全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
昨日の『デリソバデラックス』の記事について反応があったので今回はコレの話題(『ああああ』さん、大変お待たせしました…)
 
かつてTBSで放映していたバラエティー番組『関口宏の東京フレンドパークII』のアトラクションのひとつをセガサターンソフト化したもので、番組内の視聴者プレゼント品として抽選で配布されました。
 
開発は、『峠』シリーズ(アトラス)、『魚ポコ』(ジャレコ)、『ヤンヤカバジスタ』(光栄)、『スノーボードへヴン』(カプコン)なども手掛けたことで知られているケイブです。
 
秋葉原やネットオークションではよく出回るゲームだけに、ネット上で調べればゲーム内容がわかると思ったのですが、意外や意外、動画サイトやソフトの所有報告は見かけても、内容まで語っているところが少ないんですよね。これを機にちょっと触れようかと思います。
 
気になるゲーム内容は、プレイヤーはソバを持ったデリバリーバイクを操作し、障害物を避けながら時間内に長野(信州)から東京(スタジオ)に向かうのが目的のバイクレースゲームです。
見た目がセガの『ハングオン』に近く、ゲーム性や操作感覚もそれを踏襲しています。トラップに関しても、番組内のゲーム同様、牛や、都バスや、バナナを投げつけるゴリラがプレイヤーを阻みます。
その他、エディットモードやコインリンクモード、そして設定変更ができるオプションモードが搭載されています。
 
エディットモードは、既存のコース内にオブジェクト(障害物など)を配置するだけで、カーブやアップダウンの設定まではできない、非常に簡素なものとなっています。
 
コインリンクモードはコース内に落ちているコインを拾っていくモードで、連続してコインを取るとコンボボーナスがつきます(同社の『首領蜂』のコンボボーナスの要領)。
 
どちらのモードも非売品ソフトでありながら成績やエディットしたコースをセーブできるので、タイムアタックなどでやり込むこともできます。
トラップの陰険さも手伝って(?)難易度はそれなりに高いのですが、オプションが充実していて、しかも最高速度まで変更できるので(ただし最高速度を変更するとタイムアタックの記録がセーブできない)、クリアーするだけならそれほど難しくはないはずです。
 
非売品だとはいえ、モードやオプションが充実しているので、これでコース数を増やせばフルプライスは無理でも2800円ぐらいの商品として通じる内容ではあるかと思います(まあ秋葉原で5万で買ってきて「買って損をした!」という奴はさすがにいないだろうけどw)。
少なくとも、セガサターンの非売品ソフトとしては、『シャイニングフォースIII プレミアムディスク』並みに遊べる作りではあります。また、番組を知っている人たちが集まった時の接客向けとして盛り上がるはずです。
 
 
ちなみにWii用ソフト『東京フレンドパークII決定版 みんなで挑戦!体感アトラクション』にはデリソバをモチーフとしたゲームが収録されているので、セガサターン版が手に入らない人はこちらで雰囲気だけを楽しむのもありかと思います。なお私はこのソフトを持っていないので、内容に関しては全く保証はしませんが(笑)
 
 
実はこのソフト、『ドリームキャストマガジン』(ソフトバンク)のプレゼントコーナーで初めて存在を知ったのですが、元々番組内でゲームに興味を持っていたので早速その懸賞に応募したのですが、残念ながら外れてしまいました。
その数年後、秋葉原ではじめてソフトをみたのですが、10万近くするほどの高額で、さすがに買うことが出来ず、指をくわえて眺めている状態でした。
 
それからしばらくして、たまたま秋葉原のフレンドの店長ブログで「TBSに在庫があるのか流通量が極端に増えたから買い取りを中止する」みたいな書き込みを発見、「もしかしたら秋葉原で安売りされているかも?」と期待を膨らませ、秋葉原ショップを駆け巡ったら偶然にもスーパーポテトのセガサターンソフト棚に裸の『デリソバデラックス』が!しかも2980円!裸だとはいえ、速攻レジに持ってきましたよ。内心、一ケタ値段を打ち間違っているのでは、と思いましたが、正真正銘無事に2980円で購入することができました(笑)。
 
秋葉原ってそういう噂話に敏感なのか、相場がすぐに反映されることも決して少なくないんですよね。
例えばWiiバーチャルコンソールやPSアーカイブスでレトロゲームを配信すれば、「不良在庫で溢れかえる!」と焦ってか、その直後にオリジナル版の相場を下げる店も出てくるので(大抵はすぐに相場が戻る)、それがガセネタでもチェックしてみるのもアリかと思います。そのガセネタですら反応する店もありますし(リ○ティとかw
 
