古塚工房 新館

「古塚工房」の新しいブログはここです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

こちらのブログのルールにしたがって2018年アニメの評価を行いたいと思います。

おちゃつのちょっとマイルドなblog 2018年アニメアウォーズ!


〜2018年アニメアウォーズ〜
・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上) 






・最優秀作品
●青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

直近の作品だということを差し引いても、今年は文句なしに青ブタが最高に楽しめました。
キャラクターの思考や言動、そして声優のマッチングの高さ。
特に、桜島麻衣演じる瀬戸麻沙美さんと豊浜のどか演じる内田真礼さんの「入れ替わり演技」は違和感が無く素晴らしい出来前だったのが特に印象的。
舞台が鎌倉/江ノ島界隈なのもポイント高かったです。


・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
●こみっくがーるず
赤尾ひかるさん演じる かおす先生のハマり具合が特に最高だった。
話とキャラの盛り上がりもとても面白く、きらら4コマ系作品の中でも最上位のお気に入りになりました。

●七星のスバル
あんまり評判は良くなかったものの、意外と楽しめた作品でした。
中途半端ではあるものの、最終回でのエピローグは最後まで観て良かったと思えた余韻でした。

●ヒナまつり
ギャグのキレが毎回楽しく、上半期の中ではこれがダントツな面白さでした。

●はるかなレシーブ
未経験者が1から練習を重ねていって成果を出す、1クールが主流の深夜アニメではなかなかそこに説得力を持たせられない傾向にある中で本作の大空 遥はしっかりその積み重ねと成果を感じさせてくれた貴重な存在でした。


・キャラ部門
☆男性
●梓川 咲太(青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない)
適当に見えてしっかりと相手の「思春期症候群」に向き合い、その一方で自身も苦しみながらそれを乗り越える様が印象的でした。
石川界人さんの妙絶なセリフ回しが楽しめたのと、基本的に麻衣一筋な姿勢がキャラの目線としてハッキリしてたのが大きな魅力でもありました。

☆女性
●天月真白(One Room セカンドシーズン)
キャラデザが発表された時に一目惚れしたのと、実際に予想を上回る魅力で年間を通してトップな女性キャラになりました。
キャストが水瀬いのりさんだったのも大きなポイントだったり。


・OP部門
Save you Save me(刀使ノ巫女 1クール目)
「女の子が主体の活劇作品」の主題歌としてとても明快な印象であり、映像込みでなら今年の中で1番好きになりました。

・ED部門
該当なし

・主題歌部門
●サーチライトと月灯り
本編では短縮して使われていたので「映像込み」としてはOP部門にランクイン出来なかったものの、歌単体としては今年の最高傑作なアニメソングでした。
こういう出会があるからこそアニメ視聴はやめられない、そう思わしてくれる素晴らしい曲でした。

開く コメント(1)


こちらのブログのルールにしたがって2017年アニメの評価を行いたいと思います。

おちゃつのちょっとマイルドなblog 2017年アニメアウォーズ!



〜2017年アニメアウォーズ〜
・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上) 



※注意事項等
2017年のTV放送分が対象。過去作の再放送は対象外。OVAや劇場版なども基本的には対象外ですが特に紹介したい場合、部門を別に作っちゃってください(OVA部門、など)。
・年をまたぐ作品、未完作品などに関して選考対象にするかどうかはおまかせします。
・何を選んだかだけでなく、簡単でいいので選考理由等も書いて魅力を語ってください(ただし致命的なネタバレは書かないようご注意を。)

------------------

●最優秀作品
亜人ちゃんは語りたい

今年はこれが断トツの評価でした。
ちょくちょく増えてきている「他種族交流」をメインにした作品であり、昨今の例の漏れず「違い」を「個性」という視点で見つめていく作品でした。
ただ、その一方で「違いがあること自体は事実」であり、それをどう受け止めて描いていくか。

