That's a life

善知識の仰せに随い、信をとれば、極楽へ参る者なり(蓮如上人御一代記聞書)

全体表示

[ リスト ]

<鍼灸>鍼灸師・・・蛯子慶三
1:ツボ押しの留意点と費用等
①腫れている部分は炎症があると悪化するのでイキナリ強く押さない。イタ気持ち良い所でやめる。
②1か所につき、5回繰り返すのが目安。左右それぞれ押す
③1回の治療で3,000円〜6,000円ほど。症状によりますが、蛯子さんの施設では、1〜2週に1度くらいの頻度で、5回ほど通院してもらい様子を見る。また、鍼灸治療で健康保険が使えるのは神経痛、リウマチ、腰痛症などの疾患に限られ、 治療を受ける際は、医師の同意書が必要
2:頭や肩、歯の痛みなどにきくツボ(合谷/ごうこく)
人さし指と親指の骨が交わるところから、少し内側のあたり
イメージ 1
3:不安やあせりなど、心理的ストレスを解消するツボ(郄門/げきもん)
腕の内側。手首とひじの真ん中から、親指一本分、手首寄りのあたり
イメージ 2
4:胃の不調や足の疲れなどにきくツボ(足三里/あしさんり)
指でL字を作り、ひざの皿の上に当てたとき、中指が当たる骨の横のあたり
イメージ 3
5:生理に伴う不調や冷え、むくみにきくツボ(三陰交/さんいんこう)
内くるぶしのてっぺんに小指をおき、指4本分外側。ちょうど、人さし指の関節があるあたり
イメージ 4
便秘(参考)
イメージ 6
ツボ位置(参考)
イメージ 7
<漢方治療>漢方医…木村容子
イメージ 5
<中国・雲南省文山の“薬食同源”>
中国では、古くから“長寿の薬”として知られている生薬、「三七(さんしち)にんじん」
「健康長寿につながる食材」と料理
①黒ゴマ、黒米、黒豆など黒い食材
②昆布、わかめ、ひじきなどの海藻
③もずく、山芋などのねばねば食品
レシピ例と「甘酒(米麹のもの)」に軽くすりつぶした「黒ごま」と、包丁できざんだ「くるみ」を“ちょい足し”して飲む
「レシピの例」
④“長生き”炊き込みごはん
・炊飯器にといだ2合の米、大匙4の黒米、水を入れて混ぜる。(水の分量は、特に増やす必要はない)
・山芋100gを1センチ角に切り、塩昆布大匙2と一緒に炊飯器に入れ、炊飯スタート
※長芋だと、水分量が多くべちゃべちゃしやすいので山芋、じねんじょなどを使用
・炊きあがったら、黒ごま大匙1、塩少々を振りかけて完成
参考URL



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事