とーとなかなかな

今年も楽しく、Run,Run,Run・・・目指せサブフォー、そして、ヴァーチャルウォークで日本一周!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ご無沙汰しています。先々日にまたひとつ年が増えましたので、新たな歳での初アップです。
さて、4月20日(日)茨城県土浦市で開催された「かすみがうらマラソン」に参加してきました。
 
今シーズンは、この大会でマラニック含めて6回目のフルマラソンに出場となりましたが、
毎月のように出場していたせいか、あまりモチベーションがあがってこなく、4月に入り1週間経過した
時点でも10キロ程しか走れてなく、果して今シーズン最後のフルで記録が出るか不安になってました。
 
ただ、毎月のようにフルを走っていたとは言え、前回の京都からはしばらく間も開いていたので、
少しは走り込まないと流石にまずいなと思い、レース前の2週間で90キロを走り込んで挑みました。
テーパー期に走り込むのはセオリーとは逆でしたが、少し走りに安定感がでてきた感じがしました。
 
あとは当日の天候と体調が整えばと思っていたところ、天候は雨予報がなくなり、当日は涼しいぐらいで
絶好のコンディションになりましたが、体調が3日前から鼻炎がひどくなり、前日は医者で薬をもらうぐらい
悪く、DNSも考えたぐらいでしたが、なんとか薬の効果で走れるまでは回復できましたが、息するのが
ややしんどくって、鼻にブリーズを張って走る事にしました。
イメージ 2
 
当日はアチラさんと土浦で待ち合わせて、レースに挑みました。
イメージ 1
 
昨年は雨の中でも知り合いが多くおられましたが、今年は2人だけと少し寂しい感じでした。
昨年の打ち上げで来年も富士5湖には行かず、かすみに出ようねと言っていたのは気のせいだったの
でしょうか(笑)
 
さて、レースは予定通り10時にスタートしました。天気は曇り、気温は11度とやや肌寒いぐらいでしたが、
走ってみると、それでも暑く感じて、時より吹く風が気持ちよくって、ほどよく体の熱を冷ましてくれました。
 

前半

<ラップタイム>
 5キロ:27分30秒
10キロ:27分09秒
15キロ:26分50秒
20キロ:28分00秒
ハーフ通過:1時間55分27秒
 
キロ5分半ペースを基本にして前半は走りました。
心配していた体調も走ってみれば、最初の5キロぐらいまではやたら汗が出て、体が熱く
感じる時もありましたが、10キロ過ぎぐらいからは、風が冷やしてくれて、楽に走れている
感じがしました。順調にラップを刻んでいけた感じで、ハーフで約5分の貯金をもって後半戦に
進めました。
 

後半

<ラップタイム>
25キロ:27分50秒 : 2時間17分19秒
30キロ:28分56秒 : 2時間46分18秒
35キロ:30分19秒 : 3時間16分34秒
40キロ:27分57秒 : 3時間44分33秒
ラスト:13分11秒
 
後半は、つくばで一気にラップを上げて30キロから撃沈した経験を反省して、
ラップを上げる事無く進みました。
 
28キロぐらいでいつものように左脹脛が攣りだして、時よりキロ6分を越える場面もありましたが、
2時間46分18秒で30キロ通過時点できていて、まだ前半の貯金があったので、無理せずに
キロ6分前後にペースを落として、回復を待ちました。
 
33キロで右脹脛と指が激しく痙攣しだして、流石に走れなくなりそうだったので、止まってストレッチ
をした途端に左脹脛もさらに激しく痙攣して、その場で数秒間立ちすくみました。
今回もここまでかと諦めかけた瞬間でした。
 
痙攣が少し収まったので、少し歩き、そして少し走っていたら、後ろから4時間のペースメーカーが
追いついてきて、これに置いてかれたら完全にアウトなので、ダメ元で付いていったら、40キロ
手前ぐらいまで走れる事がでて、ラップも回復できました。
完全に足はカチカチに固まっていましたが、気合いとこれまでの経験でなんとか走れた感じでした。
 
ペースメーカーは、2分程早く走っており、ネットタイムだと5分程余裕があったので、
40キロからは再び攣らないペースでゴールを目指して、念願の4時間以内のゴールを果せました。
 
イメージ 3
ネットタイム:3時間57分43秒でのゴールでした。
2012年に東京マラソンで記録した4時間1分46秒を3分短縮してのサブ4を達成する事ができました!
 
