yuyuのムーチョパナマ!!

多数の皆さまのご訪問、ご感想、ありがとうございました!!

アディオス!パナマ!

 
 
                       ついに日本へ帰る日が来ました。
 
 
           4月の日曜日の午前11時、     さようなら   我が家。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
      さようなら 
 
 
 
     パナマシティ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     右へ行けば、トクメン空港
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
                 さあ、空港に荷物を下ろして、いざ飛行機へ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       うん、飛行機は問題なく、飛び立つようだよ。
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
         ふと、座席の窓を見下ろした。
 
                 ワタシの荷物も無事に飛行機に乗りますように・・・・。
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
  あ、
 
 
 私の荷物だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
                 私の荷物、  一番最後に乗ったよ   
 
                  私の座席の真下に吸い込まれていったよ。
 
 
 
                  
 
 
イメージ 10
 
 
           いよいよ、出発。
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       飛んだね。  ぶれることなく、空へ空へ。
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
      あっと言う間に、   パナマの市街地が小さくなっていった。
 
 
 
 
                  さようなら パナマ                         
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
          yuyuのムーチョパナマ!!    これにて完結です。
 
 
 
 
          短い期間でしたが、私のへたくそな写真と文章を見てくださり、
 
                      ありがとうございました  
 
 
         皆さまには、 本当に感謝、感謝、感謝〜っで、ございます。
 
 
 
             なお、8月には、夫の居るフィリピン・マニラへ向かうこととなり、
             近い将来、そちらから新たなブログを公開する予定ですので、
             また、お時間許せば、ぜひのぞきに来てくださいね
 
 
              
 
 
 
               アディオース     パナマ 
 
 
 
 
 
 
          

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

お世話になった人々

 
 
                     パナマ滞在時には、いろんな方にお世話になりました。
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
              運転手のベガさん
 
                空港送迎をいっぱいしてくれました。    ありがとう 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
         スーツが白カビくんにやられた〜、  たすけて〜
 
 
 
           よく駆け込んだ近所のクリーニング屋さん        ありがとう 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
  交通整理の婦人警官
 
 
 
  手袋は暑いし、
  足に挟んだペットボトルは
  きっとお湯になってる
 
 
 
 
   ありがとう 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 ガソリンスタンドのお兄さん
 
 
 
  ありがとう 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
   近所のバールのお姉さん
 
       
 
 
 
    ポテト大盛りサービス
 
 
        ありがとう 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                タクシードライバーのハイメさん
 
 
 
                パナマ観光は、僕にお任せ!      ありがとう 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
   家政婦のビルマさん
 
 
 
 
  週一回 
  我が家のお掃除に来てくれました。
 
 
  彼女が来てくれている間は、
  パナマ事情や
 スペイン語を教えてくれたりして、
 ワタシのお母さんのような存在でした。
  
  
 
     ありがとう 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 ビルマさんと
 
 カスティージョさん
 
 
 
  ビルマさんは
 
 リラックスしてバナナ を
 食べる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 カスティージョさんは、
 
  夫の会社の庶務係さん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 この日は、
 
 我が家の引っ越し
 資材の搬入
 
 
 
 
 
 
 ありがとう 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
       会社のアイドル    エイミーさん
 
 
     パナマ生活のほとんどすべてが、彼女のおかげで、安全に円滑に過ごせることができました。
 
                          ありがとう 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
           エイミーさんの息子 アレハンドロくん
 
 
               去年12月に生まれた。  
 
 
                お祝いに、大阪の百貨店で2歳児用のシャツを買って
                プレゼントしたけれど、
                ご覧のとおり、 すでに首がつまって、パンパンだよ。
 
 
           たくましく、健やかに育て〜                 ありがとう 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                    みんな、みんな、  ありがとう 
 
               おかげで、幸せなパナマ生活でしたよ  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

おまけのパナマ

 
 
 
          もう、ホントに最後の最後に、
 
        パナマシティ郊外の市場とお土産やさんに立ち寄りました。
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
      
          パナマらしい、果物と野菜。      
 
           いらっしゃ〜い! 何にする?  うちのは、みんな新鮮だよ〜〜
    
 
                        奥のほうから、声がする。
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        えっと〜〜、青いバナナ  に興味深々なんだけど・・、
 
 
            日本には、持って帰れないのが残念だな〜。
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 パパイヤ
 
 ライム
 
 いいなあ〜
 
 
 
 ライム
 
 モヒートを作る時
 
 かかせないんだ
 よなあ〜。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                   パナマ帽  売ってるね。
 
          露天に置いておくと、汚れちゃうから、ビニールかぶってるよ。
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 うお!
 
