自然風ガーデニング(みやもと家別室)

野山にある草木、山野草、宿根草を中心に自然風な庭作りに励んでいます。

全体表示

[ リスト ]

「感動と希望に満ちた朝庭を二番とし官能と陶酔に包まれる夕庭を一番としたい」 芥川賞を最年少(23歳1ヶ月)で受賞した 丸山健二さんは、長野県の安曇野に庭作りをしながら小説活動をしています。刻々と迫り来る雷雲。わが楽園の三百五十坪はその気配を察知してきっと身構える。晩夏に別れを告げ、陶酔の紅葉の季節を予告して、ここぞとばかりにハギが咲き乱れる。シラユキゲシが早くも散りかけたボタンに向かって言う。「なんて短い花の命なんだ」ベニバナヤマシャクヤクの白花。そんな矛盾だらけの名がすきっとした美を醸す。33ページ 「執筆と作庭」小説作りとほぼ同等か、それ以上の情熱を注ぎ込み、時間と労力を経費に至っては執筆の数倍もついやして自宅の庭作りに打ち込んできた。‥

イメージ 1

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事