私の音楽散歩道

2019年、、、穏やかな年でありますように。

優しいあの子

知らなかった、、、、スピッツ優しいあの子
連ドラの主題歌なのですね。
私、テレビを見ないので(テレビが無い)朝の連ドラのこと知らない、、、、

さっきピアノが終わってyoutube見たら
スピッツ優しいあの子が現れた!


繰り返して聴いています
草野さんの歌声、変わらないですね


「パッヘルベルのカノン」コードが心地良いです
しかもDmajor

これからyoutubeの楽しみが増えました!

秋にはアルバムも出るのネ

全国ツアーも!


以前、ライブに行きたくて
チケット先行予約できる
スピッツのON-LINE MEMBERSに加入したけど
全然かすりもしないので
ファンクラブも抜けました。
行きたいなあ〜秋の全国ツアー


今日の終わりを幸せな気分にさせていただきました
オリエンタルユリ ソルボンヌが咲いています。
白で縁取りされているピンクの可愛いユリです。
イメージ 1


昨秋、ずっと咲いていてくれた白のカサブランカが弱ってしまったので
新しい白のカサブランカの球根を買いに行ったところ
このソルボンヌの球根を見つけてしまいました

生け花で何度も使っているので馴染みのユリ
白のカサブランカから心変わりしたソルボンヌ
私の庭で初の開花です



イメージ 2

ソルボンヌの株元にバラ・ラブリーメイアンの枝が伸びてきていますが
遅咲き種なのでまだ2番花が咲く時期には来ていない、、、、
同時開花は無理かも

香りが強いので一輪だけカットして家の中へ、、、。
家の中は私しか見る人が居ないので
外でいっぱい見ていただきたいと思います


6月に咲いたユリもピンクでした。
名前は忘れましたが
こちらもたぶんオリエンタル系だと思います。

6月に咲いた縁取り無しのピンク一色のユリ
2019年6月14日撮影
イメージ 3


う〜ん、、、、ピンク系が2種類になったので
白のユリもあった方がいいかも
カサブランカに限定無しで白いユリを探してみましょう


バラも2番花が咲いていますが
この雨降り続きでお花が傷みっぱなし
写真を撮る気にもなれず、、、、


今回もお付き合いをしていただきありがとうございます
次回もよろしくお願いいたします
昨日はクリムトへ。
最終日でした。
イメージ 1


東京都美術館
イメージ 2



最終日だから私のように駆け込み?が多かったです。
チケット買いに10分くらい。
入場に20分
待ちでした。

詳しいことをお知りになりたい方はこちらへ。
今回の展覧会の公式ページです。


音声ガイドのゲストナレーターはは稲垣吾郎さん
イメージ 3

クリムト展についての感想は内緒にします

毎回、絵画を見た時に感じることは
絵画についてよく知らなくても
美術館で静かに絵を見る時間を過ごすって
良いものだなあって
いつも思います。



美術館の中に入ると「最初の章」の頃はそうでも無いのですが
「中盤頃の章」に差し掛かるといつも寒くなるので
昨日は春物のカーディガンをバッグの中に入れて持って行きました。
もうちょっと厚手でも良かったかも。
でも、お嬢さん方はノースリーブでも平気な様子

記念にポストカードを買いました。
イメージ 11



                      


いつも美術館を出た後は
上野駅の「公園口」改札へ向かうことが多いのですが
昨日は、ハスの花を見られるかもしれないと期待し不忍の池へ。

葉っぱばかりでした
たまに花を見ることができましたが
遠すぎたり、萎れていたり、、、。
イメージ 4


、、、と、一輪、元気な花が道路側で咲いていてくれました。
向こうに弁天堂(?)が見えたので
それも入れて見ましたが、、、、構図が〜〜〜
イメージ 5



カルガモさんのお散歩にも会えました
ブレてしまいましたが、、、、。
イメージ 6



ここからアメ横へ向かいました。
昨年暮れ以来のアメ横
イメージ 7



目指すは小島屋さん。
信頼できるナッツ屋さん。(ネット購入も可)
駅構内のKALDIでも買えたのですが
まだ元気があったのでアメ横へ。

昨日、欲しかったのは近所では手に入りにくいピーカン
(脂肪はクルミ以上含まれているので食べすぎ注意)
イメージ 8



お買い物はピーカンだけのつもりが
あら?
ローストバナナチップ

バナナチップに「ロースト」が付いている、、、何が違うのかしら?。
普通のバナナチップと両方試食させていただきました。
甘さ控えめ、自然な甘さ!
普通のバナナチップは近所でも買えるので
じゃあ、一緒にローストバナナチップも〜。
イメージ 9


