津久井百楽

里山で感動探しの日々。今日は何に出会うのか

全体表示

[ リスト ]

緑豊かな津久井?

山間部の豊かな緑は山の斜面と段丘崖

【撮影:津久井 三井・津久井湖北岸道(09/8/17)】
イメージ 1
 三井から津久井湖の北岸道を歩いていると、手前に津久井湖、奥に寝観音を眺められ、その間に又野の住宅が横に広がっている。ここから見ても、津久井は緑豊かな地であるという印象が強くなる。
そのことは普段生活していたり、車で走っていても「緑豊かな津久井」を実感することができる。
 
 だが、三井の山から眺めると三ヶ木・野尻の段丘面は広々しているが、そこには森や林と言えるような緑は見ることができない。ただ、段丘崖の緑は手づかずの木々が緑濃く残っている。
 
 たしかに山間部での平らなところは農地や住宅地として利用されているのは当然のことであるが、平坦なところと斜面の面積比を調べるとどのぐらいになるか分からないが、<津久井の緑>を語るとき注意しなければならない。
 
 もちろん、丹沢の深い緑は別問題である。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事