プリっち☆の《《できれば毎日ハッピーがいい!(’ ’=)☆》》

人との出会いは縁。そこから悪くなることも良くなることもあるよね。良いご縁がありますように☆

☆自然関連(観察?)☆

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

こんち、プリっち☆でっす。
 
今日2012年11月3日(土・祝日 文化の日)ですが、外は晴れております。。。
 
祝日だから、マンションの修繕工事もお休み。だから、平日は鳴り響いているドリルの音もしないですね。。。
 
あ。。。でも、さっきちょっと鳴っていました。なんだろう。。。嫌だな。。。
 
工事をしているようなところだと、作業服を着ていると工事に携わっている人だと思われる可能性があるため、そこの工事をしている人たちと同じような作業着を着てそこのマンションとかに侵入するような泥棒もいるそうで、気を付けた方がいいらしいですヨ。。。
 
今日はけっこう体調も良く、昨日の夜から少しずつ台所の方付けとか新聞の整理などをしています。。。
 
オジジが入院してから1カ月になるけど、なかなか退院にはなりませんね〜。
これからだんだん良くなるといいんですけれども。。。
 
うちの2匹の猫は相変わらず、おかげさまで元気です。
 
マンションの修繕工事にともなってベランダの植木類の整理をして、母が生前に買って使っていた直径が35cmくらいもあるようなプラスチックの植木鉢とか細長いプランターとかを、土を捨てたりして、鉢も捨てて、けっこう少なくしたんですが、、、
 
東日本大震災以降すっかり放っておいたものは枯れ草だらけになってしまっていて、枯れ草を抜いて捨てました。
 
前にも書いたんですが、その中に、土の中にはカブトムシの幼虫らしきもの。。。上の草の間にはカタツムリがしまして、、、
 
今は家の中にその植木鉢を入れて飼っているんです。。。昔からカタツムリとか不思議で好きなんですよね。。。
 
んで、よくよく数えて10匹いると思っていたカタツムリで、でも、数えるとその大きさが、大きいのが多かったり、小さいのが多かったりと、まちまちなんですよ。。。
 
で、ここ2〜3日中にまたよく数えたら、10匹だと思っていたカタツムリが12匹になっていました。
 
ていうか、つまり、はじめから12匹だったのが、隠れていたり出てきたりで、10匹に見えていたわけで、実は6匹しか見えていないときでも、それは12匹のうちの6匹が見えていただけなんだなあ。。。って思いました。
 
12匹もいたなんて、ビックリです☆
 
鉢に入れている苔とか、雑草とかでなんとかやっていけそうなので、これからもっと大きくなるのか楽しみにしています☆
 
48歳の女がカタツムリとカブトムシの幼虫(小さめのはコガネムシ系らしい。。。)を家の中で飼って喜んでいるなんて、変わってますかね。。。?
 
では、また〜☆
こんち、プリっち☆でっす。。。
 
今日2012年9月26日(水)ですが、夜中になんか書いております。。。
 
マンションの外側が改装中で、ベランダにあまり物を出せない状態になってきていると書きましたが、先日書いたカブトムシの幼虫のはいった大きな植木鉢は、そんなわけで部屋の中に入れているんです。シャコバサボテンとかポトスもそうだから、別に植木鉢が増えただけってことなんだけど。。。
 
もう4日ほど前になるかな。。。夜になって何かがブンブンと飛んできてカーテンにとまったから、良く見たらきれいな緑色に光る鋼虫(コガネムシのようなもの)だったんですよ。んで、うちは、今は外が改装工事中だから窓もぜんぜん開けてないし、なんでそんな虫が突然現れたのかすごく不思議だったんですが、つかまえて、カブトムシの鉢に持っていき、葉っぱの下に置きました。
 
というのも、だいたいがこういう虫は夜は確かに光に向かって飛んでくることが多いけど、土の中に隠れていることも多いわけで、土のところに持っていけばなんとかなるだろうと思ったんで。。。
 
