なべさんの中国情報

今年はブログを再開します。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全299ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


「浜松おまつり暦」によれば、「7月15日の午後6時から鹿谷町の犀ヶ崖公園では、市の無形民俗文化財に指定されている遠州大念仏が行われます。」ということで、昨年2018年7月15日に見に行った。

犀ヶ崖公園には、犀ヶ崖資料館があり、その前庭で大念仏の太鼓踊りが行われる。

車を駐車できるかどうか、前日の14日に資料館に行き、当日は駐車場が使えなくなるということで、浜松市博物館の無料駐車場に駐車することにした。

14日に資料館で撮った写真が行方不明で、今回は写真は無し。

富山昭著「静岡県 民俗歳時記」によれば、
「遠州大念仏は集団念仏踊りで、伝説によれば、中世の三方原合戦で戦死した将兵たちの亡魂鎮送のために催した大念仏がはじまりという。その盛衰の歴史は紆余曲折を経ているが、最盛時は遠州一円に広がりを見せた大念仏で、昭和5年、各地の代表者が集まって遠州大念仏団(組)を組織した。
それぞれの組の構成は30人から40人、票列は、頭先(先導)、頭(ヒンドウロウという飾り灯篭)、幟、双盤(径50センチ程の大鉦)、笛、太鼓、提灯、供回りが順に並んで歩き、笛、太鼓の道行囃子(みちゆきはやし)を奏しながら初盆の家を訪ねて回る。そこでは作法に従い回向(念仏)、歌枕(使者に捧げる唄)などの曲目を演じ、回向中に編み笠姿の踊り手が太鼓を打ちつつ念仏踊りを踊る。
回向や踊りの合間にも打ち鳴らされる双盤の音色は格別で、それは地を這うごとく深く重く響き、時に天空の彼方へへと聞く者を誘う。同時にそれは、まるで闇夜の冥界にある亡き人々の合唱かとも思われるように長く余韻をとどめている。」

で、15日は夕方市立博物館の駐車場に車を留めて、そこから会場までは歩いて30分ほど。
結構な見物人で賑わっていて、大念仏は19時20分ごろから始まった。

最初に「本沢合組」の演技が40分程あり、間に盆踊りがあって、後半は20時半ごろから「東原組」の演技も40分ほど。





地の底から湧いてくるような「双盤」の響きと、笛の独奏が印象的だった。






開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


富山昭著「静岡県 民俗歳時記」によると、「五月節供の特殊祭事としてその名を知られるのは、周智郡春野町犬居(いぬい)地区に伝わるツナンビキ行事である。」とあり、昨年2018年5月5日に見に行った。

8時過ぎに車で出発、10時ごろ犬居に到着。

家から出てきたおばさまに祭りのあることを確認してから、もう少し先にある街道沿いの売店で助六弁当とお茶を調達してまた犬居に戻り、川沿いに見つけた日陰の駐車スペースに車を留めて、まずはこの祭りが奉げられる「諏訪神社」に参拝。諏訪神社は、熱田神社の境内摂社で、本殿の右側の小さな社が諏訪神社。

イメージ 1


イメージ 2


遠州は、どこへ行っても茶畑があり、新緑が美しい。

イメージ 3


そして、この祭りの主役である竜を作っているという気多(けた)川の河原へ向かう。

祭りの流れは、「静岡県 民俗歳時記」と「静岡県の祭ごよみ」を参考にして進める。

「ツナンビキは、初節供の家を訪ねてお祓いをしてまわる行事で、その担い手はこの地区の竜星社(竜勢社?)と呼ばれる青年団組織に属する若者たち(現在は中年が主体のようだ)である。
5月5日の朝早く、気多川の河原に集合した青年達は、藁や竹、それに大量の川柳の葉を用いて大きな竜を作り上げる。
5,6mもの大きな頭部および胴体は青々とした川柳の葉で覆われ、頭部には、葦で作ったツノと背びれ、それにピンクのレンゲ草を束ねて丸めた目が配される。
胴体にはさらに長竹を何本もつなげた30mにも及ぶ尾(?)をつける。」