と、ついでに近所でも買えるブルーベリーも。
イメージ 10


これらは
家に常備してあるアーモンド、クルミ、かぼちゃの種、
ココナッツロングなど一緒に
グラノーラの材料になります。
実は体質的に理由があって、、、
理由をわかってしまって、、、
自家製グラノーラを作っています。
今のを食べ終わる頃に今回買った材料で作りましょう。
出来上がりの見栄えが成功したらご覧いただきたいと思います。
見栄えが悪いとヤメます(笑)

体質的な理由は「グルテンアレルギー」です。
私の「グルテンアレルギー」対策の食事は4月からですが
一年前くらいから「対策」のための「対策」を考えて
「対策実行」は4月からです。
今度、お話する機会があると思います。

yahoo blogの終わりが近づいていますが
アクセス解析では
まだまだたくさんの方々に
ご覧になっていただけていることを確認でき
とても嬉しく思います。
もう、少しここで頑張りますね。
では次回もよろしくお願いいたします。

今回はマニアックな内容なのでご興味の無い方はどうぞパスされてくださいね m(__)m 

昨日のブログでお話をしましたショパンのノクターン9番 Op32 No.1 のお話です。

ショパンのノクターンは遺作を含めて21曲あります。
一番有名なのは2番 Op9 No.2 ですね。
私が中学か高校の頃、
映画「愛情物語」でカーメン・キャバレロのアレンジされた演奏で一躍有名になりました。
そして新しいところでは浅田真央ちゃんですネ

次に知られているのは
映画『戦場のピアニスト』で用いられた第20番 嬰ハ短調(遺作)でしょうか。
私、映画を見ていないので何とも言えません

そして今回のテーマの
私が8月中旬と下に弾くノクターン9番 Op32 No.1は有名じゃない、、、と思います
でも、とても美しいメロディーで始まるんですよ

私の技量で感じていることですが
ノクターン9番 Op32 No.1
遺作の第21番の次に弾き易いのではないかと思います。
あくまで私が基準です。個人差があります(笑)

ノクターン9番 Op32 No.1
転調が繰り返される第20小節〜30小節までが手こずる、、、
その中でも
特に27小節目〜30小節4小節譜読みの難関だと思います

次々に転調するから臨時記号が多くなり複雑に見えてしまうですよね、、、
でも臨時記号がたくさんあるだけで、
作りがわかれば譜読みも少しは楽になるかもしれません
この第20小節〜30小節を乗り越えると他の部分は弾き易いと思います。




ではその第20小節〜30小節までの攻略方法(?)です。

グループ分けして整理してみました。

21小節目22小節目のグループと
23小節目24小節目のグループは
F#major(嬰へ長調)同じコード進行アレンジされたメロディ
Ⅰ度→Ⅴ7→Ⅰ度のコード進行ですね

その2小節が25小節目26小節目では
D#minor(嬰ニ短調)転調されたコード進行とアレンジされたメロディ。
同じくⅠ度→Ⅴ7→Ⅰ度の進行ですね

majorminor で形を変えて3回演奏されているだけです。

イメージ 1





 次は
27小節目28小節目のグループと
29小節目30小節目のグループの関係も
転調されただけのコード進行とメロディ

A#minor27小節目28小節目
29小節目30小節目 G#mmino に転調されているだけです。

イメージ 2


ということで
この第20小節〜30小節まで
「元の調」 を把握し 「転調している各調」 を意識しながら練習して征服すれば
ホントに他の小節は、、、と言う感じです





私は曲の最初から練習しないことが多いです
まず譜読みで全体を見て
真ん中の部分から始めたり、
終わりの部分から始めたりと偏屈?
(ラ・カンパネラも後半部分から練習を始めました。
愛の夢は真ん中部分から始めました)

この曲もこの部分練習を先にやっつけました
その時、この「コード進行を考えること」がかなり役立ちました。

私が付けたコード進行ですので
もし理論的に合っていない!と言う箇所があれば
ぜひ教えていただきたいと思います。
今後のためにぜひ!





