★グルメなプレミアムホルダー★

※前文お読みになりたい方は、友達登録願います、yahoo IDでログイン願います。

全体表示

[ リスト ]

SOTEC C101W4

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

プライベートで外出用のパソコンを購入しました。
オンキヨー株式会社のPCブランド、SOTEC初のネットブック「C1」シリーズは10月10日から順次発売されている10.1型ワイド液晶を搭載したモデルだ。ファーストインプレッションでもお伝えした通り、ラッチレス、打鍵感のいいキーボードなど国内メーカーらしい心配りの利いたデザインとなっている。今回はベンチマークやより突っ込んだ使い勝手を中心にレポートしたいと思う。

 なお、お伝えするのは「C101W4」。Office搭載モデルやリッチブラックといったバージョンがあるものの、スペック的には同一なので「C1」と省略する。

 「C1」の本体サイズは約265×185×31mm(幅×奥行き×高さ)、液晶には10.1型ワイドを採用している。同じ文法で構成されたネットブックを見てみると、MSI「Wind Netbook U100 Extra」、マウスコンピューター「LB-G1000」、ASUS「Eee PC 1000H-X」がライバルとしてすでに存在しており、発表レベルではSamsung「NC10」もあり、今後、激戦区になることは明白だ。

 いずれも8.9型ワイドを搭載したモデルに比べ、重量がやや増すものの、液晶とキーボードが大きく作業性に優れていると認知されている。店頭で触り比べてみるとよく体感できるのだが「出先で少しメールの確認」「出先でメールを確認して、たっぷり指示や返信内容を書く。さらにサブノートとしても社内で使う」の2つを比べる場合、前者は8.9型ワイド液晶搭載モデルで問題ないが、後者はとくに作業性が重要で10.1型ワイド液晶搭載モデルを選択肢にいれる人が多いようだ。「C1」もその後者に属しており、ネットブックとうたいながらも使い勝手のいいサブノートを意識した手堅い作りとなっている。

●ノングレア液晶とアクセスしやすいボディ

 オンキヨーのPCブランドになってからのSOTECは以前と雰囲気が変わったと思う。それはボディの作りからも伺え、天板の光沢処理で高級感を持たせつつ、開閉が容易なラッチレスを採用し、USB 2.0などのインターフェイスもソツなく押さえ、LANに至ってはGigabit Ethernetと採用して使い勝手を向上させているのだ。個人的に気に入っているところはボディを細く見せるための処理。先端部がやや傾斜を帯びており、スマートに見える。

 またすっかりトレンドとなった天板の光沢処理だが、指紋などの汚れはすぐに落ちるのであまり気にする必要はないだろう。むしろ、ピカピカにするのが気持ちいいくらいだ。



接続はドコモのA2502で接続
外出時のメールチェックに役立ってます。

入院時なんかも使えますよ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事