ここから本文です
ナベ 「……で、ごめんなさい!」
よしもと芸人 ナベのブログ

書庫日記

記事検索
検索

全157ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

皆さん、お疲れ様です。


ご報告が遅れましたが、この度、僕はナベは、8月31日をもって、芸人を辞めました。


北海道の大学で知り合った、タケトとハブとBコースというトリオを組み、北海道のオーディション番組がきっかけで、よしもとで芸人を始め、


大学3年生から東京の銀座7丁目劇場に立たせてもらい、Bコースで16年。Bコース解散しピン芸人として2年半。芸歴19年目にして、芸人を辞めました。


同期は、よしもとの養成学校NSCの二期生。


NSCの卒業生でいうと、都市伝説の関暁夫、ギンナナ、ガリットチュウ、増谷キートン、しんじ、佐久間一行、くまだまさし、カートヤング、北条ふとし、他にもいたような気がするけど………


NSC出身ではないけど、ニブンノゴ、レイザーラモン、マンボウやしろ、バットボーイズ、あべこうじ、井上マー、たくさんの同期がいる。


誰か忘れてたら、本当にごめんなさい。


芸歴19年、人生の半分を芸人としてやってこれたのも、たくさんの同期や後輩、そして先輩、社員さん、関係者の方々に知り合い、助けてもらい、協力してもらい、たくさん笑って頂けたからだと思います。


この世界で感じたことは、芸人さんは、どんな事でも「笑い」に変えて、救ってくれる素晴らしい仕事だということです。


僕の場合は、どんな事でも、周りの皆さんに「笑い」に変えてもってきた方なので、偉そうな事は言えません……ごめんなさい。



大阪のNGKにも立たせて頂きました。
舞台の下からセンターマイクが、スッーと上がってくるんです。


そして、新宿のルミネtheよしもとの劇場は、まだ劇場ができる前の週末だけの公演の時から、前説をさせて頂き、劇場が出来てからも出番を頂く事ができました。


そういう素晴らしい環境でネタをする時もあれば……


ビアガーデンの酔ったお客さんの前で漫才をする時もあり、ネタ中にシュウマイが飛んできて、舞台に転がったシュウマイを見つめ、一瞬ネタが止まった事もあったり……


プロレス会場での仕事と言われ、行ってみたらプロレスのリング設営、そのあとはお客さんとして、盛り上げたり……


半袖短パンの衣装を揃えてた時は、スキー場での餅つき大会を盛り上げる仕事で、


スタッフさんから、寒いからと、スキーウエアに着替えさせられ、餅つきをする子供たちに「ヨイショー!ヨイショー!」と盛り上げ、

本当のスタッフさんと見分けがつかなくなったり……


イルカショーの前にネタをやった時は、ステージとお客さんの間に、プールがあり、ウケてるのかどうかもわからない状況で、


結局、3人ともプールに落ち、どうにかお客さんは、盛り上がったんじゃないかな?と満足気に帰ってくると、


スタッフさんに「メガネは?」と聞かれ、伊達メガネだったので、水中に落ちたことには気がつかなかったのですが、


「あっ、大丈夫です。安物なんで拾わなくて」と答えてる最中に、スタッフさんが食い気味で……

「違うんだよ!イルカが食べたらどうすんだよ!」と怒鳴られたり……


なんだか色々思い出してきたけど、とにかく素晴らしい環境や、やりづらい環境で仕事をさせてもらい、精神的には強くなれた気がします。


なので、これから40歳を手前に、社会人一年生になります。どんな環境でもやっていけそうです。


39歳、社会人一年生の渡辺です!


飲んでる席でも「まだまだ社会人一年生なんで、残り物は全部いただきます!」

胃袋はおじさんなのに、一年生ぶったりすると思います……ごめんなさい。



そして、この前、品川庄司の品川さんが、ポテト少年団のなかちゃんと、僕の送別会を開いてくれました。


そして、そこになんと!庄司さんが、ドンペリ持って、お疲れ様!と来てくれたんです!


