桃実 says

移行したFC2ブログは、http://mymomomi.blog.fc2.com/ です

全体表示

[ リスト ]

今月23日に書いた「4年に1度 魔の季節」というネタに、よくご訪問くださるfks_hiroさんから、
「アメリカ人は1/8とか5/32とか9/64とかの半端な分数を聞いてピンとくるのか、旦那さんに聞いてほしい」
とのコメントを頂戴した。これについては、私も、昔からず〜〜〜っと「Questionマーク100個分」くらい疑問に思ってきたことなので、シメシメと思って1ブログ書くことにした。以下、私論(暴論?)ご容赦を。
 
まず最初に、アメリカという国であるが、この21世紀になっても、「十進法だけ」の国ではない。「12進法がまだまだ大好き」なのである。インチを見るがいい。12インチで1フィート(約30cm)を構成する。10インチで1フィート、ではない。
なぜ未だ12(ダース)が大好きかというと、遠いイギリス人のご先祖のしきたりを踏襲しているのだと思うが、2でも3でも4でも6でも割れて便利だからだ。こんな歴史から、分数で言う習慣が骨の髄までしみついているのだと私は思っている。
 
夫に、
「どうしてアメリカ人は分数が好きで小数が嫌いなの」
と聞いた。すると、
「分数のほうがintuitiveでいいじゃないか。0.66666666666というより、2/3と書いた方が良い。少数だと、端数の切り上げとか切り捨てとかをしないといけないし」
と言い張る。へえ〜〜Intuitiveとは、「直観的に理解できる」「ぱっと見でわかるという意味だ。つまり、アメリカ人にとっては、小数はintuitiveではなく、分数の方がintuitiveという。びっくり。
アメリカ人は、0.5というより「half」という語を好み、0.25よりダントツに「quarter」という語を好む。アメリカ人の「quarter」に対する愛は日本人の想像を絶するもので、コインだって、1セント、5セント、10セントの次は、日本にないquarter、つまり「25セント」であるが、これは大変よく使われる。50セントコインってのは、昔、夫から1個もらって保存してあるが、市中に出回っているのを見たことがない。
私が続けて、
Intuitiveなんて屁理屈。それは、1/3とか2/3みたいな循環小数のことでしょ。小数のほうが科学的じゃん」
と言っても、
「屁理屈じゃない。分数のほうが正確なんだ。8/7とか5/13なんて、小数でどう言うんだ。小数だったら、結局端数を切り捨てたり切り上げたりしなければいけないんだから、分数の方が正確だ」
などと言う。アメリカ人にとって、「端数の切り上げ、切り捨てはごまかしで不正確」「分数の方が小数より正確だ」と信じているのであった。ひえ〜〜〜。これにもまた目からウロコであった。
「じゃあ、科学者たちも、この長さは1インチと1/3とか言うの」
と聞くと、
「科学者は違う。彼らや薬剤師は基本的にメートル法を使う」
という。
「ほら見なさい、それはつまり、ヤードポンドのような単位は科学的じゃないってことでしょ」
と聞くと、
「いいんだ。我々は科学者じゃない」
と言い張る。
「紙の厚さが0.08mmとか、水が0.05mlとか、ビタミンC5mgとか、あなたの大好きなヤードポンド法ではどうやって測るの」
とたたみかけると、
「我々アメリカ人は、そんな細かいことは気にしない」
と、答えにならない答えを言う。
「じゃあ、1/9とか1/32とか1/64とか、そういうわけのわからない分母はどう採択しているの」
と聞くと、
「分母が大きい方が数を正確に表せるんだ(The bigger the denominator, the more exact)。分母は、その表示する目的を達成するために必要最小の数を選択するんだ(But you always use the lowest denominator that will do the job.)」。
はあ〜〜〜〜〜。日本人の想像を絶するアメリカ人の「分数love」に、唖然茫然とした。私など(そして、大半の日本人にとってもそうだと思うが)、1/32なんて分数を見てもわからないから、すぐ電卓を持ってきて、1÷32を計算し、「約0.03125、か。なるほど」と、小数を見て初めてその数が具体的にいくつかを把握する(でしょ?)。しかし、アメリカ人にとっては1/32とあれば、それだけで完結した数で、それ以上、小数に直して理解しようと言う発想自体が無いらしいのだ。いまさらながら、旦那の回答に、腰が抜けた。
まだ引きさがりたくない私は、
「じゃあ、7/65引く39/371って、一瞬でできる?7/6539/371って、どっちが大きくてどっちが小さいか、分数だったらintuitiveなの?小数ならすぐわかるよ」
と聞いた。すると、
「そんな分数は現実的ではない」
と逃げた。私は重ねて、
「じゃ、3/4たす1/10ってすぐ計算できる?小数だったら、0.75たす0.10.85ってすぐ出るのに。小数はなんて簡単でintuitiveなのかしら」
と言うと、
「けっ」
と言って話を打ち切ってしまった。
  