んで、それからどうも土にもぐりっぱなしなのか、どうなったのか、その虫はまったく姿を見せません。
 
でも、その虫と同じような虫には覚えがあって、9月14日(金)に近所のイオンに行ったときで、髪を1000円カットのお店で切ってもらった日のことなんだけど。。。
 
家を出た時に緑色に光る鋼虫(先日の夜に家にあらわれたのと同じ種類)がいて、うちのマンションは改装中でまわりが覆ってあるので、そこから外に出そうと思って、イオンに行く前にわりと近場の森まで逃がしに歩いて行ったんですよ。。。
 
それから歩いて帰ってきて、今度は自転車で出かけた。自転車で行く途中でその虫を逃がした木を見たら、もういなかったんで、どこかに行ったんだなあって思っていたんだけど、とても暑くて水がなさそうだったから、逃がした木に小さなペットボトルで持っていった水をかけていきました。
 
そしたら、先日の夜にその虫と同じ種類の虫があらわれたから、びっくりしてしまったんだよね。。。
 
それからその虫はどうなったんでしょうか。。。
 
冬眠する虫だったら土にもぐったということもあるのか、まったく謎です。。。
 
ちなみに、カブトムシの幼虫らしき虫の入った植木鉢のところには、うちが最近見なくて寂しいといっていたカタツムリもいて、かわいいのでいっしょに飼っています。。。
 
うちは、相変わらずときどき物がなくなっていて、最近では気に入りのアルミのコランダーが見当たらないと思っているんだけど、先日は、6個入りのスポンジで袋を開けた覚えのないところからスポンジが1個なくなっていて、変だなあって思いました。。。
 
まあ、そんな風に、もしかしてうちがいないときに誰かが入ってきていたりして。。。という怖いところのある家なんだけど、カブトムシのいる鉢や、シャコバサボテンとかには、決して何もしないでもらいたいと思います。
 
何かしたら、ただじゃおかないもんね〜。
 
カブトムシにも、カタツムリにも、決して何もしないでください。つか、するな。と、ときどき来るらしい侵入者に言っておこう。。。
 
というわけで、ちょっと不思議な虫の話でした。。。
 
まさか、逃がしたと思っていた虫がまたくっついてきていたわけじゃないよね〜(笑) 
 
それこそ、ちょっとホラーだわあ。。。
 
 
では、また〜☆
こんち、プリっち☆でっす。
 
今日2012年9月15日(土)ですが、、、昨日のブログ記事に秘密ぅ〜と書いた昆虫関連のことですが。。。
 
実は、ベランダの修繕工事をやるというので、ベランダになるべく物が少ない方が良いということで、いろいろ片付けをしていたんです。
 
んで、2009年の春に亡くなった母が農家の出で、ベランダで無農薬野菜を作りたいと言っていたとかで、大きな植木鉢がけっこうあったんですよ。あと、細長いプランターとか。。。
 
で、2011年3月11日の東日本大震災と福島原発の事故の影響もあって、広い方のベランダのプランターは放りっぱなしになっていました。前はちょっとイタリアンパセリとかが生えていて、2010年にはそこからイタリアンパセリについたキアゲハの幼虫を育てて、2羽が蝶になったことは、ここのブログにも書いてあります。。。
 
まあ、そんなわけで、広い方のベランダに雑草が生え放題になっていてそれがもう枯れてしまった状態だったのを、枯れた草を抜いて、土をバケツに移して、まあ、マンションなんで一応下の方に植木があってそこの土も減っていたりしたので、そこに持っていったり、近所に公園があって、トイレの後ろの方などとくになにもなかったんで、土を放ってきたりしていたんですよ。。。まあ、もともと植木鉢の土だからとくに害はないと思って。。。
 
で、空になった古いプランターとか植木鉢は燃えないゴミとして捨てることにしたんです。。。
 
 
ただ、丸い大きなとある植木鉢の土をスコップで掘り返していたら、なんか白い小さな虫の幼虫みたいのがいるのね。白くて、ちょっと透明な感じの。。。太さが直径8ミリくらいで、長さが1.5cmくらい。。。
 
