柏秦透心ぃズの屋根裏部屋

オリジナルノベルを中心とした、柏秦透心の趣味の夢工場♪

全体表示

[ リスト ]

第一話 一式真夜

 その昔、まだこの世に平然と妖怪や物の怪が跳梁跋扈《ちょうりょうばっこ》していた頃、その源を断つために一人の男が起った。
 彼には十の弟子が従っていた。
 十人の中でもっとも修練の長い五人を五式師とし、彼がその源の封印のために印した五つの頂点を、残る五人にそれを囲む五つの星をそれぞれ守らせた。
 五芒星の頂点には、彼が全身全霊を込めた五つの玉が置かれていた。
  永きにわたった苦難の戦いの末、封印は成功したがそれと同時に彼の命も尽きた。
 以来五つの玉は五式師の下、その源の封印の証として守られることとなった。


 時は流れに流れ、時代は平成の世となり、それはもう千優余年も昔。


 すずめがさえずる初夏の朝。
 またいつも通りの一日が始まる。
「母様おはよー」
 前髪にもシャギーの入っている黒髪ストレート。ブレザー時代の今時に、希少なるセーラー服。
「真夜、早く食べないと遅れるんじゃない?」
 真夜《真夜》はどこからどう見ても、見た目は普通の女子高生だった。
 日本中どこの家庭でも見られる朝の風景なのだが──
「真夜。言い方が違うだろう」
 あ、と思い出したように真夜は一つ咳払いをして答える。
「おはようございます、父上」
「あぁ」
 食卓には朝ご飯、そのテーブルの周りには家族が座っていて朝食を頬張っている。
 しかし、
「真夜お嬢様。お支度は」
 その後ろの背景に写っているのは、だだっ広い庭と、部屋・部屋・部屋。
 声をかけたのは、この一式家に仕える佐伯誠人《さえきまさと》。
 真夜の世話役でもある。
「あぁっもういい! 朝ご飯は車で食べる。行って参りま〜す!」
 牛乳コップ一杯片手に、真夜はあわてて玄関へと向かった。
「真夜はまた寝坊か」
「あら、それはしょうがないじゃないですか。昨日も遅かったのだし」
 頬に片手を当てて、真夜の母は短い溜め息をこぼす。
 問い掛けた方はそっと、眼を閉じた。

「佐伯、そういえば咲《さき》は? いなかったみたいだけど」
「咲さんなら真夜様より、一時間も早くお出になりましたよ」
 真夜は佐伯が運転する車の中、後部座席で朝食を食べている。
「実家に回ってからか。じゃあその辺今頃歩いてるわね」
 ちょうどその時真夜の目に、見慣れたセミロングの髪を、両脇に少し残して一本にした後ろ姿が映った。
「お嬢様、どんぴしゃですね」
「勘はいいのよ、あ・た・し。窓全開にして。おーい咲ー! おはよー!」
 気づいたのか、咲は振り向いて駆けて来た。
 真夜は奥へと席を詰め、こことばかりに空けたところを叩いている。
「真夜ったらまた起きられなかったのね? 佐伯さんに送ってもらって来たとこ見ると。まあ昨日も遅かったから分からなくもないけど。あ、昨日手切ったの大丈夫?」
「え! お嬢様切ったってどこをですか!」
 佐伯は運転そっちのけで、後ろに身を乗り出して来た。
 しかも、すごい形相で。
「佐伯、前! 前! 大丈夫だってば、ちょっと指先切っただけよ。バンソーコー貼ってたら今朝には治ってたわ」
「それならいいんですけど」
 体勢を戻すもルームミラー越しに、まだ疑いの眼を後部座席に投げかけている。
 車が着いた先──そこは一式真夜・三枝咲両名が通う、公立陵ヶ河原《おかがわら》高校の裏門だった。
 正門や東裏門と比べ、あまり使われず人出入りのない西裏門。
 徒歩または自転車通学が一般的な公立高校ゆえに、車での登校は一際目立ってしまう。
「佐伯、ありがとう。夕美さんのこと、ちゃんとちょくちょく様子見てあげてね」
「帰りはどうします?」
 言葉と声にもうトゲはない、が表情はまだ戻ってはいなかった。
「いいわ。たぶん寄ってから帰るだろうから」
 真夜は手を差し出した。
「ね? なんともないでしょ? 佐伯は心配性なんだから。爺やそっくり」
 真夜はしまったと心の中で思った。
 “爺や”とは佐伯、誠人の亡き父・佐伯乙八《いつや》のことだからである。
「自分が思い出さないようにしてるくせに、自分から言ってちゃバカよね」
 差し出された手を、一回り大きな手が包んだ。
「真夜様を頼むというのが、父の遺言です。それを何かあっては」
 佐伯の眼が、真夜をふんわりと見つめいる。
「はいはい。爺やにも佐伯にも心配かけないようにします」
「お小さい頃から何度目の約束ですか?」
 数えるフリをしている真夜と傍らの咲を残して、心配性な世話役は帰って行った。

「おっはよー!」
「あ! 真夜、咲、おはよう! ちょっと聞いてよぉ! 晶菜ったらねぇ」
「何よ、いいでしょ実佐子ぉ」
 そうジャレ合いながら、二人の方へ向かって来たのは、クラスメートの実佐子《みさこ》と晶菜《あきな》だった。
「何したの? 実佐子も晶菜も……って、あー! 晶菜その髪!」
「晶菜、いつもは下に結んでなかったっけ? 私と同じくらいの長い髪で」
 晶菜は二人にピースとちょっぴり舌を出して見せた。そんな彼女の腕を引っ掴まえたのは、実佐子だった。
「聞いてよー! 晶菜ったら、私たちに内緒で彼氏作ってたのよ!」
「違うって言ってるでしょ! 真夜も咲も、実はね、この前行った地下鉄入り口前のヘアサロンでさ、下に結んでるより、その長さなら上にポニーテールみたいにすると似合うよって言われて」
「昨日そこのカッコイイお兄さんとデートしてたじゃない。第一、髪切りに行ったの先々週じゃないの!」
「だから、たまたまそこの美容師さんと昨日、偶然帰り道一緒になって歩いてただけだって言ってるじゃない! 改めて髪のこと色々アドバイスしてもらったから、試してみただけで」
 晶菜は膨れて腕を組んだ。
 負けじと実佐子は横目で晶菜をじとりと見ている。
「だって、あれだけ変えてみたらって言っても、他の髪型なんかして来たことがない晶菜がねぇ」
 はいはいはい、と止めに入ったのは咲だった。
「へぇ晶菜がねぇ」
「真夜! せっかく止めたのに」
「そぉいう真夜こそ、どうなのよ」
「えっ、なっ何言うのよっ……さ、咲〜」
 知らないとばかりに、彼女は呆れて自分の席に着いてしまった。
 教室にはまだ、朝の生徒達の騒がしい声が行き交っている。

 昼休み、真夜と咲の二人の姿は屋上の日陰にあった。
「昨日も帰ってから祓ったけど、今回のは相当まとわりつかれてるわよ、真夜」
 教室とは打って変わった咲の顔つき。
 それは、その言葉を向けられた人間にも当てはまった。
「しょうがないじゃない、仕事なんだから。無理しないだけ引き剥がして」
「分かってる。けどまた兇《まが》が」
「溜まっちゃってる?」
「ううん、そんなには」
「そ、ならいいよ」
 不安も疑問もないわけじゃないけれど、やるしかないことも分かってる。
 この道を歩み始めた、あの幼い日より12年。

           ...続く


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事