の親会社、サッポロホールディングスの価値創造フロンティア研究所で
レモンの健康効果を研究する平光正典主任研究員(食品機能科学)は
「骨密度は20〜30代をピークに低下していく。
若いころから習慣的にカルシウムを摂取することで、
ピーク時の骨密度が高まり、骨粗鬆症の予防につながる」と説明する。

レモンを料理に活用することで、家庭でも手軽に
効果的なカルシウム摂取が可能になる。

例えば、牛乳にレモン果汁を入れたラッシーや、
カルシウムが豊富なアジの南蛮漬けで酢の代わりにレモン果汁を使うなど、
おやつや食事に取り入れるのも一つの手だ。

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

開く コメント(0)

読売新聞 2016年9月17日

抗菌ハンドソープ、販売禁止へ―米国

トリクロサンなど19種類の成分を含む製品が対象


風邪やインフルエンザといった感染症は、
手を介して口から感染する「接触感染」が、
主な感染経路の1つだ。

そのため、感染症の予防には手洗いが欠かせない。
ドラッグストアに並ぶ手洗い用せっけんは種類が豊富で、
選ぶのに迷うほどだ。

そんな手洗い用せっけんに関して、
米食品医薬品局(FDA)は9月2日、声明を発表した。

抗菌作用があるとして一般向けに販売されている
せっけんやハンドソープなどのうち、
トリクロサンやトリクロカルバンなど
19種類の殺菌剤が含まれる製品の販売を禁止するという。

詳細は、FDAのホームページに掲載されている。
なお、トリクロサンなどが配合された薬用せっけんや
抗菌ハンドソープは、国内でも販売されている。


「通常のせっけんと流水で手洗い」がベスト

FDAは2013年12月、殺菌剤が含まれるせっけんの規制案を発表した。
これは、トリクロサンやトリクロカルバンなどの
殺菌剤を含むせっけんを長期間使うと、
抗菌薬が効かない菌(耐性菌)が発生したり、
甲状腺ホルモンや生殖ホルモンに悪影響を及ぼしたりする
可能性があるとの研究報告を受けたものだ。

殺菌剤が含まれている一般向けのせっけんや
ボディーソープなどの製品を販売する企業に対し、
FDAは安全性と有効性の追加データを提出するよう求めていた。

提出されたデータを検証したところ、
これらの製品が通常のせっけんに比べ
感染症の予防効果を発揮することを証明できなかったという。

今回の声明では、販売企業に対して1年以内に
指定の成分が含まれる製品の販売を中止するか、
同成分が含まれない製品に切り替えて販売することが求められている。

最終的に販売の中止が決定されたのは、トリクロサンやトリクロカルバンの他、クロフルカルバン(ハロカルバン),フルオロサラン、ヘキサクロロフェン、ヘキシルレゾルシノール、ヨウ素含有化合物など、
19種類の殺菌剤が含まれる一般向けのせっけんやハンドソープなどの製品。

挙げられた19種類の殺菌剤は、国内でも一部のハンドソープや
せっけん、マウスウォッシュなどに配合されている。

ただし、一般向けの手指の除菌用ローションやジェル、
手ふき用ウェットティッシュ、
医療機関で使われているせっけんやハンドソープは
規制の対象外となっているようだ。

なお、2013年に規制案が発表されたのを受け、
米国では既に一部の企業がこれらの殺菌剤の使用を中止している。

また、規制案で検証すべき成分として挙げられていた塩化ベンザルコニウム、
塩化ベンゼトニウム、クロロキシレノールの3種類については、
安全性と有効性のデータの提出期限を1年間延期。

データ収集期間中は、これらの成分が含まれる
製品の販売は許可されるという。

今回の規制に関し、FDA医薬品評価研究センター(CDER)の
ディレクターを務めるジャネット・ウッドコック氏は、
「抗菌作用があるとされる石けんやハンドソープを使っている人は、
細菌などの感染を予防する効果を期待しているかもしれない。

しかし、通常のせっけんと流水で手を洗うよりも
優れているとの科学的根拠は全くない。
それどころか、これらの成分は長期的には、
有害な作用をもたらす可能性を示すデータがある」とコメント。

また、FDAは「通常のせっけんと流水で手を洗うことは、
自分自身の感染予防に加え、他者への拡散防止にもなる。

せっけんと流水が利用できず、除菌用ローションを代用する場合には、
アルコールの含有量が60%以上のものを使うことが、
米疾病管理センター(CDC)では推奨されている」としている。

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

開く コメント(2)

全285ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事