初フルが2010年12月のNAHAの4時間40分でしたので、40分の短縮に約3年半掛りました。
12回目のフルマラソンでの達成でした。ちなみに今シーズン5回目のフルレースでした。
 
昨年はかすみがうらで自己記録の更新を狙って、かすみに絞って練習やハーフレースを重ねて挑んで、
大雨の悪天候&寒さに撃沈した悔しさを果せて良かったです。
 
そして、今回記録が更新できた要因は、33キロで諦めず気合いでペースメーカーに付いていけた事
が良い結果を出せたと思います。足が攣ったらペースを落とす事がセオリーだと信じてましたが、
普段走ってないペースまで落とすと更に攣るんじゃないのかなと思いました。今回は、良いタイミングで
ペースメーカーと出会えたて助かりました。
あとは、かすみの割に気温が低く、風が体を冷やしてくれた事も助かりました。
 
でも、まだまだ30キロ以降をちゃんと走り切る足が出来てないので、これからは来シーズンに向けて
攣らずに走り切れる足作りをしていければと思ってます。
次は、5月24日(土)、三浦半島で開催される三浦みちくさマラソン(60キロ)に参加予定です。
 
 
 
 
3時間57分43秒
念願のサブ4達成できました!
これから、アチラさんと祝杯したいと思います。飲めないけど(笑)
ご無沙汰しております。前回は勝田マラソンでしたので、3週間ぶりの投稿になります。
さて、昨日2014年2月16日(日)に京都マラソンを走ってきました。その詳報です。
 

2月14日(金) 移動日

まずは、前々日のことからです。京都への移動は、前々日の金曜日の夜に新幹線で移動しましたが、
この日は朝から雪で、夜にするか翌日にするか悩みましたが、翌日は強風の予報が出ていて、
最悪行けない可能性も考え、金曜日に予定通り行くことにしました。
ただ、出発時は雪のピークで、出発が10分遅れ、出発した後もノロノロ運転で、小田原には70分程遅れて
1時間以上掛り、結局京都には75分遅れで到着となりましたが、それでも無事着けて良かったです。
京都は雨で、雪も溶けていたので、当日晴れてさえしてくれれば、問題なく走れる状態でした。

2月15日(土) 前日受付

翌日は、昼過ぎからレースの受け付けで、「みやこめっせ」に出かけました。
ゴール地点の平安神宮からほど近い場所で、当日はゴール後に着替え場所になります。
 
イメージ 1
 
受付を済ませ、3Fの看板で記念撮影をしました。ぜっけんには、ナンバーと名前が大きくプリントされてました。
このぜっけんのお陰で、当日は「と〜と」と大勢の方々から声を掛けて頂き、元気を貰えました。
ナハマラソンで、仮装して走った時とは比べようがないぐらい終始「と〜と」と前から後ろから声を掛けて頂き、
最後まで頑張って走り切る事ができました。逆に言えばサボってられない感じにもなりました(笑)
 

2月16日(日) レース前

当日は、ラン友さんの助言でスタート地点の最寄り駅の西京極がランナーで激込みとなるので、早めに行くようにと言われてたので、1時間半前ぐらいに到着し、それでも電車は満員状態でしたが、割とすんなり会場に
着く事ができました。直ぐに着替えて、荷物を預けて、トイレに向かうも、全く進まず、諦めました。
なので、する事もなくなったので、スタート45分前でしたが、スタートブロックに向かいました。
 
イメージ 2
スタート前は、雨は降ってはないものの、曇り模様、風は無かったのが救いでした。
気温は8時半ぐらいで6度でした。寒さしのぎにビニール袋をかぶりましたが、時より吹く風には、凍えるような
寒さでした。
 
イメージ 3
 
スタート地点前のメインスタンドの様子です。まだ30分以上前でしたので、人もまばらでした。
8時55分に車いすマラソンが先にスタートし、フルマラソンは、9時にスタートとなりました。
 

スタート〜嵐山(6キロ地点)

イメージ 4
予定通りに9時にスタートし、ゲートは約1分ぐらいで通過できました。
陸上競技場を抜けると大きな道に出たので、渋滞もなく、順調に走れました。
沿道も応援している観客でびっしりでした。
 