私が河原へ着いたときは、頭部を作り始めていて、川柳の枝を束ねているところだった。

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


13時半ごろ、とりあえず竜はできあがり、皆帰宅して休憩になる。

私は車に戻り、助六で昼食、あとは夕方までインターネットで一仕事。

「祭りは、17時に諏訪神社への参拝から始まり、竜のある河原で竜星社(竜勢社?)の総会が行われ、点呼と規約の読み上げをしてから、持ち寄った料理で直会(なおらい)をする。」

本社である熱田神社の祭礼は別にあるようで、この祭りでは本社の左右にある摂社のみの参拝であった。

「夕方(18時ごろ)、青年達はこの竜をかつぎ上げ、長い尾には綱をつけて子供たちが引き、村の街道へと繰り出す。」

現在は子供たちは見物するほうになっている。

「途中、初節句のある家にさしかかると、竜を何度かその玄関にさし入れて初子のお祓いをする。練りこみを受けた家では、庭先に接待の宴席を設けて青年たちを供応する。」

この竜の玄関への突入がこの祭りのみどころ。

この時は、宴席は、公民館と、初節供の1軒の2か所でそれぞれ1時間ほど行われ、その間私は車に戻り、簡易ベッドに横になって一休み。

「やがて街道を進み終え、役目を果たした竜は村はずれの犬居橋に至って最後は気多川に投げ込まれる。」



21時過ぎに竜が川に投げ込まれ、私も帰路についた。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


森町には、舞楽の伝えられている神社が三社あり、そのうち二社、天宮神社の十二段舞楽と、小國神社の十二段舞楽は、四月に行われ、4月7日の天宮神社に続いて、内容はほとんど同じだが、小國神社も見に行った。

小國神社のHP」によると、「毎年4月18日に近い土曜日、日曜日にほぼ1日かけて奉奏しています。」ということで、私は、日曜日の21日に見に行った。

天宮神社では舞楽は午後3時半始まりだったので昼頃に行ったが、小國神社は「ほぼ1日かけて奉奏しています。」ということで、早めに行こうと、9時ごろ車で出発して、10時ごろ到着。

イメージ 1


まずは参拝して、社務所で大黒・恵比寿のお札を買って、舞楽についてのパンフレットもいただく。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


パンフレットによると、

「遠江国一宮である小國神社は大黒様として親しまれる国作りの大神「大己貴命(おおなむちのみこと)」をお祀りし、福徳円満・縁結びのご神徳の厚い神社として県内外より崇敬されています。創建は1460余年前、記録によれば欽明天皇16年(555)本宮山山頂にご神霊が現れ鎮まりました。大宝元年(701)には都より勅使(天皇の使者)が遣わされ、現在の地に社殿を造営し、十二段の舞楽が奉奏されたと伝わります。」

イメージ 5


私は、2016年10月29日にも小國神社に参拝して、その時は、本宮まで片道2時間かけて歩いて登ったが、本宮の前からは浜松市や浜名湖など、遠州を一望でき、「国見」の気分で、なるほど遠州国の一宮だ、と実感した。

イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


舞楽は、パンフレットによると、

「1300年前から伝わる伝統の舞楽、地域の人々により大切に受け継がれてきた「古式十二段舞楽」は、舞楽人が大神様への真心をもって奉納し、国と地域の平安そして、人々の繁栄の祈りが込められています。」

試楽の土曜日は14時からだが、本祭の日曜日は10:50から、ということで、早めに来てよかった。

舞楽は、天宮神社には無かった、番外の「花の舞」から始まった。

●番外 花の舞

祓いの舞で、舞人以外の神職又は、伶人が奏楽に合わせ竹の筒から切麻を振って舞殿を清めます。



●一番 連舞(えんぶ;普通は「延」の文字が使われるが、ここでは「連」)

