ここから本文です
ナベ 「……で、ごめんなさい!」
よしもと芸人 ナベのブログ

書庫日記

記事検索
検索
この前、野性爆弾さんのトークライブ終わりに、ロッシーさんにご飯に連れて言ってもらった。



イメージ 1




ご飯に連れて行ってもらうと、料理と一緒に写真をよく撮ってるのですが……




僕は、いつもカメラ目線で、ニコッと笑って、お箸で料理つまむ感じや、料理のお皿を手に持つよくある感じ……




イメージは、東京ウォーカーのグルメコーナーですが……




料理を紹介しないといけないのに、ご飯を食べてる僕、爽やかに撮れてますか?




僕、ちゃんと笑ってますか?という気持ちが顔に出てしまい、どうもダメなんです!



でも、ロッシーさんは……




目線をあえてカメラから外し、自分は、あくまでも料理を紹介する人であって、料理が主役!といった謙虚な撮られ方!



イメージ 2





どうです!すごく料理が際立ってますよね。



何か箸で持ってるけど、何だかわからない?



箸で持ってることすら、わからない。



そんな声も聞こえてきそうですが、ポテトサラダの下に引かれた長くて薄いきゅうりを持ってるんです。




何を持ってるの?なぜそれを持ってるの?と写真を見てる人に、気を引かせる手法なんです。



凄いです。ワンランクもツーランクも上の凄技!



イメージ 3





こちらはロッシーさんには、珍しくカメラ目線バージョン。




でも、これだと、読者は、目線の方に目がいき、料理は次。



そうすると、見てる方は、えっ?!何を持ってるの?



えっ!?何を持ってるかわからないのに、何でカメラ目線なの?となってしまいます。



あえてこれはダメですよ!と教えてくれたんでしょう。




みなさんも、何を持ってるかわからない物を手にした時は、カメラ目線を外した方がいいってことなんですね。




勉強になりますね。



イメージ 4




こちらの写真は、かなり前なんですが、餃子を使って、でっかくなっちゃった!とやってるように見えますが……



違います。



それなら、箸を持ってない方の手を添える必要はないですよね。



手を添えるということは……



どこかで見た覚えはないですか?
野々村議員が記者たちに質問されてる時、耳に手を添えてましたよね。



きっとそれを予知してたんでしょう。
すごいです!凄技です。



と、勝手、先輩つかまえて、ああ〜だ。こうだ。言って……ごめんなさい!

イメージ 1



この野菜たちの為にも、もっと中国語を話せるようにならないと………




この野菜たちは、東野さんが、北海道からお取り寄せした新鮮な野菜たち……




いつもは、家まで届けて頂いてるのですが、今回は、僕がバイト中だったので、バイト先で受けとりました。




最近、中国語の勉強のために、中国人スタッフだけの中華料理店を選んで、バイトを始めたんです。




昔もその理由で、中華料理店にいったのですが、なぜかインドネシア人しかいなくて、全く為にならないので、すぐやめたんです。




今回は、オーナーからスタッフすべて中国人。




多少、日本語も少し話せるスタッフもいるのですが、基本中国語しか話せないスタッフばかり……




そんなバイト先に、頂いた野菜の入ったダンボールを持ち帰ると、中国人スタッフが何かしゃべってる……




友達か?とか、なんだそれは?と言ってたと思う。



僕は、スタッフに、この野菜で何か料理できる?



みんなでこの野菜で、お昼ご飯にしよう……と片言の中国語でいった。




するとOK!OK!と、中国人スタッフは、野菜を物色し、大きなピーマンをひとつ取り出し、僕に見せた。





僕は、このピーマンで、チンジャーロースでも作るのかな?と思ってると……




中国人スタッフは、ピーマンをガリッとかじり、美味しい!美味しい!と連呼しニコニコしてる……




僕は思わず、「なに勝手に食ってニコニコしてんだ!」と言いたかったが……




中国語で何て言っていいか全くわからず……




結局、僕も一緒にかじって、美味しいねぇ〜!とニコニコしてました……ごめんなさい!