品川庄司さんとは、プライベートでも別々にお世話になっていたのですが、プライベートでお二人が揃うところを19年、一度も見たことがなかったので、すごく感動しちゃいました。


他にも仕事の都合などで来れない方もいましたが……


ダイノジさん、元チャイルドマシーンで、現在新喜劇の山本吉貴さん、ガリットチュウの熊ちゃん、ギンナン菊ちゃん、インパルスの板倉、コンマニセンチの竹永が集まって下さり、7丁目からの先輩方や後輩と楽しい時間を過ごさせてもらいました。


イメージ 1



芸人人生、いい事、悪い事、色々ありましたが、素敵な方にたくさん出会え、たくさん勉強させて頂けてたことが、僕の財産になりました。


結果的に、芸人人生19年間、プラスで終われました!


芸人の先輩方や同期、後輩の皆さん、関係者の皆さま、知り合った皆さま、そして、応援して下さったお客様、携わらせて頂いた方々とても感謝しております!

最後まで、ありがとうございました!
この前、東野さんから、URLだけ添付されたメールが来た。


URLだけ・・・・他に情報が一切がない。



何もコメントがない事が、少し気持ちが悪かったが、とりあえず、そのURLを開くと、ある記事が出てきた。



記事のタイトルが・・・・



「東野が投稿した悩める後輩芸人の姿に反響。いのっち?稲垣吾郎かと思った。」



記事を簡単にいうと、東野さんにご飯に連れて行ってもらった時、東野さんが「悩める後輩芸人ナベくん、視線の先は、自分の未来を見つめて震えているのか!」とコメントをつけて、僕の横顔をインスタグラムに投稿したところ・・・・



見てる人から「知らない。誰?」などのコメントの中に、「いのっち?」「稲垣吾郎かと思った。」というコメントもあったり・・・


他には「これを機会に頑張って!」などの応援してくれるコメントがあったり、僕のブログのことにふれてくれてる記事。


その記事のURLです。


ぜひ読んでから、ブログの続きを読んで下さい。




すごくありがたい事です。


けどなんです!


この記事の内容をどうこう言うつもりは一切ありません。



この記事を書いた方は、とても優しい、誰も傷つかない内容でしたし・・・・


けどです。


けどなんです。


あの僕の横顔の写真、なんでこんな不安な顔をしてるのかわかりますか?



東野さんのインスタグラムのコメントのように、自分の未来をみつめて震えてたから?


いいえ、ちがいます。


未来に震えたわけじゃありません。


一緒にいた東野さんの行動に震えてたんです。


カウンターの席で真横にいる僕の写真を撮る時、僕にバレないように、隠し撮りをしてたんです。



先輩なんで、サッとカメラを向けて、パシャっと撮ってくれれば良かったのですが・・・・



東野さんは、携帯をいじるフリをして、ゆっくりと、ゆっくりと、携帯を角度をかえて、僕の方に向かせていくんです。



携帯を持つ手が、変な角度に曲がってるのに、そんなことも気にせずに、どんどん角度をかえてくるんです。



40歳半ばのおじさんが、真横で、相手にバレてないと思って、ゆっくりと携帯をこっちに向けて、必死にアングルを気にしてるんです。



何してるんですか?と言いたいけど、恐くて声がでない。



電車でチカンにあった女性がやめて下さい!と言えない、
声が出ない。というのは、こういう事なのか?と少し思いました。



なので、あの横顔の真相は、盗撮されてる恐さからの不安な顔だったんです。
盗撮の恐さのせいで、震えてたんです。



これが、あの横顔の真相です。



と言ってますが、東野さんのおかげで、記事になって、僕の事を知ってくれ人がいるので、ありがとうございますとしか言えません。



けど・・・バレバレでした・・・ごめんなさい!

だいぶ前になりますが、去年12月末に、中国語の授業が、教科書上下巻をすべて終え、終了しました!