それが主人公であり教師の高橋 鉄男だけではなく、鉄男の行動がやがて生徒達の自主的な考えに繋がっていく展開はとても理想的で心地の良い展開でした。

「他者を受け入れる優しさに溢れたアニメ」としてはとても素晴らしい出来栄えだったと思います。


■優秀作品
南鎌倉高校女子自転車部

自転車を題材にした部活モノ作品。
原作の序盤を買ってたのもあって多少展開を知りながらの視聴だったけど、自転車選びからレースシーンまで上手く映像に落とし込めていたのが好印象でした。

ただ、やはり原作付き作品の宿命か、どうも1クールで分配するのに区切りのいいところが見つけられなかったのが惜しかったところ。

■優秀作品
サクラクエスト

簡単には描けない題材を用いながらもあくまで「フィクション」としての節度を持ちつつ、それでも真摯に題材に向き合えていたのが好感触でした。

「PAのお仕事シリーズ第三弾」として 花咲くいろは や SHIROBAKO の系譜として宣伝されつつも、花咲くいろは は兎も角 SHIROBAKO との同一カテゴリーでの括りは損をしていた部分はあったかなぁと感じるのが残念なところ。

それでも、学生より上のメンタルを持った違う素質を持った5人のメンバーが一つの目的の為に共同で絆を積み上げていく様子は観ていてとても気持ちが良いものでした。


■特別作品
Re:CREATORS

ネットではすこぶる不評が多かった(苦笑)けど、個人的には結構好きなアニメでした。
2クール弱でかつ少々挑発的な総集編を1本挟むという構成もちょっと失敗気味で、もう少し各シチュエーションを膨らませた完全版として観たかった印象はある。

ただ、それを差し引いてもキャラクターの魅力、フィクションと現実が入り混じながらの面白い構図ととても楽しめた。



・男性キャラ部門 真壁 政宗(政宗くんのリベンジ)
「自分に惚れさせて壮絶に振ってやる」という凄まじい行動原理で動いていた主人公だったけど、花江夏樹さんの演技がとてもバランスを保ってギャグとシリアスの塩梅を上手く描けていた男性でした。

・女性キャラ部門 高砂 智恵(エロマンガ先生)
またこういう「ンモー報われなさそうなポジションのヒロインが好きになる〜」という感じで(苦笑)
とても活き活きとしたキャラクター描写でドストライクでした。
また、ラノベをバカにされた時に発言した「戦闘民族足立区民」も最高にツボ(笑)


・OP部門
アイコトバ(アニメガタリズ)
Lupinus(サクラクエスト2クール目)

・ED部門 
グッドラック ライラック(アニメガタリズ)
Elemental World(政宗くんのリベンジ)

開く コメント(3)

こちらのブログのルールにしたがって2016年アニメの評価を行いたいと思います。

おちゃつのちょっとマイルドなblog 2016年アニメアウォーズ!

-------------------
・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上) 


※注意事項等
2016年のTV放送分が対象。過去作の再放送は対象外。OVAや劇場版なども基本的には対象外ですが特に紹介したい場合、部門を別に作っちゃってください(OVA部門、など)。
・年をまたぐ作品、未完作品などに関して選考対象にするかどうかはおまかせします。
・何を選んだかだけでなく、簡単でいいので選考理由等も書いて魅力を語ってください(ただし致命的なネタバレは書かないようご注意を。)
-------------------

アクティヴレイド -機動強襲室第八係-
アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd
あにトレ!XX 〜ひとつ屋根の下で〜
あまんちゅ!
ガーリッシュナンバー
学戦都市アスタリスク(2期)
この美術部には問題がある!
最弱無敗の神装機竜
食戟のソーマ 弐ノ皿
ステラのまほう
タイムトラベル少女〜マリ・ワカと8人の科学者たち〜
だがしかし
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
灰と幻想のグリムガル
ハンドレッド
パンでPeace!
ラブライブ!サンシャイン!!
レガリア The Three Sacred Stars
ろんぐらいだぁす!
NEW GAME!
怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜



●最優秀作品
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?