そして最後に最後の和音です  www 
私が持っている3冊の楽譜ではBの和音(シ レ#  ファ#) のBmajor(ロ長調)で終わっていますが
下の方の注釈には
原版でBmの和音(シ レ ファ#) Bminor(ロ短調)で終わる事が書かれています。

イメージ 3


youtube で何人かのピアニストの方の演奏を聴いてみましたら
みなさん原版通り Bminor(ロ短調) を弾いてらっしゃいます。
う〜ん やはり原版通りに弾いた方が良いのかなあ、、、、?と迷いながらも
昨年の数回の演奏ではマイノリティBmajor(ロ長調)を選びました。

この和音の前のコーダのメロディが
始まりの優雅なメロディとは違い険しい感じなのです
えっ? いったい何が起こったの?と言う感じ。
その険しいメロディーのまま、 Bminor(ロ短調) で終わるか、、、
ガラリとイメージを変えてBmajor(ロ長調)で終わるか、、、

と、私の抱えていた迷いを払拭させてくれたのが
ピアニストの横内愛弓さん

去年のコンサートのプログラムの中でこの曲を弾いてくださいました
そしてこの最後の和音についてのお話もしてくださいました。
横内愛弓さんが選ばれて演奏をしたのはBmajor(ロ長調)のヴァージョン
好きなピアニストが私と同じ選択のBmajor(ロ長調)だったので嬉しかったこと〜〜〜
そして安心もしました
私はこれからもマイノリティでもBmajor(ロ長調)で最後を終わります


youtubeに昨年の私の演奏をアップしていますので
よろしかったら聴いてみてくださいマセ。m(__)m


今回は面倒な話でしたのに
お付き合いをしていただきありがとうございます
(何度か書き間違えが無いかチェックはしたのですが、、、)
次回もよろしくお願いいたします

2曲弾いてきました

日曜日は2曲弾いて来ました。
ソロの場合の持ち時間は8分くらいでしたので2曲を考えていました。

愛の夢 第3番は決定していましたが
さて、もう1曲は何にしましょうか、、、、?

                 

と、言うことで、、、、

私が子供の頃
ベートーヴェンエリーゼのために
ピアノを習っていても
習っていなくても馴染んでいた憧れの曲だった時代でした。

私はレッスンでも発表会でも先生に選曲していただけなかったので
親に全音のピアノピースを買ってもらい
遊び感覚で弾いていた曲でした。
(当時、全音のピアノピース
短い曲が30円、長くなると40円〜50円くらいの値段でした。
今は1曲500円くらい?)

そんな感じできちんと向き合って弾いたことがなかったエリーゼのために、、、。
今になって一度、ステージの上で弾いてみたくなりました

と、言う事で
一曲目にエリーゼのために
2曲目に愛の夢 第3番を弾いて来ました

イメージ 1

大人になって弾くエリーゼ、、、子供の頃とは思いが違いますね
選曲時に迷いましたが
選曲して良かったと思っています

実はランゲ花の歌
エリーゼのためにと同じく
子供のころの憧れの曲なのです。
花の歌今一度、きちんと向き合って練習して
ステージで弾いてみたいと思います。
来年、、、この同じ場所で弾けますよう、、、


愛の夢 第3番はこれからずっと大事にしたい曲です。
小さな手には縁が無いと思っていたリストでした。
ちょっとしたきっかけで挑戦してみようと思った愛の夢 第3番
まさかここまでのめり込むとは思ってもいませんでした。
何度弾いても満足したことがありません
きっとこれからも満足できない毎日が続くでしょう。
これからも年に一度、どこかの本番で弾こうと思います


              

この後は
ショパンノクターン9番を弾く8月中旬まで予定がなかったのですが
急に8月下旬のイベントが!!!

下旬は10分間の持ち時間がありますので
ショパンノクターン9番もう一曲何か!と考えています。
もう申し込みが始まっているので
急いで決めなければ!

お付き合いしていただき感謝です
ありがとうございます
次回もよろしくお願いいたします



[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事