舞楽の始めに行う舞で「神に供える」又は「鎮める」意味があります。舞人は稚児二人で天冠を被り鉾をとって舞います。




●二番 色香(しきこう)

大人二人が白色で美しい面をつけ独特の上衣に紫の袴を着て、背に(日・月)の円盤をつけ大きくゆるやかに舞います。

マイクでの解説によると、指で象る菱形は、女性を表わし、立てた指は男性を表わしているそうで、日月、男女、陰陽の舞になる。



●三番 蝶の舞(ちょうのまい)

舞人は稚児四人で布衣をつけ天冠を被り胡蝶が花に遊ぶさまを模して舞います。

●四番 鳥の舞(とりのまい)

蝶の舞と同じく稚児四人で鳥が飛び、遊ぶ姿を模して舞います。装束も蝶の舞と同じですが、舞い方が異なります。



ここで12時を過ぎて、休憩。門前の売店で粽を2個買って車にもどり、持参したビールで昼食とする。しかし、それでは足らず、いつものようにカップ麺も食す。

14時から「神幸行列」があるので、13時45分ごろ境内に戻り行列と、「御幸所」での神事を見物する。



そして15時40分、舞楽の続きが始まる。

●五番 太平楽(たいへいらく)

乱世を正すと伝わるめでたい舞で「太刀舞」とも呼ばれます。稚児四人が鳥兜を被り鉾や太刀を持って勇壮に舞います。



●六番 新まっく(新靺鞨)

古くは「新麻久」と呼ばれ舞人は稚児四人で樺色の布衣を着けて舞います。



中入りの休憩。

また門前の売店で何か買おうと思ったが、15時半で終わりとのことで、しょうがないからまた車に戻ってカップ麺とビール。

夜の部は17:40から始まる。

●七番 安摩(あま)

紙の面をつけ、青色の狩衣に冠を被り、手に笏を持って舞います。舞の途中で一切の伴奏がなくなる独特なものです。



●八番 二の舞(にのまい)

老爺と老婆が安摩を真似てうまくいかない様を滑稽に舞います。この姿が「二の舞を演じる」の語源となりました。



●九番陵王(りょうおう)

竜頭を着けた恐ろしい面を被り一尺余の桴を持って舞います。赤みがかった装束を着けて勇壮に舞います。



●十番 抜頭(ばとう)

稚児の一人舞いで白地に刺繍の装束で舞います。二日目には「座頭の坊」と称する舞子が大騒ぎを演じます。



●十一番 納蘇利(なっそり)

恐ろしい面をつけ赤い装束を着て天を仰ぐように舞います。活発に動く舞ですが、その面の表情から見る者に重厚さをかんじさせます。



●十二番 獅子(しし)

