ココロの宝石☆

心からの祈りを捧げます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

シーラカンス! ケータイ投稿記事

イメージ 1

今、銀座にシーラカンスがいる!

開く コメント(8)

こんばんは☆
ヴィクトリア・ムローヴァの演奏するバッハ「無伴奏ヴァイオリン・パルティータ」
を聴きながらブログを書いています。
冷たいと評されたこともあるヴァイオリニスト、ですが私には全然冷たく感じない。
それどころか響きの深さから、禁欲、というか抑制、真摯な心(まっすぐな気持ち)が伝わってきます。
自分を無にして弾いている感じがします。





弦をやっと替えてきました。
先週金曜日、仕事帰りに楽器屋さんへ寄り
調整ついでに替えていただきました。
E線:ピラストロ・ゴールド
A〜G:ビジョン・チタニウム・ソロ
張ったことのない弦で、先生からのリコメンドです。
新しい弦の感想はカランと抜けが良くなりました、
そして音の色は白っぽくある時は透明という感じです。
落ち着いた音になりました。
落ち着いてはいるけれど響きが強い(倍音?!)、音の奥にまた音がある感じです。

以前はインフェルドの赤を張っておりまして、
キラキラとした金色っぽい音がしていました(私の主観・感覚)

張り替えてみて、なんとなく先生がおっしゃりたいことがわかったかも。
「弦で余計な色をつけない、自分で音色を作っていく」
とおっしゃりたかったのでしょう。
そんな気がします。


調整は駒がズレていたそうで、直してもらいました。
そのせいもあってか音量がすごいです。
軽く弾いてもかなりデッカーい音がします。
同じヴァイオリンなのにこんなにも違うなんて・・・
私のヴァイオリンの持つ本質ってなんだろう???
張り替えたら、ちょっとわからなくなっちゃいましたf^_^;
あらためて謙虚な気持ちで接しないといけないですね。
また新たな何かが見つかるかもしれない、より魅力を感じて
さらに好きになっちゃうかもしれないです♪

私の先生は弦も大事だとおっしゃいます。
それだけじゃないけれど、選択は大切だそうです。
先日、先生にも聴いていただいたところ
「とてもいい音になりました」とご満足そうでした。


今日の練習も終わったし、また明日練習するのを楽しみに仕事がんばっちゃおう!





来月には久しぶりに読響のコンサートや
先生のコンサートがあります。
結局、8月の先生のコンサートには仕事で行けなかったので(T_T)
来月は絶対に!絶対に!行きたいと思います。

開く コメント(7)

こんばんは☆
お盆だというのに忙しい日々です。
今年はイレギュラーなことが多くて・・・
内部監査、
大事な会議、
ダークサイド(笑)の影響でゴタゴタ、
とある派遣さんひとりのためにいろいろ揉め、
うーん、あとなんだったっけ(゜_゜?
もう思い出せないくらい慌ただしい8月の始めでした。
ですが、元気です♪
職場も明るく楽しく元気よくやってま〜す(^0^)/


地震に、台風に、大変な日本列島です。
みなさまもお気をつけてくださいね!
私には特技があって、寝てる時に地震がくると必ず直前に目が覚めます。
早いと一分前くらい、遅くとも1〜2秒前には起きちゃいます。
ぱっと目が覚めて「なんだ?なんだ?」と思っていると揺れ始めるんです。
生存本能なんでしょうか?



お友達Mちゃんの出演するコンサートにご招待いただき、トッパンホールまで行ってきました。
もうひとりの友人Kちゃんと待ち合わせて
お茶ノ水でヴァイオリン屋さんをのぞいてまわり、
ふらふら歩いて飯田橋へ。
夕ご飯に豆と茄子のカレー&ジャスミンティーを食べ、
友達は豆と茄子のカレーとビーフカレーのハーフ&ハーフにビール、
乾杯して音楽の話。
コンサートもとてもよくて、メインはチャイコフスキーの弦楽セレナーデだったのですが
生き生きとして意志があるかのようなチャイコフスキーで、なんか好きでした♪
エネルギー出たかも。
弾いてたMちゃんいわく、「先生がユニークチャイコフスキーと言っていた」そうです。
うん、でも好きかも(^-^)お花渡して、一緒に行ったKちゃんとお茶してまた音楽の話。
今日の感想や、感覚とか感性の話からセザンヌの絵の話から美術のことや
人のすばらしさとか美意識のことや
最後はアテフ・ハリムさんの演奏の話まで。
こういう話ができる友人がいてすごくうれしい♪♪♪
お茶してからブックオフでふたりでクラシックのCDコーナー見て
本屋中いろんな本見まくって帰りました。



