なべさんの中国情報

今年はブログを再開します。

全体表示

[ リスト ]

啓蟄 初侯 蟄虫戸啓

3月5日から9日(旧暦1月24〜28日)は、啓蟄の初侯、「蟄虫戸啓(すごもりのむしとをひらく)」。
 
冬ごもりしていた虫が、姿を現し出すころ。
虫にかぎらず、さまざまな生き物が目覚め始める。
 
このところすっかり暖かくなって、虫の姿もみれるかな、と今日9日の午後、また庄内川の河川敷を散歩してきた。
 
庄内川にかかる橋から遠くをながめると、霞がたなびいているように見えたが、夕方のニュースでは名古屋にも黄砂が飛来しているそうで、今年は、PM2.5なるものもあらわれて、そんなに風流なものではないようだ。
 
河川敷では、期待通り、虫たちに出会うことができた。
 
猫柳には、「キタテハ」がとまっている。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
遊歩道に、河川敷で見られる蝶々の何種類かについて説明板が設置してある。
 
イメージ 3
 
写真に撮った蝶々は、はじめはこの「ツマグロヒョウモン」かと思ったが、羽の形が「タテハ」の類のようだったので図鑑を見てみたら、どうも「キタテハ」であるらしい。
 
「モンシロチョウ」も何尾か飛んでいたが、私がベンチに腰掛けていると、近くのルリハコベの花にとまった。
 
イメージ 4
 
引き続きベンチに腰掛けていると、枯れた葦の藪の中から小鳥が現れて、地面をつついている。
 
イメージ 5
 
家に戻って図鑑をみてみると、この小鳥は「アオジ」であるらしい。
 
「ナナホシテントウムシ」もみつけた。
 
イメージ 6
 
先日来たときはまだ花が開いていなかったセイヨウタンポポが地べたにへばりつくように花を咲かせていた。
 
イメージ 7
 
まさに、啓蟄の頃になった。
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事