全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

NEXCELLの充電池を買った

太陽電池パネル12V 最大2.8Wというのが
手持ちであったので

充電池8本を並列に繋いで

充電してみました

結構、アリかも♪


太陽電池と充電池とマイコンでなにか工作できないかなーー♪


追記)
写真は2600mAHですが、僕のは900mAHです♪

PWM機能を内蔵したモータードライブがあることを知った♪


イメージ 1

これを使えば、4BITの操作で簡単にPWM(パルス幅制御)ができるようだ♪

メモメモ!!

PMWによるホタル

タイマ割り込みによるホタル

nahitafuさんの作られたものからコア部分だけ
抜き出して自分の覚えのつもりで記録しておきます


//timer.c
#pragma sfr
#pragma DI
#pragma EI
#include "trgbios.h" // トラ技BIOSのサービスルーチンを呼び出すのに必要
const unsigned char gamma[] = {
  0,  0,  1,  2,  4,  6,  9, 12 ,15, 19, 24, 29, 35, 41, 48, 55,
  63, 72,81,91, 101,112,123,135,148,162,176,190,206,222,238,255
};
unsigned short ledCount;
unsigned char  ledPWM;
unsigned char  ledSpeedUp;
void intsrv_tim(void)
{
	unsigned short sig;
	// PWMをソフトウェアで実現
	if((ledCount & 0xff) < ledPWM)
	{
		P6.1 = 0; // 点灯
	}
	else
	{
		P6.1 = 1; // 消灯
	}
	ledCount++;

	if(ledSpeedUp) ledCount++; // スピードアップ
	sig = (ledCount >> 8) & 0x3f;

	if(sig > 31)
	{
		sig = 63 - sig;
	}
	ledPWM = gamma[sig & 0x1f];

	// タイマー割り込みフラグをクリア
	IF0H.6 = 0;
}

void main() // メイン
{
	PM6  = 0xfd;		/*PM61 = 0, PM60 = 1*/
	trg_regintsrv(TRG_INTID_BSITM000,intsrv_tim); // 割り込みハンドラ登録
	PRM00 = 1;
	CR000 = 0x100;  // 割り込み周期
	TMC00 = 0x6C;   // カウント開始       オリジナル 0c
	MK0H.6 = 0;     // TM000割り込み許可

	while(1)
	{
	}
// 上のwhile文で無限ループの為以下3行不要
//	P6.1 = 0;
//	TMC00 = 0x00;   // カウント停止
//	MK0H.6 = 1;     // TM000割り込みマスク
}




イメージ 1

電子回路シミュレーターTINAによるオシロスコープ

電子回路シミュレーターって
結構、面白そうです

TINAというソフトです

オシロスコープとか
電流、電圧などいろいろシミュレーションができるようで
僕のような、電子回路オンチには
とっても重宝します(使いこなせてないけどネ)

TINA と いう電子回路シミュレーターを導入してみました


イメージ 1
技術評論社から発行されている
「電子回路のしくみと基本」という本に添付されているソフトです

サンプルをとりあえず展開してみましたが
なかなか良さそうです♪


↓が一番簡単な回路図のサンプルです
オシロスコープとか各種電圧電流計なども表示できると書いてあります♪
イメージ 2

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事