園芸療法サロン

植物の成長に自分を重ねて生きる。
 マリーゴールドがいつまでも綺麗だったので、活動を遅らせて11月下旬にやっと秋の植え替えをすませた虹のガーデン。寒さに弱いリナリアはフレームをかけて防寒し、今はすっかり寂しい庭になった。その中で、今はイエローコスモス、ウインターコスモス、葉牡丹が僅かに彩りを残している。メンバーが松ぼっくりで作ってくれたリースが、クリスマスムードを演出してくれている。
イメージ 1
 メンバーは少なく、広い土地なので、どういう風に庭づくりをしていくか模索しながらの花苗の植え付け。今年は段花壇を一年草にすることにし、プラグ苗のビオラを植えた。1ヶ月足らずで花を付けだした。咲き誇っていたマリーゴールドの後には、忘れな草、リナリア、金魚草になった。すべて種から育てる苗なので、最初の計画通りにはいかず色合いや高さなど満足のいくものにはならない。種の高かった早咲きのルピナスも植え付けた後に枯れる始末。園芸は育てる楽しみもあるが、その途中での失望も受容していかなければならない。そんな中で唯一救われるのは、地域の方々の声かけである。掲示板に、「マリーゴールドをご自由にどうぞ!」とか、「マリーゴールドの草木染はいかが?」とか書いていると、「頂きましたよ!」とか声をかけてくれる。大津市の優秀賞を貰えたことも、活動費を心配する中、商品券獲得が嬉しい出来事だった。
イメージ 2
 奥の方に育てていたサツマイモは突然の工事で、植え替えたため大きくならず、今年は子供達の芋ほり体験を中止せざるをえなくなった。それも、落胆する出来事だった。奥の土地をどう管理してしていくか課題は大きい。
今は雑然とした仕事場のようで悲しい状況だが、タイヤに色を塗ったり、竹で影を作り作業場作りの準備ができつつある。奥に椅子を置く予定にしていたが、奥にあっては椅子を使う機会がない事から、庭の入り口におくことにした。赤と青の椅子が庭先を明るくしてくれた。この椅子は晴耕雨読舎の利用者さんが作ってくれたもの。
ありがたや!ありがたや!
イメージ 3
 今年は早々と忘年会も済ませ、いつも行きつけの居酒屋さんでパワーポイントで公園などの綺麗な庭の写真を見ながら、どんな庭作りにしていきたいか話し合う機会を持てた。そんなこんなの虹のガーデン、メンバーが増えるといいな!

この記事に

開く コメント(3)

 今年は猛暑に天候不順で、老人福祉センターの活動も停滞気味だったが、今日は、久しぶりにメンバーが全員集まって、文化祭の準備にワイワイと楽しい活動になった。
 猛暑だった割りには、花檀の花花もまだ咲いていて、ほっとした。ペンタスやマリーゴールドが元気だった。
イメージ 1
 毎年行っている文化祭の飾りつけは、藁や柿や栗の実が秋らしさを演出してくれて、完成!大きなリースの周りはカナダ土産のシュガーメイプルの葉が秋らしさを演出してくれた。

イメージ 2















イメージ 3















 6月に鉢上げしたカランコエが大きくなって、文化祭で皆にプレゼントすることになり、ラッピングして準備万端!
楽しい文化祭になりますように!
イメージ 4








この記事に

開く コメント(3)

花壇の花をプレゼント

 虹のガーデンは、今年の夏の猛暑にも負けずに咲き続けた。秋になってマリーゴルドやダリアやブル―サルビアが勢いを増し、何がしか花を楽しめる花壇になったなと1年半の成果を感じる。

イメージ 1
イメージ 2







             



イメージ 3

 しかし、地域の方々皆が花壇のあるところをいつも通るわけではないので、庭の花を活かしたり、植物を活かす活動を取り入れた活動にしていきたいと考えている。
 メンバー募集や花壇の様子を知らせるチラシを回しても皆の反応を直に感じる事はできない。今回は、地域の
いきいきサロンにペットボトルに活けた切り花を届けてみた。テーブルに飾る花程度は十分調達できるといいきっかけになった。
イメージ 4


i


この記事に

開く コメント(0)

 放置されていた空き地を花壇にしている虹のガーデンは奥の方やサイドは崩れかけていました。大津市の管財課が昨年見に来てくれて、7/23と24と補強工事をしてくれました。大きな重機やユンボが来て暑い中、大掛かな工事となりました。
イメージ 1
イメージ 2         
 













イメージ 3

 奥の土地を耕し、さつま芋を植え、成長したところを猿に引き抜かれ、ネットを張って予防線を張っていましたが、最後にユンボが来て、更地になりました。今年はさつま芋は徒労に終わりました。工事がいつなのかどうするのかもわからず急な事だったので致し方なかったかな。植物を育てているとそんな繰り返しです。
 昨日は、終わりかけていたメキシカンマリーゴールドを引き抜き、カチカチの土を耕しました。土はカラカラ。少し雨が欲しい日々ながら、何とか花々は頑張ってくれています。

イメージ 4















 「花は生き生き咲いているとどんな花でも綺麗ね。」と言うと、「そりゃあ、肥料が効いてるもん」とメンバー・・
私,お薦めのぼかし肥料は、どの花もこんなに元気です。

イメージ 5

工事が終わり、奥はスッキリした庭をどうしていくか?lowメンテナンスの庭作りを考えていかなくてはならない。
イメージ 6




この記事に

開く コメント(2)

夏花壇元気です!

 西日本豪雨の後は、36度とか37度とか信じられないような猛暑日が続く中、虹のガーデンの花達は生き生きと咲いています。「お前たちも夏バテなんかするんじゃないよ!」と言っているようです。手前は黄、オレンジのマリーゴールド、矮性コスモス、鶏頭、奥はメキシカンマリーゴールド、矮性向日葵ビッグスマイル、千日紅、中央はペチュニア、縦長花壇ので全景を撮影するのが難しい!
イメージ 1

イメージ 2















 檀花壇は、ダリアやブルーサルビアが元気!でも、メキシカンマリーゴールドは、もう終わりを告げかけている。
この暑いさなかに植え替えても成功するかどうか?いつも、全部綺麗に咲かせることは難しい!
イメージ 3















 アガパンサスが盛りを過ぎたが、こぼれ種のコスモスが宿根草エリアをカバーしてくれている。

イメージ 4















 入口のアーチに濃い紫の藤が咲き始めた。夏の暑さに負けない強い色合いだ!

イメージ 5










この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事