ここから本文です
ナベ 「……で、ごめんなさい!」
よしもと芸人 ナベのブログ

書庫日記

記事検索
検索
あっ!ピザ食べたい!

ピッツァが食べたい!

思う存分PIZZAが食べたい・・・・
お店で、1枚お持ち帰りすると、もう一枚無料なんてあるけど・・

お持ち帰りしたら、思う存分食べれるけど、持って帰る間に冷めちゃうし・・・

じゃあどうしよう?作ってみる?

という事で、ピザ生地から、ピザ作ってみました!


クックパットで、つくレポの多いレシピをみると・・・・


強力粉・薄力粉・ドライイースト・オリーブオイル・塩・砂糖・水


あら!簡単!早速作ってみました。

イメージ 1


材料を混ぜ、こねて、暖かい所で15分表面が乾かないように、放置。

放置する場所は、もちろん!お風呂場!

部屋のどこを探しても、暖かい場所ってここしかないですよね!

肉まん作りの時に、生地を発酵する場所で思いついた場所!


少し熱めのシャワーで、お風呂場を暖めてから、お風呂の椅子に生地を放置。


ドライイーストが、昔買ったものだったら、ちゃんと発酵してくれるか心配でしたが、見事にふっくら膨らんでました。



発酵して膨らんだこの瞬間が、すごく好きなんです。


この15分の間に、ドライイーストが生き返り、菌たちが生地をふっくらと醗酵させる。


だだの粉だった生地に生命を宿り、ふっくらと成長していく。

しかも、すごくやわらかくて、さわり心地がいい。


でも、ごめんなさい!こんなふっくらとした生地を・・・・


ガツン!ガツン!と、こねくり回してしまいました。



イメージ 2


実は、違う内容でブログを書こうと思って、わざとこんな写真の撮り方をしたんです・・・ごめんなさい!


本当は、優しく優しく、こねてこねて下さい。


そして、こんな感じでピザ生地を作って、好きな具材を盛りつけて・・・・・


イメージ 3


オーブンで15分焼いたら・・・・


イメージ 4


驚くほど簡単にピザが出来ました!


焼いたら生地が少し膨らむので、出来るだけ薄くすると、具沢山で何枚も食べれますよ。


そして、ピザの周りに、わざと薄力粉を少しつけて焼くと、焼き上がりが石焼きのように、粉が拭いて美味しそうに見えますよ!


お子さんの誕生日パーティーの時に、みんなでピザ作りでもどうですか?

ママ友の評判もいいですよ!


なんて書き出したら、主婦ブログのようになってしまいます・・・ごめんなさい!






先週、中国語の授業で先生に罵られ、
今週の授業は、先生と2人きりなので行きたくない。とブログに書いたところ・・・



授業当日、中国語の先生からLINEが届いた。



「ブログめっちゃわろた!今日は2人だけの授業!楽しみ笑笑笑」




「めっちゃわろた!」って!



ネット用語の「わろた」なのか、関西弁の「わろた」かわからないけど……



日本に来て3年目と思えない、日本語で・・・・



しかも「プップップッ・・今週はどう罵ってやろうかな!」と、おじさんを小バカにするような「笑笑笑」って表現まで・・・



先生からのLINEを見て、改めて行きたくないと思ったが、ズル休みなんてしたら……



「仕事してねーのに!何してんだよ!」


「既読になってんのわかってんだよ!起きてんだろ!なんでこねーんだよ!返事しろよ!」



なんてことに、そんなことを想像したら、ゾッとして、泣く泣く授業へ行くことに……




授業のある教室に入ると、先生は、大学の学園祭で「アナと氷の女王」のお芝居をするらしく、一人で中国語版のLet it Goを歌っていた。



僕が来ても、曲を流し、鼻歌を歌ったり……



ブログの話もさらっと、行きたくないって書いてあって、ブログ読んだら、めっちゃわろたわ〜!