そして、野菜の中には、ホワイトとうもろこしという、生で食べれる珍しいとうもろこしが入ってて……




すごくジューシーで甘みが強く、フルーツみたいで、すごく美味しかったので……




中国人スタッフに、生で食べれるよ!とあげると……




おお〜ありがとう!と喜んで、一口かじると、すごい渋い顔をして、キッチンへ走って行った……



嫌な予感がしたので、後を追っかけていくと、ポチャンと麺を茹でる所に、とうもろこしを投げ入れ、湯がき出した……




僕は、片言の中国語とジェスチャーで、そのまま!そのまま!と伝えてるのだが……




中国人スタッフは、ニコニコしながら、OK!OK!と湯がききったとうもろこしをかじり、おお〜美味しいねぇ〜!美味しいねぇ〜!と喜んでる……




もっと中国語が話せたら、こんなことにならなかったのに……



頂いた新鮮野菜たちを美味しく食べてもらえたのに……




新鮮野菜たち……ごめんなさい!




僕はそんなことを思いながら、中国人スタッフに「よかったね。」と思ってもない中国語で一言、言った。





もっと中国語がしゃべれれば……




でも、どうにか美味しく調理してくれました。



ピーマンは豆板醤とラー油のタレで……

イメージ 2




小松菜やインゲン、ジャガイモは、炒めものや、中華風肉じゃがに……

イメージ 3




結局、美味しくいただきました。



【告知】


「ナベの○活やって……ごめんなさい!今回も涙活!」


8月22日金曜日19時〜21時


場所 BAR37(NANAMI)


東京都世田谷区三軒茶屋1-36-5 3F

03-5779-7478


三軒茶屋駅から徒歩五分以内


チケットは、お店でワンドリンク付きで1500円になります。

ゲスト/カラテカ入江くん/ポテト少年団


時間のある方、ぜひ遊びに来てください!
27時間テレビも終わって、もう8月……



最後の27曲ノンストップLIVE終わり、メンバーがお台場まで歩いていく中、脱退した森くんのメンバーへの手紙……



すごく素敵な関係なんだな…と思ってみてると、ポロポロ……ズルズル……ビシャビシャ……と感動して、泣いてた。




香取くんへの手紙でポロポロしだし……草?儒くんのところでビシャビシャに……
最後の中居くんのところでは、もう目をつぶって、手紙の内容を聞いてました。




自分でもなんでここまで泣くか?!ビックリするほど泣いてました。




27時間テレビでここまでないたのは、10年前、2004年のナイナイの岡村さんが具志堅さんとボクシング対決を見たとき以来………




はっきり覚えてないのですが、とにかく24時間以上起きて、体力のない中、倒れても倒れても立ち上って、立ち向かっていく姿にすごく感動して、めちゃめちゃ泣いたのを覚えてます。




春に感涙療法士の資格をとって知ったのですが、みんなそれぞれ泣きツボがあって……



家族愛であったり、兄弟愛、友情、ペット、動物、スポーツなど……



泣きやすいジャンルがあって、どこかで、自分も似たような経験があったな?と同じ状況じゃなくても、感動したりして、涙が出るんですって……




今回は、SMAPの解散ドラマや解散の危機があったとかなかったとか、新たなSMAPへのスタートとか……




その話を聞いてると、こんなに大スターでもそんな時期あったんだ……




トリオでもいい時期、悪い時期あるよなぁ……



ネタ合わせから、今後の話しあいして、話がそれて言い合いになって……



わかるわかる……



あっ!二年前に解散してた!?……ごめんなさい!



わかるわかるって、すべてが違うのにわかったようになって泣いて……ごめんなさい!




そういえば、解散してから後輩から聞いた話だけど……




僕がネコ好き!ネコ好き!と言ってたけど、実はハブも猫が好きで、携帯のアルバムにネコの写真いっぱい持ってたんですって……




僕に遠慮してたんですって……
かわいい過ぎる坊主です。





まあ、ダラダラ書きましたが、イベントやります!