俗に獅子伏せと言い大人三人で舞います。邪気払いとも五穀豊穣の祈りとも伝えられる祝儀舞です。舞曲共に勇壮かつ華やかに舞います。

最後に提灯を獅子が頭突きで飛ばして、観衆がそれを奪い合っていた。



最後の提灯の争奪戦や舞楽終了後の餅投げには地元の人たちが大勢集まってきた。

私は獅子を見て8時半ごろ帰途についた。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


天宮(あめのみや)神社の例大祭は毎年4月第一土曜・日曜日に行われ、両日とも舞楽は行われので、私は7日の日曜日に見に行った。

森町のHP」によると、舞楽は、16時から始まが、その前にもいろいろな行事があるようなので、11時半ごろ車で家を出て、12時半ごろ神社に到着。

神社の駐車場は桜が満開。

イメージ 1


まずは参拝。

イメージ 2


イメージ 3


天宮神社は、宗像三女伸を祀る。

イメージ 4



とりあえず、境内と付近を散策する。

御神木は、「竹柏(なぎ)」。樹齢1300年。

イメージ 5


イメージ 6


境内摂社の「多賀社」に供えられた神饌。

イメージ 7


神社は小高い所にあるが、参道を下ると、神社のすぐわきに清水次郎長一家の「寿司食いねえ」で有名な「森の石松」の養家、「新屋旅館」がある。

イメージ 8


もう少し歩き、「太田川」にでると、対岸の堤にも桜が満開で美しい。

イメージ 9

境内へ戻って、屋台のたこ焼きを買って車に戻り、持参した缶ビールで花見をしながら腹ごしらえする。

13時から「神幸行列」がでるのでそれを見物してから、また車に戻って舞楽が始まる15時半前まで横になって一休み。

で、「十二段舞楽」

イメージ 10


イメージ 11


社務所でいただいたパンフレットによると、

「慶雲二年(705年)に勅願による社殿造営の折、京都から藤原綾足が神官として赴任し京人により奉納舞楽が行われて以来、連綿と継承されている。
舞楽の構成は十二段、一番延舞の天地鎮めの舞から戦のない平和な世界を祈念する五番太平楽までが神仏への供養の舞である。六番新靺鞨以降は入調の舞楽で観衆の娯楽の舞になる。最後の獅子伏せで宇宙の悪霊を退散させて舞楽が終わる。」

舞は、拝殿前の舞殿で舞われ、楽屋と橋でつながれ、囃子方は楽屋で舞台に向かって奏する。

●一番 延舞(えんぶ)

稚児二人が鉾を持って天地・八方・舞台を祓い清め、舞楽の開始を告げる。舞楽法要には必ず最初に行う。



●二番 色香(しきこう)

古くは菩薩という。曲は極めて流麗。日輪・月輪を背負い結いと冠を付けた菩薩面をかけ左右に対峙。サンジョウ(桴;ばち)を持ちゆるやかに舞う。仏の舞ともいわれる。江戸時代にはこの舞人のみが神幸の列に加わっている。



●三番 庭胡蝶(ていこちょう)

極楽浄土に舞う蝶を現す。蝶がゆっくり舞い遊ぶように舞う。額に手を当てるのは蛹を想定している。方羽根を交互に開き羽化した蝶の誕生を現し、生命の継承を祝う。番い(つがい)舞は鳥名。



●四番 鳥名(ちょうな)

極楽浄土を想定。蝶と共に、極楽鳥が舞う姿を現す。花開き鳥謳う幼青年期の姿である。子孫を残し、連綿と継承する世を現す。庭胡蝶と同じ服装である。曲には破と急がある。



●五番 太平楽(たいへいらく)

天下泰平・五穀豊穣・平和であることを祈り、鉾、太刀で舞鎮める。最後の「太刀の一人舞」は中央では断絶した一場面である。





ここまでが舞楽法要の曲である。

●六番 新靺鞨(しんまか)

本来靺鞨(まつかつ)は、中国東北部族になる。当宮では、四人の童舞。茶を帯びた淡い黄色の袍(ほう)を着て笏を持つ。笏をヘラともいい、この舞をヘラともいう。



ここで30分の休憩になり、私は車に戻り、カップ麺とコーヒー。

境内へ戻ると、拝殿で儀式が始まり、巫女の舞があったので見に行ったが、すぐに舞殿のほうでも演目が始まったのであわてて舞殿のほうへ戻る。

日も暮れて、ぐっと雰囲気が良くなる。

●七番 安摩(あま)

蔵面(ぞうめん)という紙で作った面をかぶり、海人族の精霊舞を舞う。右手に笏を持ち、手足を大きく開いて舞う様は優雅。「唱歌」を口ずさみながら舞う。



●八番 二の舞(にのまい)

安摩と番になる、神の真似をする翁と媼(おうな)は何度真似をしても上手くいかない。人の真似をしようとするが上手くいかないことを「二の舞を踏む」という諺は、この舞が起源であるという。「じいさ・ばあさ」と呼ばれて親しまれている。



●九番 陵王(りょうおう)