京都は前半坂が多いコースなので、前半は抑えて走り、沿道の観客の方々とハイタッチしながら、
お礼を言いながら、楽しみながら、気持ちよく進めました。
 
四条通を抜け、桂川沿いに出ると、景色も一変して、遠くの山々は雪化粧していて、川沿いの先には
渡月橋が見え、沿道は更に観客でびっしりで、ここでも出来る限りお礼を言いながら進みました。
 
6キロを過ぎると最初の難関の嵐山高架橋を越える坂道でした。ただ、ラップはあまり落ちず、5分半ほどで
走り抜けてました。
 
ラップは、0〜5キロ:28分20秒と予定よりは若干早めでした。29分ぐらいに抑えて走る予定でした。
 

嵐山〜金閣寺(6キロ〜14キロ)

イメージ 5
 
嵐山を過ぎて、大覚寺の前あたりから、坂道が続きます。道幅も若干狭くなり、前も詰まってましたので、
この区間はあまり無理せず、ペースを抑えて進みました。沿道はここも大勢の観客で、楽しくハイタッチ
しながら、坂道を登っていけました。
 
広沢池、仁和寺、竜安寺と続くこのあたりは、母校の立命館の近くで、慣れ親しんだ場所でもあり、
大学当時を懐かしく思いだしながら走れました。まさか通っていた時にここを走る事になるなんて、
夢にも思っていなかったです。
 
13キロ手前の母校の前を過ぎると、高校駅伝や女子都道府県別駅伝で走る西大路通りを走ります。
この辺りまで来ると7〜12キロぐらいまでだらだらと続いた坂の疲れが出て、また坂かと思うようになりました。
「と〜と」頑張れ〜の声に元気をもらいながら、なんとか頑張れました。
 
 6〜10キロ:28分37秒
11〜15キロ:29分11秒
 
坂道で抑えたので、ラップは若干落ちましたが、ここまでは予定通りのペースでした。

金閣寺〜賀茂川河川敷(15キロ〜33キロ)

イメージ 6
 
金閣寺前を過ぎて北大路通りに出ると下り坂になり、ややほっとしました。
そして、大勢の観客で賑わう今宮神社前を抜けて、一路北上して、18キロ手前で、賀茂川沿いに出ます。
 
この賀茂川沿いに出た時に、先を走るランナーが南へ下るのを見ながら北上するので、やや心が折れます。
賀茂川沿いを北上する時は、どこで折り返すのか分からず、淡々と前へ進みますが、対岸には折り返した
ランナーが大勢見て、なんだかこの往復2キロの加茂川沿いが長く感じました。
 
そして、2キロの賀茂川沿いの往復を終えると、ようやく南下して20キロ地点を越えて、北山通りに入ると
中間点を通過します。中間点は、2時間1分27秒とやや目標タイムからは1分半ほど遅れました。
 
中間点を過ぎて少し行ったところで、かなかなと母親、叔母が応援してくれているを見つけました。
詳細な場所を決めてなかったので、よく見つけられた感じでした。その時の瞬間です。
 
イメージ 7
 
22キロを過ぎて、ペア駅伝の中継点に向かう途中の狐坂は400メートルで25メートル上るコース最大の
坂道が待ってました。流石にここはキツかった。この坂は流石に6分を切れず、ペースダウン。
 
上っても少しの間はダラダラした坂が続き、この辺で結構足を使わされました。
国際会館のエイドでは、八つ橋が配られるのですが、餡子が苦手な私はスルー。
八つ橋の他にも都コンブも配っているエイドがありましたが、昆布もNGなので、スルー。
梅干しやアンパンも含めて食べれないものが多い私です。
 
国際会館までの往復を終えて、再び北山通りまで戻ると、修学院方面へ東に進みます。
少し行くと再び、家族の応援があり、元気になり、ラップが上がりました。
 
京都のコースは折り返しが多く、修学院前を折り返して、下鴨中通りで左折して、1キロ程走ると折り返し、
また再び北山通りに戻ります。ただ道は割と平坦なので、ペースも良くなりました。
 
31キロを過ぎて、長かった北山ゾーンを抜けると再び賀茂川沿いを走ります。
30キロ通過は、2時間55分ちょうどでしたので、ペースはだいぶよくなりましたが、32キロからの賀茂川の
河川敷きゾーンに入ると、土の未舗装路になり、コンクリートより跳ね返りがなく、土なので脚に優しいかなと
思いきや逆に進まないので、かなり疲れました。
この道が3キロ続いで、完全にペースダウンとなってしまいました。
 
