なべさんの中国情報

今年はブログを再開します。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

春分 初侯 雀始巣

3月20日が冬至から90日目、太陽が真東から昇り、真西に沈み、昼夜同じ長さの「春分」。
 
そして24日まで(旧暦2月9〜13日)が、春分の初侯、「雀始巣(すずめはじめてすくう)」。
 
雀が枯れ草や毛をあつめ、巣を作り始めるころ。
 
昨日は朝からどんよりと曇り雨が降りそうな天気で、雨が降り出す前に、と10時すぎに雀の姿を求めて庄内川の河川敷へ散歩にでた。
 
以前は、私の家の前の電線に雀が数羽の群れでとまっていたものだが、最近はめったに見られなくなり、庄内川へ散歩に行くといつもムクドリと雀の群れはいつも見ることができる。
 
イメージ 1
 
昨日は、これまでいなかったヒバリが空でピッ・ピッ・ピッ・ピッ・ピッ・ピッ・・・・・・・・、とさえずり、春を感じさせてくれる。
 
野球グラウンド横の草むらから2羽の小鳥が飛び立ち、すぐまた近くに降りて地面をつついているので写真に撮る。
 
イメージ 2
 
ずっと2羽で行動していて、ヒバリのつがいのようだ。
 
ヒバリは、その鳴き声に種類があり、舞い上がるときの「上り鳴き」、上空ではばたきながら留まって鳴く「舞鳴き」、降りるときの「くだり鳴き」といい、特に舞鳴きでは、いくつものパターンを組み合わせて長時間鳴き続けるのだそうだ。
 
遊歩道の脇に、「ツクシ」も見つけた。
 
イメージ 3
 
少し摘んで、菜の花も咲いていたのでそれも何本か摘んで持ち帰り、夜はそれらを天ぷらにして一杯やった。
 
イメージ 4
 
 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事