全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

明神館主催、徳本峠への初級登山。 2017年度。6月17日18日

分からないほど昔からの上高地への、唯一の入口の峠です。
明治時代には、多くの山岳家、文人、ウェストン卿などが、感激して通った峠です。
ただ、当時は、峠には、小屋は無く、徳本峠小屋が出来るのは、大正時代末期になるかと。
明神岳(現在名)、前穂高岳、奥穂高岳、西穂高岳、当時の穂高連峰の全てが見れます。。



健康な山女子。初心者の女性を基本的に対象。人数制限無し。催行決定済み
1名の参加でも行いますが、
早いお予約の方が良いです、
こちらも,予定を立てなければなりませんので。

電話にての予約になります。土曜日午後4時までにはお入り下さい。

要電話連絡, 0263−95−2036 
明神館社長,梨子田(ナシダ)

50代以上でもある程度トレーニングしている方は可能

今年、6年目、第6回目、ガイド、保険付き。

17年6月17日に明神館に宿泊18日登山。1泊2日。

1名宿泊2食+弁当付きガイド料込総額,1万2千円込み。

個室も,別途,用意できます。

2泊も可能。個室利用も応談。電話予約のみで現金払い。
基本的に相部屋。最低催行人員1名。催行決定。
徳本峠は古代から単純に峠と呼んでいた上高地へ入口で、約2,200M。約600M登ります
最近まで、「穂高連峰」と呼ばれた景色見ます。

18日午前7時30分出発,峠で1時間のお昼タイムで
当館帰着予定,13時30分

当館で登山後,シャワー風呂利用できます。

梅雨入り後の晴れの日を狙ってますが、

最低持ち物は、軽登山靴推奨、リュック、カッパ、スパッツ、ストック、ザックカバー。

道に若干雪が残ってる場合も有ります。

ニリンソウなど花を見ながら行きます。

17日午後16時頃には入館して下さい。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事