で、私の今日の結論(暴論?)だが、
 
(1)イギリスの始祖から、分数を使い、分数に適した「12進法」を使って生活してきたため、日常、分数を使うのが当たり前になっており、彼らは、分数を見る方が心地良さを感じる。
 
(2)分数の方が小数より正確だと信じており、小数以下の「不正確」な端数は、数字を見るのも大嫌い。
 
(3)メートル法における「ミリ」などの単位がないことも原因だと思うのだが、細かい数字を気にする習慣や機会がない。
 
(4) 2.54cmもある「1インチ」が長さの最小単位なことを考えても、そのおおざっぱさは推して知るべしであり、また、それ以下の細かさは、1/5でも1/8でも1/9でも、基本的に、「書いてあれば気持ちが落ち着」き、それら分数の細かい差異までをも「一瞬で理解できる」かどうかまでこだわっているわけではではない。
 
(5)それに反して、日本は支那から入ってきたとおり、小数点以下でも「6分5厘4毛7糸」と、おのおのの位の名前を漢字で持っていたため、メートル法の小数文化にごく簡単に馴染めた、と私は思う。英語では、小数点以下では、数字をそのまま読み上げる以外ないからなあ。漢字の文化が小数文化に寄与しているとしたら、なかなか意外で良い話。
 
以上でした。fks_hiroさん、旦那の理論が絶対正しいとか、彼の意見が全アメリカ人を代表しているとかいうわけではありませんが、少しでもご参考になればと思います。分母が9とか32とか64なんて、我々日本人にとっては、わけのわからぬものですが、夫の弁によれば、それら分母は、その業界の人らが考えるところの、適正、必要かつ最小の数字らしいのです。あなたのおっしゃるように、子供のころからず〜っと分数loveで来ているので、それが当たり前で違和感がないのだと思います。
 
ちなみに、証券取引において、ドル以下を分数で表示することは、10年ほど前に廃止になったそうです。
 
その後、夫が
 
イメージ 1
「Here is your 0.50 banana」
と言って、バナナを半分くれた。イヤミ。
 

閉じる コメント(32)

顔アイコン

私も不思議に思っていたことであり、大変勉強になりました。
慣れというのは恐ろしいもので、米英人の気持ちも分かりますが、国際的には昔、メートルやキログラムで統一しようという話になったということなので、米英人には頑張ってメートルやキログラムに慣れてほしいものです。
「half」や「quarter」くらいは、こっちもすぐに慣れますが、ヤードポンドは無理です。
彼らが世界に合わせる努力をしなければいけません。
傑作

2010/5/30(日) 午後 8:10 coffee

顔アイコン

coffeeさん、お察しいただけるかとは存じますが、
>彼らが世界に合わせる努力をしなければいけません
は、絶対に!無理です。アメリカが世界のすべてであって、なぜ、興味も無い他国に合わせる理由があるのか、という感じです。ひどい外国オンチの国なので、自分の国の外でヤードポンドや華氏が通じないということなど全く知りません。それに、実のところ、「国」というより、50の別々の国があわさって1つの大統領府を抱いているのですから、教育制度も各州ばらばらで、全50州がいっせいにメートル法教育に転換することは期待すべくもありません。メートル法への換算をわすれ、宇宙ロケット1機を反故にしたことすらある国です。