あっ、LINEの文章、関西弁だったんだ。
時々、関西弁を使う先生。



それにしても、なんて自由なんだ・・・



ジーマでバイヤーと訳のわからない業界用語のような言葉をつかったり……



じゃねーーーよ!と汚い言葉をつかったり……



授業中、急にみんなでディズニー行こう!と叫んだり……



そんな自由な先生を見てて、ちょっと罵られた程度で、授業に行きたくないとブログで書いた自分が、恥ずかしくなった。




そして、僕も先生のように、何事も楽しむ気持ちを忘れてたと気づかされ……



今日の授業は、何があっても楽しもうと心に決めた。



授業は、「アナの雪の女王」の歌を中国語で歌って・・・・



「ありのままの〜」の部分が、中国語だと「スタバ〜スタバ〜」に聞こえたり……


「好いと〜ばぁ〜い!好いとぉ〜ばい」博多弁に聞こえたりして、楽しくなり……



教科書の中国語の文章や単語を率先して読み、授業を楽しんでました。



そして、授業終了時間になっても、勉強が楽しくなり、僕は、教科書の単語や文章を読んでると……



先生が……



「授業の時間過ぎてるけど、大丈夫?今日バイトはないの?」と聞いてきた。




授業を受ける前の僕なら、あっ!また罵られる?!と思っただろうけど 、今は違う。




何事も楽しめるようになった僕は、中国語で、明るく「メイヨー(ないよ)」と言った。




そして、「メイヨーゴンゾー。メイヨーチエン。(仕事ない!お金ない!)」と、さらにオーバーリアクションを付け足し、先生に言った。



すると、先生は、「メイヨーゴンゾー!メイヨーチエン!」と何回も連呼して、手を叩いて、笑ってた。



先生、楽しいね……


よかった。楽しんでくれてるね……


それにしても、すごい笑うね……


まあ、楽しんでるからいいか……


まだ笑ってる……


そんなに面白いことかな?


ねぇ……先生……


そんなに面白くないと思うけど……


なんで、そんなに笑ってるの……


ねぇ……先生……


もう笑うのやめてよ……


そう思って先生をみてると、先生は笑うのを堪えながら……


「ドゥービェン(渡辺)38歳!仕事ない!お金ない!やばいよーー!」


と言って、まだ笑ってる!


サイテーだ!やっぱり!バカにされた!罵られた!



僕は、悲しすぎて、涙ぐんでいた……


先生は、笑い過ぎて、涙ぐんでいた……


だから、授業に来るのイヤだったんだ……ごめんなさい!
やだ・・・・

明日の中国語の授業に行きたくない。

今までこんな気持ちになった事はないのに・・・・

でも、明日は行きたくない。

なんでこんな気持ちになってるかというと、先週こんな事があったから・・・・


中国語の会話練習で、先生に、あなたの1日を教えてください。と聞かれたので、僕は出来る限りの中国語で話した。


正直に、出来る限りの中国語を使って・・・


中国語を始めた頃に比べたら、信じられないくらいに話せるようになってる自分に少し満足しながら、長々と話した・・・・


話しながら、きっと先生も僕を「すごいじゃん!」と褒めてくれると思って・・・・

朝9時に起きて、中国語検定HSKの勉強したりして、ランチの中華料理のバイトに行って、休憩時間は、HSKの勉強、保育士の勉強、昼寝をしたりして、夜また中華料理のバイトに行って、帰ってきてから、ワインを飲んだりしてます。


といって、さあ先生!ここまで中国語で話せた僕を褒めてちょうだい!と待ち構えてた。


すると、先生は目を丸くして・・・・


「何してんだよ!ここの仕事(吉本の仕事)全然してねーーーじゃねーーーかよ!」
「38歳だろ!無職じゃネーーーーーかよ!」
「マジでヤバいよ!結婚できねーーーよ!どうすんだよ!」



と、僕を罵り始めたんです・・・・


そんな罵り続ける先生を、一緒に授業を受けてた東野さんがなだめてくれるかと思ったけど、東野さんは、そんな様子をただただ見て、あざ笑い・・・・


僕は、引きつる顔をどうにか笑顔にすることで必死でした。


途中、先生の罵声や東野さんの笑い声は一切聞こえず、スローに見えてました。


自己防衛本能が働き、脳がシャットアウトしたんだろう・・・


そんなことが、先週あったから、明日は行きたくない・・・・


そして、明日の授業は東野さんは、仕事でお休み。


先生と2人きりの授業・・・・

授業の合間に、チクチク言われるんだろう・・・・

「おい!無職!何してんだよ!これからどうすんだよ!」
「なに泣いてんだよ!泣いてる暇あったら、仕事しろよ!」
「おい!無職!」


はぁ・・・・明日の授業行きたくない・・・・

どんな授業になるんだろう・・・

怖いよ・・・・ごめんなさい!

ちょっと、暗い話になってしまったので、カフェ気取りの五穀米の手作りカレーやおいしいパン、IKEYAのホットドック、新宿のフレンチトーストの写真を見て、気分をかえてください・・・ごめんなさい!