お盆中だから電車が空いていてうれしい♪
気分良く出勤できます。



最近バッハを聴いています。
次は「ロ短調ミサ」を聴こうっと♪
ヴァイオリンの曲も好きですが、声楽や合唱曲も好きです。
「歌う」という感覚が好きなのかも。



ブログをまたも放置中でごめんなさい!
読み逃げもしてます!
すみません、コメ入れようと思っているのですが
後で落ち着いた時に・・・と思っていると忘れてたりしてます。
友達からメールが着てて返事しなくてはならないものが貯まってる・・・
今夜まとめてするぞー!!!

その中のひとりが「お見合いパーティーに行こう」と言っているのですが
私自身乗り気がしなくて・・・
そもそも行こうと言っている友人Tは来年再婚する予定なんだから、行く必要ないでしょ?!
と友人Tは
「もっといい人がいるかもしれないでしょ」
えぇっ、何それ???
・・・・・・
それって普通の考え方(?_?)
別の友人に相談したところ、
「それは大事だよ、やっぱりこの人でいいんだって確認作業しなくちゃ」って。
・・・・・・そうなの???
なんだかアタマの中がハテナマークだらけです。
いいのか?!



ヴァイオリンの練習は時間が短いながらも、なかなか順調☆
進み方は遅いけど、これでいいかな(^-^)
楽しく練習してます。
明日は仕事終えてから楽器屋さんへ行って調整してもらう予定です。
ヴィオラ・ダ・ブラッチョ、←古楽器ですが
腕のヴィオラという意味だそうで
ヴァイオリンの原型なのでしょう。
足ではさんで弾くより、腕ではさんで弾けるように進化した。
そうやってその過程から顎当てが生まれたわけで。
えーと、何が言いたいかというと腕で弾くようになって
最終的には顎当てができて、胸郭に響くようになったわけかなーと思って。
いえ、思っただけですがね。
ヴァイオリン本体の共鳴箱だけじゃなく、
ヴァイオリニストの胸郭も共鳴箱になり得るんじゃないかと・・・
あくまで理論だし、
見事な身体のバランス感覚と力の使い方をしている巨匠限定かもしれません。



単なる最近のことをダラダラと書き連ねただけ、近況でした。

みなさま、遅まきながら残暑お見舞い申し上げます。

開く コメント(4)

イメージ 1

HAPPY BIRTHDAY☆ワタシ♪
HAPPY BIRTHDAY☆ワタシ♪
HAPPY BIRTHDAY dear ワタシ〜♪♪♪
HAPPY BIRTHDAY☆ワタシ♪



のっけから浮かれ気分ですみません、
今日はわたくしの30+?回目の誕生日です(笑)
今年は今までになくハッピー☆な気分です。
なぜかわかりませんけれど、今年は自分で自分を祝っちゃおう!\^o^/
という気持ちになりました。
ホントにとてもハッピーな気分☆



まさか覚えてくれるなんて思ってもみなかった友達からおめでとうメールをもらい、
職場の上司からも「何もないけど、おめでとうございます」と言っていただき、
職場の仲間からもサプライズプレゼントをいただきました♪
みなさん、本当にありがとうございました!!!



