全体表示

[ リスト ]

明神広場

イメージ 1

明神広場。穂高の神、穂高岳を拝むばしょです。

穂高神社奥宮の神域の始まりとなる場所です。

1600年代には、小屋が有ったようで、

この写真周辺の小屋は、徳郷の小屋、徳後の小屋、あるいは、徳吾の小屋と言われていた。。

昭和になるまで、今のバス道は、人も通れなかったので、島々部落から、峠越えで、

ここ上高地に入りました。

徳郷の小屋は、上高地の木材伐採の中心的小屋で、庄屋、役人、木こり達の集合場所でした。

江戸時代の、旅行。穂高神社本宮から穂高神社お参りの時の宿でもありました。

明治に入って、峠を越えて、牛が、入って来た場所でもあり、

ウォルターウェストン卿の上高地で最初に泊まった宿でもありました、

昭和に入り、穂高岳を明神岳と尊称で呼ぶようになったため、小屋の名前も明神館となりました。

大正2年発行の最初の5万文の1の地図にて、峠としか呼んでいなかった場所が、

突然、上高地および、上高地周囲に関係の無い名前、徳本峠(トクゴウトウゲ)と名づけられました。

徳本峠の小屋が出来たのは、大正時代末ですが、近くに徳沢という地名も有り、

徳郷、徳本峠、徳沢、と、ややこしくなったので

明神館の有る場所と言う事で、この場所の地名を明神と呼ぶにいたってます。

昔の、徳郷の小屋の事を、最近は、徳本の小屋と呼ぶこともありますが。

徳本峠の小屋とは関係有りません。

峠自体が、上高地内の徳郷へ来る峠と言う事で、トクゴウトウゲと呼んでます。+




予約、お問い合わせ、
0263−95−2036

http://www.jalan.net/en/japan_hotels_ryokan/Ryokan/Nagano_Ryokan/Matsumoto_City_kamikochi_Norikura_Shirahone_Nomugitoge_Ryokan/Kamikochi_Ryokan/kamikochi_myojinkan_/

HP
http://www.myojinkan.net
http://www.myojinkan.co.jp


明神館のfacebookは、
http://www.facebook.com/myojin11wane


ブログは、
http://blogs.yahoo.co.jp/myojin11wane

松本市内に同名の旅館が他にありますので、お間違えなく、こちらは、上高地です。
住所
長野県松本市安曇上高地4468明神

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事