そういえば秋葉原のフレンドのブログで、「PSのキャプテンコマンドーのデッドストックが大量に出回ってしまって相場を変えるのが面倒だ」みたいな書き込みを同時期に見たのですが、残念ながらそちらは発見することができませんでした。

閉じる コメント(17)

顔アイコン

みやたさんの文章でデリソバのイメージが沸きました!なかなかおもしろそうじゃないですか。お邪魔キャラが都バスってところがほほえましいなあ。もっと簡素なゲームなのかなーと勝手にイメージしていたんですがモードも多くておもしろそうですね。
開発はケイブ社が行っているんですね。これは意外や意外でした。

2011/9/23(金) 午前 1:03 夜森霊 返信する

顔アイコン

>夜森さん

むしろゲーム画面が貼れなくてごめんなさい。まあテレビのそれと全く同じゲーム画面なのでイメージがわきやすいと思いますが…。
あと、サターンを起動する準備ができてなかったので文章のみになってしまいました。CDロム画像だけで我慢して下さい(笑)

ユニークなトラップがたくさんあるので、接客向けとしても楽しめます。サターンはポリゴンが苦手とされていますが、一部をスプライトにすることによってサターンの3Dゲームとしては比較的綺麗な方だと思います。

ケイブは峠シリーズも手掛けているので、レースゲームのノウハウを活かして開発したと思われます。シューティングのイメージのあるケイブですが、実は他社ブランドで多くのジャンルを手掛けています。
あの課金トラブルで話題となったMMO-RPGの女神転生イマジンもそうですが…(笑)

2011/9/23(金) 午後 2:07 [ みやた ] 返信する

顔アイコン

デリソバの紹介サンクスです。面白かったです^^。それとデリソバが2980円で売られているのを見たら私だったら心臓がバクバクしそうです(笑
あとキャプテンコマンドーのデッドストックがあったんですか。定価位なら欲しいかも。 削除

2011/9/23(金) 午後 9:30 [ naz ] 返信する

顔アイコン

>nazさん

どうもありがとうございます。
普段なら数万するゲームが裸とはいえ2980円ですからね。逆に、何故私が発見される前に他のお客さんが気付かなかったのか不思議でなりません(笑)

キャプテンコマンドーですが、単なる噂なのか一度も見たことがないんですよね。確か定価4800円でしたっけ?まああの時期にベルトアクションなんてニーズがなかったから、当時は売れなくて仕方ないのかも知れませんね。レトロゲームとして話題に上がるには当時としてはまだ早かったですし…

2011/9/23(金) 午後 10:27 [ みやた ] 返信する

顔アイコン

あ、キャプテンコマンドーは実際にその記載見た記憶あります〜
確かにメーカーが一時期持ってたようで一時期未開封を見かけたような記憶がある様ななかった様な・・・。

でも出回ってたとしても海外にも需要があるでしょうからすぐなくなったんでしょうねぇ。

2011/9/26(月) 午後 11:22 [ NAO ] 返信する

顔アイコン

峠シリーズがデリソバに生かされていたとは衝撃でした。こんな身近なところにデリソバの素材があったんですね。

2011/9/27(火) 午前 0:46 夜森霊 返信する

顔アイコン

>NAOさん

NNAOさんもあのブログをチェックしていましたか。秋葉原のこういった情報は最先端なので、秋葉原での情報は漏らさずにチェックしています。

キャプコマPS版、スーファミのレンダリングレンジャー同様、海外に流れた可能性も大きいですね。こういうのが一番厄介です…

2011/9/27(火) 午後 9:26 [ みやた ] 返信する

顔アイコン

>夜森さん

当時の家庭用ケイブ作品はむしろポリゴン作品の方が主流で、家庭用で本格的にシューティングをやるようになったのは360時代になってからです。基本他社ブランドで出てたのであまり知られていませんが…

2011/9/27(火) 午後 9:29 [ みやた ] 返信する

顔アイコン

激安ですね〜
羨ましいなぁ〜

2011/9/27(火) 午後 10:22 nene 返信する

>neneさん

2980円分のゲーム内容であるかはさておき、番組内での人気ゲームが家庭でも楽しめるのがこのゲームの最大の魅力だと思います。
50000円なら手が出せませんが、この値段ならまだ手の届く値段ですからね