画像は去年の誕生日の日にいただいたプレゼントのパイナップルです。
ヅカ好きの方々からいただきました、
「〇塚歌劇団 海組トップ 赤暑 海(せきしょ かい)」
段ボールでできた劇場に、最初は下に敷いてある花柄の風呂敷で幕がかかっていました。
残念ながらこの公演で惜しくも退団(:_;)
といいますか、この公演でトップになってお披露目公演だそうで
お披露目兼サヨナラ公演だそうです。
ふふふ、初めて見た時、大笑いしちゃいました(^-^)
ありがたいです☆





今までいろいろたくさん辛いことも悲しいこともありましたし、
私自身も人を傷付けたり・・・振り返ってみると本当に情けない自分ではありますが、
でも、今、幸せだな〜と思います。
心からそう思います。
世間一般から見れば「どこが幸せなんだ」という状態だとは思いますが(笑)
でもね、なぜか幸せだなと思えます。
心から、ふと温かく感じて。





おめでとうワタシ♪
ありがとう両親!
ありがとうみなさん☆
すべてにありがとう♪♪♪
生まれてきてよかったなo(^-^)o
生まれて初めてそう思いました、まだこれからもがんばって生きていきます。







なだもも♪

開く コメント(12)

お休みしていた今年の6月は美しいものにふれ、
とても充実した月でした。



まずはルーヴル美術館展。
大好きなベラスケス、レンブラント、ルーベンス、ムリーリョ・・・見たっ!
中でもルーベンスの「ユノに欺かれるイクシオン」がとても良かった☆
なんだろう、心の中へ、体中にわーっと、がーっとくる。
圧倒される。
ベラスケスも王女マルゲリータの肖像がきていて嬉しかった。
昔、プラド美術館展で見たマルゲリータよりもうちょっと幼い日の肖像で
かわいらしく、でもすごく存在感のある、
その絵のあるフロアにいると魅きつけられてどうしても何度も何度も見てしまう。
遠くで、近くで。
どうしても魅かれてしまうのよ。
ベラスケスはすばらしい。
宮廷画家でありながら権力に媚びず、ただひたすら描いた画家。
マルゲリータの肖像には優しいまなざしと、
当時斜陽の帝国であったスペインの憂いというか
そんな雰囲気を感じさせてくれます。

ひと回りして、
またベラスケスやルーベンスは何度も見て、
また見たい絵たちを見て、
心ゆくまで絵の世界にどっぷり浸かってきました♪
ル・ナン兄弟の農民を描いた絵に深い感銘を受け、
ジョルジュ・ラ・トゥールも静謐と温かさと高潔な感覚にこんな世界があるのだなと
思い、
あと官能的なまでに美しい聖母マリアと御子の聖母子像にもドキッとしたり、
ギリシャ神話の世界を描いたその鮮やかさと美しさに満たされたり・・・
すばらしいな〜。
1時間半も並んだ甲斐があったってもんよ♪♪♪
普段なんて絶対並ばない性格のこのワタクシが、ガマンして並んで見てきました。

画家ひとりひとり、違う世界を持ち、意志があり、その表現があり、美意識があり、
そのひとりひとり違った世界に浸れるのがとても楽しい。
違いの比較ではなく、
その世界ごとが美しく、心地いい。



そして6月の最後には、
都響のソロ・コンサート・マスターの矢部達哉さんの公開レッスン。
ヴァイオリン友のSKちゃんとヴァイオリンの先生の奥様と3人で行きました♪

矢部さんの音が好きです、たま〜に(都響に)聴きに行きます。
好きなのに「たま〜に」かいっ(笑)
まぁ、それは置いておいてwww
いつもコンサートホールで聴いているのですが、
今回は公開レッスンということもあって、
練習室で至近距離で聴くことができました。
超至近距離!!!
1.5メートルくらいしか離れてない!!!しかも目の前!!!
やったぁ♪ラッキー☆

行く前は
「レッスンだし、矢部さん弾かないかもしれないな〜」
と思っていましたが、
模範演奏をしてくださったり、生徒と一緒に弾いてくださったりしていました。

レッスン内容はとてもわかりやすく
言葉で具体的にきちんと説明してくださっておられたので、
生徒さんもすぐ直ってましてどんどん良くなるのがわかりました。
すごく勉強になりました。

やっぱり矢部さんの音はいいなぁ〜♪
ストラドなのかどうかはわかりませんでしたが、
生徒さんたちとは音の響きや深さが違いました。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事