イメージ 1







この前、同期のマンボウやしろくんのイベント「黒ひげナイト」がロフトプラスワンであったのですが……




やしろくんのイベントに来てた男性のお客さんから、こんなかわいいものを頂きました。




イメージ 1





なぜこれを僕にくれたかは、後にして、黒ひげナイトの説明を……




黒ひげナイトとは、オモチャの黒ひげ危機一髪を使ったイベントなんですが、これがものすごく面白いです。



1対1で対戦し、剣を刺していき、飛び出してくる黒ひげをキャッチすれば勝利。



キャッチする。すごく簡単と思うでしょうけど、そのキャッチが難しいんです。




なぜかというと……




剣を刺してから、いきなり飛び出してくる場合があったり、低確率のノーマルリーチ、高確率のスペシャルリーチと色んな演出あって……




その間に、剣を刺してない人は、黒ひげをキャッチされないように、相手と黒ひげの間に体を入れたり、手を払ったり、



相手を掴んではいけないが、相手を両腕でロックし遠ざけたりと、色んなやり方で防御する。




その攻防が、まるで格闘技のようで、ハラハラ、ドキドキで面白いんです。




スピードで相手の防御をかいくぐりキャッチしようとする人……



体の大きさや体重をいかし、パワーで相手を抑えつける人がいたり……




色んなタイプの戦い方で、黒ひげの人形をキャッチしようとするんです。




その様子をコロシアムのような席の配置で、お酒を飲みながらお客さんが観戦する。



お客さんも次第に見方がわかり、いいプレーには拍手が起こったり……



ああ〜!と落胆の声をあげたり……



キャッチした時は、もちろん会場一体になって、盛り上がる……




いい年したおじさんが黒ひげをキャッチする姿をみて、盛り上がる……とても不思議な空間です。




そして、その対戦をさらに100倍楽しく実況してくれるのが、南海キャンディーズの山ちゃん。



僕、自身の話だけど、山ちゃんのコメントで何度助けられたことか……




この日も、お客さんに頂いたフィギュアを使って登場し、ああ〜だ。こうだ。言ったのですが………



結局、山ちゃんがいなかったらとんでもない目にあってました。



とにかく、会場に一度足を運んで実際に見てもらえば、わかるのですが……




黒ひげ危機一髪でここまで盛り上がるイベントはないと思います。



決勝で、チョコレートプラネットの長田と対戦し、キャッチされ負けてしまいましたが……




あの長田のキャッチは、新たな黒ひげナイトの可能性が見えた気がしました。




3点飛びのように、あっちこっちにスライディングし、気がつけば、黒ひげ人形をキャッチしてる……




あれは、本当にすごかったです。




ちゃんと文章で伝えず、なんのことかわからないと思いますけど、見に来ればわかります……ごめんなさい。
大人になってから、その美味しさに気付く青じそやミョウガのように、今、パクチーにハマってます。




とにかくパクチーが入ってれば、なんでも美味しい状態になってます……ごめんなさい!



パクチー嫌いな人は、全く興味ない料理ばかりですが……




中華料理の蒸し鶏!中国語では白切鶏。
バイチェージー!



イメージ 1





そして、これも中華料理のスーラータン!
中国語で酢辣湯!ツゥラァータァン!


スーラータンの上に、パクチーはのってないですが、パクチーを入れると、タイ料理のトムヤムクンよりも強烈な酸っぱさはなく、さっぱり食べれて、美味しいんです。



イメージ 2





そして、これが本当オススメ!
パクチーをがっつり食べたい方へ!
これまた中華料理!



老虎菜!
ラオフォーツァイ!



イメージ 3





名前の由来は、虎に遭遇しても、あまりの辛さに声が出ないくらい辛いとか……



生の赤唐辛子や青唐辛子が和えてあるから、辛いは辛いですけど、入れる量を加減すれば、なんの問題もありません!




パクチー好きな人は、一度食べたら絶対ハマる料理です。




なんでこんなに中華料理が多いかというと、バイト先の中華料理屋で、気になった料理のレシピを聞いてるからです。




中国人の料理人は、とにかくいい人というか、バカというか……




どの料理も、レシピを聞くと、おー簡単ね!簡単ね!と、すぐに教えてくれます。



蒸し鶏のタレも、スーラータンも、ラオフォーツァイも……



そんな簡単に店のレシピ教えていいの?!と思うくらい……




これは難しいから、無理!
これは門外不出だからなど言わず……




作り方を聞くと、すぐにレシピの説明を始めます。




前に、昔ながらの赤いチャーシューの作り方を聞くと、わざわざ調味料をこれ!これ!これ!これ!とテーブルに並べてくれました。



人がよすぎて、ニヤニヤしてしまいました……ごめんなさい。




でも、少し疲れてくると、料理を作る時、ああ〜めんどくさいね〜!バカ野郎!と、急に口悪くなってイライラしたり……




かわいいお客さんを見ると……
おお〜かわいいね〜チュチュチュチュ!と笑って、テンション上がったり……



すごくわかりやすい性格で、子供のようです。



といっても、僕よりも年上の54歳ですけど……



なんの話をしてるかわからなくなりましたが……



結局、今、僕は、パクチーにハマってて、美味しい中華料理を作れるようになって、オレンジページの料理コーナーを意識した写真の撮り方をしてみました!




という、どうでもいいブログでした…ごめんなさい。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事