16〜20キロ:28分45秒
21〜25キロ:30分24秒
26〜30キロ:29分43秒
31〜35キロ:31分02秒
 
ラップは、22〜23キロの狐坂でペースが落ちましたが、次の5キロは若干持ち直し、この調子で行けるかと
思ったら河川敷きでやられました。

賀茂川河川敷き〜ゴール(35キロ〜ゴール)

イメージ 8
 
35キロ地点まで河川敷きを走りますが、対岸にランナーが見えるようになると、また戻る事が分かり、
かなり心が折れました。この35キロぐらいから腰回りが痛くなり、更にペースが落ち、一旦ストレッチを
して進みました。「と〜と」頑張れ〜の声に勇気をもらいながら、残り7キロを進みました。
 
東一条通りからは、銀閣寺に向けて進みますが、先を行くランナーが折り返してくるのを見ると、
またここに戻るのかと思うと、再び長く感じて、心が折れます。それにゆるやかな上りで、キツカッタです。
 
銀閣寺前を折り返すと、残り4キロを切り、もう折り返す事がないので、再び元気が出ました。
沿道の応援もマックスとなり、最後は少し上げる事ができて、気持ちよくゴールする事ができました。
 
35〜40キロ:35分34秒
41〜ゴール:13分51秒
 
合計:4時間15分27秒(ネットタイム)
 
35キロからはかなりラップが落ちて、走るのがやっとの状態となってしまいました。
今回も残念ながら4時間を切る事ができませんでしたが、京都を楽しく駆け抜ける事ができました。
 
イメージ 9
 
完走タオルとメダルを貰って、疲れた〜のゴールでした。
 
イメージ 10
 
メダルはこんな感じで、ゴールドメダルです。
 
以上、長々となりましたが、3回目にしてやっと走れた京都マラソンの様子でした。
これで、なんとか10月から続いた5カ月連続フルマラソンを全て完走できました。
 
10月の夢舞では、翌日に10キロレースを走り、
11月のつくばは、思いもよらぬ気温で暑さの中は走り、
12月のナハは、2週連続のフルを走り、
 1月の勝田は、直前のインフルからの病み上がりで走り、
 2月の京都は、大雪の東京を脱出して、走れました。
 
5カ月連続で走って思ったのは、足の体力はついた事とここまで続けると調整ができないと言う事でした。
やっぱり2ヶ月ぐらい間隔をおかないと体を休めるヒマもないし、走り込みもできませんね。
 
次のレースは、3月9日の羽生ハーフマラソンで、次のフルは4月のかすみがうらです。
少し休んで、次に向けて頑張ろうと思います!
少し遅くなりましたが、先週1月26日(日)に茨城県ひたちなか市で開催された勝田マラソンに出場しました。
1月は、この大会で3レース目で、お正月に10キロ、2週間前にハーフ、そして、この日はフルと順調に距離を
延ばして、この大会に臨んできました。
 
イメージ 1
 
ただ、残念だったのが、大会の10日前にインフルに掛ってしまい、大会前の調整時期に寝込んでしまい、
体力が落ちてしまった状態での出走となりました。果して、どこまで体力がもつのか心配しながらのレース
となりました。
 
当日は、上野であゆあゆさん、会社の後輩と同じ列車に乗り、会場に向かいました。
前日雨予報も早めに雨が上がり、当日は晴れて暖かい日となりました。
風も思ったよりは弱く、1月にしては、暑いレースになりそうな予感がしました。
 
会場には早めに到着できたので、ゴール近くにシートを引いて陣取り、スタートに向けて準備しました。
イメージ 2
 
着替えて、荷物預けもスムーズにできて、しばし、会場内を見て回る余裕もあり、
こんなマスコットとも出会えました。鹿島アントラーズのしかおです。
 
イメージ 3
 
スタート前に偶然、ぷみゅさん、yabeetsuさんと出会えました。何人か知り合いが来られている事は
ブログを通して分かってましたが、かなりの人数がいたので、お会いできたのは、お二人だけでした。
スタートがDブロックからでしたので、同じブロックに並んでいても分かりませんでした。
スタート時は、後輩と2人でDブロックの前の方に陣取り、スタートゲートは号砲後、2分33秒後でした。
今回のレース計画としては、5分30秒で行けるところまで頑張ろうと思い走りだしました。
 