もうこれは断トツ。
2016年の1位というより自分の中で殿堂入りの最上位クラスに入り込んだアニメでした。

適度にフィクションであり、適度に情操教育にも通じる現実的な題材を活かした内容を過不足描いたのが観ていてとても気持ち良かったです。
ラブコメ要素も高く、特殊な設定ではない日常を舞台にしたスクールライフアニメとしても面白かったです。

原作にも手を付けており、取捨選択と映像への落とし込みの上手さも実感して文句無しの最優秀作品でした。


■優秀作品
学戦都市アスタリスク(2期)

1期の時は同種ラノベ原作アニメの方が面白いと言われ続けてこちらのファンとしては悔しい思いをしましたが、2期に入ってより面白さが増して楽しめたアニメでした。

現代のラノベ原作アクションアニメとしては正統派のバトルアクションに仕上がっていたと思います。

特に16話(2期4話)は全編通してカタルシスに満ちていて、近年のアニメ作品としてはかなり高いレベルで充実感がありました。


■優秀作品
ステラのまほう

全体的にバランス感覚が良く、嫌味のない範囲ながらもゲーム作りや人間関係の問題に向き合う様が上手い采配だったと思います。


●キャラ部門
・男性
天霧 綾斗(学戦都市アスタリスク(2期))
所謂「ハーレムアニメの主人公」の鈍感さはありつつも、戦闘にも人間関係にも真摯だった好漢。
ヒロインのアプローチするシチュエーションが整理されてたお陰であまり「鈍感」な部分も目立たず、戦闘面に関しても主人公として相応しい活躍を多く見せてくれてとてもカッコよかったヒーローでした。


・女性
小日向 光(あまんちゅ!)
天野こずえさんの世界観の登場人物として「素敵」を提供する明るさがとても良かったです。
その一方で迷いのない明るさではなく、てこ の事に対して悩みそして自分も成長していく姿がとても輝いて見えました。

演じた鈴木絵理さんの好演もとても大きく、素晴らしい血の通ったキャラクターになっていたと思います。



●OP部門
該当なし

OPは突出した作品が思い浮かびませんでした。



●ED部門
学戦都市アスタリスク(2期)
愛の詩-words of love- 歌千菅春香さん


千菅春香さんの歌唱が素晴らしく今年のアニメの中で一番印象に残りました。
EDも千菅さん演じるシルヴィア・リューネハイムの歌唱と各校のイメージ像が壮大で、アスタリスクの世界観を後押するとても広がりのある素晴らしい映像でした。


■映画部門

・ポッピンQ
表から見ればダンスと異世界という要素が目立ちますが、蓋を開けて見れた王道な異世界冒険ファンタジーとそれを通した成長の物語。同じ東映アニメーションというのもあるんだろうけど、テイストとしては「デジモンアドベンチャーの再来」と言ってもいいくらいなワクワク感でした。
「悩みや問題を抱えた人物が異世界だったり異なる環境を通して成長して現実に戻る」メソッドが大好きなのもあるけど、そういう意味では実に自分好みで満足な映画でしたね。

開く コメント(2)

開く トラックバック(2)

自己紹介(現 暫定)

好きなウルトラマン 
マン 
帰マン 
タロウ 
ザ☆ 
80 
グレート 
平成セブン 
ネオス 
ネクサス 
マックス 
メビウス 
ゼロ(一連のOV&映画) 
ギンガ2作 
オーブ 

好きな仮面ライダー 
アマゾン 
スカイライダー 
スーパー1 
BLACK 
BLACKRX 
ZO 
カブト 
ディケイド 
ダブル 

好きなスーパー戦隊 
ジャッカー電撃隊 
バトルフィーバーJ 
超獣戦隊ライブマン 
地球戦隊ファイブマン 
激走戦隊カ〜レンジャー 
忍風戦隊ハリケンジャー 
爆竜戦隊アバレンジャー 
轟轟戦隊ボウケンジャー 
獣拳戦隊ゲキレンジャー 


