国松君

アップの仕方忘れた〜(汗)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

いよいよ本日、熊取「七山地車」の開幕です。
熊取「七山地車」は、岸和田市筋海町の先代であり、大正11年に、新調されました。
大工は名門【久吾】こと「久納久吉師」、脇棟梁には、実弟「久納幸三郎師」。彫師は名匠【淡路彫】中興の祖、「開正藤」・「正Α弯道厠昌佞法◆崟硝椽山師」、「三代目黒田正勝師」という、名匠の方々が参加されているとの事です。そして、この銘地車は、処々の事情により、昭和4年か5年あたりに七山が、購入されたという事です。
それでは、前回の熊取野田と同じように、何回かに分けて、ご紹介させて頂きます。
まず、初回は、姿見と屋根周りをご覧ください。
イメージ 2

▲まずは、正面と後ろの姿見よりです。キリッとした切妻に、惹かれますよね〜
イメージ 3

▲続いては、右平です。この地車の真骨頂である【久吾】苦心の大工仕事である平の枡合上部に施された唐破風細工です。しかし、よう、こんなん考えましたよね〜四つ屋根地車が、見本なんですかね〜?
イメージ 4

▲左平です。いかがですか〜?
イメージ 5

▲続いては、これもすばらしい旧市中町同様の「木鼻」群です。
イメージ 6


イメージ 7

▲そして、これも味のある作品が、目白押しの「隅出す」です。合戦風景が、ほとんどでしたが、「御旗の奪還」らしき、作品も見えるので「太平記」関係でしょうか?
イメージ 8

▲後屋根部分です。「大天狗」も見えますね〜「鞍馬山」でしょうか?
イメージ 9

▲そして、改めて主屋根正面の屋根周りです。
イメージ 10

▲アップです。枡合は、開さん得意の「天の岩屋戸の変」ですね〜
イメージ 11

▲各部分のアップです。車板は、「合戦風景」でした。
イメージ 12

▲続いて、枡合のアップです。旧市上町に繋がっていく作品やと思いますが、各人物の立ち位置などの意匠が、若干「上町」とは、異なりますよね〜
イメージ 13

▲もう一度、引いてご覧ください!(笑)
イメージ 14

▲そして、主屋根後の各部分のアップです。車板は、「雲」ですね。
イメージ 15

▲続いて、枡合はこれも開さんによくある「陣幕の武者」です。
イメージ 16

▲そして、先ほどもあった平ですが、ますは右平より。
イメージ 17

▲何度見ても、この枡合上部の唐破風細工は、インパクトありますよね〜枡合は、開さんの枡合では、珍しい「素盞鳴尊 八岐大蛇退治」です。
イメージ 18

▲そして、唐破風部分のアップです。獅子噛が付いてますね〜開調?懸魚は、「雲に鶴」ですね〜ただの「雲」じゃないってところが、凝ってますよね〜
イメージ 19
▲続いて、枡合のアップです!素盞鳴尊が、大きく取られてカッコイイですよね〜龍の首は、欠けつけされているのかな?
イメージ 20

▲そして、左平です。こちらも同じ細工が成されています。
イメージ 21

▲各部分のアップです!
イメージ 22

▲そして、枡合は、開さんでは、超珍しい「日本武尊 熊襲征伐」です。他では、私は見た事ないですが、金熊寺の櫓にあったように、思います。そこだけ、ちゃうかな〜?
イメージ 23