 ディアブリコス
 (悪魔のお面)
 
 
 
 怖!
 
 土産には
 
 ちょっと・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
                    わあ〜、やっぱりモラ刺繍は、いいなあ。  
 
                   蝶はカラフルなのに、 魚とカメは茶系で地味。 
 
                       こんな色使いもアリ!だね 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                 〜〜〜〜     〜〜〜〜   
 
 
 
イメージ 7
 
 
                     パナマらしい音色 だねえ〜
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
                    露天の店先で宿題。  友達同士で宿題。
 
 
 
                パナマらしい音色が一緒だから、宿題も 楽しいね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                楽しい、パナマらしい光景を見ただけで満足したワタシ。
                  こころの土産に日本へ持って帰ろう。
 
 
 
 
 
 
           

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

潮風が気持ちいい!

 
 
           最後に観光バスに乗って、 ヨットハーバーまで風を楽しんできました。
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
            潮風を感じながらの、冷えたビール は最高だね
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
          遠くには、ラス・アメリカス橋が見えてきた
 
 
       以前、パナマ運河クルーズしたときに、あの橋の下をくぐったっけ・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
           街へ戻る途中には、ちょっとだけ渋滞。
 
 
         最近はもう、あんまりクレージーバス(ディアブル・ロホ)、見かけないなあ〜。
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       バルボア大通りには、新しい公園ができて、花がきれいに咲いていたなあ〜。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
        あっという間に、パナマシティの中心部に戻って観光バスのドライブ、終了。
 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
           もうちょっと、風を感じて、ゆっくりビールを飲んでいたかったけどね。
 
           楽しい時間、 いろんなことを思い出す時間は、あっという間だね 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

旧市街散策 

 
       
          海岸沿いは、露天の土産物屋が立ち並び、 
 
       私の大好きな、クナ族のモラ刺繍の小物もたくさん売られている 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
               毎日、365日、クナ族の女性たちは、この格好で過ごしている。
 
                   お土産で売られているのは、背中の模様の部分。
 
                   ひと針ひと針、ていねいに縫い込められた刺繍には、
                         いろんなモチーフがあって、楽しい
                           配色センス も、好きだな〜 
 
         
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
                
 
 
 
          
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
         草野球、ならぬ、海野球
 
                       外野手は、引き潮になった海の中
 
                   パナマでは、サッカーよりも野球のほうがメジャー。
 
                  パナマから大リーガーになった英雄もいるんだよ。
 
 
 
 
イメージ 5
 
        
                   めざせ、大リーガー 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
          海辺を散歩した後は、
 
                         再び、  路地を歩く。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
             なんの変哲もない通り。  壁はぼろぼろなのに、悲壮感がないね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
             路地をさらに進むと、みすぼらしい教会が・・・・
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
                 中に入ったとたん、目を奪われた
 
 
 
 
 
                 サン・ホセ教会の 黄金の祭壇 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        海賊に襲われたパナマ・ビエホ時代に、
 
        この祭壇だけは、なんとか守りたい! っと、漆喰の壁の中に隠したのだ。
 
 
              隠されたまま、この教会に移築され、現在は一般公開されている。
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
          私が、ここへは入った時は、午前11時55分。 閉館5分前だ。
     
                    私が、この日の最後の参拝者
 
 
                  誰もいない、静まりかえった空間。  
 
                不思議な感覚。    こみあげてくる感動。
  
               海賊から守ったパナマの人々の心意気を感じた瞬間、
 
                    思った、
 
               ここに来れてよかった ご縁があって、パナマに来れてよかった
 
       
 
 
 
           日本からみたら、なんと遠い、
 
      今度は、どこの国に行くんだっけ? ハバナだっけ? パラオだっけ? 南米だったか?
 
 
                 認知度、低すぎ・・・・・・ 
 
 
 
                  でもね 
 
                 ありがとう、ありがとう
 
            たくさんの素晴らしい体験をさせてくれたパナマ、大好きだよ 
          
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                    え? ワタシのことも好き?   
 
 
 
イメージ 9
 
 
               あなた、泣いているわよ・・・・。どうしたの? 気を付けて帰ってね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      うん 、 観光バスに揺られながら、もうちょっとパナマを感じてから、日本に帰るよ 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
                      さわやかに、風が吹き抜ける。  
 
                  涙で(湿気かも?)、ちょっと、しょっぱい風。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  旧市街散策   終わります  
 
 
 
 
 
 
 
 
              
 

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事