古塚工房 新館

「古塚工房」の新しいブログはここです

全体表示

[ リスト ]

話題作だった「惡の華」とか「進撃の巨人」とかは観てないので「久々の豊作期」と言われてもピンと来ず、「水準としては無難で平均的なラインだったかなぁ」という印象だった春アニメ。 


●ゆゆ式 
出だしは緩く、しかし一度構造を掴めば余裕を持って楽しめるといった印象の作品。 
「粗製乱造の日常系アニメ」に見えて、実は「映像作品としての組立」はかなり計算されて上な作品だったと思う。 

「3人組で2人が会話してて1人が傍観者になる」か「3人グループの中で別のグループの1人がそれを眺める」という構図を基本ラインにしており、特徴的な「情報処理部」の検索大会とはまた別のしっかりとしたディテールへの拘りを感じさせてくれるアニメだった。 


●フォトカノ 

キミキスとアマガミと続いてきた一連のゲームの最新作のアニメ化。 
この手の作品に付き物なジレンマである「ヒロインの扱われ方」を「最初にメインヒロインを半分の話数を使って描き、残りの話数で他のヒロインを1話毎に描く」という新しいアプローチを見せてくれた。 

内容的にもキャラ的にも個人的に好みだった事もあり毎週楽しかったのに加えて、窪田ミナさんの劇伴も良いバランスで実に心地良い1作だったと思う 
。 


●やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 

普段は「原作ファンの嘆き」ってあまり気にしないんだけど、これに関しては「確かに言いたくなるんだろうな」と感じる作品だった、ちと私としても珍しいアニメ。 
全体的にどこかボタンを掛け違えたような歪みが感じられたというか。 

とは言え、キャストのハマり具合は春アニメの中でもトップクラスであり、個人的に由比ヶ浜さん&戸塚くんはかなり好きだった(苦笑) 


●俺の妹がこんなに可愛いわけがない(2期) 

うーん、この後完結編を公開するので「終了アニメ」とは言い難いのが(苦笑) 
全体的に原作の完結に合わせた「まとめ」に進んでいたのだけど、こちらもちと歪んだ全体像だったように思えるのが何とも。 


●変態王子と笑わない猫。 

「典型的なイマドキのラノベ」のように思えて、結構ドラマの描き方が重厚で見応えがあった。 
かなり好みな感じで、観てて飽きない1作でした。 


●波打際のむろみさん 

インパクトはあったし、ノリも良かったけど・・・意外と観終わって「何も残らない」類だった印象もあったり。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事