2010/5/30(日) 午後 8:57 [ 桃実 (Momomi) ]

顔アイコン

ちょっと、話がずれますが、今インドネシアでWifiで見ています。
桃実さんのアバター、展開が滅茶遅くて、最初は裸?もちろん頭にも毛がありません。それから、Panty、ブラジャー、服、頭の毛と数秒かけて変化していきます。
日本では、見たことがなかっただけに、びっくり。
最初、ヌードをアバターに変えたのかと思いました(笑)

2010/5/30(日) 午後 11:42 [ j1bkk ]

顔アイコン

米國人はやはり世界に冠たる米國というプライドがあるのでしょう・・

傑作

2010/5/31(月) 午前 5:41 アメブロにタイトル同じで移行。

顔アイコン

j1bkkさん、私もそう見えることがありますよ。下着姿から始まって。人さまのも、そう見えることがありますし、アクセスの混み具合か何かによるんでしょうかね?私めのヌードで楽しんでいただけるんでしたら幸いです。

2010/5/31(月) 午前 6:31 [ 桃実 (Momomi) ]

顔アイコン

カマちゃんさん、はい、実際そういう歴史がありますし、さまざまに優秀な点があるのは認めます。しかし、いろいろ困ったちゃんの国でもあります。

2010/5/31(月) 午前 6:33 [ 桃実 (Momomi) ]

おもしろ〜い

暮らしていてわかる異文化ですね 傑作

2010/5/31(月) 午前 7:48 naomi_shararan

顔アイコン

ナオミさん、ホント、異文化ですよ。

2010/5/31(月) 午後 10:34 [ 桃実 (Momomi) ]

顔アイコン

桃実さん、なるほど小数でしか表せない数は小数で表すってことですね。自然対数の底についてもきっと同じなんだと思います。

2010/6/3(木) 午前 1:07 [ - ]

顔アイコン

お、また出た「自然対数の底」。あとで調べてみます。

2010/6/3(木) 午前 6:34 [ 桃実 (Momomi) ]

顔アイコン

桃実さん、調べなくていいです。数学の上でこそ重要な意味がありますが、実社会での生活で直接役に立つ定数ではありませんので、知らない大人がわざわざ調べてもつかれるだけです。

2010/6/3(木) 午後 0:42 [ - ]

桃実さん、こんにちは
こちらの記事、読み逃していました
これ系のお話し、とても興味深いです
とくに以前の『数字のケタ区切り』の記事は大好きで携帯電話のブックマークに登録してます♪

>それ以下の細かさは、1/5でも1/8でも1/9でも、基本的に、「書いてあれば気持ちが落ち着」き
  超ウケました(≧▽≦)

2011/12/3(土) 午後 2:03 temps

顔アイコン

tempsさん、とっても嬉しいコメントをありがとうございます!
私の「数字のケタ区切り」の記事、2009年6月27日に書いたものでしたね。それをブックマークに登録までしていただいて、非常に感激しております。ありがとうございます。
「書いてあれば気持ちが落ち着く」のは確かなようです。あいつらはそんな細かいことにまで関心を持っていませんから。

2011/12/3(土) 午後 9:26 [ 桃実 (Momomi) ]

面白い記事でした。私の周りの英米人は、メートルもキログラムも10進法も気にならない方が多いのですが、全体のというか、社会の雰囲気はこの通り、鴨。と、そう思いました。近々、引用させていただいた上で記事にさせてください。


2011/12/4(日) 午前 8:36 [ KABU ]

いや、もうびっくりです。
桃実さんのアップルの記事から来ました。
「国際標準」ていうのは、要は西洋人(特にアメリカ人)が俺のやり方に統一しろと言ってるんだと聞いたことがありますが、聞きしにまさるというか・・(汗)