その他好きな特撮 

超星神シリーズ3作(超星神グランセイザー 幻星神ジャスティライザー 超星艦隊セイザーX) 
ジャンボーグA 
ミラーマン 
マグマ大使 
キャプテン・ウルトラ 
トリプルファイター 
緊急指令10-4・10-10 
スーパーロボットマッハバロン 
超人機メタルダー 
スーパーロボットレッドバロン 


好きなアニメ 
ー殿堂入りー 
truetears 
スケッチブック 
スカイガールズ 
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 
ヘヴィーオブジェクト 
アオハライド 
わかば*ガール 
恋愛ラボ 
亜人ちゃんは語りたい
ーー 
ARIAシリーズ 
かしまし-ガール・ミーツ・ガール- 
とある科学の超電磁砲 
夢喰いメリー 
今日の5の2(TVアニメ版) 
花咲くいろは 
たまゆら 
モーレツ宇宙海賊 
TARI TARI 
ブラック★ロックシューター(OV版 ノイタミナ版共に) 
あの夏で待ってる 
あそびにいくヨ! 
ガッチャマンクラウズ 
プリティーリズム・レインボーライブ 
とある飛空士への恋歌 
一週間フレンズ。 
異能バトルは日常系のなかで 
ログ・ホライズン 
冴えない彼女の育て方 
四月は君の嘘 
アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 
学戦都市アスタリスク 
月刊少女野崎くん 
ステラのまほう 
NEW GAME! 
あまんちゅ! 

好きな映画
ゴジラVSビオランテ
ゴジラVSキングギドラ
ゴジラ×メガギラス G消滅作戦
ゴジラファイナルウォーズ
超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち
キングコング対ゴジラ
怪獣島の決戦 ゴジラの息子
ウルトラマンコスモスTHE FIRST CONTACT
大決戦!超ウルトラ8兄弟
ウルトラマンゼロ The MOVIE
ウルトラマンサーガ
惑星大戦争
アルプスの若大将
リオの若大将
文学少女
花咲くいろは HOME SWEET HOME
言の葉の庭 
ニッポン無責任野郎
クレージーの怪盗ジバコ
ラヂオの時間
Wake Up, Girls! 七人のアイドル
THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!
モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-
新Mr.Boo!アヒルの警備保障
007 ムーンレイカー
ザ・タイガース 世界はボクらを待っている
アオハライド(実写映画版)
キャノン・ボール
ずっと前から好きでした。〜告白実行委員会〜
アウターマン
ポッピンQ
好きになるその瞬間を。〜告白実行委員会〜

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

こちらのブログのルールにしたがって2014年アニメの評価を行いたいと思います。


-------------------
〜2014年アニメアウォーズ〜
・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上) 


・2014年のTV放送分が対象。過去作の再放送は対象外。OVAや劇場版なども基本的には対象外ですが特に紹介したい場合、部門を別に作っちゃってください(OVA部門、など)。


・年をまたぐ作品、未完作品などに関して選考対象にするかどうかはおまかせします。


・何を選んだかだけでなく、選考理由等も書いて魅力を語ってください(ただし致命的なネタバレは書かないようご注意を。)

---------------------
視聴作品

アオハライド
一週間フレンズ。
犬神さんと猫山さん
Wake Up, Girls!
エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜
お姉ちゃんが来た
ガールフレンド(仮)
彼女がフラグをおられたら
GO!GO!575(放映分)
ご注文はうさぎですか?
SHIROBAKO
スペース☆ダンディ
大図書館の羊飼い
旦那が何を言っているかわからない件
デンキ街の本屋さん
とある飛空士への恋歌
ニセコイ
ハナヤマタ
普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。
未確認で進行形
ラブライブ!
RAIL WARS!

