ココロの宝石☆

心からの祈りを捧げます。

コンサートだ!

[ リスト | 詳細 ]

行き過ぎか?!
記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

こんばんは〜☆

今夜はコンサートの予定でしたが、
なんだか仕事が思うように進なくて・・・
結局、行けませんでした。

サントリーホールだから急げば間に合ったんですけどね、
結構マニアックで難しそうな曲だったので
パスして帰宅しちゃいました。

演奏された方々、ごめんなさい
ちょっと疲れ気味の時に難しそうな曲は受け付けないのよん。

帰ってきて、ヴァイオリンを弾く気にもなれず
ケース開けただけ(爆)
ダメダメだ〜〜〜

仕事のせいにしてはいかんよね。



ところで、今日も地震ありましたね。
皆様、お気をつけて〜〜〜

開く コメント(5)

リュートの次は、

10月24日(土)レクチャー・コンサート〜古楽への扉供北とぴあ さくらホール

お話:有村祐輔
ヴァイオリン:寺神戸亮、三原朋絵
ヴィオラ:深沢美奈
チェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ:武澤秀平
チェンバロ:上尾直毅
ソプラノ:名倉亜矢子

曲:
ヘンリー・パーセル
つかの間の音楽 〜劇音楽《オイディプス王》より
もし恋が甘い情熱ならば 〜歌劇《妖精の女王》より
薔薇よりも甘く 〜劇音楽《パウサニアス》より
こよなく美しい島 〜歌劇《アーサー王》より 
ほか



毎年行われている北とぴあ国際音楽祭のプレ・イベントです。
昨年が古楽への扉気任靴拭
今回は17世紀のイギリスの作曲家ヘンリー・パーセルについて。

リュートはおひとりさまコンサートを楽しみましたが、
この日はヴァイオリン友人Kちゃんと一緒にごはんを食べて、おしゃべりしまくってGO!
お互いなんだかんだと近況&ぶっちゃけ話で盛り上がりました。



前半はパーセルの生涯についてのお話、
後半ではパーセルの曲を聴きながら、古楽で使われている楽器のお話も聴けました。



すごく感じたことは、弦の音、それがとても暖かく、柔らかい、
そして不思議なほの暗さ・・・なんでしょう?
暗いんじゃなくて、ろうそくの炎のようなかすかさというか、
え〜、そこまでかすかな音ではないのですが
明らかに金属的ではない、
そして今の時代の明るさが不自然に感じるような、こう、その、なんというか・・・
あー、言葉が見つからない!!!><
シンプル?
素朴?
でも、音楽にするとなぜか優雅さとか、余裕すら感じられる音になるの。
う〜ん、もっといい言葉がないかな?
うまく伝えたいんだけどな、でも、この感覚や感触を伝えきれない!

弦楽器、ヴァイオリンも、ヴィオラも、チェロもバロック様式で
もちろんヴィオロン・チェロ・ダ・スパッラもきっとガット弦で
チューニングも低いと思うので、そういうところから違いが生まれるのしょうね。
奏法もあるでしょうし。


歌もとても心地良く、とても良い時間を過ごすことができました^^


終わってからちょこっとKちゃんとお茶して、帰宅しました。
また来年もこの企画をやってほしいです。
北とぴあの古楽の音楽祭のイベントの一環なので無料ですよ〜♪
とても充実した内容です。








ところで・・・今のお年寄りはものすごーくマナー悪い人が多いですね。
この日も最前列のほうでレクチャー中に大きな声でブツクサと文句を言っているらしい
お年寄りの集団がいました。

ブログにアップした「アイーダ」に行った日も
開演中に飴をガサゴソ取り出して舐め始める人が結構いてビックリ!
私のお隣の方はバッグからオペラグラスを出したり、しまったり・・・出しとけっちゅーの!!!
その音が結構うるさいのです。
しかも、お隣の方のバッグには鈴がついていて最悪!!!
その方も年配の方で、上品そうな服装されていたので余計ガッカリ・・・
服装だけはお上品ですか?!
本当にマナーを身に着けてない方が増えたな〜と思います。

コンサートに行っても、残念なことが多くて悲しくなるときがあります。
せっかくすばらしい世界を感じに行ってるのに・・・
とても残念でなりません。
私も気をつけます。

開く コメント(6)

今日はアイーダを観てきました。
あらすじなどは書きませんが、ちょいネタバレありです。
お気をつけてお読みくださいませ。




さてアイーダ、うぅ〜、最後は涙でした。
正確に言うと、ラストちょっと前。
アムネリスがラダメスを想って歌うシーン・・・

ラダメスがアイーダへの愛を選び、アイーダのところへ行こうとする。
愛を受け入れてもらえなかったアムネリスは祭司にラダメスを引き渡す。
ラダメスは裏切り者として死刑に・・・
アムネリスは愛する人を引き渡してしまったこと罪悪感にさいなまれ、
「あの方は誠実だ、裏切り者ではない」と歌うのですが、
時は既に遅く・・・・・・

