That's a life

善知識の仰せに随い、信をとれば、極楽へ参る者なり(蓮如上人御一代記聞書)

全体表示

[ リスト ]

上から下に流れるフローチャート
①ひな型の「箱」を作る
フローチャートの基本要素は「箱」と「矢印」である。まず、ひな型にする箱を作る。「挿入」タブから「図形」ボタンを押して、「正方形/長方形」を選ぶ。ここでは、セルを基準に縦3×横2の長方形をB2:C4セルに作る。その際に[Alt]キーを押しながら、シート上をドラッグすると、セル枠に密着するように図形を描ける。
 次に、作成した図形を選択している状態で、「A系列」と文字を入力した。文字は箱の中に左上の左寄せで入る。「ホーム」タブから「上下中央揃え」「中央揃え」と連続して選び、文字が箱内の上下左右中央に来るようにする。さらに、文字を選択して「フォントサイズ」の「▼」ボタンから「18」を選んで文字サイズを大きくする。以上でひな型となる箱が出来上がった
イメージ 1
ひな型にする箱が出来上がった。以下、フローチャートに用いる他の箱は、ひな型の複製を利用する。もちろん、いちいち箱のサイズや文字の配置、大きさを調整しないで済ますためだ
②ひな形の複製
、[Ctrl]+[Alt]キーを押しながら、ひな型の箱を1列分の間を空けて水平にドラッグする。そうして、E2:F4セルに複製を作成する。すでに紹介したように、[Ctrl]キーを押しながら図形をドラッグ・アンド・ドロップすると、複製を簡単に作成できる。
 ひな型から複製を作らず、箱を1つひとつ最初から作成するのは論外だ。時間がかかるし、箱のサイズにばらつきが出ると、シロート丸出しのフローチャートになってしまう。また、セル枠に密着させて、箱の水平位置や垂直位置をそろえるのも、シロート臭を消すコツだ。
 次にC8セルを選び、[Ctrl]+[V]キーでペーストする。すると、左上がC8セルに密着した箱を作れる。そうしたら、3つの箱を全部選択する。1つの図形が選択されている状態で[Ctrl]+[A]キーを打つと、一発で全部の箱を選択できる。
 さらに「描画ツール 書式」タブの「配置」ボタンから「左右に整列」を選ぶ。これで、上にある箱の左右中央に、8行目の箱を配置できた。このように「配置」は、均整の取れたフローチャートを作るのに欠かせない。
イメージ 2
[Ctrl]+[Alt]キーで複製を作り、C8セルを選択して、[Ctrl]+[V]キーでもう1つ複製を作った。さらに「左右に整列」で上にある箱の左右中央に、8行目の箱を配置。

続いて箱の選択を一旦解除し、下の箱だけ選択する。そうしたら、[Shift]+[Ctrl]+[Alt]キーを押しながら、垂直にドラッグして、箱の上辺が13行のセルに密着するよう複製を作成する。これで、上から下に流れる箱が出来上がった。もちろん、箱の文字は適宜編集して内容を書き換える。
イメージ 3
4つの箱を所定の位置に作れた。さらに、テキストを適宜編集する。あとは矢印を付ければフローチャートの完成
③矢印を付ける
この4つの箱を結ぶ矢印を付ければ完成。
 まず、左上の箱を選択しよう。「描画ツール 書式」タブが選べるようになるので、このタブを選択し、「図形の挿入」から「コネクタ:カギ線矢印」を選ぶ。その際に右クリックしてメニューから「描画モードのロック」を選ぶ。これを選ぶと、選択した図形を連続して挿入できるようになる。
 次に左上の箱の上にマウスポインターを置くと、上下左右中央のハンドルが強調表示になる。この中から下辺中央のハンドルにポインターを合わせてドラッグし、8行目にある箱の上辺中央のハンドルにポインターを合わせてドラッグを解除する。これでカギ線の矢印を挿入できた。同様の作業を上部右側の箱でも行う
イメージ 4
続けて同じ図形を挿入する場合、「描画モードのロック」を選ぶ。いちいち選び直さなくていいので時短に効く

最後は「図形の挿入」から「線矢印」をクリックして、上下中央の箱の下辺中央のハンドルから、最下部の箱の上辺中央のハンドルへドラッグする。以上で、見栄えの良いフローチャートの完成
イメージ 5 
最後は「線矢印」で残る箱を結んでフローチャートが完成
引用/参考URL

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事