---------------------

●最優秀作品 アオハライド

アオハル=青春を謳っている通り、懸命に考えて行動して生き抜く「青春賛歌」と呼べる内容で好みでした。
個人的な感触としては女性キャラがキャッキャしてる作品よりも男女が恋に学校に精一杯ぶつかっていく作品の方がより心に響くらしく、当方の今まで観たアニメの中で最も心に残った作品であるtruetearsに匹敵するだけの手応えになっていたと思う(無論、truetearsの初見時から時間が経過してしまっていtて、影響が弱まっているのもあるけど)作画の統一感と綺麗さ、キャストの熱演とバランス、どこを見ても恥ずかしくない仕上がりであり、後に公開された実写映画が「詰め込む」タイプの構成だったのも含めて対比としても上手く差別化できていたように感じる。


●特別賞 一週間フレンズ。
設定がまず卑怯なほど切なく、そして藤宮さんの為に下心があっても健気に接していく長谷くん。そんな二人の「友達になる一歩」を繰り返す健気な営みがとても心に残りました。珍しく原作も買い、この一週間フレンズ。の世界観自体が気に入ったのです。
世界を救う、何かに勝つ、そんな話ではなく「友達と友達が1つ1つの交流」を大事に丁寧に描写していく。喧騒を突き抜けた先にある静かに暖かく積み重ねられた世界の話を見せてくれたアニメだと思います。


男性部門
・主演男優賞 カルエル・アルバス(とある飛空士への恋歌)
ロミオとジュリエット・・・に見えて自身の身分を隠し息を殺し生きてきたシャア・アズナブルのような少年。しかし、敵たるニナに対しての想いから憎しみを乗り越えて「漢」を見せてくれました。

・助演男優賞  小湊 亜耶(アオハライド)
軽いように見えて友達想いの熱いやつ、と書くと安っぽい響きになるけど彼に関してはその文句がピッタリでした。そこら辺は恋愛ドラマに近い人物配置をしてる少女漫画原作というのも多分にあったと思うので、同じようなポジションのキャラがいる事が多い恋愛ゲーム原作の作品のような「非現実的な軽さ」というのが少なかったのも印象に残った要因なのかもしれない(この感触は実写映画の方でもより強く感じることが出来た)


女性部門
・主演女優賞 吉岡 双葉(アオハライド)
「何かに秀でている訳でなく、本人の日常は常にテンパり気味。しかし、今を懸命に生きて他人の為に尽力を発揮する」という自分の中で主人公としても理想的な形をほぼほぼ満たしてる女性でした。内田真礼さんのテンパリ気味な演技が好きなのでそれを思う存分堪能できたのもまた素晴らしかったです(苦笑)

・助演女優賞 カメ子(デンキ街の本屋さん)
地味なポジションながらも可愛い言動で楽しませてくれたキャラでした。ドラマCD時代はそんなに気にならなかったけど、アニメ化して一気に化けたと感じています。

●OP部門 虹のかけら(一週間フレンズ。)
一週間フレンズ。はEDで使われた奏に注目が集まっていた印象に感じたものの、どちらかというと出来や内容とのマッチングとは別に「雨宮天さんが奏でをカヴァーする」という事情に注目が集まってしまった印象がある。それに対して、OPの方はEDに隠れがちだったものの、作品世界とのシンクロや映像とのマッチングを含めて実に印象的にまとまっていたのではないかと思い、総合的にこちらを個人的な大賞に推しました。

次点ではアオハライドのOP。
「たった1ミリが遠くて」という部分での映像との共感率が高く、毎週楽しく観れていました。

●ED部門  まっしろわーるど(未確認で進行形)
曲自体が可愛らしい掛け合いの歌い方になっており、武山篤さんの手がける可愛らしいキャラが繰り広げる寸劇とのマッチングが素晴らしかったです。キャラが動くタイミングも凝っており、分裂する ましろ からサビの主要キャラの流れに移る辺りは本当に最高でした。OPが曲と映像共に良くも悪くも無難な線でまとめていたのに対し、こちらは本当に1つ1つが丁寧に作り込まれているように感じました。特に縦横無尽な仁子ちゃんの動きは最高でした。

次点ではデンキ街の本屋さんも印象に残ったものの、こちらはED映像のアイディアの良さに対して逆に曲の印象を薄くしてしまっているのが惜しかったなぁと思う。

開く コメント(2)

開く トラックバック(2)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事