ヨサクの日記

三匹のニャン子と暮らしています、よろしくお願いします、

全体表示

[ リスト ]

眠り猫 2

イメージ 1
私の知っている眠り猫の話はこうです、
左甚五郎が日光東照宮の陽明門 に猫の彫刻を取り付けた時にすぐに無くなり作り直して取り付けるとまた無くなりとつづくので
寝ずの番を弟子とともにするとその晩猫の彫刻が本物の猫になって逃出して行きました、
それで逃げないように眠り猫の彫刻を作ったと言う話です、
伝承
むかしむかし、左甚五郎という人がいました。この旅人、夜、山に迷ってしまいました。心寂しい山奥で人家は見受けられませんでしたが、歩いているうちに、向こうに薄明かりのついた一軒の家を見つけました。「なんとかお願いして軒先でもお借りしよう」そう思い甚五郎はその家を訪ねました。家の中からおばあさんが出てきて「いいですよ、おはいりなさい」と家に入れてくれました。でも、なにか陰気なおばあさんです。それでも甚五郎は大喜びでその日は泊まらせてもらうことにしました。道に迷った疲れからかぐっすりと寝込んでいた甚五郎ですが、深夜、「トン、トン」という音に目を覚ましました。ぼんやりとした薄暗いなかで、なにか大きな物体がトン、トンと飛び跳ねているようです。… 甚五郎はその眠っている猫を彫刻しました。これが日光に残る左甚五郎の猫なのです。
この記事は前にも書いたのですが新しい話が見つかったので載せました、またさとぱんの所のくるみちゃんを見て思い出しました、

この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

納得してしまうお話ですね。
日光東照宮、一度は行ってみたい場所です♪

2010/4/14(水) 午前 0:15 [ さとぱん ] 返信する

顔アイコン

あら〜、お話が増えてます〜〜〜(#^.^#)
ふふ、くるみは確かにいつもこの猫のように目を細めていますね(苦笑
今日はヨサクの飼い主さんと昔話つながりでしたね♪

2010/4/14(水) 午前 0:41 [ さとぱん ] 返信する

そうですね昔話つながりですね、でも犬の話が猫になっていますよね、日光東照宮は好い所ですよ一度行ってみてはいかがですか、

2010/4/14(水) 午前 0:53 ヨサクの飼い主 返信する

アバター

私も、昨年の3月、眠り猫を見にいきました。
あれから1年なんですね。。。。。

2010/4/14(水) 午前 9:35 CF-Bio 返信する

左甚五郎は実在の人物ではないようです、そうすると眠り猫は誰が作ったのかな日光には他にも見所がありますよ、

2010/4/14(水) 午後 7:08 ヨサクの飼い主 返信する

知らなかった〜こんな逸話があったのですね(^^)
西の日光には行ったことがありますが、本物の日光には行った
ことがありません。。綺麗な色彩なんでしょうね〜

2010/4/14(水) 午後 7:28 [ さび猫なな ] 返信する

日光東照宮は江戸幕府が威信をかけて作ったものですよ他にもいろいろな建物があります、京都とは少し違う風情があります、

2010/4/14(水) 午後 8:51 ヨサクの飼い主 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事