あれ?この白くて透明感のある感じの幼虫はどこかで見覚えがある。。。
 
もっとまるまると太った大きなものをよくペットショップで見るじゃん。。。
 
あ、、、カブトムシの幼虫じゃないかな。。。
 
 
そういえば、さっき、枯れ草をどかしていったときにメスのカブトムシが死んでいてカラカラになっていて、形もちょっと崩れたのを、取っておこうとおもった植木鉢に埋めたよな。。。
 
あ。。。あのメスが産んだ卵からかえった幼虫なんじゃないか? もしかして。。。
 
 
という風に、頭の中でつながっていったんだよね。。。
 
つまり、幼虫がいた大きな植木鉢と、メスのカブトムシが死んでいた植木鉢は隣同士だったわけ。
 
メスのカブトムシはなぜかここの植木鉢に来て卵を産み、力尽きる前に隣り合わせになっていた植木鉢に移動したと。。。そういうことなんじゃないかと思いました。。。
 
それからもっとその幼虫がいた植木鉢を掘っていったら、けっこうまだいたんですよ。10匹くらい、いやそれ以上いたような気がする。
 
このあたりはけっこう森も多いんだけど、きちんとした人の手がはいりすぎて、落ち葉はきれいに掃かれて片付けられるし、なぜか地面も結構踏み固められているという感じで、山の方の雑木林とはまったく違うのです。
 
カブトムシのメスは、うちの植木鉢の土が、上の草は荒れ放題だけど、下の方にけっこういろいろな物がたまってふかふかして幼虫がうごきやすそうなやわらかな土であることを見抜いて、卵を産んでいったんじゃないかなあって思うんですよね。。。
 
メスのカブトムシはもう、ある一部が欠け落ちているくらいカラカラの遺骸になっていたんだけど、そうやって一生懸命生きて卵を産んだんだなあって思ったから、その幼虫の土は、取っておこうと決めた新しい植木鉢にそうっと移すことにしました。
 
まあ、そんなわけで、なぜかうちでは2010年にはキアゲハの蝶々を育てることになり、今年〜来年はカブトムシを育てることになったのです。。。
 
まあね、無事に育つと良いのですが、、、ここの家は変な人が入り込むことがあるようですが、ここの家に入ってきても、どの鉢植えにも決して何もしないでください。(変な人って、マンションの工事の人じゃないですよ。前からここの家の中に入ってきて、いろいろ盗んだりいじったりしてる人や人たちのことです。その人たちには、物を返すというための他は、もうニ度とここに来てほしくないです。。。)
 
とゆうことで、昆虫とは縁があるという話でした。。。ここはマンションのちょっと上の方の階だけど、ときどきトンボがとんできて、玄関の方の壁にとまっていたりするんだけど、ときどき指をのばすと指の上にとまったりしますよ。
 
公園の植木にとまっているトンボも、そういうときがあります。。。
 
今年は少なめですが、蝶々にもよく出くわして、ときどき頭の上をまわっていったりもします。。。
 
犬猫は、じぶんたちの事を好きな人なのか嫌いな人なのか見分けるというけれども、もしかしたら昆虫もそういうところあるんじゃないかなあっておもいますよ〜。。。
 
ホントに。。。
 
では、また〜☆

こんち、プリっち☆でっす。

今日2012年8月14日(火)ですが。。。やっぱりとっても外が蒸し暑いです。。。

昨晩わりと遅く、オジジ(父?ときどきUMAかも?)が家に帰ってきて、内鍵をつけていたので、それをはずしにいつも出迎えに出るのですが、ドアを開けて一歩踏み出したら、オジジが「そこにセミがいるから気をつけて」みたいなことを言うんですよ。。。

んで、一歩踏み出した右足のすぐ下を見たら、セミがあおむけになって落ちていました。

あと数センチで踏むところだった。。。


オジジが部屋に入ってから、そのセミが生きているのか死んでいるのか気になったので、トイレットペーパーを少し手にして玄関の外に行き、セミの上にペーパーをあててみたら、つかまってきました。