8月22日金曜日に三軒茶屋の73(NANAMI)というオシャレなBARで涙活をやりたいと思います。




「ナベの○活(まるかつ)やって……ごめんなさい!今回は涙活!」




時間は、今のところ19時〜21時までですが、それ以降も飲んだり食べたりできます。




泣ける動画やいい話、感動する話をゲストのみんなと一緒にお酒やご飯を食べながら話して、みんなで癒され元気になろう!というイベントです。




涙活は、春に一度やったのですが、
お客さんや、ゲストのカラテカ入江くん、後輩のポテト少年団の内ちゃん、99%が泣いてスッキリ、笑って元気になりました。




100%でないのは、同じく後輩のポテト少年団菊ちゃんが、泣かなかったからです……




あの子は、すごく細かいところにも気がきき、色んなことを知ってて、尊敬できる後輩ですが、だいぶ深い闇を抱えてます。




ということで、今回のゲストも、カラテカ入江くん、そして、後輩のポテト少年団の三人になりました。




「ナベの○活やって……ごめんなさい!今回も涙活!」


8月22日金曜日19時〜21時


場所 BAR37(NANAMI)


東京都世田谷区三軒茶屋1-36-5 3F

03-5779-7478


三軒茶屋駅から徒歩五分以内


チケットは、お店でワンドリンク付きで1500円になります。



もしくはTwitterで行きます。と返信していただけたら、何人くらい来るのか把握できるので嬉しいです。


@bkousunabe




ちょっと最近、疲れてるので癒されたい、泣きたい、ただただ飲んでたい……



どうでもいい話だけど、聞いてよ!という方、ぜひ遊びに来て下さい!


涙活らしく涙関連のドリンクや食べ物も考えてます!
ブログで、何度も書いたことがあるが、昨日、中国語の授業前に、東野さんから野菜をおすそ分けして頂いた。




僕が解散して、バイトを始め、料理が好きということで、東野さんが、北海道から届く野菜をおすそ分けして頂いてるのです。




僕は、ブログで、家まで車で野菜を届けてくれる東野さんのことを好き勝手に……




野菜をくれるおじさんとか、生協のおじさんと書いていたが、もうそんなことを言ってはいけないと思った………




しかも、野菜を家の前まで、届けて頂いてるのに、僕は、いつもありがとうございます!と一言お礼を言って………




じゃあ、あとで授業よろしくお願いします!と言って、颯爽と去っていく東野さんの車を見送ることなく……




野菜の入ったダンボールを抱え、そそくさとと、小走りで家に戻ってた……




でも、今度からは、車が見えなくなるまで、ちゃんとお辞儀をしよう……




ブログで、好き勝手書かせてもらってはいるが、本当に感謝してた。




でも、もっと感謝しないといけない。



すごく反省した。



なぜそう思ったかというと……




昨日、東野さんが何気なくいった話を聞いて、そう思ったんです。




昨日頂いた野菜の中には、半分にカットされた大きな白菜とキャベツが入ってた。




最初から、半分にされてたものと思っていたが、違ったんです。




その大きな白菜とキャベツは、東野さんが朝、半分にカットしたものだったんです。


東野さんがわざわざカットしてることにもびっくりしたのですが……



その時の話を聞いて、悲しくなったんです。




野菜を半分にカットしてる時、東野さんは、お子さんにこう言われたんです。




「せこい……全部あげればいいのに……」



「せこい……全部あげればいいのに……」




ダメだ。今、こうやって書いてるだけでも涙が………




想像してください。




自分の家族のために注文した野菜を、朝起きて、これは、我が家の野菜、これは使い切れないからナベ君に……と仕分けをして……




これは、全部使えるかな……?



どうかな?家で使い切れるかな?



んん……?と悩んで、半分だけあげよう!



