なべさんの中国情報

今年はブログを再開します。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

謹賀新年 2019

イメージ 1

明けましておめでとうございます。
今年も無事、新年を迎えました。

写真は、今日1月1日の午前中、浜松市北区滝沢町の四所神社で行われた、「シシウチ神事」の山から切ってきたアオキで作られた「猪」です。

イメージ 2

昨年は1月は沖縄の友人のクルマエビの養殖場で手伝いをして、2月からはずっと自宅でインターネットオークションの仕事をしてきました。

なんとか借金を返しながら食べていけてるので、「良し」としておきましょう。

11月にかねてから見に行きたかった奥三河の「花祭り」を見に行って、そこで知り合った人にいろいろ教えてもらって花祭りは2箇所、12月には南信州、遠山の「霜月祭り」も2箇所見てきました。

それがきっかけで、三遠信地区の祭りをインターネットで調べると、浜松の山間部にもいろいろな祭り、神事があることを知り、今年はそれらを見物して過ごそうと思っています。

で、早速今日は「シシウチ神事」と「シートー祭り」が行われる「滝沢のおくない」を見に行った次第です。

そんなわけで、今年はブログを再開しようかな、とも思っています。

それは皆様も、良い年でありますように。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

謹賀新年2018


イメージ 1

謹賀新年

今年も無事新年を迎えることができました。

写真は、2012年、苗族、侗族の村を訪ねて初めて貴州省凯里の周辺を旅したときに、「青漫(ちんまん)」という苗族の村でみつけた、魔よけに戸口に懸けられた犬の頭骨です。



イメージ 2

昨年は、4月に息子夫婦に娘が生まれて、私も「おじいさん」になりました。

そんなときに、ベトナムでエビ養殖をやってくれないか、との話が舞い込んできて6月から9月はベトナム南部のチャービンというところでバナメイエビの養殖試験をしましたが、オーナーに大変なことがおこって資金繰りがつかなくなり帰国となりました。

帰国して、沖縄でクルマエビの養殖をしている友人と電話で話していて、人手不足で年末まで手伝いに来て欲しいということで、10月から12月は沖縄で過ごして、1月1日に自宅のある浜松に戻りました。

まさかエビ養殖に復帰するとは思ってもみませんでしたが、時の流れに身を任せる人生です。

とりあえず、1月12日から30日はまた沖縄の養殖場で手伝いをして、その後はどんな展開になるのか、、、、。




開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

謹賀新年 2017

イメージ 1

あけましておめでとうございます。
また1年がすぎ、無事2017年を迎えることができました。
私も今年は高齢者の仲間入りです。
貧乏暇無し、当分はこれまでのツケを返していく日々です。
好きなように生きてきたので、まだ健康にそのツケを返していける境遇に感謝しています。
それでは皆様も良い年になりますように。

写真の「鳳凰」は、20212年10月に貴州省を旅して、苗族の町の「施洞」というところの市場で売られていた、冠用の銀飾りです。
施洞を訪れたときの様子は、下記ページをご覧ください。






開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

あけましておめでとうございます。
また1年を無事過ごすことができて、新年を迎えます。
子供達も就職して、やっと仕送りしなくてもすむようになったと思ったら、中国にいたころの税金の未払いの請求がきて、しばらく月々支払っていかねばならなくなり、養鰻場のアルバイトとヤフーオークションの手伝いをして、けっこう忙しくなりました。
なんとか食べていけるので、60代の10年は、これまでのつけを返していくことにしましょう。

そんなわけで、ブログの更新は年に1度になるかもしれません。

写真の木彫は、中国貴州省黎平県肇兴村から山を少し上ったところにある、「夏格上寨(しゃあかしゃんさい)」の戯台の欄干の飾りについているものです。

私はこの木彫は「猿」だとおもうので、年賀に使いました。

戯台は今は使われていないようで、ずいぶん荒れていましたが、その前面にある鼓楼は、手入れされていて、春節8日の「萨玛節」では、ここで祭りが行われていました。

イメージ 2

イメージ 3

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

謹賀新年 2015

イメージ 1
 
明けましておめでとうございます。
 
ずいぶん久々の更新です。
 
昨年は、3月始めに中国の貴州・広西省の侗族の村々を訪ねる旅から帰ってから、近所の鰻の養殖場でのバイトを始め、3月下旬からは、仲買をやっている友人のから浜名湖の魚介類を夜トラックを運転して名古屋の店に運ぶバイトを頼まれて、空いてる時間はもっぱら宅配レンタルDVDやBSの日本映画専門チャンネルと洋画のイマジカで録画したした映画を観たり、中国少数民族関連や日本の海人関係の本を読んだり、とパソコンに向かう時間がすっかり減ってしまい、ブログの更新を休んでいました。
 
一昨年、左の臀部から脚が痛んだので、何十年ぶりかに病院へ行って、いろいろ検査してしてもらい、循環器や消火器は異常なし、血液検査で、エイズや梅毒も無し、痛みは、「椎間神経突出症」ということで痛み止めとビタミンB12の投薬で様子をみることになり、治らないまま中国へ旅に出て、侗族の山村を訪ねて山道を歩き回っているうちに痛みが無くなり、すっかり良くなってしまいました。
 
本当に、歩くことはいいことだ。
 
ということでいたって健康で、やはり人生80年年で今後を考えなければいけないので、家のローンがあと9年ほどあることだし、体が元気なうちはアルバイトをしながらローンの返済をして、これから数年は、本を読んで地力をつけることに専念しようと思っています。
 
ブログも昨年の侗族の村々を訪ねた旅の記憶が薄れないうちにまとめていこうと思っています。
 
写真の羊は、名古屋市北区にある「羊神社」の石像です。
 
ニュースでは、羊神社に全国から初詣客が訪れている、とやっていた。
 
私が参拝したときの模様は、下記にあります。
 
 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事