本来は蘭陵王と呼ぶ。龍は雨を呼び、天宮は降雨ほど良いことを祈る宮で、太田川の水利水運信仰は天宮(宗像三女神)信仰そのもの。



●十番 抜頭(ばとう)

稚児の一人舞い。最も華やかな舞いとされ中央舞楽の抜頭とは異なる。(日曜日の)本舞のときはこの稚児を楽屋に連れ返そうとする抱き込み役と舞児による稚児合戦(ザットラボー:座頭の坊)が行われる。

お昼から舞楽の最中も大勢の稚児が境内にいたが、ここで出番があった。

稚児たちがねじった手ぬぐいで抱き込み役の大人をけっこう力いっぱいで滅多打ちにして楽しそうだ。



●十一番 納曽利(なそり)

陵王と番い舞。中国の納曽(なっそ)地方を淵源とする。「笛の狂いは舞人を苦しめ、舞の躓きは笛方を困らせる」といわれるほど難しい。



●十二番 獅子(しし)

悪魔調伏と五穀豊穣を祈る。序・破・急の三部に分かれ、中入り後八方舞・追込舞は勇壮且つ華やかに最高潮に盛り上がる。

「獅子伏せ」が獅子を鎮めると紙で鼻をかみ、これに使った紙を見物人が争って拾う。この神は、風邪除けのお守りになるのだそうだ。



21時過ぎにすべての演目が終了、帰路についた。








































開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


2018年11月11日に東栄町御園地区の花祭りを見入ったとき、そこで雑談した花祭り見物の常連のカメラマンから、「月の鬼が焚火の火を盛大にかき上げて面白いよ」と教えてくれて、月地区では11月21日〜22日に行われるとのことで、見に行った。

行事次第は、花祭りのHPにあり、舞開始は、18時ということで15時ごろ会場に到着。

イメージ 1


舞庭(まいと)の中央に前回見た御園とは違って、土塗りの竈がしつらえてあり、天井に下がる「湯蓋」や「一力花」「添花」などもも華やかでたくさん下がっている。

イメージ 2


舞庭を囲む縄には8種類の「ざぜち」がついている。

イメージ 3


舞庭お横の座敷にある神棚に、「滝ばらい」で汲まれてきた「御滝の水」が供えられている。

イメージ 4


舞庭をはさんで座敷の向かいに太鼓や笛の衆の座る神座(かんざ)があり、そこにも神棚があって、鏡餅などが供えられている。

イメージ 5


会場についてちょっとしてから、舞庭の横にある座敷で、儀式が始まり、これが「神入れ」と思われた。

イメージ 6


その「神入れ」に先立って、「うちきよめ」、「滝ばらい」、「高嶺祭り」、「辻固め」の神事がある。

イメージ 7



「花祭り」を見に行ってから、アマゾンで須藤功著「花祭りのむら」という古本をみつけ、ちょうど「月地区」の花祭りについての内容が豊富なのでそれを参考にして進める。

神棚の前での祈祷や釡ばらいなどを行う、この祭りの一切を執り行う人は「花大夫」と呼ばれ、その補佐役は「みょうど」と呼ばれるそうだ。

「神入れ」は、花大夫が床の間の前に正座して、印を結び、祭文を唱え、祓い幣を振りながら神様や神社、そして仏様の名を読みあげる。それは、火の神、庚申、閻魔法王などに始まって、東から中央までの五方位の神々、月地区にある熊野神社、大村千代姫神社、さらに全国各地の神社、神様そして再び奥三河の神社と神々にもどり、読みあげる数は225社に及ぶ。

「神入れ」が終わると、大幣を持つ花大夫を先頭に迎える神様を讃える歌楽(うたぐら)を唱和しながら神座(かんざ)へ渡り、幣と祭具を神座の決まった場所に並べる(棚飾り)。