▲アップです!やはり、渋いです!「大和櫻」そのものですね〜
イメージ 24

▲続いては、後屋根です。まずは、右平より。
イメージ 25

▲枡合は、これまた開さん得意の「大江山道中〜酒盛りの場〜」です。
イメージ 26

▲淡路の太鼓台でも、そっくりの意匠がありました。この作品は、頼光木渡りや道中、酒呑童子酒盛りの場などが、盛り込まれています。
イメージ 27

▲と言う事で、各部分のアップです!ちゃんと、洗濯姫も居てますね〜(笑)
イメージ 28

▲そして、左平です。
イメージ 29

▲枡合は、これも黒田一門の十八番「安宅の関 弁慶義経徴打」それから、見送り虹梁は、牡丹になんかの鳥ですかね〜?牡丹って、珍しくないですか?
イメージ 30

▲これも太鼓台で、培われた黒田の流れを汲む名作ですよね〜いつ見ても、すばらしいです!
イメージ 31

▲この後の人物に、二代目黒田を感じますね〜
イメージ 32

▲後正面枡合もこれまた、十八番のオンパレード「本能寺の変〜森蘭丸の勇戦〜」です。車板には、組物が施されていました。こんなとこにも拘りの細工が…
イメージ 33

▲最後は、枡合の各部分のアップです!左下の写真は、「信長公」ですね〜

いかがでしたか〜?
七山第一弾は、姿見中心に、掲載させて頂きましたが、姿見と屋根周りで、終わってしまいました〜(汗)しかし、彫り物についても屋根周りだけで、かなりの名作が組み込まれていることが、解かりますよね〜また、この七山地車の製作と、時を同じくして、旧市中町も建造されています。どちらも開親子が中心となった地車ですが、正藤と正Δ、どんな割合で、どちらの地車に、作品を刻んだのかも興味あるところですよね〜
それでは、第二弾もお楽しみに。

閉じる コメント(10)

主屋根、妻の部分をもうちょっと見たかったです。
桁のよこに、もう一本のケタが見えますね。
入母屋細工のような造りでしょうか。

彫刻は言うまでもなく最高ですね♪

2008/7/24(木) 午後 10:19 板原村の館長 返信する

ええな〜「しっちやま」の地車 見てるとやっぱり身内やな〜
と言うのが実感です。 さすがに姿見ウチとよう似てますし
尾垂木の出具合などそっくりですね。
子供の頃、四ツ屋根地車って「七山」の事やと思てました。
その後「地車研究会」の本で長滝中の番と判明

虹梁の波 現筋海町地車の虹梁とほとんど同じですよ。

2008/7/25(金) 午前 9:26 hyoutan 返信する

顔アイコン

格好良すぎます。そら、製作段階から筋海町がこちらを選ぶはず…。この頃の開さん、我が五門、中町、そして七山。てんてこ舞いだったでしょうね。
組物七段やったんですね。上がり方もちょっと変則?初めて知りました。
枡合い…「二重枡合い」か「細工」か…今の大工もこの部分は悩みどころではないでしょうか。
そこへ唐破風を組み入れるというウルトラC。
破風持桁横の桁は地垂木の見え方に配慮したんでしょうかね?現行三ツ松にも桁+支輪の細工がありました。

2008/7/25(金) 午後 4:00 [ じょんそん ] 返信する

やはり唐破風細工の獅噛開チックですよね〜
目のぱっちりが某地車獅噛と似ている様な。。。

2008/7/25(金) 午後 9:40 kjntt928 返信する

顔アイコン

館長さん>
さすが、見るとこが、違いますね〜(汗)
第2弾で、主屋根妻部分を補足しますんで、じっくり見てくださいね〜

2008/7/25(金) 午後 9:51 国松君 返信する

顔アイコン

瓢箪さん>
大北と同じ、【久吾】の作品は、やっぱり、よう見てはりますね〜
改めて、大北さんの写真を見さしてもらったら、よう似てましたわ〜

2008/7/25(金) 午後 9:55 国松君 返信する

顔アイコン

じょんそんさん>
そうですよね〜たしか、五門の一年後でしたもんね〜(汗)
たいがい、忙しく、親子でてんてこ舞いやったんでしょうね〜
そして、この唐破風細工は、かなり色々考えられたんでしょうね〜
けど、地車仕事としては、当時、かなり奇抜な仕事やったんでしょうけど、全国の山車レベルで見れば、結構ありかな〜と、思う細工ですよね!しかし、じょんそんさん、かなりお詳しいですね〜また、いろいろ勉強させてくださいね〜お願い致します。

2008/7/25(金) 午後 10:14 国松君 返信する

顔アイコン

かずさん>
やっぱり、かずさんもそう思います〜?僕も同感ですわ〜

2008/7/25(金) 午後 10:15 国松君 返信する

顔アイコン

ご無沙汰してます!
久々にPC開いたんで、食い入る様に見てしまいました!
最後の枡合、本能寺の森蘭丸にやられてる武者って一体どのくらいの厚みの材で表現されているんでしょうかね?
薄い材に薄い彫物でもなく、ぶ厚い材にゴツイ彫物でもなく・・・。
主の後枡合などもそうですけど、この表現力にはいつも驚かされます。

2008/7/27(日) 午後 0:32 ひろたみくん 返信する

顔アイコン

ひろたみくん>
ご無沙汰でした〜(笑)って、この間、岸城神社前で、会いましたな〜開さん、ほんま素晴らしい表現力の持ち主ですよね〜

2008/7/27(日) 午後 8:40 国松君 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事