そして、去年の年末に、4年間お疲れさま会と忘年会を兼ねて、東野さんがご飯会を開いてくれました。


イメージ 1

中国語の生徒達と先生です。


東野さん、華丸さん、ダイノジ大地さん、Mr.都市伝説の関暁夫。


思い返せば、あっという間の4年間。


中国語の先生は、始まった当初は、まだ浪人生・・・・


メガネをかけ、髪の毛を無造作に束ねた日本に来たばかりの留学生という感じでした。


しかし、大学生になると・・・・


どこで覚えたのか「ジーマで、バイヤーーー!」と、マジでヤバい!という意味の聞いた事もない日本語を使いだし・・・・


最初の頃の上品な敬語もすっかりなくなり「前にもやったじゃねーーかよ!ブシー!」と汚い言葉で授業をするようになり・・・・


ある時、東野さんのテレビの関係で、行列の取材が入った時は・・・


なぜか先生は、メガネから、コントクトレンズにかえ、今まで見た事もない短いスカートで授業に来たり・・・・


夏休みには、故郷の中国に帰る事など考えもせずに・・・・


夏の観光スポットの雑誌を見て、「やべ〜!行きたい所いっぱいあるよ〜!ううううう〜〜〜!」と体を震わせ・・・・


しまいには、「ガングロになりて〜〜〜!」と叫んでました。


あの時、先生のテンションに、みんなガングロが、日本でもう流行ってないなんて、言えなかったのを覚えてます。


その後も先生は、九州旅行をしたり、東北を一人旅したり、フランスにも旅行してました。


大学生活も充実してるみたいで、毎年学園祭の時期になると、授業そっちのけで、「みんな遊びにきてよ〜〜〜〜!」と無邪気に誘ってきました。


もちろん、東野さん、華丸さんは仕事で来れるはずもなく、もし仕事がなかったとしても行く訳がなく、毎回僕が行くことに・・・・



最後の学園祭では、先生はアナと雪の女王のお芝居で、エルサを演じ、後輩達をバックダンサーに、レットイットゴーを中国語で見事歌いきり、500人近いお客さんから、拍手をもらってました。



なぜかその先生を見た時、先生良かったね。日本に来て、こんなに拍手もらえるようになるなんて・・・・。と、親心というか何なのかわかりませんが、感動して、涙が出そうになりました。



でも、涙が出そうになった瞬間、涙が出そうになってる自分に冷めてしまい、ピタッと涙が止まりました・・・・ごめんなさい!



そして、学園祭だけでなく、カラオケやディズニーランドの誘いも全部、先生が何か誘うたびに、東野さんはニヤニヤしながら、先生の誘いを全部、僕に押し付けてきました。



時には、僕にお金を握らせ、「カネやるから、これで文句ないだろ!」と言わんばかりに「ナベくん、先生、お願いね・・・」とニヤニヤしながら言ってきました。



ご飯をおごることや、お金を渡す事で、人は言いなりになると思ってる、お金持ちのイヤな部分を見た気がします・・・・・



結局、先生は、渋谷109で「ここの社長さんと結婚したいよ〜!」とか、ディズニーでは「ここに一生、住みたいよ〜!」と叫んでました。



とにかく、そんな先生と、4年間のお疲れさま会と忘年会をかねたお食事会。



会の終わり、先生に、生徒のみんなの写真を張った色紙と、先生への感謝の手紙を書いて、読み上げました。


すると、先生は・・・・・・


ううううううう・・・・・・


先生どうしたの?と聞くと・・・・


ううううううう・・・・・・


先生泣いてるの?


ううううううう・・・・よくわからないよぉ〜



まるで感動という感情をプログラミングされてないロボットが、この感情をどう処理していいか戸惑ってるみたい・・・・・



ずっと「ううううう・・・・・」と唸ってる。



するとロボットはこんな事を・・・あっ、先生は言い出した。



文化祭のお芝居が終わったとき、私は終わったぁ〜!イエ〜イ!とテンション上がって騒いでるのに、周りの日本の学生は、みんなは泣いてるの。




なんで泣いてるんだよ!全然意味がわかんねーよ!と、私は騒いでたけど・・・・・



今、なんかわかるような気がする・・・・



そういうと、先生は涙を流した。


なんかよかったな〜と先生の涙を見て、みんな笑らった。


そして、お店を後にしようよした時、先生が叫んだ。


「うううううう〜!心まで、ニッポン人になっちゃったよ〜〜〜〜!」


その一言を聞いて、みんな笑って、中国語の会は、終了しました。



そういえば、・・・HSK中国語検定試験4級の結果。


不合格でした。あと12点。


ギリギリでもいいから、合格して終わりたかった。


先生、合格出来なくて・・・・ごめんなさい。


明けまして、おめでとうございます!