2011/9/27(火) 午後 10:36 [ みやた ] 返信する

顔アイコン

セガ、最後の挑戦! SCEや任天堂にすら負け、体力がボロボロ状態の1997年のセガ。 セガの体力は後1回しか、チャンスが無いこと。この時のセガはハード事業から撤退して他社にソフトを供給してやるか、ハードメーカーとしての最後の賭けに出るか、まさに最期の決断の時だった…。ちなみにSEGAはゲームの開発能力に関しては任天堂やSCEに劣らないほどの能力を持っている。これまでセガ自社ハードでしか発売しなかったソフトを他社に供給すれば、スクウェアやエニックスに並び立つような有力ソフトメーカーに成長するかもしれない。いくつで言えば体力も温存出来る引き際一択である。

2013/7/13(土) 午後 2:50 [ マイケルたかお ] 返信する

顔アイコン

し、しかしだ…セガ本当にそれで良いのか!? そうだセガはゲーム黎明期の頃からずっと戦い続けていたゲームハードメーカーだ! 初めてFCによってSG-1000/SC-3000を殺されながらも負ける度に敗因を分析し、今度こそは!と思ったハード(SG-1000II、セガ・マークIII、セガ・マスターシステム)がまた負けて、ようやく海外ではメガドライブ(メガCD、スーパー32Xも含む)、日本ではセガサターンで初めて任天堂に勝ったのに…それを横からSCEが掻っ攫うなんて…。こんな負け犬な状況で引き下がるわけには行けない! あの任天堂がなりぶり構わず、必死になって生き残っていると言うのに…、その横でSEGAがSCEにソフトを発売していいはずがない!! シェアでも利益では負けても意地では負けられない! セガの社訓は「創造が生命」! ここで挑戦をやめたらもはやセガではない単なる負け犬だ!

2013/7/13(土) 午後 3:05 [ マイケルたかお ] 返信する

顔アイコン

リベンジだ!! そうと決まれば話は早い! SEGAにとってはこれが最後の賭け! メガドラとサターンの勝因と敗因を徹底的に分析し、次世代機に繋げてやる!

2013/7/13(土) 午後 3:29 [ マイケルたかお ] 返信する

顔アイコン

日本では負けたメガドラとプレステには負けたサターンだが、海外ではメガドラ、日本では序盤でサターンが勝っていた。 これは任天堂が次世代機移行にもたついている間に次世代機を普及させることが出来たからだ! つまり、次世代機でSCEがPS2を発売する前にセガの方が先に次世代機を普及させてしまえば勝機はある! 次にサターンがPSに負けた理由はMDやマスターシステムと同様、従来のアーケードゲームの同じ路線でサターンを開発し、3Dという新しい時代に乗り遅れたからだ。次世代機ではPSや64を過去にするような遊びを提案しなければならない! セガサターンにはPSのFF7や64のマリオ、ポケモンと戦えるような知名度のあるソフトが足りなかったからだ(例:セガサターンではソニック本編は未発売)! 次世代機ではハードを牽引するようなソフトを同時発売する必要性がある! 最後にサターンは64やPSに比べて複雑な構造だったため、サードが寄り付かず、値下げでも大きな赤字に出してしまった。 次世代機では低コストでソフト開発が可能で値下げでも耐えられるシンプルな設計にしなければならない!

2013/7/13(土) 午後 3:30 [ マイケルたかお ] 返信する

顔アイコン

今までのセガのマニアっぽさを消し去る! 湯川専務を起用した自虐的なCMで今までのセガのマニアっぽさと決別する! そう全て勝利のため、全てのゲームユーザーのために「夢」のハードを作るために、そしてセガ自身の夢を現実にするために…、次世代ハード「ドリームキャスト」に全てを託す!

2013/7/13(土) 午後 3:32 [ マイケルたかお ] 返信する

裸とはいえ2980円とは破格ですね〜。私は約10年位前にヤフオクで完品が10000円スタートで出品されていて入札しましたが、ライバルが誰も現れずにそのまま終了して落札出来ました。しかし落札後、一度もプレイする事無くずっと眠らせていましたが、2日前にYouTubeで動画を出す為に初めて遊びました。この後に出たデリソバゴールドも作って欲しかったですね〜。

2019/6/6(木) 午後 11:27 [ ayu*y*wi*g ] 返信する

> ayu*y*wi*gさん

フルセット一万は安いですね!
非売品とは思えないぐらいモードが充実していて、2800円とかで正規に出して欲しかったですね^_^

2019/6/7(金) 午後 7:39 [ みやた ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事