つまり、ひっくり返っていただけであって、死んでいるわけではなかったというわけです。。。

んで、ドアの外に出て、コンクリートの上のところにおいてから、花用にくんであった水をまわりにかけてみました。。。

トイレットペーパーは水で少し溶けたけど、セミはウンともスンとも言わない。。。でも、ちょっとだけ羽に手をつけてみたら、ンギッと少し鳴きました。

よく見ると、生まれてから一週間たってしまったほど羽も傷んでいないし、まだ若い様子。

もしかしたら、夕方に産まれて、まだ飛び方が下手でこんなところに迷いこんできてしまったのかもしれないと思いました。。。

まあんで、あんまりかまっていても飛ぶこともできないだろうと思って、そのままおいてドアを締めました。。。


起きたのは朝方8時半すぎだと思いますが、オジジが新聞をとりに行ったときで、外に鍵をかけていたので、オジジがそれを外せと言うので、起きたんですよね。。。

そのときに見たら、もうセミはいなくて、昨日のトイレットペーパーが固まって下に落ちていました。

セミはちゃんと飛んでいけたのかな。。。だったらいいなと思いました。


この辺りはカラスも多いので、セミがあまり目立つところにいると、カラスではなくても大きめの鳥に食べられてしまうかもしれないんで、無事だったらいいなあって思います。


では、また〜☆

こんち、プリっち☆でっす。

今日2012年5月24日(木)ですが。。。ここ千葉県柏市近辺は晴れております。

寝たのが午前2時すぎで、起きたのが午前11時すぎです。。。

またちょっと夜型になってきているかなあ。。。


起きてからはサラダを食べて、しばらくしてから、昨日買ってきたチーズ入りの菓子パンと紅茶を食しました。

そのすぐあとくらいにオジジ(父?ときどきUMAかも?)が飲み屋さんに行くと言って出かけたのですが、いまさっき帰ってきました。

その間に、ベランダの花に水やりと雑草抜き。玄関の植物に水やりと、枝葉が増えすぎたので、ちょっと間引きというか、少し枝葉を減らしたりしていました。


ベランダのスミレの一種、ビオレ(ビオラ?)にアブラムシがいっぱいついていて、かなりヘタっていたので、枯れた花を茎からつみとって、アブラムシ退治のために水を上からかけながら指で葉や茎を軽く洗い流して。。。とやっていました。

こういう作業はやっぱり素手じゃなくちゃ無理ですね。。。

アブラムシが繁殖する季節だからと思って、先日スプレー式の殺虫剤をちょっとかけたのですが、アブラムシは乾燥に強く、雨がかからないベランダの日当たりなどではとくに増えるので、殺虫剤の軽い散布などぜんぜん効かない。

それどころか、すごく増えていてビビリました。やっぱり、アブラムシ退治には水が一番効くのかもしれません。。。

ハダニの場合にも、下手な殺虫剤を散布するよりも、水道水を霧吹きで葉の表・裏にまんべんなく吹き付けた方が効果的だと聞いたこともあります。

殺虫剤には耐性ができてしまい、だんだんと効かなくなるのかもしれません。。。


ゴキブリもね、実はお腹側に水がつくと死ぬって言われているんですよね。なんか、水でお腹側が窒息状態になるらしいです。でも、たいていはお腹側を見せることがないので、まあ殺虫剤を使うんでしょうね。

本来、森の木の中のうろ(穴)なんかにいる昆虫だから、本当は人の住んでいる家の中になんか入ってこなければ退治されることもないんでしょうけれども。。。

まあ、それと同じような感じなのか、植物につく、あのでかい緑色のノミみたいなアブラムシも、水に弱いらしいです。身体があぶらっぽくできているものって水に弱いのかなあ。。。そのあたり謎ですけれども。。。


ということで、オジジがさきほど帰ってくるちょっと前までは、アブラムシと格闘していたわけです。


だから、ゴキブリが油っぽい感じだからアブラムシって言うと思っている人がいるかもしれないけど、ゴキブリとアブラムシは別もので、さらに、南京虫とゴキブリがたぶん同じものだと思います。

う〜ん、たぶん。。。ですが。。。


なんか、昼間っからゴキブリの話も出てきちゃってすみません。。。


では、また〜☆

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事