長岡治療院日記

鍼灸専門・名古屋市の長岡治療院からのメッセージです。東洋医学の素晴らしさをわかり易く解説します

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全338ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

胃の気

イメージ 1

≪黄帝内経・素問≫平人気象論篇 第18 第2章

健康な人の日常不普段の栄養は胃から供給されている

”胃の気”があるということは

健康な人の日常の栄養が十分に供給されており

生気があるということである

胃の気がない人は生気がないということで

異常な状態である



※たとえば食欲がなく満足に食時が食べれれず

生気が弱り体ががしんどいという人等


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

補瀉失する勿れ

イメージ 1

≪黄帝内経・素問≫脉要精緻論篇 第17 第4章

治療に当たっては、虚実の判断を正確にして

補瀉の選択を間違わないようにする


人の脈も生理も、天地の時間的(日月年)

空間的(風土)変化と相関している

この天人対応の法則を会得すれば

病の予後。転帰は一目瞭然に知ることができる


診断は、望診、問診によって行うものであるが

質問に答える声は五音の法則に合わせて判断し

脈の変化は陰陽の法則に合わせて判断するのである


※「人は自然に中から生まれ、自然とともに生きている」という

 東洋医学の”天人合一思想”の一部がここに表わされている

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

連休中の診療日のお知らせ

4月26日(水) 休診

  27日(木) 診療

  28日(金) 診療

  29日(土) 休診

  30日(日) 休診

5月 1日(月) 診療

   2日(火) 診療

   3日(水) 診療

   4日(木) 休診

   5日(金) 診療

   6日(土) 診療


この記事に

開く コメント(0)

微妙在脈

イメージ 1

≪黄帝内経・素問≫脉要精微論篇 第17 第4章

脈診する上で必ず確認すべき要点三つ

陰陽

五行(五臓)

四時(季節特性)である

陰陽によって病位(表裏)、病状(病理)がわかる

四時によって季節にうまく適応しているかどうか

正常との違いがわかる

これだけで病の大体がわかるのである

さらに虚実によって病勢と補瀉何れを選択するべきかもわかる


※脈診は東洋医学の診察で最も重要なもの

 鍼を打つ前に脈診することの意義は上記の他に

 ”胃の気があるかないか”

 すなわち正気のあるなしを確認する上で欠かせないのである

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

≪黄帝内経・素問≫脉要精微論篇 第17 第4章

春は季節が陰から陽に移動する時

脈は沈から浮への移行状態を示す

夏は用の極で脈は盛大である

秋は陽から陰へ移動する時で

脈は譜浮から沈への移行を示す

冬は陰の極で脈は沈で石のように固くなる



今更言うまでもないが

脈診にはこういった季節性を考慮した観察が必要

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全338ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事