エジプトの王女であるアムネリス、
ただただ愛する人と幸せになりたかっただけなのにね。
嫉妬の心、
受け入れられなかった悲しみ、
そして愛する人を引き渡してしまったことへの後悔、苦しみ。



主人公であるアイーダもまた苦しみを背負っていますが、
私自身、恋愛においてはアムネリスの立場であることが圧倒的に多く
(注:私は相手を死に追いやったりしてませんからねf^-^;)
どうしてもアムネリスに感情移入してしまいました。
張り裂けそう。
苦しい。
どうして愛しているだけなのに、うまくいかないんだろう?
愛しているだけなのに・・・
悲し過ぎる。



アイーダも、
ラダメスも、
アムネリスも、ただ愛していただけなのに。



最後のシーン、ラダメスとアイーダは再会します。
死に向かうふたり。
アムネリスは「どうか安らかに眠ってください」と歌います。






アイーダは初めて観ました。
すばらしいですね、ヴェルディの曲が魅力的です。
どの歌も聴き応えがあります。
有名な曲だと2幕の行進曲、アリ〇ミンか何かのCMにも使われてましたトランペットの
「タンターン♪タララタンタンタン♪タララターンタタン♪タララン♪タララン♪タララ〜ラン♪」
ですかね。
すべてのメロディが美しいですねぇ、3時間近くがあっという間でした。
歌手の方々もとても良くて、アイーダ役の方は声量もありすばらしかった♪
声の質だとアモラスロ(アイーダの父親でエチオピア国王)の人が好きだわ。
アムネリスも本当に最後良かったわ〜♪
涙が出てしまいました。


また今度、別の歌劇場の「アイーダ」が見たいです(*^。^*)
ヴェルディのオペラはどれを観ても見応えがあって、全部観る価値がある
と、誰かが昔言ってたなぁ〜。









次は幸せになれる恋愛をしよう。
アムネリスから卒業しなくちゃ!
がんばろうね、私☆
いつか大好きな人とオペラを一緒に見に行けたらいいな♪

ま、無理にとは言わない。
だってねー、クラシックに興味ない人には地獄みたいなものよね、きっと(笑)
だから最上級の理想ということで。

開く コメント(12)

古楽♪ 〜リュート編

古楽をご存知ですか?
「昔の音楽」、そうです、合ってます。
もうちょっと正確に言うと
「昔の音楽を、その当時の楽器で、その当時の演奏スタイルで弾く」
ことだそうです。
イメージとしてはバロック時代の音楽を思い出す方が多いかと思います。
バッハ、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンとか、
その前の時代、モンテヴェルディやパーセルなどの作曲家も古楽でよく演奏されています。
(現在ではロマン派の曲もそんな感じで弾いてる指揮者、奏者もいるそうです。
アーノンクールさんとかそうですよね)

受け売りは以上でwww

先週は結構忙しかったのですが(今週もまだ落ち着いてないのですが・・・)
忙しくなると行きたくなるのがコンサート♪
というワケで、水曜日にリュートのコンサート。
土曜日は古楽のレクチャー・コンサートに行ってきました。
もちろん浮世を忘れるためです・・・・・・わはは、これでもうちょっとがんばれる♪







10月21日(水)リュート・コンサート@日本ルーテル福音東京教会 礼拝堂

リュート:水戸茂雄
フォルテピアノ:名取典子

曲:
作者不詳 スペインのフォリア
バロン 組曲 変ロ長調 より
ハイドン  カッサシオン  変ロ長調
ケルナー カンパネッラ
ロイスナー 組曲 ニ長調より
ハイドン カッサシオン ハ長調



初めて生で聴きました。
リュート、素敵♪

うわぁ〜、優しくて、優雅で、典雅で、えもいわれぬ響きです。
こんな音があるんですねぇ。
音がキラキラしてる。
チェンバロとも違う、クラシックギターとも違う、不思議な響きにすごく落ち着く。
弾かない共鳴弦があるせいかな、
ものすごく響きの広がりがよいのです。
身体に染みる。

礼拝堂に響きわたる感覚がとても気持ちいいです。
なんとも贅沢な時間。

曲は全然知らないのに、引き込まれてニコニコしちゃいます。

天上の響き?
聴いていて、吟遊詩人というイメージを思い出しました。



曲はどれも素敵でした。
特に気に入ったのはロイスナーのニ長調より。
これ、とても響きがいいの〜♪
この日の曲の中で一番響いていたの〜♪
礼拝堂中がなんだかあちこちで光ってる気がしてうっとり^^




ちょっとこれはハマりましたね、
習ってみたい!と思ってしまいました^^;
でも私にはヴァイオリンがある。
次回、どこかでまたリュートのコンサートがあったら行ってみたいな〜♪♪♪

帰り際、他のお客様が舞台の上に上がって伴奏した楽器を見てらしたので
(とはいえ、牧師さまの説教台なのでそんなに高くないです)
フォルテピアノなるものをじっくり見て帰りました。
チェンバロともちょっと違っていて、またピアノとも違いますし、
ちょうどその中間なんですよね、きっと。
なかなかお目にかかる機会のない楽器なので、興味津々で見ました。
鍵盤の黒鍵と白鍵が逆なのも面白かったです。






まだまだアップしてない記事がありますが^^;
レクチャーコンサート編もがんばって書きます。
あー、レッスンも覚え書きしか書いてないんだわ・・・
練習するのが楽しくてね〜、記事書くのが面倒になっています(ごめんなちゃい!)

