酒と猫と温泉の日々

ご訪問ありがとうございます。温泉宿と美味しいものを中心にご紹介します。

全体表示

[ リスト ]

 
ではでは、「あせび野 <施設編>」に続いて「温泉編」、いってみよっ!!^^

川底泉 「世古の湯」

イメージ 1 イメージ 2
夕食後に野天大浴場の「世古の湯」に入ってみました。

イメージ 3 イメージ 4
脱衣場もキレイに清掃され、アメニティグッズも美しくセッティングされてます。

イメージ 5 イメージ 6
ちゃんと暖房も配慮されてて、ほんわか暖かいのがウレシイ!

イメージ 7
雑誌で見てた印象よりも、実物はかなり広いですね。

イメージ 8 イメージ 9
ライティングの妙もあって、幻想的な雰囲気が味わえますよ〜♪

・・・と、ここで朝風呂にワーーープっ!^^

イメージ 10
部屋数が少ないのと、全室露天風呂付ということもあってか、ほぼ貸切状態。^^

イメージ 11 イメージ 12
ほぉ、明るい中で見ると、さらにお風呂の広さに圧倒されますな!

イメージ 13
男湯、女湯ともに谷に面しており、目の前には谷川も。。。

イメージ 14
”川のせせらぎ、鳥のさえずり、木々がふれあう風の音、大自然を聴く谷川の湯”
と紹介されてますが、なるほど、納得のロケーション!

イメージ 15 イメージ 16
ココの湯は「川底泉」といって、川底の割れ目から湧き出す源泉が特徴。
場所によって湯の熱さが微妙に違うので、好みの温度でじっくり楽しめます。

イメージ 17
こんなに広い温泉に一人で浸かってると、なんだか申し訳ないような気分になりますね。(^^;

イメージ 18
泉質は無色透明の「カルシウム−ナトリウム硫酸塩泉」で、さらりと気持ちのイイ温泉です。


貸切露天風呂 「川の湯」

イメージ 19 イメージ 20
そして、大浴場とは別に、貸切露天風呂「川の湯」もあります。
貸切「川の湯」にあるのは、「かわせみの湯」、「やませみの湯」、「寝湯」の3種類。

イメージ 21
いずれも到着後の予約制になってます。

イメージ 22 イメージ 23
二人なら十分な広さですが、「世古の湯」に入った後だと、ちと狭いか。。。(^^;

イメージ 24
風呂から見る、ライトアップされた川辺の景観もGood!^^

とゆーわけで、ついつい長湯をしてしまうステキな温泉なのです。


さらに「夕食編・朝食編」につづく・・・

閉じる コメント(10)

うぉぉぉステキな露天風呂(人*^-^*)ウットリ
貸切風呂って一見良いようですが狭いところが多いんですよね〜(-_-;)
なべさくさん、お風呂独り占めですか??(≧m≦)
yumなら泳いじゃう〜ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい

2009/4/28(火) 午前 9:33 yum501

うちもお部屋のお風呂と、夜に貸し切りの寝湯を利用しただけなので、大浴場行ってません^^;

コレが貸し切りって贅沢ですね(笑)
大浴場は他の方がいると撮影もできないからブログ的にもラッキーでしたね♪
ここは、お部屋のアメニティ、設備とも申し分なかったので、やはりパブリックスペースもしっかりと行き届いていたようで改めて素敵なお宿^^

2009/4/30(木) 午前 3:23 あみりん

この記事情報収集ブログにトラバをはられているので良かったらこちらにもトラバして頂けたら、うちの記事には大浴場の情報がありませんので、なべさくさんの素晴らしいレポをお願いします^^

2009/4/30(木) 午前 3:27 あみりん

露天風呂は、夜のライティングも谷川のせせらぎや森にしても雰囲気が最高ですね!
こんなお風呂でしかも貸切状態って素晴らしいです(^^

2009/4/30(木) 午後 6:38 az_anego

yumさん>たまたまだと思いますが、他の人が入ってこなかったので、素敵な湯を独占状態で満喫させてもらいました!^^

ふふふ・・・少しだけ平泳ぎしちゃいましたよ!(^^;

2009/5/3(日) 午後 3:37 なべさく

あみりんさん>そうなんです。。。他の方がいらっしゃったら写真とれないので、ブロガー根性で、チェックアウト直前や、夕食直後など、人の居なさそうなタイミングを狙って撮ってます。(笑)
貸切の寝湯には行けてませんが、そこもくつろげそうですね。^^

2009/5/3(日) 午後 3:51 なべさく

あみりんさん>トラバありがとうございます!
では、こちらからもトラバさせてもらいますね〜♪^^

2009/5/3(日) 午後 3:54 なべさく

AZ姐さん>ステキでしょ!^^
夜のライティングの中で、谷川のせせらぎを耳に、立ちのぼる湯気を眺めてると、日本人に生まれてきてよかったなぁ・・・と、しんみり感じます。

2009/5/3(日) 午後 6:36 なべさく

アバター

えっと…前回の続きの記事からコメらせてくださいね。
旅館については、まず泉質にこだわりたい私にはココいいな、と思います。自然湧出&300l/分ってところに湯ヶ島、さすがだな!と感心しますよ。それでこのロケーションにも満点付けちゃうだろうな。

2009/5/10(日) 午前 11:21 こにゃくう

こにゃくうさん>泉質へのこだわり、こにゃくうさんの温泉記事からもよく分かります。^^
Ca−Na硫酸塩温泉って無色透明ですが、浸かってるとその入り心地の良さが確かにジンワリと感じられて、最近、ちょっとお気に入りな泉質です。
きっと、”風呂ずきんちゃん”にも喜んでもらえる温泉だと思います☆^^

2009/5/10(日) 午後 6:10 なべさく

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事