全体表示

[ リスト ]

鶴は千年 亀は万年 とは共に長生きをする生き物として言われている諺ですね。
では、畳は?
畳が千年や万年も長持ちしたらオイラの商売あがったりでございますのでご免こうむりたいです。ところが巷では 万年床 と称される言葉が存在しますが、万年も寝たきり状態ではなく、俗に言う布団を上げずに敷づめ状態の事を言うことでございます。
この度はその万年床に遭遇でございます。これほどまでの状態の畳との遭遇はそれこそ万年に1度有るか無いかでしょうね。
しかもその畳、いや畳と言えるのか疑問が残りますが畳屋さんが施工するからにはやはり 「畳」なのでしょう。
その厚みは極ウスウス。なにやらオカモトさんの商品のような感じがしますが超薄い畳でございますので施工も通常にように畳機器のスイッチを押せば出来るものでがございません。
ではチョットだけよ。
 あんたも好きね。   お見せ致します。
イメージ 1
 
イメージ 2


イメージ 3

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

板にござを貼りつけただけみたいな? 中身はどうなってるんだ?
踏んでも畳感は味わえないですよね?

2018/2/11(日) 午後 5:32 しーちゃん 返信する

顔アイコン

しおりさん、そうなんですよ!本当に薄い板に畳表を貼りつけたような畳です。やはり足あたりは堅いです。それより万年床の方に興味深々でした。

2018/2/11(日) 午後 6:31 3・5・8 笑売繁畳屋 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事