蝶のひとりごと"Monologue of Papillon"

心の扉をあける鍵が詩のなかに・・ (Welcome to my blog!)パピヨン

詩の部屋(Poem)

すべて表示

きょうは静かな日

きょうは静かな日 「心の詩学」の原稿待ちと、「黄金のあみ」プログラムの原稿待ちで、エアポケットな一日。 空模様から外出するのも大儀で、メール便業者を待っている午前中に、詩を書いてみようと思います。 先日出されたお題「涙」で詩を書こうとしています。 あの「初恋悲曲」「わたしの歌姫」につづく第3弾!です。このシリーズは、13回する予定。 というのも1330行を目指しています。そして一冊にまとめたいと思うのです。 このようにラフなデザインをもって書いていくと、なぜかやる気がでます。 タイトルは「龍女のなみだ」ちょっとファンタジックな内容です。京都の龍女のものがたりです。 龍女といえども、ふつうの人間の姿をしています。さて、どんななみだを流すことになるすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

パピヨンのお気に入り:うまソース 最近美味しいソースがほしいと探していたところ、直感で「これいいかも!」と買ったのが正解でした。 いつものトンカツソース、ウスターソースに味が慣れてしまっていて、トキメキがなかったの ...すべて表示すべて表示

読書の愉しみ:「氷花の詩」「江馬細香」 秋の夜長は読書に限る。 厚くした布団にくるまれ、良い本を手にするのは至福な時間だ。 きょうは中村真一郎の随筆集「氷花の詩」、門 玲子の「江馬細香」の二冊をご紹介した ...すべて表示すべて表示

読書の愉しみ:織田作之助「聴雨」 いまをときめく将棋の棋士は、爽やかな若手から、落ち着いた棋士まで さまざまであるが、パピヨンのなかでは坂田三吉が生きている。 どう強かったのかまったく分からないが、なぜか ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事