長岡治療院日記

鍼灸専門・名古屋市の長岡治療院からのメッセージです。東洋医学の素晴らしさをわかり易く解説します

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全366ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

院内勉強会

イメージ 1

今夜は院内勉強会

ところが、スタッフ2人が発熱で休み

2人は所用で休み

外部参加者入り6名で

美容鍼O先生は完成まじかの美容鍼新メニューの練習

新人M先生中心に

本格的に飛散前に耳ツボ取穴の練習

背部兪穴取穴の練習

指示したツボを正確に取穴できるかが

治療効果に直結するので

信頼できるようになるまで練習練習

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

今年も花粉症の季節が近づいてきた

スギ花粉はどうも昨年11月頃から飛散していたらしい

※気象予報士からの情報


ロート製薬が実施した20〜79歳の男女500人への

アンケート結果が以下のページで確認できる



注目したいのは0〜16歳までの子供で

36.2%に副鼻腔炎と診断され

診断はされていないが副鼻腔炎の症状が出ている子供を合わせると

56.4%と半数を超え、20〜79歳への調査の45.0%を上回った


花粉症と思っていても市販薬で改善しない場合は耳鼻科の受診をお勧めする

この記事に

開く コメント(0)

WHOで漢方鍼灸が再評価

イメージ 1

産経新聞WEB版のニュースから


漢方薬や鍼灸など日本や中国の伝統医療が

今春にも開催される世界保健機関(WHO)

の総会で認定される方針であることが8日、関係者への取材で分かった


具体的には、国際的に統一した基準で定められた疾病分類である

「国際疾病分類」(ICD)に、伝統的な東洋医学の章が追加される

100年以上、西洋医学一辺倒だった世界の医療基準の転換点となるとともに、

中国と異なり独自に発展してきた日本の伝統医療の再評価につながる

新年の大きなニュース


 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今年の抱負

イメージ 1

今年は鍼灸院を開業して30年の節目

単独で鍼灸師10名が在籍する鍼灸専門治療院は

私の知る限り愛知県内にはないと思う

増え続ける鍼灸学校の卒業生の受け皿として

微力ながらお役にたてただろうか


臨床家として1人でも多くの患者様を救いたい

という気持ちは開業当初から変わらない

ひたすら走り続けた30年だった


己の技術を磨くことは一生続くが

社会に信頼される鍼灸師の育成が

当院の使命でもあると考えている

この記事に

開く コメント(0)

年末年始の休診

イメージ 1

【年末年始の休診】

12月29日(金)休診 大掃除
   30日(土)休診 
   31日(日)休診
  1月1日(月)休診
    2日(火)休診
    3日(水)休診
    4日(木)休診
    5日(金)診療開始

以上よろしくお願いします

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全366ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事