開く コメント(6)

9月8日(水)
読売日本交響楽団@人見記念講堂
指揮:炎のコバケンことマエストロ「小林研一郎」
ソリスト:ちょっと内緒
コンマス:デヴィッド・ノーラン
曲目:
ドヴォルザーク:チェロ・コンチェルト
ハイドン:交響曲?番「告別」
チャイコフスキー:祝典序曲「1812年」  


日本テレビの深夜の音楽会という番組の公開録画で行ってきました。
ヴァイオリン友のMちゃんと一緒に。

Mちゃんがドヴォルザークのこのチェロ・コンチェルトが好きだと言っていたのですが、
そのMちゃんが演奏中すこーんと寝ちゃった・・・・・・
う〜ん、確かにあんまり面白くない演奏かも。
というか、音ちっちゃい。
楽器が鳴ってるとは思うしわかるんだけど、ダイナミックレンジの幅がない気がする。
音色もそれほど美しくなく、特徴のない感じ。
すごくいい楽器を貸し出されているハズなんですけど、なんだかすごく退屈しました。
なんかオケのひとたちは最後拍手してらしたので、私とMちゃんの耳と感性がないのかも?!
演奏はよかったのかもしれなせんが、
私は「なんだかな・・・好きじゃない・・・」という感想です。

ハイドンの告別は最終章、え〜、コバケンさん、もう帰っちゃうの〜〜〜(笑)
っていうくらい、さっさといなくなるwww
前にウィーン・フィルのバージョンでは指揮者は最後までいたけど
そっか、こういう感じでもOKなんだ^^
最後まで残っていたコンマス、2ndトップ、ヴィオラトップの音色はすばらしかった☆
美しい音色で、特にヴィオラ奏者さんの音は柔らかく温かくうっとりとしてしまいました♪

最後のチャイコフスキーの「1812年」は圧巻!!!
さすが読響、こういう爆音系の音楽は最高☆
迫力あります。
指揮者も熱いし、オケの人たちも熱い!
かっこいいっ!!!
心の中では「行けーっ!!!」って感じで、私までハイテンションになりました(笑)
最後鐘の音も太鼓もガンガン鳴って、(太鼓じゃなくて大砲なんだわ)
ラストは興奮状態で大満足でした。
いいもん聴いたわ〜♪





9月11日(金)
パドヴァ・トリオ@イタリア文化会館・アニェッリホール
ヴァイオリン:佐々木一樹
チェロ:マルモ・ササキ
ピアノ:ウララ・ササキ
曲目:
E.エルガー(編曲:T.バイリス):愛のあいさつ 作品12(Trio)
G.マルトゥッチ:ヴァイオリンソナタ 作品22(日本初演)(Vn.+Pf.)
B.オール:カルメン幻想曲(Vc.+Pf.)
A.ヴィヴァルディ(編曲:E.メルリーニ):四季 作品8 No.1〜4(Trio)


職場の友人Yちゃんとごはんを食べてGO!
この日は本当に行ってよかったと思えるコンサートでした^^

イタリア在住、"イ・ソリスティヴェネティ"
(ヴェニス合奏団:指揮者クラウディオ・シモーネ)所属の日本人ヴァイオリニスト
佐々木一樹さんとふたりのお嬢様たちとのトリオ。
本当に素敵でした♪
呼吸が合うって、アンサンブルってこういうものなんだな〜と初めて感じました。
スゴイ!
みんな音も美しいし、何より気持ちの入った演奏に心を奪われました。
あとこんな音の響き合いがあるんだ・・・すばらしい・・・初めての感触です。
なんでなんだろう?
何が違うんだろう?
マルトゥッチのソナタは初めて聴きましたが、結構よかったし
オールのチェロによるカルメンはかっこよかった!!!
赤い!
すごく熱いカルメンでした!
最後のヴィヴァルディの四季はトリオ・バージョンは初めてでしたが、
これも3人の息が合って、音の響きも美しく、うっとりと優雅な時間を過ごすことができました♪

まったく存じ上げない方々でしたがすばらい演奏を聴かせていただいてありがとうございます☆
すごくモチベーション上がりました!

帰りはYちゃんと一緒にスタバでお茶しておしゃべりして帰りました。

開く コメント(6)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事