まな板を出し、包丁を取り出し、大きな白菜をザクッザクッと……


大きいから一気に切れないなぁ〜と悪戦苦闘してカットしてると……




お子さんが「せこい……全部あげればいいのに……」




と言われてるんです………




本来、後輩にあげる必要もない野菜をカットしてるのに……




東野さんが買った野菜をあげてるから、半分にしたって、その半分でも……




あげなくたっていいんです。それは東野さんの自由なんです。



お父さんの自由なんです。



それなのに……半分にカットしてるだけで……せこいと言われて……全部あげなよと言われ………



それに対して、特に言い返すこともなく……



あれ……タマネギじゃないのに、なんでだろう?白菜切ってるのに、涙がでてくるなぁ……




なんて、独り言を言いながら、キッチンで野菜を仕分けしてると思うと………




本当に………ごめんなさい!




そして、野菜をもらった僕は、一言、ありがとうございます!と言って、見送りもせず、ダンボールを抱え、すぐに家に戻る……




その姿を、車のルームミラーで見て、どんな気持ちだったんだろう……




そんなことを想像したら、申し訳なくて涙が止まりません。




今回に限らず、毎回、キッチンで野菜を分けてるとき、お子さんに何か言われてたのかな……?




あっ…また野菜の仕分けしてる……



その野菜使わないから、あげなよ!


この野菜は使うよ!


今まで、使ってるとこ見たことないよ!


そうかもしれないけど、今回は絶対使うよ!



前も言って使ってなかったよ……あげなよ。はい、あげる袋に入れます。



ドサッ!



あっ!本当に今回は使うのに………



きっと、こんなやり取りが、毎回あったんだろう……



そんなことも知らずに………ごめんなさい!



もっと大切に食べさせていただきます!



本当にありがとうございます……ごめんなさい!



勝手に想像して……ごめんなさい。
観葉植物のポトス。




育てやすく、すぐに成長していくので、鉢に移し変えて、どんどん増やすことができる観葉植物。




僕の家にも二つあって、一つは近所の花屋さんで買ったもの。





もうひとつは、僕が小学校3年生の時に、母の日に、プレゼントしたポトス。



そのポトスを母親が増やして、増やしていったポトス……



親のポトスから、子供のポトス……



孫……ひ孫……玄孫……来孫……昆孫……仍孫(じょうそん)……雲孫……



Yahoo知恵袋で調べたからわかるんです、孫、ひ孫以降ってこんな言い方するんですね。



今のポトスは、雲孫ポトスかな?




そんな家にあるポトスが伸びて、鉢から飛び出していたので、まとめることに……




イメージ 1





夜な夜な狭いベランダでゴソゴソ……



イメージ 2




イメージ 3




ここまで土から出したところで急に不安になった……




お店で売ってたポトスと雲孫ポトス…
ここまで土から出して大丈夫なのか?



二つをあわせて、土に戻してちゃんと育つのか?



このまま、枯れてしまうんじゃないか?



イメージ 4




ああ〜こんな無惨な感じに……



なんて思いながら、夜な夜なベランダでゴソゴソ園芸した結果……



イメージ 5




キラ〜ン!ちょっとびっしりになってしまいましたが、植え替えることに成功!




夜な夜なゴソゴソして……ごめんなさい!




すると……ベランダの壁にゴソゴソと動くものが……




ゴキブリだっ!



見た瞬間、殺そうと思ったけど、ゴキブリというだけで、殺す。という考え方に疑問を感じて、見逃すことに……




毒がある訳でもないし、蚊のように刺されてかゆい思いもする訳でもないのに、なんでゴキブリ、イコール殺すになったんだろう?




ゴキブリからしたら、常に命を狙われて生きるなんて……辛すぎる……





あと、外でゴキブリを見たとき、最近はどの家もセキュリティが厳しいので、家の中に入れないのかな?とも思った……





夜な夜なゴソゴソ園芸して…
ゴソゴソしてるゴキブリの気持ち考えて……ごめんなさい!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事