つぎに「 切目(きるめ)の王子」。

「切目の王子」は、和歌山県にあった切目の荘の切目王子社の祭神で、熊野神社の末社。京都からの熊野詣の道筋にいくつもの「王子社」があり、切目の荘の王子社はその第一として大勢の人が参拝した。

花大夫が太鼓を叩きながら祭文を唱え、「神入れ」と同じように神仏や神社の名を読みあげ、区切りごとに一同が「一社ももらさずおりいで花の切目の王子・・・」と唱えて、その度に「みょうど」が紙縒りに神酒を浸し、自分の体に振りかけて神様の霊力を身に受ける。

そして、「しめおろし」と続いて、祓い幣を手にした花大夫とみょうどが、神座に立って、「注連おろし、おろすさとさに千早振る、ちはふる神のまえとなるらん・・・」と五方で三回ずつ唱える。



そして、「釡祓い」。

イメージ 9


花大夫が竈の焚き口に向かって、まず水の印を結び、火打石で火種に火をつけ、竈の薪に火を移すと花大夫は「水天明王」と三回唱える。



「湯立て」は、花大夫が、湯気の立つ釡の上で印を結び、笹竹を湯に浸し、五方に振りかけ、舞庭を清める。



手違いで、ビデオの時間データが消えてしまったので、はっきりと覚えていないが、このあたりですでに21時になっていたと思う。

「ばちの舞」でまずは笛の囃子だけで舞い、太鼓を叩く「桴(ばち)」を清める。そして、「一の舞」、「御神楽」と続く。

イメージ 8





「地固めの舞」。
「扇の手」「やちの手」「つるぎの手」と舞手が手に持つものを変えて三折、それぞれ1時間近く舞う。



私は、始めの「扇の手」の途中まで見て、車に戻りひと眠りして、舞処に戻ると「花の舞」の真っ盛りであった。
この間に「榊鬼の庭入り」があったらしいが、見逃してしまった。



花の舞も「扇の手」「盆の手」「湯桶(ゆとう)の手」の三折があり、延々と続くので、また車に戻ってひと眠りして戻ると、「山見鬼」の最後のほうで、なんとか焚火を掻き揚げるところには間に合った。





次に「三つ舞」となり、また「扇の手」「やちの手」「つるぎの手」の三折あるので、またまた車に戻って一休み。
舞処にもどると、「つるぎの手」で、「榊鬼」に間に合った。



そして、一番人気の「榊鬼」。

ここの榊鬼は、途中で榊の小枝を手にした「もどき」という役のみょうどと問答する場面がある。
そして大地に潜むあらゆる悪霊を鎮めるために大地を踏み下ろし「反閇(へんべ)」を踏む。

最後に外へ出て焚火の火を掻き揚げるが、すでに夜も明けて明るい中なので、火の舞うさまはいまいち迫力に欠けていた。



そして、「ひのねぎ」「おつるひゃる」「みこ」と進むが御園のときのような混沌とした風にはならないで、整然と進んでいく。





次に「四つ舞」が、また「扇の手」「やちの手」「つるぎの手」の三折あり、子供たちが次々に舞う「願主(がんぬし)の舞」が延々と続くのでので、またまた車に戻って今度は一仕事。

そろそろ願主の舞が終るころかなあと舞処にもどったが、まだ3組ほど舞があって、やっと「おきな」になる。



そして「茂吉鬼」。この鬼は、大きな木槌を持って登場して、途中、竈の上に下がった「湯蓋」の中の「蜂の巣」という色紙の紙片の入った包を破る。

この鬼も焚火を掻き揚げるが、伴鬼が頑張って盛大に掻き揚げて盛り上がった。




そして「湯ばやし」。
今回も上着はカッパを着て、しっかり湯をかけてもらい、無病息災。



舞の最後は「獅子」。先導役が身軽に動き回り、湯ばやしで舞処はどろどろになっているので、先導役も、獅子も足をとられて泥んこになって盛り上がった。



このあと神事があるが、私はここまでで帰路に就いた。










開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全299ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事