元旦に、今年もロッシーさん夫婦と同期のガリットチュウ熊ちゃん、ギンナナ菊ちゃんと、初詣に行ってきました。




毎年おみくじの時は、真剣です。
筒の振り方も人それぞれ………


イメージ 1



僕と熊ちゃんは、大吉!と願いを込めて、カチャカチャ振り・・・


ロッシーは、カチャ!と一回だけ降るクイックな筒の振り方。



正直、その一回の振り方クイックすぎて気持ち悪かったです……ごめんなさい!


そして、大吉が出ますように!と、大吉を出すために、おみくじの周りのお稲荷さんにお願いする菊ちゃん!



そして、みんなで発表!




特に、同期三人は、お互いが、この2人には負けたくない。


俺は、こいつらよりは上だ!という意識が強いので、お互いの結果が気になります。



イメージ 5





結局、「大吉」は一人もいませんでした。


覚えてるのは、ギンナナ菊ちゃんが「凶」だったんです……ニヤニヤ。


でも「凶」だから、ダメってことではないですよね……


考えようでは、少ない確率の凶を引くのもすごいし……


これ以上、運気が下回ることがないから、今後上がっていくことですよね……


「凶」でも落ち込むことないんですよね……


菊ちゃん……


ニヤニヤしちゃって……ごめんなさい!



そして、みんなで絵馬を買い、絵馬に今年一年の豊富を書いて、どこに絵馬をかけました。


絵馬をかける場所も毎年みんな真剣に悩みます。



イメージ 2



最後は、みんなで記念撮影!


イメージ 3



過去3年分。見比べるとやっぱりみんなおじさんになってます……ごめんなさい!

そして、同期三人でも記念撮影!


イメージ 4



今年が左です。



間違い探しみたいになってました……ごめんなさい!



参拝した後は、毎年、境内のお茶屋さんで、ロッシーさんに、甘酒やおでんをご馳走になって、一年の始まりを迎えました。



絵馬に書いた願い事が叶うように頑張っていきたいと思います!


みなさん、今年もよろしくお願いします!


みなさんも、良い年でありますように!
ガリットチュウの熊ちゃんが目黒の大鳥神社の酉の市で商売繁盛の熊手を初めて買ったみたい。



そもそも酉の市の熊手は、商売繁盛、運をその熊手でかき込む。金銀をかき込む道具として縁起物。




次買うときは、前回の倍のものを買うのがいいみたい。




そして、話を聞いててニヤニヤしてしまったんですけど、神社で買った熊手を持って、家まで歩いて行くんですって……




熊ちゃんは、初めて買ったので1000円の小さいもだったらしいのですが……




その小さな熊手で運をかき込もうと、家まで恥ずかしさを捨て、必死に色んなところをかき込んで帰ったんですって……




その様子を想像したら、笑ってしまいました……ごめんなさい!




おじさんが、夜な夜な初めて買った小さな熊手で、ウキウキしながら、目に見えない運をつかもうと、色んなところで空をきってるんです。




………カワイイ笑。





そして、熊ちゃんは、イスラエル料理でたまにお手伝いしてるんですが、そこのお店は、前にも話したと思いますが、お肉とイスラエルワインが有名なお店。




こんな前菜や……


イメージ 1





こんな熟成肉があるんです……


イメージ 2





そして、そのお店で使ってる大きな赤ワインのグラスで飲んでるお客さんがカッコよく見えたのか?すぐに100円ショップでワイングラスを買ったみたいです。



………カワイイ笑。




でも、熊ちゃんは、赤ワインの味は、大人すぎるみたいであまり飲めないので、フルーツをワインにつけたジュースのようなサングリアで大人気分を味わってるみたい……




そして、そのお気に入りのワイングラスで、サングリアをいただきました。




イメージ 3






サングリアを注いだグラスの写真を撮ると………




奇跡的に、テレビ番組のセットの花が写り込んで……すごくカワイイ写真になりました!



写真を撮りながら、これ白ワイン用じゃないかな?と思ってましたが……




赤ワインをグラスで飲むことに憧れてる熊ちゃんを見たら、言えませんでした……ごめんなさい。

全157ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事