私がこういう話に触れることができたのも、ブログをやっている有難さです。

2012/9/22(土) 午前 7:38 watch_compass

顔アイコン

watchさん、もうびっくりでしょ。アメリカは50の「独立国家」が1つの合衆国政府を抱いているような国で、教育制度も各州バラバラなので、メートル法を採用して、50州すべて算数をメートル法に切り替え、なんて、地球がほろぶまでありえないです。このせいで、アメリカが支配権をもっている「航空業界」とか「ゴルフ界」は高度や距離がフィートとかヤードなんですよね。おのおのメートル法と違って、全然横のつながりもない単位ですが。
>要は西洋人(特にアメリカ人)が俺のやり方に統一しろと言ってるんだと
他国のみんなでアメリカを「いまだ単位が遅れた国」として馬鹿にし、一致団結でシカトしましょう。

2012/9/22(土) 午前 10:46 [ 桃実 (Momomi) ]

顔アイコン

とても面白いくて大笑いできました。わたしもかれこれ18年アメリカに暮らしているのですごーくわかりますよ!私自身はこちらで物理を専攻したのですがアメリカでも物理や化学の世界では比較的まともでSI単位一辺倒なのでよかったのですが今の仕事では完全にSIとブリテッィシュシステムが混在しています。混ぜて使うことのばからしさに不満いっぱいですがしかたなく日々換算しております。お気づきだと思いますが、この国ではミリ、キロなども嫌いで、栄養成分表示の「Kcal」を「Cal」に変えて使っていますからね!で、これは何カロリーだとかいちいち騒いでいる一般人はそれが本当はキロカロリーだということも知らないし。薬の成分は、ミリグラムででもグラムもミリも知らないしどうでもいいと思っているほとんどの一般人。インチの分数表示には参りますね。こっちで買った蛇の目のミシンで送り板についている幅の表示がインチ分数系なのに、針のふり幅はなんとmm、まったく役に立たない表示。。。そのおかげでミシン使うときはすごい大雑把になりました。アメリカ化していますね、自分も。笑

2013/1/24(木) 午前 6:56 [ mne*o*han ]

顔アイコン

あ、それから、本国イギリスではSI単位に移行していますよね。アメリカだけがきっと地球が滅ぶまでこの暗黒時代の単位と分数表示にしがみつくのでしょうね。大雑把な分数表示でエンジニアリングやってきてそれで原発とか飛行機とか作ってたんだからけっこうすごいことですね。怖

2013/1/24(木) 午前 7:00 [ mne*o*han ]

顔アイコン

mne*o*hanさん、ご訪問と2コメをありがとうございました。アメリカにお住まいの物理専攻の方にお読みいただけて非常に嬉しいです。ね〜、アメリカ人はもう地球がほろぶまで、世界中で誰も使わなくなったヤードポンドにしがみつき、メートル法への無関心を貫き続けるのでしょうね、あの「井の中の蛙」の皆さま。買い物をするといちおうグラム、リットル表示も出ているので買い物自体は不便しないのですが、アメリカ本社から指示が来るとインチに分数が付いてくることがあるのでげんなりします。イギリスですらメートル法に移行したというのに、アメリカは、50州が独立し(悪く言えばばらばらで)教育制度も各州に任されていて、到底全米でメートル法への移行など考えようもありませんね。困った国です。なんでも自分らが世界の中心だと思っているんですから。

2013/1/24(木) 午前 9:32 [ 桃実 (Momomi) ]

顔アイコン

あ、それから
>大雑把な分数表示でエンジニアリングやってきてそれで原発とか飛行機とか作って
ですが、実際に、人工衛星1基をおじゃんにした実例がありましたよ。メートル法で書かれていたものをヤードポンドで作ったそうです。おバカですね。

2013/1/24(木) 午後 2:45 [ 桃実 (Momomi) ]

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事