0〜5キロ 26分49秒

後輩と並走しながら進みましたが、周りのスピードが意外に早く、予定よりは速いピッチで走ってました。
この5キロは下り坂も多かったので、意識してピッチが速くなったのを戻しました。ただ、やはり病み上がり
だったので、いつもよりは息が上がり、この調子で最後まで行けるのか、そもそも完走できるのかなんて
思いながらのスタートでした。

6〜10キロ 27分41秒

前の5キロが予定より速かったので、更に意識してペースを落としました。
最初の5キロ走り終えた時点で、暑さから結構汗も出ていて、後半さらに暑くなったら、かなりバテそうんかなと
思いました。ただ、海が近くになって風が強くなり、少し暑さも和らぎましたが、まともな向かい風で、風除けに
体の大きそうなランナーの背後につこうとしたら、ペースが上がり、またペースを落とすと向かい風があたりと
何をやっているのかと言った感じでの5キロでした。

11〜15キロ 27分34秒

この5キロは予定通りのラップを刻めました。前半つらった呼吸も収まり、このペースにも慣れてきた感じが
しました。この調子で30キロぐらいいければ、結構な貯金ができるので、後半少しペースが落ちても大丈夫
かなと思いながら進んでました。

16〜20キロ 27分48秒

東海村に差し掛かり、最初の大きな上り坂を走りました。ここに来るまでも何度か小刻みなアップダウンが
ありましたが、2週間前の松戸での坂に比べれば楽なもんだなぁと思いながら走ってましたが、この東海村の
上り坂は意外にしんどくて、後輩に遅れまいと付いてはいけたものの、上り切った後から辛くなりました。

21〜25キロ 28分27秒

中間点は1時間56分ジャストで通過して、前半での貯金は4分できました。
ただ、この5キロから5分30秒がキープできなくなり、35〜38秒ぐらいのラップに落ちてきました。
後輩は淡々と5分30秒のピッチを刻んでいたので、この辺りからついていけなくなりました。

26〜30キロ 30分19秒

そして、26キロで左脹脛が軽く攣りだして、ピッチも6分まで落ちてきました。
なんとか最後まで持つように無理に頑張らずに攣りが酷くならないよう6分ペースを刻みましたが、この区間の
坂道は長く長く感じました。30キロは、2時間28分38秒で通過してましたので、キロ6分ペースでなんとか
4時間を切れるかなとも思ってましたが、坂が続くとキツイなと薄々思いながら走ってました。

31〜35キロ 31分29秒

走行距離が進むにつれて、足だけでなく体も呼吸もきつくなり、ペースも6分を越えて、5分台にはもどらない
状態となりました。もう1キロ1キロ距離を刻む事がいっぱいいっぱいで、なんとか歩かずに走り続ける事しか
できない感じでした。1キロが長く長く感じる状態でした。あと、右ふくらはぎもとうとう攣りだして、満身創痍な
状態でしたが、それでも歩かずに走れたのは、これまでの経験と1月の練習の成果かなと思います。

36〜40キロ 32分23秒

更にペースが遅くなりました。前半走った大通りに戻ったら、前半とは逆に上り坂となり、これもかなり精神的
にキツク感じました。ただ、救いは暑くなるだろうなと思っていた天気が曇ってきて、気温も下がってきたので、
思ったよりはバテがなく、足は時々攣るものの、歩かずに走れました。
40キロの通過は、3時間52分30秒と今回も4時間を切るのは難しい事を判断できました。

41キロ〜ゴール 14分45秒

40キロ過ぎぐらいに号砲から4時間を越えた為、41キロぐらいで歩道走行に切り代わり、ただ信号には引っかからなかったので、止まらず前に進めましたが、途中で車が脇道から出るので、1回だけ止められました。
1回止まると動きだしが辛くなり、なかなかゴールが見えないのもあり、苦痛の時間が続きました。
あと、700m、500m、300mと数えながらなんとかゴール。
 
ゴールタイムは、ネットで4時間7分15秒、グロスで4時間9分48秒でした。
前半作った4分の貯金も30キロまでで使い切ってしまって、またしてもサブ4達成ならずでした。
 
今回はインフルの影響がやはり大きく、練習していない分足は軽く、痛みもなかったのですが、
その分体力も低下して、早い段階でペースが維持できなくなってしまったようです。
 
この大会でフルマラソンも10回目となり、4カ月連続のフルレースをこなせました。
次は、2月16日(日)に5カ月連続フルの最後のレースの京都マラソンに出場予定です。
 
京都は、コースも坂道だらけなので、記録は狙えないかなと思うので、楽しんで走ってこようと思います!
 
本日は、今年2回目のレースとなる松戸市七草マラソン大会に参加してきました。
今回の種目は、ハーフマラソンです。
 
イメージ 1
 
今年の本命の大会が2週間後の勝田なので、フル前の調整として走りました。
なので、記録は狙わず、今日の目標タイムは、キロ5分半として、1時間55分前後としました。
 
今日は、朝8時に北松戸でラン友のあゆあゆさんと待ち合わせをして、会場に向かいました。
会場の松戸運動公園が結構広く、受付は運動公園内の野球場の外野ゾーンで、そんなに人がいなかったので、ゆったりと受付が出来ました。その後、武道館で着替えて、体育館に荷物を預け、スタート地点に並びました。受付以外はどこも混雑していた為、時間が掛り、スタート地点に並んだのは10分程前でした。
 
イメージ 2
 
そして、なんの前ぶれもなく、スタートと号砲が9時20分に鳴り、前が進んで行ったので、
慌ててスタートしましたが、スタートのゲートがなく、どこがスタート地点なのかが分からず、
適当な位置でガーミンをスタートさせました。
 
スタート〜10キロまでのラップ
 1キロ:5.06
 2キロ:4.50
 3キロ:5.08
 4キロ:5.09
 5キロ:4.56
 6キロ:4.59
 7キロ:5.11
 8キロ:4.55
 9キロ:5.11
10キロ:5.04   10キロ計:49.19
 
突然のスタートでしたが、直後から上り坂から始まりました。最初は混んでいてスピードは出せないかなと思いきや5分をやや上回るラップを刻み、上り坂が終わると今度は下り坂で、5分を切るペースまで上がってました。
このコース、上りと下りの連続&曲がり角沢山の上下左右が繰り返されているコースでした。なので、上り坂があるラップは5分を上回り、下りがあるラップは5分を切って走ってました。目標ラップより速いラップでしたが、息もそんなに上がって無かったので、途中から目標は忘れて走り、10キロはキロ5分を切るラップでした。
 
10キロ〜ゴール
 
11キロ:5.15
12キロ:4.57
13キロ:5.10
14キロ:5.04
15キロ:5.13
16キロ:5.17
17キロ:5.18
18キロ:5.10
19キロ:5.39
20キロ:5.08  20キロ計:51分31秒
21キロ:3.06  ゴールタイム:1時間47分41秒
 
イメージ 3
 
後半も上り下りの連続で、途中通過した公園から上の方を見上げると、走る人達が見えて、かなり高い所を通る事が分かり愕然としました。近くを走っていたランナーの一人がこれから上りだぁ〜と叫びながら走っていたので、余計に上りに掛る前から精神的にキツクなりましたが、なんとかその坂も上り終えても、またまた坂、坂、坂の連続で、ラップは乱れまくり、15キロぐらいからは、ボディーブローが効いてきて、5分10秒も切れなくなりました。19キロは更に長い上り坂で、歩きはしなかったものの最遅ラップとなりました。でも、どんな上り坂も富士山の時と違って上り終えると下りがあるので、それよりは楽だと思いながら乗り切りました。松戸は坂が多いとは聞いてはいましたが、こんなコースだれが考えたんだと思うえるぐらい坂だらけのコースで結構辛かったです。
 
ガーミンのスタートした時間が遅かったので、20.6キロでゴールとなったので、最終ラップが分かりませんが、完走証のタイムは、1時間47分41秒でした。
 
目標タイムとは全然違うタイムとなりましたが、このコースでのタイムとして上出来な結果でした。
おまけに、ハーフのセカンドベストでした。昨年の千葉マリンで出したタイムを上回りました。
ただ、フルに向けた調整としては、あまりできませんでしたが、このコースで同じラップを刻むのは、
難しいコースだったので、今回はこれで良いかと思います。
 
次は、1月26日(日)勝田マラソンです。5カ月連続フルマラソンの4カ月目の大会となります。
 

全199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事